reread さん プロフィール

  •  
rereadさん: Re:read...BOOKS!!!
ハンドル名reread さん
ブログタイトルRe:read...BOOKS!!!
ブログURLhttp://re-read-books.blog.jp/
サイト紹介文本が読みたいのに、まったく読めなかった私が 今では毎日、本を読めるようになった体験の記録です。
自由文※このblogは…
本が読みたい(want)のに(but)、
まったく読めなかった(can’t)私が、
今では毎日、本を読めるようになった(can)体験の記録です。

I couldn’t read books.
But I can read many books now!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 29日(平均8.0回/週) - 参加 2017/08/23 01:45

reread さんのブログ記事

  • 「ページをペラペラめくる」にトライ
  • ☆勝手に頭に入ってくる!?読もうと思っていなくても、ペラペラを毎日本をめくって目を通していけば、自然と中身が入ってくる…。そんな魔法みたいなことが…?(゚д゚)どこかで、かすか〜…にそんな話を聞いたような…。とりあえず、やってみます!☆実際やってみたこと1.... [続きを読む]
  • 「目次をコピーする」にトライ
  • ・短い文章。一行なら確実に読める…。本の中で一番最初に出会える「短い文」。そう、それが「目次」です!「目次を読めば、本の内容が分かる」そんな話も聞きますし、これは得るものがある予感?☆なぜ、目次を「コピー」したのか?目次を「読む」だけでも良かったのでは?... [続きを読む]
  • トライの始まりはエラーの始まり
  • ・短い文なら読めるのだ!文章、というより、「文」。今の私が読めるのは、一文、二文なんだ!詩や俳句、短歌の本をモリモリ読みながらそう気づいた私。「本は一生、まったく読めないかも…」から、「読めるイメージが浮かぶ! イメトレが出来るなら、やれるってことじゃん... [続きを読む]
  • 準備は整った!
  • ・一行でも喜びだ今まで全く読めない状態から、「読める本がある!」と気づけた喜び。たとえ一行でも良いんです。自分に「読める能力がある!」と信じられた。特に、紙媒体で経験できたことが嬉しかったです!・嬉しいとやる気が出るキモチがアガると、実践へのハードルも低... [続きを読む]
  • サイショの最初
  • ・今の私が読めるモノ手順1は、「自分が読めるモノを書き出してみる」こと。それも、出来るだけ具体的に。記憶をさかのぼってみると、まったく読めないわけじゃないことに気づきます。たとえば、「メール」。問題なく、しっかりと読めます。それに、「インターネットの記事」... [続きを読む]
  • 実際に何をすれば良いのか?
  • ・私もまだ、私自身の「読めなさの具合」の本当を知らない。本が読める人が、読めない人の現実を知らずに読書法を発信しても意味がなかったのと同じで、私が自分の読めない度合いを、細かく、しっかりと理解・把握しなければ、どんな読書法も引用できないんじゃないかな?…... [続きを読む]
  • 暗闇の中の光
  • ・それでもチャレンジしてみたけれど…?出来なくても読む挑戦をしてみよう! 図書館に行って、「本を読の読み方=読書法」の本を集めてきて、とにかく開いてみる。…やっぱり、読めない。どうしても目の中に文字や内容が入ってこない。ただ、その中でも発見がありま... [続きを読む]
  • ギャグみたいな「現実」の話
  • ・「読書法の本」の盲点特性として文字を読むことが苦手であるなら、その専門の知識を頼ることもできます。でも、それに当てはまらない「読めない」人はどうすればいいだろう?本が読めない私が最初に思いついた方法は、一般的に「当たり前」とされる道で、でも、圧... [続きを読む]