ふんころがし さん プロフィール

  •  
ふんころがしさん: 脱力の旅〜日本の風景を観に行こう
ハンドル名ふんころがし さん
ブログタイトル脱力の旅〜日本の風景を観に行こう
ブログURLhttp://skcvoyage.blogspot.jp/
サイト紹介文日本国内の風光明媚な名所やお城等の遺跡を観に行こうと、青春18きっぷ等を活用して旅に出ました。
自由文仕事に追われる毎日で、心も身体も錆が出てきました。 このままではだめだと思って、数カ月。 子どものころから電車や歴史が好きだったことを思い出し、「脱力の旅」に出てみることにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 32日(平均4.8回/週) - 参加 2017/08/23 09:53

ふんころがし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 犬山城見学の旅(日帰り)
  • ◆期日:2017年9月23日(土)◆旅の目的・目標:犬山城(愛知県犬山市)見学◆ルート:【行き】8:30大阪発〜9:55米原着、10:00米原発〜10:32大垣着、10:41大垣発〜10:52岐阜着、11:15岐阜発〜11:45鵜沼着【帰り】13:40名鉄犬山発〜13:45名鉄新鵜沼着、14:07鵜沼発〜14:36岐阜着、14:49岐阜発〜15:40米原着、15:47米原発〜17:12大阪着◆経費:・交通費 6,210円(JR6,040円、名鉄170円)・施設入場料 550円・飲 [続きを読む]
  • 「駅すぱあと」を重宝しています
  • 列車の旅に時刻表は必需品とされますが、重くて嵩張ることが難点です。私も四国一周の旅の際に書店で購入し、持参しましたが、3日目で邪魔になり、捨ててしまいました。というのも無料アプリ「駅すぱあと」でほとんど代替できたからです。出発地と到着地、経由先をスマホに入力すれば、簡単かつ即座に出発・到着・乗り継ぎ時刻が検索できます。時刻表機能を使えば、各駅の次の列車や最終列車の時刻がつかめ、その街での滞在可能時 [続きを読む]
  • 彦根・福井の旅⑤(総括)
  • 今回の旅の総括です。◆期間:2017年9月4日(月)〜5日(火) 2日間◆経路(JRのみ記載。乗車順)・東海道本線(大阪→草津→彦根→米原)・北陸本線(米原→近江塩津→敦賀→福井)・北陸本線(福井→敦賀→近江塩津)・湖西線(近江塩津→近江今津→山科)・東海道本線(山科→大阪)◆経費・交通費 8,800円(JR6,720円、京福バス2,080円)・飲食費 5,414円・施設入場料 2,180円・宿泊費 5,000円・その他 1,707円 [続きを読む]
  • 彦根・福井の旅④(2日目・後編:福井〜一乗谷〜福井〜大阪)
  • 丸岡城見学が終わり、今回の旅の目的を果たせましたが、少し物足りなさを覚えました。時間はまだ十分残っていたので、朝倉氏の本拠地であった一乗谷遺跡を見学することにしました。再び福井駅前の観光案内所でアクセス方法を尋ねると、駅の東口から京福バスが出ていることを教えていただきました。「朝倉氏遺跡フリーきっぷ」(往復800円)というお得な切符が観光案内所で販売されていたので、購入し、バス乗り場へ向かいました。 [続きを読む]
  • 彦根・福井の旅③(2日目・前編:福井〜丸岡〜福井)
  • 2日目。福井市内は晴れていましたが、肌寒く、秋の気配を感じました。前日に観光案内所で教えてもらったとおり、福井駅西口のバス乗り場へ向かいました。◆8:08福井駅発〜8:55丸岡城着丸岡城へは、福井駅から京福バスで向かうのが便利です。片道640円で50分弱で到着しました。入口で入場料(450円)を支払い、門をくぐると1分ほどで天守に着きました。丸岡城は平城で、かつ堀がすでに埋め立てられているせいか、これまで訪れた [続きを読む]
  • 彦根・福井の旅②(1日目:大阪〜彦根〜福井)
  • 初日。自宅を9時前に出て、まずは今回の旅の出発地・JR大阪駅へ向かいました。大阪駅周辺の金券ショップで再度、青春18きっぷを求めましたが、どこも品切れで、仕方なく代わりに彦根までの格安切符を購入しました。購入した切符は昼間特割切符のため、10時以降でなければ改札を通れず、しばらく駅構内で時間を潰しました。大阪−彦根間は正規運賃だと片道1,940円かかりますが、今回購入した切符は、大阪−京都間の昼間特割切符 [続きを読む]
  • 彦根・福井の旅①
  • 9月の最初の土日は仕事だったので、翌月曜日と火曜日は休暇をいただきました。せっかくの平日の休みです。天気も良さそうだし、また旅に出ることにしました。今回は2日間あるので、現存12天守の中で未踏の彦根城(滋賀県彦根市)と丸岡城(福井県坂井市)を観に行くことにしました。少年期は滋賀県に住んでいたので、彦根にはクラブ活動の試合で何度か行ったことがありますが、彦根城の中に入るのは初めてのことです。幸い彦根城 [続きを読む]
  • 伏見稲荷大社見学の旅
  • ◆期日:2017年8月26日(土)◆訪問場所:伏見稲荷大社◆ルート:11:30大阪発〜11:59京都着、12:07京都発〜12:12稲荷着◆経費:・交通費(往復1,680円)・お土産代 1,000円 合計 2,680円今日は夕刻に親戚の法事があるため、京都に行く日でした。せっかくの休日だったので、法事の前に、伏見稲荷大社を見学しようと、思い立ちました。伏見稲荷は幼い頃に行ったような気がしていますが、記憶が定かではありません。訪日観光客 [続きを読む]
  • 中国地方の旅⑦(総括)
  • 「2017夏 脱力の旅(中国地方編)」の総括をしておきます。◆期間:2017年8月13日(日)〜17日(木) 5日間◆踏破(通過)区間(JRのみ記載。乗車順)・東海道本線(大阪→京都)・山陰本線(京都→福知山→城崎温泉→鳥取→米子→安来→松江→出雲市→波子→浜田→益田→長門市→小串→下関)・山陽本線(下関→岩国→宮島口→広島→倉敷→岡山→相生→姫路→大阪)・呉線(広島⇔呉)・伯備線(倉敷⇔備中高梁)◆経費・青 [続きを読む]
  • 中国地方の旅⑥(5日目:倉敷〜備中高梁〜岡山〜大阪)
  • 「2017夏 脱力の旅(中国地方編)」もいよいよ最終日を迎えました。さすが晴れの国・岡山。朝から晴天です。5日目は前回、四国の旅で断念した備中松山城へ向かう日に当てようと、当初から決めていました。備中松山城は、松江城同様、現存天守12城の一つで、天守が現存する山城としては日本一高い場所(標高430M)にあります。訪問するには、それなりの準備と覚悟が必要です。事前の調べでは、駅から登城口まで徒歩だと片道50分 [続きを読む]
  • 中国地方の旅⑤(4日目:下関〜宮島口〜呉〜倉敷)
  • 4日目は、最終日に備中松山城を見物するためにも、とにかく倉敷まで移動できればいいと考えていました。山口県内は朝から大雨の予報だったので、昨日のこともあり、早朝に出発することにしました。◆6:00下関発〜9:19岩国着、9:29岩国発〜9:52宮島口着下関市内はやはり雨。とりあえず列車は定刻どおり動いているので、倉敷までは問題なく移動できそうでした。ただ、このまま乗り継いでいくと早く着きすぎるので、雨がおさまる [続きを読む]
  • 中国地方の旅④(3日目:出雲市〜波子〜小串〜下関)
  • ◆6:09出雲市発〜6:32出雲大社着、7:35出雲大社発〜8:06出雲市着出雲大社が朝6時から参拝できることを確認したので、早朝にホテルを出立しました。雨は止みましたが、曇り空で、いつ降り出してもおかしくない模様でした。出雲市駅から出雲大社までは一畑電鉄を利用しました。早朝だったこともあり、大社周辺の商店はすべて開店前でしたが、観光客はまだそれほど来ておらず、かえって良かったのかもしれません。駅から5分ほど [続きを読む]
  • 中国地方の旅③(2日目:米子〜安来〜松江〜出雲)
  • 2日目は今旅のメインとなる、月山富田城と松江城を見物する日です。天候はかなりあやしく、この数日間は中国地方は雨に見舞われるとの予報でした。?◆7:33米子発〜7:40安来着安来駅までは米子駅からわずか1駅。この両駅間に鳥取、島根の県境があるんですね。安来駅に到着すると、レンタルサイクルをされている案内を目にしたので、観光案内所の女性に尋ねると、「今日は先約が入っていて、残り1台ですが、ありますよ」とのこ [続きを読む]
  • 中国地方の旅②(1日目:大阪〜京都〜福知山〜城崎温泉〜鳥取〜米子)
  • 初日、関西は晴天。6時半に家を出て、まずは旅の出発地点・JR大阪駅へ向かいました。◆7:15大阪発〜7:44京都着、7:59京都発〜10:09福知山着、10:11福知山発〜11:33城崎温泉着以前、京都に住んでいたので、大阪―京都間は見慣れた景色でしたが、京都から山陰本線に乗ったことはなく、こちらの風景は新鮮でした。とくに途中で停車した保津峡駅は、駅が渓谷をまたぐ橋の上に立地していて、迫力がありました。京都駅出発時点 [続きを読む]
  • 中国地方の旅①(序章)
  • 青春18きっぷを使った四国の旅は本当に楽しくて、以前より仕事を前向きに取り組めるようになったと思います。次はどこに行こうかなと、あれこれ考えを巡らす時間も楽しくて、そうこうしているうちにお盆休暇がやってきました。とくに用事もなかったし、今年は暦の関係で休暇も長いので、青春18きっぷを再度購入して、旅に出ることにしました。行き先をどこにしようか考えていると、知人で一人旅の大先輩の「そらしち師匠」から、山 [続きを読む]
  • 四国一周の旅⑥(総括)
  • 今回の「脱力の旅(四国編)」の総括をしておきたいと思います。◆期間:2017年7月29日(土)〜8月2日(水) 5日間◆踏破(通過)区間(JRのみ記載。乗車順)・山陽本線(三ノ宮→相生)・赤穂線(相生→播州赤穂→岡山)・瀬戸大橋線/予算線(岡山→坂出→高松)・予讃線(高松→丸亀→新居浜→松山→下灘→宇和島)・予土線(宇和島→若井→(窪川))・土讃線(窪川→高知→阿波池田→佃)・徳島線(阿波池田→佃→徳島 [続きを読む]
  • 四国一周の旅⑤(5日目:徳島〜岡山〜姫路〜三ノ宮)
  • 5日間の旅も最終日を迎えました。一部乗れなかった区間もありますが、宇多津まで到達すれば、四国一周の達成です。◆6:40徳島発〜9:09高松着、9:23高松発〜10:18岡山着高徳線で、まずは高松へ向かいました。この日の予定はほとんど決めておらず、とりあえず岡山まで戻ることにしました。高松までは2時間半かかりましたが、高松から岡山へは快速マリンライナーに乗車。この5日間でJR四国の単線にすっかり慣れてしまってい [続きを読む]
  • 四国一周の旅④(4日目:高知〜大歩危〜徳島)
  • 4日目は、まず高知城を見学することにしました。高知駅のコインロッカーに荷物を預け、そこから土佐電鉄でお城まで向かいました。高知城は、丸亀城や宇和島城のような急斜面を駆け上がる必要はなく、ゆったりと鑑賞することができました。とくに大手門や黒鉄門は見事で、ほれぼれするほどでした。高知城高知城天守からの眺め◆10:43高知発〜12:45大歩危着前日に路線図を見ていると、「大歩危(おおぼけ)駅」「小歩危(こぼけ) [続きを読む]
  • 四国一周の旅③(3日目:宇和島〜中村〜高知)
  • 3日目は朝食後、宇和島城を見学することにしました。荷物を駅のコインロッカーに預け、徒歩10分ほどで入城口に着きました。そこから天守までは坂道を駆け上り、15分ほど要しましたが、天守からの眺望は丸亀城、松山城に負けず劣らず、すばらしいものでした。天守は9時オープンなので、朝一番に行けてよかったと思います。宇和島城宇和島城からの眺望◆9:39宇和島発〜11:45窪川着、12:08窪川発〜13:09中村着次に清流・四万十 [続きを読む]
  • 四国一周の旅②(2日目:新居浜〜松山〜下灘〜宇和島)
  • ◆7:43新居浜発〜9:53松山着2日目は、まず(伊予)松山城を見学するため、松山へ向かいました。松山城には過去何度か訪れていますが、松山駅で降りたのは初めてのことで、駅から市電に乗り換えて現地を目指しました。天守までは、途中までロープーウェイでも行けます。昨日の丸亀城のことを思うと、随分と楽をできました。天守からは松山の町並みを360度一望できます。美しい景色は何度見てもいいものだと、改めて感動しました [続きを読む]
  • 四国一周の旅①(1日目:三ノ宮〜播州赤穂〜高松〜丸亀〜新居浜)
  • 青春18きっぷを活用した初旅は、「2017夏 脱力の旅(四国編)」と題することにしました。期間は7/29〜8/2の5日間で、旅の目的・目標は次の3点。①四国を一周し、車窓からの眺めを楽しむ②下灘駅を訪れる③丸亀城、伊予松山城、宇和島城、高知城を見学するその他の計画は決めず、その時々の「思いつき」に委ねることにしました。初日は朝から晴天に恵まれ、幸先の良い旅立ちとなりました。◆8:08三ノ宮発〜8:50姫路着、9:11 [続きを読む]
  • 脱力の旅に出よう!
  • 残業続きで、心が折れそうになっていたある日の休日。書店を散策していると、ある雑誌の青春18きっぷ特集のタイトルが目に飛び込んできました。思わず手に取り、ページをめくっていくと、そこには忘れていた「何か」が掲載されており、すっかり魅了されてしまいました。以来、仕事の昼休みや休日に、ネットや雑誌で調べること数カ月。「とにかく一度、行動してみよう」と思い立ち、7月末に有給休暇を取得。その足で青春18きっぷを [続きを読む]
  • 過去の記事 …