うさぎ先生 さん プロフィール

  •  
うさぎ先生さん: 投資とお金と幸せガイドブック
ハンドル名うさぎ先生 さん
ブログタイトル投資とお金と幸せガイドブック
ブログURLhttps://web-crew.net/happy-guide/
サイト紹介文投資運用や資産運用など不労収入の仕組みを作り、お金の悩みをなくし経済的自由を目指す人を応援するサイト
自由文投資運用や資産運用など不労収入の仕組みを作り、この先、経済的自由を得て心豊かに暮らしていきたい人を応援するサイト。ビットコイン、株、FX、先物取引、オプション、不動産など自分の好きな分野で収入UPを目指し、お金のために自分の時間を切り売りするライフスタイルを改善し、自分の使いたいように時間が使えるストレスフリーの幸せな人生を楽しみましょう!投資初心者からお金持ちを目指す人までぜひお役立て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 3日(平均30.3回/週) - 参加 2017/08/23 17:26

うさぎ先生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 先ずは投資の「タネ銭」を稼ぐべし!
  • 給与カットや、リストラが当たり前という厳しい世の中になっていますから、これからの展望を開くに当たっては、従来の生活観や人生観に囚われているようではいけません。自分の勤め先は安定しているだろうから大丈夫などと考えている人ほど、危ない目にも遭いかねないからです。会社の業績がよければよいで、突然他社に勤め先が買収され、いきなりリストラが始まることだってありうるのです。いつ、何が、どう起こるか、まったく安 [続きを読む]
  • 若い世代は『自分磨きの自己投資』で自分価値を高めるべし!
  • 人と同じことをしていると、人と同じように「ゆでガエル」になってしまうという時代に入っています。企業は、給与をなかなか上げてくれませんし、社歴を重ねて給与水準が高くなっても、今度はリストラ候補要員になるだけです。高度成長期と違って、がむしゃらに頑張って滅私奉公で働いても、先々あまりよいことは起こりません。むしろ、給与は低くても拘束時間の短い企業に勤め、空いた時間をしっかりと、自分磨きの為に生かせるほ [続きを読む]
  • シニアライフの金融マネジメント(不測事態対応策)
  • 不測の事態に対する備えを欠かせない最大の理由は、何か突発的なこと(病気、ケガ、火災、その他の事故など)が起きたときになってまとまった出費をする経済的余裕が小さいということです。突発的なことが起こって一時の出費が必要になったとき、シニア以前のステージであれば借金も可能でしたが、シニアではたとえ担保があってもむずかしいでしょう。なぜなら返済余力が限られるし、また返済期間もそう長く設定できないからです。し [続きを読む]
  • シニアライフの金融マネジメン卜(資産の流動化)
  • 資産の流動化とは、一時の大きな支出で資産を所有し利用するかわりに、利用の都度、あるいは利用期間だけ費用を支払うことを意味します。次のようなものが代表例です。持ち家か、借家か自家用車か、リースまたはレンタルかレジャークラブの会員権か、ビジターでの利用か物置を建てるか、トランクルームを契約するかこれらをみると対象は限られているようですが最近では実はさまざまなレンタルサービスが開発されています。思いつく [続きを読む]
  • シニアライフの金融マネジメント(金融商品)
  • シニアライフの経済面の最大の特徴は収入が少なくなることです。これは経済プランニングにおいて次のようなことを意味します。必要な資金を前もって準備しておかなければならない。必要な場合に資産の流動化を図らなければならない不測の事態に対する備えを欠かせない。これらの公要性に対して、独立事業家として取り組むなら、金融面のマネジメントが必要になります。そこで以下にそうしたマネジメントのポイントをあげてみます。 [続きを読む]
  • シニアライフの収支管理
  • シニアライフになって税金に関連して、サラリーマン、あるいは自営業でも会社組織にして給与所得としていた人が直面するもうひとつの課題は、自分で確定申告をしなくてはならないことです。勤めている間は会社が毎月の給与から税金を徴収し、ボーナスと併せて年末に調整し納税してくれました。しかし会社をやめたあとは自分で確定申告をしなくてはなりません。確定申告というとあの申告書を思いうかべて、なんだか面倒そう、と思う [続きを読む]
  • シニアにも税金はかかる
  • シニアライフを考えるときについ忘れがちなのが税金のことです。公的年金を含めてシニアの所得にも税金がかかるのです。年金や保険金にも税金がかかるというと驚く人も少なくありませんが、そのもととなる保険料を払っていた現役時代、保険料についはある程度その時の所得から控除されていたので、受け取るときに税金の対象となるのです。かかる税金の種類はおおよそ次のとおりです。●公的年金…所得税(雑所得)●私的年金…所得税 [続きを読む]
  • 「72のルール」が時間の流れを明らかにする
  • 「72のルール」とは、「72」を金融商品の金利(%)で割れば、元金(投資した資金。元本ともいう)が2倍になるまでのおおよその年数がわかるというものです。たとえば、ある定期預金の金利が7.2%だったとします。元金が 2倍になるまでの年数を出してみましょう。まず「72」を金利(7.2%)で割ります。72÷7.2=10 10年で元金が2倍になります。「72のルール」は、パーソナルファイナンスでは金利を目に見える多くの人々に利用されています [続きを読む]
  • 投資の目的には2種類ある
  • 投資家には個人投資家、機関投資家、外国人投資家の3者がいますが、投資の目的という面から見ると、また別の分け方ができます。「投資目的」と「投機目的」です。そもそも投資とは、リスクを最小限にしながらリターンを得る試みです。投資を目的として取引をしているのは、安定した収益を得たい銀行、保険会社、年金基金、投資信託会社などです。元本をさまざまなリスクから守り、少しでも利益を得たいと考えています。これに対し [続きを読む]
  • まず第1に「自分に投資する」
  • 投資に欠かせないのが、元手(原資)となるまとまったお金です。元手で金融商品を購入することから投資がはじまります。しかし、たいていの人は投資するためのまとまったお金を持っていないと思います。特に現在の不況下では、そもそも収入が少なくて生活するだけで手一杯、投資に回すお金の余裕なんてないという人も多いでしょう。また、会社やお店などに勤める人(社員、アルバイト)であればの給料から、源泉徴収という形で給与から [続きを読む]
  • これからは『稼ぐ』だけじゃなく『殖やす』!
  • 稼ぐよりも殖やす、これからは投資は避けて通れない道だお金を得るには、二つの方法がある。一つはお金を「稼ぐ」、もう一つはお金を「殖やす」である。お金を稼ぐのは、会社などで働いて、その労働対価として報酬を受け取るということだ。お金を稼ぐ方法でお金持ちになるには、会社で実績をあげて出世し役員になるか、自ら起業して会社を大きく成長させていく、あるいは株式上場によって創業者利益を得るということになる。しかし [続きを読む]
  • 過去の記事 …