cerisier さん プロフィール

  •  
cerisierさん: cerisierの日記ーこぎん刺しとキモノと・・・
ハンドル名cerisier さん
ブログタイトルcerisierの日記ーこぎん刺しとキモノと・・・
ブログURLhttps://ameblo.jp/cerisier-0-7/
サイト紹介文こぎん刺しメインのハンドメイドとkimonoライフのお話。Rakuten BLOGから引越です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 28日(平均6.8回/週) - 参加 2017/08/25 08:42

cerisier さんのブログ記事

  • 【こぎん鳴尾浜教室】2期2回目
  • 今日は兵庫県立総合体育館【こぎん鳴尾浜教室】の2期2回目。 今日は6名の参加者がいらっしゃいました。 初めての方、2回目の方、いつものメンバー みんなそれぞれのペースでそれぞれの作品をそれぞれのデザインで作っていますよ〜 みんなバラバラに座り、前を向いて黙々と…のように見えますが、途中、お話も弾むこともあり、もちろん集中して刺す時間もあり、それも、それぞれのペースで過ごしていらっしゃいます 今日は前回の [続きを読む]
  • がま口3つ完成しました
  • 先日から鍼治療中のがま口たち なんとか内袋と外袋を縫いまして。組み合わせたところ。 これが、小さいカーブに大量の待ち針で縫うのに一苦労 片方のマチ部分を縫いつけるのも大変なのに、外袋に2面、内袋に2面一つ作るのに4回出てくるので、大変です。 とりあえず、組み合わせ柄チームの3つを完成させました。 青に紫のお題で作った3つです。 内布は3つバラバラで付けてみました。 さああと3つです連続柄の総刺しチームが残っ [続きを読む]
  • りんごのオブジェを刺しています
  • ひさびさに、りんごのオブジェを刺しています。 私のこぎん刺し作品として世に出た最初の作品。 2012年10月発売のステッチイデーvol.16に掲載していただきました、こちら。 東京越前屋さんのマタルボンの紹介記事で使用していただきました。 このときは、刺しゅう用のリネンを使って作った繊細なりんごちゃん。 オリジナル作品は、普通のソーイング用のざっくりしたリネンを使ったもっと田舎っぽい、そぼくなりんごちゃんなんで [続きを読む]
  • 撮影着せつけのお仕事
  • 今週は、3日連続で着物やさんの撮影着せつけのお仕事でした。 夏のユカタの時期が終わって、1カ月以上のお休みから再開。 最近の卒業式の袴人気もあるのか、袴の種類が増えていて、連日たくさんのモデルさんに着せつけてます。 ここのところ練習中のヘアアレンジも昨日今日と、計2名のモデルさんにさせてもらいました。こうやって実践できる場所があるのがありがたい。 華なりキモノらいふ着付け師ブログ↓Yuki先生率いる華なりキ [続きを読む]
  • がま口の仕立てを少しずつ
  • 先に刺し終わっていた3枚 それと先日の3枚 全部まとめて芯を貼って ピシっと引き締まって見えます サイドのマチ部分の記事にも芯を貼って、待ち針で仮止め 針治療してるみたいに刺さってる(笑) 芯に張りがあるので(あ、ダジャレじゃないです、笑)小さいカーブを縫うのはちょっと大変だけど、ここから丁寧に縫い合わせて作っていきます。 この張りがないと、コロンとしたがま口にならないのでね 出来上がりが楽しみです♪ [続きを読む]
  • 10月31日ワークショップのお知らせ
  • 来月になりますが、10月31日、甲子園球場近くのドーナツショップ「フロレスタ甲子園店」さんでこぎん刺しプチフレームのワークショップを行います。 こちら↓画像のフレーム、今回のワークショップに向けて、いつものフレームと違うデザインにしてみました。 *日時…10月31日(火)11時〜 *参加費…2,000円(作品1点分の材料費込)  別途ドーナツセット(400〜450円)をご注文下さい。 *場所…フロレスタ甲子園店      兵庫県 [続きを読む]
  • 今日のキモノ
  • 今日は、なんば教室で体験のミニフレーム作りの予定でした。 朝から警報の出る大雨。いつも講座はキモノで、と決めている私でも、さすがにこの雨の中、重たいキャリーケースを引っ張って、キモノで行くのは無理だなあ、と諦めていたけど、8時半ごろには収まってきて、あ、キモノで行けそう なんとか時間ギリギリで警報が解除されて休校を期待した子どもたちがブーブー言いながら登校したあと、キモノにお着替え。 天気が不安定なの [続きを読む]
  • こぎんは裏面もきれいです
  • 昨日の3枚のこぎん、裏面はネガタイプ。 表はパッと見、クロスステッチのようにマスを埋めて模様がなりたっているように見えるけど、こぎん刺しは刺し子なので、一列ずつ並み縫いしています。 模様は、編み物の編込みのように、一段一段積み重なることで浮き出てくるんです。 こぎん刺しの仕組みは、 ←―――――――――――――←┐               ↑┌→―――――――――――――┘↑└―――――――――― [続きを読む]
  • 青×紫の3枚のこぎん
  • オーダーがま口の青×紫、使える生地と糸で、3種類の組み合わせで刺しました。 《上》轡つなぎにだんぶりこを組み合わせた柄を中心に、もうひとつ通常のだんぶりこをいれた組合せ。だんぶりこっていうのはとんぼのこと。ひし形図案の中央に、とんぼの羽のようなところがあります。 《中央》きくらこを中心にした組み合わせ柄。 《下》猫の足を中心にした展開。 図案を起こさず、中心となる図案を決め、そこから囲むラインを、思い [続きを読む]
  • 講座お休み中の作品
  • 今日は、鳴尾浜教室1期と2期の間の一カ月のお休みの間、生徒さんが完成させた作品をご紹介しまーす 昨年の課題だったミニランナー、今年から参加している方の作品です。 淡いオレンジと緑のコントラストがかわいい。 詳しくお伝えしなくても、飲み込みが早くてスイスイ進んでいます。 周りの生徒さんに追いついて、同じ作品を作れるようになりましたね〜。 1期最後の丸い額。下が私の見本通りの配色、上は生徒さんオリジナルの配 [続きを読む]
  • 鳴尾浜教室?2期1回目
  • 昨日は鳴尾浜の兵庫県立総合体育館こぎん刺し講座、夏休み明け、2期の第1回目でした。 新しく2人の生徒さんをお迎えした昨日。(一人写ってないけど、全部で5名でした) お一人は全くの初めてとのことで、ミニ額を。 実際に作られた作品の写真がなくてお見せできないのですが、見本はこちらです。 最初は、生地とデザインは指定で、糸の色だけ選んでもらってましたが、最近は生地の色と図案も選んでいただくスタイルです。 図案は [続きを読む]
  • こぎん刺しの半衿
  • 私が着付けを習うきっかけになったこぎん刺しの半衿。 そのいきさつは↓このために着付けを習い始めたんだった! (旧ブログの記事へ飛びます) 襦袢を着る季節になったので、早速使っていますよ〜 こちらは片面の青い方。右と左の配置が間違って逆になってしまって、せっかく刺した部分が隠れてしまう失態。 今日は反対の赤い方。 自分用で、生地を節約するため、両面使えるリバーシブルにしたのだけど、ふと襦袢を裏返したらそ [続きを読む]
  • 明日の鳴尾浜のこぎん講座
  • 明日スタートの鳴尾浜教室、2期1回目は、カードケースを作ります。先日せっせと刺していたこちらです。もうひとつ途中だったものも刺し上がり、こうなりました。右のグリーンにピンクの方はミシン仕立て、左のブルーにオレンジの方は手縫い仕立てにしました。手縫いにするため厚さを考慮し、芯は貼らずにそのままで。カードケースの土台が入るので、柔らかさは特に気になりませんでした。ツヴァイガルトのルガナにマタルボンで。 [続きを読む]
  • 追加オーダーがま口のこぎん
  • 追加のオーダーのがま口、青に紫の糸で。という言葉だけど、ご本人と直接のやり取りではなく、間に人を介してのオーダー。この青、というのが、前の紺色の生地のことなのか、もっと鮮やかな青なのか、組み合わせる紫の糸も、どんな濃さのイメージなのか全く分からない中いくつか刺してみようと、とりあえず1枚目。紺の生地に、紫の糸。きくらこを一つ配置して、あとはいろんなラインの組み合わせ柄。ここから唐突にもう一つきくら [続きを読む]
  • 続々とこぎん刺してます
  • 一気に涼しくなって、快適な2学期スタートの朝。8月下旬に天気予報で残暑は厳しく長くなり、9月いっぱいは暑いと言っていた予報士さんいたけど、暑かったのはその後数日だけだったよ?そろそろ冷房疲れが出ていたので、涼しくなってくれてありがたいけど。夏休み中、合宿、試合三昧だったKai。夏休み最後の大会で、先輩達の活躍のおかげでリレーで上位入賞、自分の力で銅メダルもとり、ご満悦トップ選手は出場不可の大会だけど、こ [続きを読む]
  • ベンベルグって洗濯すると?
  • サクテコベンベルグに使っている旭化成のキュプラ生地「ベンベルグ®」 水に弱く、シワになりやすいという弱点を持つキュプラですが、洗濯後のシワシワもアイロンをささっと当てれば、十分きれいになりますよ〜。 していただけると嬉しいです↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆鳴尾浜教室 兵庫県立総合体育館 9月の講座予定 9月7日、21日(木) 10:00〜12:00  初めての方 [続きを読む]
  • 三巻押さえに手こずる!
  • オーダーのソーイングものにたくさんフリルをつけるので、簡単に端処理できるに違いないミシンの三巻押さえを買ってみました。○家庭用三つ巻押さえ/SUN30-45[清原 サンコッコー ミシン]アイロンで三つ折りにしなくても、勝手に押さえに三つ折りに吸い込まれて、3mmの三つ折り端ミシンができるという優れ物。うちのミシンは、純正の三巻押さえがないタイプなので汎用のこちらを買ってみたのですが何度縫っても…ところどころ、 [続きを読む]