豚日和 さん プロフィール

  •  
豚日和さん: 学生だって株がしたい
ハンドル名豚日和 さん
ブログタイトル学生だって株がしたい
ブログURLhttps://stustockstrade.blogspot.jp/
サイト紹介文高校生から始めた投資生活。お年玉の3万円はどこまで膨らませられるのか!?
自由文自分が投資する中で陥った「やっちまった」体験などを共有しながら、少しでも怠惰な学生死活を謳歌するためのブログです。集え同士!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 19日(平均5.9回/週) - 参加 2017/08/25 10:18

豚日和 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日経平均が上がっても…
  • 日経平均が270円も上がってもなお壊滅的な私の糞ポートフォリオですよー!昨日、現実逃避のために「仮想通貨はまだまだいけるで!」という旨の記事を書いたのにね、今日もリミックスポイント君は元気なようです(白目) ただ、アルデプロホールディングスが上げてくれたおかげで全体でいえば前日比+3500になっています。だからといって含み損が消滅してくれるわけではありませんが。 しかもその肝心なアルデプロも14日に決算IRが出 [続きを読む]
  • 仮想通貨関連株に明日はあるか
  •  某北国が建国記念日に無慈悲なプレゼントをぶっ放たなかったのでほっと胸をなでおろしております。とりあえずは悪くないように収まった感じですね。 で、個人的にもう一つ気がかりなのが仮想通貨関連株です。私のポートフォリオ内でも含み損の根源として猛威を振るっている奴が若干1銘柄おります。まぁ成行買いなんて慣れないことをするからこういう目に合ったわけで、結局は自業自得なんですが…。 最近、仮想通貨に関してい [続きを読む]
  • 含み損で禿げそう
  •  まともに自分の保有している株式に関する記事を書くのは初めてですね。 初めての記事なんですが、そう景気の良い感じではありません…。むしろ、くそみたいな判断のもとで買った銘柄たちが某国のミサイルやらなんやらのせいでさらに悲惨なことになっているんですよ。 これが株を3年ちょっとやってるくせにダメダメな人間のポートフォリオですよ。笑ってください…。 おそらく株に詳しくない人が見ても「あ…」てなるやつですよ [続きを読む]
  • 積立先に選んだ投信銘柄
  • 積立投資をやるという事でインデックス投信への投資を決めたわけですが、私が選んだ投信銘柄を紹介しておきます。・ニッセイ外国株株式インデックスファンド 日本以外の主要先進国の株式へ投資するファンド。MSCIガイコクインデックスに追随するように連動する。購入・売却時の手数料は無料。信託手数料は0.216%以内。分配金(ふつうの株式でいうところの配当金)はなし。  設立以来、毎年順調に成長を続けている人気インデック [続きを読む]
  • 続・学生だって積立投資!
  • ・インデックス投信とETF 速攻で前回の続きに入ります。 じゃあなんで投信を使うのか。世の中には手数料のさほどかからない便利な投信があるんです。それがインデックス投信とETFです。これらが従来の投信とどう違うのでしょう。従来の投信は「お客から預かったお金でひたすら数字を上げまくる」というものでした。無論、市場には上がったり下がったりの波がありますからプロでもいつもいつもうまくいくわけではありません。  [続きを読む]
  • 学生だって積立投資!
  • ・積立投資を始める訳このブログは「株がしたい」なんてほざいてるわけですが、その実あまり株にこだわっていません。「株を始めてみよう!」シリーズでもさんざん言っていますが、メインの目的は不労所得を得ること。即ちお金が増えりゃ株でなくってもいいってわけです。私を含め学生が株を始める理由は不労所得を得ることなわけですが、さて、そんなにお金が増えるものでしょうか?すでにお気づきでしょうが世の中そんなに甘く [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜②株を始める準備〜
  • 前回の記事でとりあえず口座を開設するところまで説明しましたので、今回は資金を準備して株の売買に備えるところまで紹介します。・資金っていくら必要なの? 資金はいくらでも構いません。こういう書き方すると胡散臭く聞こえると(個人的に)思いますが、ほんとに何円でもいいんです。よく株の初心者向けの書籍やサイトには30万から、50万から、100万からと紹介されています。が、学生からすれば二桁万円は大きなお金ですよね。 [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜③株の売買方法〜
  • さて、今回からは実際に株を売買するプロセスを紹介していきましょう。株の売買はお堅くて小難しいイメージとは裏腹にかなり簡単なのでサクッと行きましょう。 ・株っていくらで買えるもの?  株によって違います。株を買うのに必要な値段というのは「株価×株の単元」で決まります。株価は感覚的にわかりやすいと思います。その企業な株が1株当たり何円なのか?という数字です。じゃあ単元は?企業の株式は多くの場合、1株だけ [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜④株に関する基本的な指標〜
  • さて、今回から株を選ぶ指標について説明していきますが、これは結構一般論的なのですでに株について調べる中で知ってるよ!という方には退屈な記事になるかと思います。 で、指標?ナニソレオイシーノ状態の方が一番株なんて面倒だからやめようと思ってしまうのってこの指標について知る部分だと思っています。なので、極力テキトーにかみ砕いて説明していきたいと思います。 ・まず一番注目すべきは何か? これに関しては紹介 [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜⑤株に関わる情報収集〜
  • さて、前回までの記事を参考に記事を選んだら今度はそれを「どう運用していくか?」ですね。利益を生むか損失を生むかはここで大きく分かれてしまいますよね。 ・最低限チェックすること 最低限チェックすべきことは 銘柄の株価同じ業種の他銘柄ニュース(日経平均、TOPIX、ニューヨークダウ)この辺りではないでしょうか。株価をチェックするのはまず間違いなく誰もがすることだと思います。では、そのほか2つはなぜチェックす [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜①学生が株を始めるには?〜
  • ・学生でも株の取引ってできるの? 結論から言うとできます。できるからこそこんなブログ立ち上げているわけで…。株って企業の社長さんや大金持ちの大富豪がやっているイメージがあったりしますよね。ドラマなんかの株主総会のシーンでも年配の大株主が経営者を罵っているシーンが印象的だったりします。でも現実には金持ちでも貧乏人でも、年寄りでも若者でもできるものなんです。ここまではこのブログ開いた段階で予定調和で [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜⑤株に関する情報収集〜
  • さて、前回までの記事を参考に記事を選んだら今度はそれを「どう運用していくか?」ですね。利益を生むか損失を生むかはここで大きく分かれてしまいますよね。・最低限チェックすること 最低限チェックすべきことは 銘柄の株価同じ業種の他銘柄ニュース(日経平均、TOPIX、ニューヨークダウ)この辺りではないでしょうか。株価をチェックするのはまず間違いなく誰もがすることだと思います。では、そのほか2つはなぜチェックする [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜④買う銘柄を選ぼう〜
  • さて、今回から株を選ぶ指標について説明していきますが、これは結構一般論的なのですでに株について調べる中で知ってるよ!という方には退屈な記事になるかと思います。 で、指標?ナニソレオイシーノ状態の方が一番株なんて面倒だからやめようと思ってしまうのってこの指標について知る部分だと思っています。なので、極力テキトーにかみ砕いて説明していきたいと思います。 ・まず一番注目すべきは何か? これに関しては紹介 [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜③株を買ってみよう〜
  • さて、今回からは実際に株を売買するプロセスを紹介していきましょう。株の売買はお堅くて小難しいイメージとは裏腹にかなり簡単なのでサクッと行きましょう。 ・株っていくらで買えるもの?  株によって違います。株を買うのに必要な値段というのは「株価×株の単元」で決まります。株価は感覚的にわかりやすいと思います。その企業な株が1株当たり何円なのか?という数字です。じゃあ単元は?企業の株式は多くの場合、1株だけ [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜②株を始めるための準備〜
  • 前回の記事でとりあえず口座を開設するところまで説明しましたので、今回は資金を準備して株の売買に備えるところまで紹介します。・資金っていくら必要なの? 資金はいくらでも構いません。こういう書き方すると胡散臭く聞こえると(個人的に)思いますが、ほんとに何円でもいいんです。よく株の初心者向けの書籍やサイトには30万から、50万から、100万からと紹介されています。が、学生からすれば二桁万円は大きなお金ですよね。 [続きを読む]
  • 株を始めてみよう! 〜①学生が株を始めるには?〜
  • ・学生でも株の取引ってできるの? 結論から言うとできます。できるからこそこんなブログ立ち上げているわけで…。株って企業の社長さんや大金持ちの大富豪がやっているイメージがあったりしますよね。ドラマなんかの株主総会のシーンでも年配の大株主が経営者を罵っているシーンが印象的だったりします。でも現実には金持ちでも貧乏人でも、年寄りでも若者でもできるものなんです。ここまではこのブログ開いた段階で予定調和で [続きを読む]
  • 過去の記事 …