古石 さん プロフィール

  •  
古石さん: ちょっと猟奇的な一家とその飼い猫の記録。
ハンドル名古石 さん
ブログタイトルちょっと猟奇的な一家とその飼い猫の記録。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kuzu01neko/
サイト紹介文ブラックコメディ置いています。何も考えずゆるーく読める、をモットーに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 26日(平均3.5回/週) - 参加 2017/08/27 00:28

古石 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 第9話「まっしろ」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。9  白猫になる夢を見ました。  頭が痛くなるような臭気で目を覚ましま [続きを読む]
  • メール4を受信しました
  •  ある日のあなたへのメール4 件名 Fi?ktio?n ??2017/9/15 21:30 To: あなた 突然メールしてごめんなさい。どうか、不審に思わないで。 単刀直入に言うけれど 現在、もしあなたがdie…なんとかという男からメールを受け取っているなら、すべてを無視して。 あいつの言葉は最初から壊れてる。すべては戯言。あなたは何も信じるべきじゃない。 それが唯一の方法。 あなたの為。 [続きを読む]
  • メール3を受信しました
  • ※薄々気付いているかもしれないけれど、「あなたへのメールシリーズ」は謎解きホラーミステリがベースになっているよ。クズ家の物語とはある意味別物だから、苦手な方は見ることをお奨めしないよ。ひょっとしたら、どこかでリンクはしているかもしれないけどね。 ある日のあなたへのメール3 件名 なぜあんなことを? die?wahrheit ??2017/9/15 19:41 To: あなた どうしたの?全部知って [続きを読む]
  • 第8話「集団洗脳」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。8 みんなが寄ってたかって僕を白猫にしようとしているのです。 「ああ [続きを読む]
  • メール2を受信しました
  •  ある日のあなたへのメール2 件名 画像 die?wahrheit ??2017/9/14 17:09 To: あなた 元気かな? 突然に、君からこんな画像添付ファイルが送られて来たけど、あれは何? 件名 本当に? die?wahrheit ??2017/9/14 17:16 To: あなた ……言い切るね。そんなもの送った憶えはない…か。 ……解った。 何でもない。いま [続きを読む]
  • メールを受信しました
  •  ある日のあなたへのメール 件名 久しぶり die?wahrheit ??2017/9/10 19:01To: あなた ……こんにちは。気分はどう? こうして顔が見えないから、僕にはどうにも君の調子をよく解り切れずにいるけれど、それは……そんなことは、些細な問題に過ぎないと思っている。重要なのは、僕にとって、君の顔が見えているかということではなく、君が……。………いや、やめておこう。いまさらになってこんなことを言うのも、いい加減 [続きを読む]
  • 第7話「鳴かない」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。7  僕は普段あまり鳴きません。 でもこの日は夜になっても、朝から何 [続きを読む]
  • 第6話「呪いの本」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。 6  ちょっと不気味な話でもしようと思うのです。 呪いの本のお話です [続きを読む]
  • 第5話「人間」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。 5  お父さんはこう見えて臨床心理士です。 中でも、個人的に『如何に [続きを読む]
  • 第4話「カーペットのシミ」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。 4  お母さんはおっちょこちょいです。 昨日、夕食のパスタをひっくり [続きを読む]
  • 第3話「箱」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。 3 小さな箱を見つけたので、入ってみたのです。気が付くと、弟くんが蓋 [続きを読む]
  • 第2話「へんな家族」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。 2  お父さんはいつもは優しい人なのですが、ときどき僕はちょっと怖 [続きを読む]
  • 第1話「ある日…」
  • 〈葛湯(クズユ)一家。略してクズ家〉 お父さん… 猟奇的な一面がちらり。こう見えて臨床心理士。お母さん… 優しいようで残酷。いや、残酷なようで優しいのか。お姉さん… 中3。唯一の常識人…かもしれない。弟くん … 小6。いろいろと現実と妄想の区別が付かない年頃。 僕?   … 弟くんに拾われてきた黒猫。日々逃亡のチャンスを狙っている。 ……こ…………こいつ。あれ、でもなんかよく見たら犬なのかもしれない [続きを読む]
  • 過去の記事 …