KOTOKO さん プロフィール

  •  
KOTOKOさん: コップの水
ハンドル名KOTOKO さん
ブログタイトルコップの水
ブログURLhttp://rarimar17.jugem.jp/
サイト紹介文生き辛さを抱えている人たちに。ちょっとしたヒントや癒しになるといいな、と思いつつ。
自由文人はそれぞれ価値観も人生に求めていることも違う。だから傷付いて、もうやだって思うんだけど、ずっと1人はさみしいね。
内容は日々なんとなく思ったこと、創作短編小説、本や映画のことなど。
まだはじめたばかりですが、良かったらちょっとのぞいてみて下さいね。

☆好きなもの☆ 植物 海岸 猫 温泉 読書 映画 美術 お酒 魚介類 パワーストーン 心理学 など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 30日(平均13.3回/週) - 参加 2017/08/27 17:22

KOTOKO さんのブログ記事

  • 復縁のおはなし《薫の場合2》
  • 《薫の場合2》しかし、薫みたいな男でも浮気するということに、私は少なからず驚いていた。それくらい、弟はボンヤリとした女性にも疎いタイプだ。薫の浮気は、1度きりの出来心だったらしいが何故か、それが運悪く早苗さんの知ることとなる。それで、2人の関係は終わっ... [続きを読む]
  • 調子の悪いとき
  • 調子が悪いときって地面スレスレを飛ぶ、飛行機みたい。スピードも、かなり、ゆっくりだ。目的地に着くのは遅いしもしかしたら、ちょっと迷惑かけるかもだけど…。いやぁ、でも、低空飛行って、難しいんですよね。墜落しそうで、しないのはきっと、名パイロットに違いない。 [続きを読む]
  • 不倫のおはなし《美華の場合3》
  • 《美華の場合3》美華が3つ年上の夫と結婚したのは11年前の、美華が26才の時だった。美華は、結婚当初から、早く子供が欲しいと思っていた。それは勿論、自分自身の願いでもあるがひとり娘である美華の、早く親に孫の顔を見せてあげたい、という想い長男である夫の両... [続きを読む]
  • 芸術って。
  • ただの、ひとりごと。どんな素晴らしい芸術もやっぱり、自然には敵わないのではないか、と思う。どんな絵画も落ちている枯れ葉の、色彩美どんな彫刻もそこに転がっている虫の死骸の、造形美には勝てなくて。自然が作り出した物は雲でも、海でも、植物でも、動物でも、人で... [続きを読む]
  • 不倫のおはなし《麻衣加の場合》
  • 《麻衣加の場合》もうすぐ夕ご飯っていう、平和だけどちょっと気だるい時間。麻衣加は、居間でうつ伏せになり、少女マンガの雑誌をペラペラとめくっていた。ショートパンツから出た細い足を、左右にプラプラと揺らしながら。( 退屈だぁ。)友達の佐奈は、今日は彼... [続きを読む]
  • 不倫のおはなし《由佳の場合?》
  • 《由佳の場合?》息子の詩音は、菅沼が好きだ。すれ違いの生活とはいえ菅沼は、店の定休日の木曜には、詩音が学校から帰るのを待ちかねたように出迎える。定休日に、夫が外に出ることは殆どない。つまり、その日だけは、よその女に会いに行くことはないのだ。彼は詩音の話... [続きを読む]
  • 不倫のおはなし《由佳の場合?》
  • 《由佳の場合?》「奥さん、私、すごく辛くて…。どうしたらいいですか?」電話から聞こえてくるその声は、まだ若くて幼さが残る、女性のものだった。言葉通り、声からもその辛さが伝わってくる。それは、夫が付き合っている女に違いなかった。でも、この信じられないような出... [続きを読む]
  • 転ぶに関連して。
  • 真実はいつも、ちょっとだけ、いじわるだ。だから、見たくなくて片目だけを開けて、生きてきた。そしたら開けてない側にあった障害物に足をとられド派手にすっころんだ。でも、だからと言って両目を開けて物事を見るのはとても恐いことだ。結婚も相手を片目をつぶって見る... [続きを読む]
  • 「そこ、危ない!」は言っちゃいけない。
  • これは、どこかで聞いたか、読んだか、した話。女性は、男性が今にも石につまずいて転びそうだ、とわかったとき「あ、そこに石があるよ!危ない!」などと、言ってはいけない。彼がつまずきそうでもそのまま見ていて、案の定、彼が転んだとき「大丈夫?痛くない?」と心配そう... [続きを読む]
  • 味噌らーめん
  • ラーメンといえば、私の中では即席麺の『サッポロ味噌らーめん』が結構上位にくるんですが。これの何が好きかというとたぶんあのスープ。(あの化学調味料のきいた味がなんとも、ごにょごにょ…)麺も美味しいんだけれど最近胃が弱いせいか、スープだけでいいや。とか思う... [続きを読む]
  • 判断
  • 『 人はその都度、自然に自分にとって最適な判断をしている 』という言葉を信じたい。過去の『 間違った 』としか思えないような判断にしても自分ではわからないだけでそれで何かを得たのかもしれない。過去の納得のいかない選択肢を全部、変えられたら?もしそんなことを... [続きを読む]
  • 不倫のおはなし 2
  • 恋愛の事について書くとき不倫の話はしようと思っていました。 でも、賛成か反対か等の単純な話ではないような。 色んなケースがあってひとくくりでは語れないなとも思っていて。 なので、ちょっと短編の小説みたいのを書いてみました。下手くそですが、読... [続きを読む]