Tadashi さん プロフィール

  •  
Tadashiさん: 思い出の歌
ハンドル名Tadashi さん
ブログタイトル思い出の歌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/syo0204/
サイト紹介文思い出の歌を通じてあの頃へ帰ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 29日(平均6.8回/週) - 参加 2017/08/28 08:18

Tadashi さんのブログ記事

  • 愛の水中花
  • 歌 松坂慶子この歌は1979年に発売されました。テレビドラマ「水中花」の主題曲で、私は毎週欠かさずに観ていました。このドラマに松坂慶子さんは出演されて、ドラマの中でバニーガールの役をしてこの歌を唄っておられました。松坂慶子さんと言えば、やはり昭和の時代の「美人女優」の代名詞ではなかったのではないでしょうか。1990年に、ギタリスト・高内春彦さんと結婚してニューヨークに移住。二女をもうけた後、現在在住 [続きを読む]
  • 戦争を知らない子供たち
  • 歌 ジローズこの歌は1970年に発売されました。私はジローズの杉田二郎さんが大好きで、いつもLPレコードを聴いていました。この歌は北山修さんが作詞をされてます。杉田二郎さんは歌手ですが、一方で宗教家としての顔があります。家が金光教の教会で、自らもそのあとを継いでいこうと決意し、1974年の5月から一年間の修行生活に入り、音楽活動から身を引きました。現在は金光教島原教会副教会長をされています。金光教とは [続きを読む]
  • 浪花節だよ人生は
  • 歌 木村友衛この歌は1981年に木村友衛さんが歌われヒットしました。私も木村さんのこのシングルレコードを買いました、後に細川たかしさん等がカバーされましたが、やはり木村さんの歌唱の右に出る方はおられませんんでした。浪花節とは、三味線を用いて、義理人情をテーマとする大衆的語り物です。ですから、この歌は人生は「義理と人情」だと唄っているのです。この世の人間関係は「義理と人情」によって成り立っていると [続きを読む]
  • やっぱ好きやねん
  • 歌  やしきたかじんこの歌は1986年に発売されました。私はこの歌を録音して車の中で聴いてた頃が、仕事で新たな部署に変わった頃で今でもこの歌を聴くとその頃を思い出します。非常に残念でしたが、2013年1月3日、やしきたかじんさんは、64歳にして食道癌でこの世を去られました。 2度の離婚に加え、流した浮世の数々、常に何人もの遊び相手が彼の周りにいて、その交友関係は幅広く芸能人はもちろんホームレスにも友人がい [続きを読む]
  • 遠くで汽笛を聞きながら
  • 歌  アリスこの歌は1976年に発売された歌で、アリスの中では私が一番好きな曲です。この曲は、まだ、アリスっていうグループが、例の「冬の稲妻」で本格ブレイクする前の曲です。 私は谷村さんの深夜ラジオを聴いてた世代なのでこの歌も好きでしたし、「冬の稲妻」の前の歌も沢山好きな曲はあります。♪ 悩み続けた日々が、まるで嘘のように 忘れられる時がくるまで心を閉じたまま 暮らしていこう 遠くで汽笛を聴きなが [続きを読む]
  • 女ひとり
  • 歌 デューク・エイセスこの歌は1965年に発売されたご当地ソングです。三千院があまりにも有名になった歌ですが、3番まで歌はあり、違うお寺も歌っているのですが三千院だけがクローズアップされてしまいました。一番京都大原三千院恋に疲れた女が一人。二番京都栂尾高山寺(とがのおこうざんじ)恋に疲れた女が一人。三番京都嵐山大覚寺(らんざんだいかくじ)恋に疲れた女が一人。このようにあと二つのお寺も歌ってます。 [続きを読む]
  • 少年時代
  • 歌 井上陽水この歌は1990年に発売され、井上陽水さんの最大のヒット曲です。藤子不二夫Aが 柏原兵三の青春小説「長い道」を原作に描いた漫画「少年時代」が映画化されたときの主題歌です。作者自らプロデューサーとなった映画は日本アカデミー賞最優秀作品賞はじめ各映画賞を総なめにしたました、私はレンタルで見ましたが日本人誰もが涙する感動作です。昭和19年から終戦までの一年間、主人公の進一とガキ大将タケシの友情と [続きを読む]
  • 帰らざる日のために
  • 歌   いずみたくシンガーズこの歌は1974年に放送されたテレビドラマ「われら青春」の主題歌です。その頃は青春ドラマが全盛で、私は毎週観てました、中村雅俊さんの初主演作です。その後の中村雅俊さんの活躍は皆さん知ってのとうりです。私は何と言っても、清楚な島田陽子さんがすごく好きでした。その後島田さんは、アメリカのテレビドラマ『将軍 SHOGUN』に出演され、大ヒットして「国際女優」と呼ばれました。ここまで [続きを読む]
  • さよなら
  • 歌  オフコース小田和正の「さよなら」と言えば、本当に誰もが知っている名曲ですね。この曲の歴史は本当に古く、小田和正がソロデビューする前のオフコース時代の曲です。1979年オフコース17作目のシングルとして発売されました。それ以降も、「Yes-No」「時に愛は」「君が、嘘を、ついた」等の数多くのヒット曲を世に送り出し、ついには時代を代表するビッグ・グループとなります。この歌の歌詞は男と女が非常に愛し合っている [続きを読む]
  • 大空と大地の中で
  • 歌  松山千春この歌は1977年に発売された歌で、北海道においては松山千春の代名詞的な曲として、北海道をイメージする曲の代名詞として現在でも広く愛されるスタンダードナンバーです。少し前、北海道・新千歳空港発旅客機の離陸が1時間ほど遅れていたそうですが、たまたま乗り合わせていた松山さんがが、出発を待ちわびる乗客の前に現れ、自身の代表曲「大空と大地の中で」の一部を歌うというサプライズを起こしたとか。私 [続きを読む]
  • 地上の星
  • 歌 中島みゆき何と言ってもこの歌はNHKの『プロジェクトX』の主題歌ですので、知っておられる方も多いのではないのでしょうか。私は『プロジェクトX』は大好きで毎週欠かさずに見てましたし、今でも時々ユーチューブで見ます。本当に素晴らしいテレビ番組でした、中島みゆきさんの中でも一番好きな歌です。中島みゆきさんもプロジェクトXを観ておられたようで、「厳冬黒四ダム断崖絶壁の輸送作戦」が一番印象に残ったそうで [続きを読む]
  • 愛は勝つ
  • 歌 KANこの歌は1990年に発売され、レコード大賞も受賞され、NHKの紅白歌合戦にも出場されました。「愛」と「お金」どちらがあれば幸せになれるか。どちらも十分に満たされているのが一番の理想ですが、そううまくいかないのが現実というのは大人になれば自然とわかっていくものです。愛よりもお金が大事というとまるで悪いことのように言われることもありますが、正直なところお金がないと愛情もなくなっていくという人 [続きを読む]
  • 恋のゲーム
  • 歌  ベイ・シティ・ローラーズこの歌は1977年に発売された歌で、私が一番好きな歌です。今のスーパー・アイドルも黄金期の”ベイシティローラーズ”には敵わないでしょう、あの頃の年代を知ってるファンの方は首を縦に振られるのではないでしょうか。スコットランドのエジンバラ出身で熱狂的な社会現象を巻き起こした人気アイドル・グループです。「バイ・バイ・ベイビー」「サタデー・ナイト」などのヒット曲を生み出し、本 [続きを読む]
  • 歌 美空ひばりこの歌は1964年に発売された歌で、何と言っても美空ひばりさんの曲の中では一番有名な歌ではないでしょうか。そしてレコードの売り上げもこの歌が最高ですので最大のヒット曲ということにもなります。美空ひばりさんは52歳という若さで亡くなってます、ひばりさんは愛煙家でしたので死因は間質性肺炎による呼吸不全とはなってます。これだけの偉大な歌手の方が喉に悪い喫煙をされてたなんてちょっと意外です [続きを読む]
  • ビューティフル・ネーム
  • 歌  ゴダイゴ1979年にヒットした歌です。ゴダイゴはテレビ番組「西遊記」のエンディングテーマ「ガンダーラ」、そして同主題歌「モンキー・マジック」で人気が出て来たグループでした。私は「西遊記」を毎週見てましたが、あの夏目雅子さんが出演されていまして、すごく美人な女優さんでした。その後この歌がユニセフの国際児童年協賛曲として発売され、ボーカルのタケカワユキヒデさんは東京外国語大学でしたから非常に英 [続きを読む]
  • 子連れ狼
  • 歌  橋幸夫「子連れ狼」は小池一夫さん原作の時代劇漫画です。それがヒットして映画化、テレビ放送とされました。1973年から1976年に萬屋錦之介さん主演でテレビ放送され、私は毎週欠かさずに見ていました。この歌はテレビの「子連れ狼」の主題歌で、橋幸夫さんが歌われ、NHKの紅白歌合戦でもこの歌を歌われました。萬屋錦之介さんが殺し屋の拝一刀を演じられ、すごい怖いメイクをされてたのを覚えています、拝一刀 [続きを読む]
  • ロード
  • 歌  THE 虎舞竜この歌は1993年に発売され、200万枚を売り上げ大ヒットした歌です。高橋さんはこの歌の印税は16億円だったと言われています。高橋さんによれば、「ロード」完成当時は44社ものレコード会社から“拒否”され、インディーズでリリースし、その結果、作詞作曲をはじめ、原盤印税、出版印税、二次使用料、レンタル使用料などすべてが高橋さんに入ることになったそうで、現在も「何もしないで年間1200万円入って [続きを読む]
  • 夢想花
  • 歌 円広志この曲は1978年ヤマハポピュラーソングコンテェストで第16回のグランプリをとりました。ちなみにその前年のグランプリは世良公則&ツイストの「あんたのバラード」です。グランプリをとると、同じくヤマハの世界歌謡祭に出場できる仕組みだったのですが、そこでもグランプリをとり大ヒットとなりました。「飛んで飛んで飛んで〜」の繰り返しが印象的なこの歌で、JALのCM曲でもありました。この歌は、失恋し笑顔を失 [続きを読む]
  • 時代おくれ
  • 歌  河島英五この歌は1986年に発売された歌で白鶴酒造のコマーシャルソングにもなりました。河島さんがNHKの紅白歌合戦に出場され、タキシードを着てピアノ演奏されながらこの歌を歌われましたが、今でもそのシーンは鮮明に覚えています。この曲は、作詞をヒットメーカー阿久悠さんが手がけ、作曲は森田公一さんです。河島英五さんはこの時レコード会社をソニーレコードに移籍したばかりで、新たなリスタートを切ったばか [続きを読む]
  • あんたのバラード
  • 歌 世良公則&ツイストこの歌は1977年11月に発売された歌です。このバンドはヤマハポプコン出身で、世界歌謡祭でグランプリを受賞した、いわば折り紙つきで鳴り物入りのロックバンドでした。ニューミュージック界に新風を吹き込み、男の色気をプンプン漂わせるユニットで、大股の派手なオーバーアクションの振りとパフォーマンスで女性ファンを魅了しました。独特な歌唱法、それにさらさら長髪でややハスキーがかった世良さ [続きを読む]
  • さらば青春
  • 歌  小椋佳この歌は1971年に「しおさいの詩」のB面で発売された歌で、私が一番好きな歌です。この頃は小椋佳さんは人気はありましたが、ミステリアスな方でした。何故なら本職が銀行員で、一切テレビ、マスコミにも出られずにレコードのジャッケットにも写真はなかったからです。わかっているのは、東大法学部を卒業されてるということぐらいでした。しかし1976年にNHKで初コンサートをされました。この模様はNHK [続きを読む]
  • メリー・ジェーン
  • 歌  つのだ☆ひろこの歌は1971年に発売された、つのだ☆ひろさんの歌で、私の大好きな歌の一つです。つのだ☆ひろさんは「恐怖新聞」「うしろの百太郎」「空手バカ一代」等の漫画で知られる漫画家のつのだじろうさんの弟です、清水健太郎さんの「失恋レストラン」等の作曲もされています。この曲が「恋しい、会いたい、忘れられない」と歌う、その思いの対象である「メリージェーン」とはいったい何者なのでしょうか? [続きを読む]
  • フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング
  • 歌  アイリーン・キャラこの歌は1983年に公開された映画「フラッシュダンシュ」の主題歌です、「ホワット・ア・フィーリング」と言われますが正式には「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」です。映画『フラッシュダンス』は、プロのダンサーになる夢を抱きながら、昼は溶接工、夜はバーのダンサーをしながらダンスの練習に励む女性アレックスの人生を描いた世界的な大ヒット作です。主演のジェニファー・ビール [続きを読む]
  • トラベリンバス
  • 歌  矢沢永吉1976年に発売された曲ですが、矢沢さんの中では一番好きな曲です。この歌は主にコンサートのアンコールで歌われる定番で、タオル投げされる歌です。矢沢永吉さんと言えば暴走族とかのイメージがあるのですが、コンサートにおける注意事項を読みますと、そういうものは一切排除され、いたって真面目に音楽を追及されている様子がうかがえます。☆ご入場前に飲酒チェックをさせていただきます☆周囲を威圧する [続きを読む]
  • 非常のライセンス
  • 歌  野際陽子大変古くて申し訳ないと思いますが、この歌は1968年〜1973年にかけて放送されたテレビドラマ「キイハンター」の主題歌です。私は毎週必ずこの番組を見てました、最初の頃はまだテレビは白黒の時代でした。キイハンターとは国際警察に所属する特別スタッフの名称でスタッフは、事件解決のためには、恋人も家族も捨てなくてはならなく、 非常の任務を負って、事件解決に取り組んでます。キイ(KEY)とは、 [続きを読む]