チェブラーシカ さん プロフィール

  •  
チェブラーシカさん: ロシア大好き
ハンドル名チェブラーシカ さん
ブログタイトルロシア大好き
ブログURLhttps://ameblo.jp/12guchan/
サイト紹介文チェブラーシカ、チェーホフ、スヴィリドフなどが好きで、ついにロシアで生活することになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 26日(平均11.0回/週) - 参加 2017/08/28 17:31

チェブラーシカ さんのブログ記事

  • ロシアの伝統的な結婚式
  • 外からにぎやかな声が聞こえてきて、姪が真っ先に外を見ました。私もよく分からず見たら、アパートの入り口前で何かをしています。何をしているのか分からず、義妹に訊くと、教えてくれました。ところが、そのロシア語が分からないので、紙に書いてもらって辞書で調べました。どうやら、ロシアの伝統的な結婚式をしているということが分かりました。...リムジンも来たころには私も結婚式と分かりました。私の時は、ホテルにリムジ [続きを読む]
  • ロシア モスクワ移民局のトイレ
  • 移民局の女子トイレの話。午前9時に利用した。その時は5つある個室の3番目の鍵が閉まらない状態だったが、他の4つは普通に使えた。私は4番目の個室を使った。手続きが終わり、午前11時半にもう一度行くと、さっき閉まらなかった個室の鍵は外され、ドアに2つの大きな穴が開いていた。もちろん、鍵は閉まらないし、その穴から中が丸見え。さらに、1番手前の個室も3番目と同じで、鍵が外されて穴があり、中が丸見え。その2つは開 [続きを読む]
  • ロシア モスクワ移民局(8回目)
  • 自宅から片道100km離れた移民局へ通うこと8回目。予約のために行きました。予約は前日しか受け付けていないので、行くときは2日続けていくことになります。予約の窓口に、前回書類をチェックしたとっても嫌あな女性がいました。今回も、嫌な感じがガンガン出ていて、そこの窓口に行った人は大変そうでした。5つ窓口があったので、その人に当たらないようにひたすら祈っていたら、見るからに人の良さそうな男性の窓口になりま [続きを読む]
  • 移民局の駐車場
  • 以前、移民局の駐車場の防犯カメラが壊され、無賃駐車をする人たちが多いと書きましたが、1か月ぶりに移民局へ行くと、2つあったゲートは1つだけになっていました。そして、無賃駐車をする人がいないか、警備員が2人で目を光らせ、2つの防犯カメラも1つのゲートを左右から映していました。これで、無賃駐車はなくなったと思います。ところが、移民局から出てすぐのお店屋さんに違法駐車している車がたくさんあり、お店の人が車の [続きを読む]
  • fixprice
  • 近所にfixpriceというお店(ロシアの100円ショップみたいな)があることを知り、どんなお店か見てきました。全部が50ルーブル(約100円)で売られているというのではありませんでした。たしかに、50ルーブル(約100円)で売られているものもありました。しかし、違う値段のものがお店の半分以上を占めていて、よく値段を見ないと普通のスーパーで買ったほうが安いものもありました。日本の100均のように、ダイソーでしか買えな [続きを読む]
  • モスクワの街を掃除する車
  • モスクワの街を掃除する車。大通りも裏通りも関係なく、朝も昼も夜も毎日モスクワの道路に水をまいて走っています。歩道専用の車もあり、歩道にも水を撒いています。大通りを低速で走るこの車は時々渋滞の原因になることもあります。また、歩道まで水しぶきが飛んでくるので、かからないように気をつける必要があります。路上駐車している車にもしっかりと水がかかります。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ロシアの桃
  • ロシアには生の桃がないと思っていました。そのため、日本に帰国したときは、山梨の桃をたくさん食べてきました。そして、ロシアに戻ると、ロシアのスーパーや市場にも生の桃がありました。ただ、大きさは小さく、形も違います。さらに、びっくりしたことは、皮ごと食べるということです。...ロシアの桃は大きさと形は違うけれども、おいしさは同じでした。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • すぐり
  • 週末に駅前で開かれている市場。ぶらぶら歩いてみました。品物はかなり新鮮で、見ていて楽しい場所でした。 市場ですぐりを買ってきました。 「すぐり」を知ったのは、ロシアの医師でもあり、作家であるチェーホフの短編です。私は、チェーホフがロシア文学の中で一番好きで作品をすべて読みました。その中でも「すぐり」の話は「サハリン島」と同じく一番好きです。そのため、すぐに食べられる状態のすぐりが手に入って良かった [続きを読む]
  • ナタリウスと郵便局でのフォリナートーク
  • 移民局の人がナタリウスで翻訳しないとだめとうるさいので、ナタリウスへ行ってきました。2月に年休をとってまで必死にロシア大使館へ行ったのが無駄になりました。ナタリウスへ今日は一人で行きました。いつもは夫と一緒に行き、夫がナタリウスの人と話をしていましたが、夫は仕事なので、一人です。2回行っているうちにナタリウスの人と知り合いになり、「日本語で知っている言葉は、お元気ですか?とさようならだけよ。」なん [続きを読む]
  • 移民局(7回目)
  • 7回目の移民局の人は一目見ただけで最悪な人だった。前回はOKと言われたところが、今日はダメと言われた。片道走行距離が100kmの所まで予約だけで1日かけて行き、その翌日に書類を出してという生活は疲れた。移民の許可がおりる日が来るのだろうかと思ってしまう。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • зарядье(市場の裏通り)
  • ロシアホテルの跡地に新しくできた公園、зарядье(市場の裏通り)へ行ってきました。私が初めてロシアに行った2011年はロシアホテルは閉館したものの建物はまだあり、解体作業を始めたばかりでした。それから、6年かけて完成した公園です。モスクワ870周年のイベントに合わせてオープンした公園で、プーチン大統領も訪れている様子がニュースで流れていました。早く行かないとすぐ汚くなってしまう気がしたのと、珍しく暖 [続きを読む]
  • ゴーゴリの博物館
  • 無料で博物館めぐり。最後はゴーゴリの博物館です。この博物館の前を旅行者としてモスクワに来ていた頃からよく見ていました。地下鉄の駅からこんなに近かったっけと思ってしまうくらいすぐでした。4つ、無料の博物館を見ましたが、ゴーゴリの博物館が一番人が多かったです。...博物館に入って入り口のところで「学生?」と訊かれました。エセーニン博物館といい、今日はよく学生と間違われました。これは、最近ではなかったこと [続きを読む]
  • エセーニン博物館
  • 無料で博物館めぐり。小さい博物館でしたが、博物館のおばあちゃんがいい人で長文になってしまいました。詩人のエセーニンの博物館も無料のリストに入っていました。エセーニンの博物館は2つ無料でしたが、1つは地下鉄の駅から遠かったので、地下鉄の駅から近いところに行くことにしました。...初めて降りる駅、初めて行くところなので、ヤンデックスのホームページで地図を印刷し、地下鉄駅からの道案内も印刷しておきました。 [続きを読む]
  • ソルジェニーツィンの名の博物館
  • 無料で博物館めぐり。ソルジェニーツィンの名の博物館というものが80のリストに入っていました。モスクワにソルジェニーツィンの博物館があることを知ったのも初めてだったし、駅から歩いて近かったし、無料だしということで出かけてみました。駅からの道は迷うことなく、すんなりと行けました。...そして、建物に入り、警備員のおじさんに「ここはソルジェニーツィンの博物館ですか?」と訊きました。「そうだ」と言われ、受付 [続きを読む]
  • イワン・チャイ
  • 去年、カレリア共和国のキネルマという村で初めて飲んだイワン・チャイ。薬草などが入っている、ロシアの昔からあるお茶。家の前のスーパーの広告に載っていたので、一つ試しに買ってみた。このスーパーだけでもいくつか味の種類があり、去年キネルマで飲んだのと全く同じというわけにはいかなかったが、ベリーの酸味が口の中をさっぱりしてくれる。薬草が入っているから、全く同じイワン・チャイを見つけるのは大変だが、いろい [続きを読む]
  • 移民局(5回目)
  • 移民局の駐車場は1時間50ルーブル(約100円)かかります。長い時間止めておくと、それだけたくさんお金がかかります。特に、「アンニモまでタクシー」と声をかけてくる中央アジアの人たちは、朝からずっと駐車場にいます。こうやって声をかけてもタクシーに乗る人はそんなにいないし、かなり怪しいタクシーなのでなおさら乗りません。それでも、毎日そこにいるということは駐車料金を踏み倒しているか、路上に止めているの [続きを読む]
  • モスクワ870周年
  • 9月1日から9月10日までモスクワ市制870周年のイベントです。9月9日と9月10日は80の美術館と博物館が無料開放されるということで、リストを調べました。その中にプーシキン博物館と書いてあったので、やっとプーシキン美術館へ行けると思い、行ってみました。 無料となるとロシア人は喜んで出かける傾向にあるので、大混雑だったら嫌だなと思いつつ行きましたが、博物館へ向かう人は少なかったです。クロークでコートを預けたと [続きを読む]
  • トレチャコフ美術館新館
  • トレチャコフ美術館本館には、4回も行っているのに、トレチャコフ美術館の新館はまだ行ったことがありませんでした。建物は、いかにもソビエトらしいものでした。本館と違って、お客さんも少ないし、ツアーガイドは誰もいないしでじっくりゆっくり静かに見ることができました。4階から始まり1階まで、2時間半かけて夢中になって見ました。夫が、アヴァンギャルドの絵画を見て、「ここへ来るのは初めで最後だ。」と言ったので [続きを読む]
  • メドヴェージェワ
  • とても珍しい(?)展覧会に行ってきました。フィギュアスケートのエフゲニア・メドヴェージェワ選手がアニメのイラストを描き、それが展示されている展覧会です。この展覧会は、家から車で15分のところで開催され、8月の終わりまで見られるということで行きました。メドヴェージェワ選手の作品は少しですが、歴代のオリンピック選手の衣装やスケート靴なども展示されていました。この建物に展示されているものすべてを見ると [続きを読む]
  • スーパーのシール集め
  • 日本でもよくあるスーパーのシール集め。このシールを集めると、ある商品が安く買えるというキャンペーンです。義母が集めているのを知っていましたが、どうなったらもらえるのかは知りませんでした。今日、夫と一緒に買い物に行ったら、夫が買った時にシールを2枚もらいました。私の方が先に並んでいたので、どうなったらもらえるのかをきくと、300ルーブル(約600円)買うと一枚もらえることが分かりました。私がいつも [続きを読む]
  • ロシアの古いエレベーター
  • ロシアの古いエレベーターには、「開」「閉」ボタンはありません。どうやって使うかというと、人が一人でも乗っていれば、ドアは開いたまま閉まりません。行先の階のボタンを押すと、ドアが閉まります。その仕組みを知らないで、ヤースナヤ・パリャーナに行ったときは、一人が乗るとすぐに行先の階を押し、ドアが閉まり挟まれそうになりました。...ロシアに来て開閉ボタンがない古いエレベーターに出会ったら、すぐに行先を押さず [続きを読む]
  • 車のアラーム
  • ピアノを弾いていると、いきなりアラームがなった。何だろうと思っていると、夫の車のアラームもなっている。揺れると鳴る仕組みになっているそうだ。外を見ると、数人の男の人たちが夫の車の前にいる。よく見ていると街の職員でゴミ置き場を設置したいのに、夫の車が邪魔になっているから、移動して欲しくてアラームを鳴らしていることが分かった。しかし、私は、ロシア語を満足に話せない&運転ができない。夫に連絡をすると、 [続きを読む]