苦楽園4号 さん プロフィール

  •  
苦楽園4号さん: 苦楽園オフロード雑記帳
ハンドル名苦楽園4号 さん
ブログタイトル苦楽園オフロード雑記帳
ブログURLhttp://kurakuen4.muragon.com/
サイト紹介文オフロードバイク・林道ツーリング・料理・保護ネコ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 29日(平均1.9回/週) - 参加 2017/08/28 22:53

苦楽園4号 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 結果的に渓流めぐりの一日 9/24 諸鹿林道・樅木沼谷林道
  • 先週にTKさんに先を越された中音水の森林鉄道跡の一件がうらやましく、他にどこか同じようなものがなかったかいな・・・と探していると、やはり以前からバイブルのように使わせてもらっている某ブログに「沢川森林鉄道跡」というのがあるではありませんか! それは鳥取県の若桜から県道103号を進み「諸鹿」という集落を越えた辺り。 つまり東に東因幡林道、西に扇ノ山林道に挟まれた地域であります。 もしかすると今現在は [続きを読む]
  • バイク乗りの悲しい(?)週末は料理で過ごす
  • ID:jvokj1 あれ?青空が見えますが?? 17日午後1時現在・・・ 世間は3連休(ワタシは日曜のみ)ですが、残念な台風18号の接近でバイク界はさっぱりな週末ですね。 ワタシの場合はそれを見越して(??へへへ・・)先日の水曜休みに先取りしましたが、予定を立てて楽しみにしていた方も多いでしょうが、こればかりは仕方ありませんね。 それよりなにより台風被害が最小限であることを祈ります。 さてこのワタ [続きを読む]
  • 予想通り?の遭遇 9/13 但東方面1+1/2
  • 突然ですが、ワタシは今また雇われの身。 以前自分で仕事をしていた時は割合と自由が利いたので、天気が良ければスケジュールを遣り繰りしてバイクに乗っていましたが、現在はそうは問屋が卸しません。 しかし基本的に水曜日と日曜日という変則週休2日のため、ある面理想的ともいえます。 今日は免許の更新に行く予定でしたが、雨上がりの晴天、そして次の週末は台風ということで急遽予定変更! さて行き先は・・と少々悩んだ [続きを読む]
  • 廃屋、廃村を訪ねて 9/10 村岡高原〜熱田地区 後半
  • 村岡高原からの続きです。 釜谷の集落へ下りると香美町小代区(おじろく)に入ります。 小代に初めて訪れたのはほんの7、8年前ですが、もうその魅力には心から惚れ込んでいます。 前回にも書きましたが、ひとことで表現するのならば「日本の原風景」がそこにあるということでしょうか。 もう今年だけでもふた桁に近い回数を重ねるほど繰り返し訪れていますが、何度来ても飽きることはありません。 国道482沿いに流れる矢 [続きを読む]
  • 廃屋、廃村を訪ねて 9/10 村岡高原〜熱田地区 前半
  • 今日のテーマは「廃屋」「廃村」 林道めぐりをしていれば、必ずと言ってもいいほど何処かで廃屋、廃村、廃墟、遺構などに出会います。 どこか寂しげで虚しさを感じることもありますが、その反面それぞれの歴史や過去の暮らしぶりなど想像力をかき立てられます。 週の半ばから次の行き先を考えながらネットであれこれ調べていると、村岡高原と熱田が面白そうです。 ハイ!今週もまた但馬に出発です! 8時半頃にようか但馬蔵を [続きを読む]
  • 但馬の海へ 9/3 新温泉町〜諸寄海岸 
  • 今日はいつもよりもう少し北上して日本海を眺めに行きます。 北近畿豊岡道の八鹿ICを降りて、道の駅但馬蔵である人がいないかチェック。 すると・・・やっぱり居られました地元の『但馬マスター』(勝手に命名しました)こと高山長さんと相方のとよべぇさん! ご挨拶をすると「来られると思っていましたよ〜」と逆に言われてしまいました。 なんでも今日は12名様グループのツアーリーダーとのこと。 最終目的地はと聞くと [続きを読む]
  • 但馬にぞっこん 8/27 ハチ高原〜小代〜蘇武ツーリング 
  • さて、前回のご挨拶から初めてのツーリングに関しての記事スタートです。 今回は、というかこのところほぼ毎週通っている但馬方面の林道めぐりです。 林道を走ること自体楽しみの大きな部分を占めますが、ワタシは棚田や展望の良い場所には目が無く、それらを繫ぐのが林道みたいなところもあるのです。 そんなかんなで今回のスタートは東ハチ高原からのエントリーで、まず最初の目的地の別宮(べっくう)の棚田です。 上の画像 [続きを読む]
  • ブログ始めます!
  • みなさんこんにちは。 わたし自身、過去20年間ほどはロードバイク(自転車)とランニングを趣味の中での優先順位1、2にしていましたが、一昨年ふとしたきっかけでまた以前からのバイク(オートバイ)をトップにすることにしました。 ただこれまで楽しんできたオンロードではなく、ずっと逡巡してきたオフロードの世界に足を踏み出しました。 そこで出会ったのはこれまで見たことのない自然や風景の素晴らしさ、そしてひょん [続きを読む]
  • 過去の記事 …