青と緑と感謝の詩 さん プロフィール

  •  
青と緑と感謝の詩さん: 青と緑と感謝の詩
ハンドル名青と緑と感謝の詩 さん
ブログタイトル青と緑と感謝の詩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kanshanosi
サイト紹介文幼少時に母が天国にいきました。いろいろな困難に出会いましたが、今は日々を感謝の気持ちで生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 22日(平均4.5回/週) - 参加 2017/08/29 23:21

青と緑と感謝の詩 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お彼岸
  • 今日、外を歩いて買い物に出かけましたが陽射しの強さは昨日に引けを取らず、くっきりとした陰影を刻んでいましたね。家の中に少しだけ差し込んできた正午の陽光に手を当てたらなぜか涙があふれてきました。「自然のあるところに暮らしたいなぁ・・・」と四方を集合住宅に囲まれているアパートで、切に思ったのでした。人間関係とか、仕事とか、大人には逃げられない色々な事情がありますものね。久しぶりに太陽にあたって、ふと自 [続きを読む]
  • 台風の祓い
  • 台風18号が、この週末にかけて日本列島の上をきれいに吹き荒れてゆきました。被災した方にはお見舞い申し上げます。それにしても、この進路・・・。こんなにも国土の「真上」をなめるように進んだ台風は私の記憶にはありません。私のいる関東も、昨夜の雨風はすごかったです。幸い通勤時間には支障なく、本日は台風一過の秋晴れとなりました。陽射しは夏のように鋭くて、とはいえ湿度がないせいか、さわやかでもありました。そし [続きを読む]
  • 電気屋さん
  • 今就いている仕事は違いますが以前、のべ6年くらい電気屋さん関連に勤めたことがあります。そのうち5年はメーカーの直属販売員、これは主に地デジ化特需の時で薄型テレビやブルーレイレコーダーなどを売るのが主でした。その契約満了後に入った某電気屋ではいきなり未経験のPC販売に回されました。ウィンドウズ7のサポート終了の時期でしたので忙しいことはもちろん、リーダーがかなりいい加減な知識しかない人で猛烈な独学で知 [続きを読む]
  • 詩というセラピー
  • 「詩」と出会ったのは、たぶん小学校の教科書だと思います。ほとんどの人がそうでしょう。私の場合は、小学二年の時の担任の先生が毎日「なんでもノート」というのを提出させる宿題を課す先生で、私は簡単に書ける「定型詩」をよく書いて提出していましたので、詩を書くことは小さいころから行っていたと言えます。ちなみに私は「国語だけはしっかりやらないと大人になってから困る」となぜか強く思う小学生でした。(数学や社会は [続きを読む]
  • 世界・日本の荒天
  • みなさま、こんにちは!ようやく明日、仕事が休みなので、更新できます〜。・・・そんな本日は、9・11でした。あれから16年、アメリカの方々にとっては、忘れられない日ですね。そんな特別な日に、アメリカやカリブ海地域を襲った巨大なハリケーン「イルマ」・・・映像を見ましたが大変な嵐と被害でしたね。こんな台風が、いつか日本にもやってくるのではないかと思うと、本当に恐ろしいです。ただ、事前に荒天や天災を想定し [続きを読む]
  • 用心棒日月抄
  • 突然ですが、いまはまっている本がこれです(笑)。藤沢周平さんの本はいくつか読んだことはありましたが、これを読んで、時代小説の面白さにドはまりしています。目下、シリーズの続編を読んでいますが、やはり好きですね。一巻目が最高〜で、それ以降はエンタメ色が強くなりますが、かっこいいことには変わりありません。10年くらい前に、小説を書いてみようと思い立ったことがあり、その頃は色々な作家の本を手にしました。2冊 [続きを読む]
  • ご先祖さま
  • 9月に入り、めっきり涼しくなりましたね。世間の子供たちも夏休みを終えて普通の日常に戻るこの季節。8月はやはり日本人にとって特別な月です。終戦記念日とか、お盆とか、夏休み、高校野球、花火大会・・・なんとなく郷愁にかられるというか、切ない、はかないものが多いですね。でも、ここから年末へかけては淡々と季節が進み例年のように、あっという間にお正月、ということになるのでしょう。とりわけお盆は、よくご先祖様を [続きを読む]
  • 仕事に感謝
  • 数日間、仕事が忙しくて更新できませんでした。シフトの勤務なので、こんな感じの間隔になるかと思いますが、どうぞ気長にお読みいただければ幸いです〜。ありがとう御座います。・・・仕事と言えば私は社会人になってから16回、職が変わっています(笑)短期も含めたバイト経験はそれとは別に13回あります。(先日、覚えているものを書き出してみて、その多さに我ながら笑ってしまいました)ちなみに私は第二次ベビーブームの頂 [続きを読む]
  • マリリン・モンロー?
  • 私の大学の卒論はなんと『マリリン・モンロー』でした(笑)彼女のことを話すと、若い人に「知らな〜い」と言われ愕然とすることも多くなってきた今日この頃ではございますが・・・なんといっても、やはりきれいなのです。よくニューハーフの方々も、彼女やマドンナのことが好きで物まねをしたりしていますね。実は、私も、そんな感覚で好きなんだと思います。ニューハーフの方々は、元々は女ではないので女の象徴みたいなものに憧れ [続きを読む]
  • 母の愛を求めて・2
  • 大学は夜間大学に4年間通いました。その頃知り合った、今の夫が自己啓発のため『インナーチャイルド』という系のワークショップに参加し始めました。彼は、家族との関係性や自分の人生について真剣に考えていて、それを良くするためなら、その手のセミナーに参加することについて躊躇しない性格なのです。私は、そういう思想集団的なものがとても苦手で自分からは決して参加しようとは思わない性質なのですが、この時はなぜか、そ [続きを読む]
  • 母親の愛をもとめて
  • 漫画家の手塚治虫先生は、かつてインタビューのなかで「人は自分の人生の中で、最も衝撃を受けたことをテーマにして生きてゆくべきだ」というようなことを仰っていました。それが彼の場合は、戦争だったり、人の生死のことだった・・・だから彼の漫画には、そういうものが大きなテーマとして描かれているのですね。それを知ったとき、では私の場合は自分のテーマは何だろう、と考えました。ナンバーワンはやっぱりというか6歳で死 [続きを読む]
  • 詩を書くこと
  • 私が詩というものに出会ったのは・・・小学校2年の時の担任の先生が詩を好きだったのがあると思います。その先生は、みんなに詩などを暗記させるのが好きだったりもして私も国語が得意だったのもあり宿題によく詩を書いて提出していました。思春期の中学生くらいになると様々な心の葛藤が人一倍あったのですが当時は自作の漫画を描いて発散していました。高校生くらいからでしょうか。なんだか遅れてやってきた反抗期みたいなもの [続きを読む]
  • 2007年は今から10年前
  • 「今から10年先、何をしているんだろうね」ということを、よく言う同僚がいます。私自身は、あまりそういうことを考えないのですが確かに10年前のことを思い出すと今とは全然違う環境にいた、ということに驚きます。あの頃の私が今の私を知っていたら一体どんな風に思うのでしょう。何より、10年前はまだ東日本大震災が起こってもいません・・・。私の人生観はあの日を境に大きく変わりましたので今から10年前の私はちょっ [続きを読む]
  • はじめましての青江(筆名)です
  • はじめまして!本日、gooブログを始めさせていただきます、青江です。よろぴくお願いいたします。以前アメブロさんで、詩を載せたブログを書いておりましたが、あの、東日本大震災を経験し(都内在住でしたが、本当に衝撃でした)人生を深く考え直してしまいすべてをいったんリセット(削除)した経験があります。今回また、新たにブログを始めようと思ったのは、なぜなのか、自分でもよく分かりません。あれからの6年あまりで、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …