快音ドットコム さん プロフィール

  •  
快音ドットコムさん: バッティング上達への道 | 快音ドットコム
ハンドル名快音ドットコム さん
ブログタイトルバッティング上達への道 | 快音ドットコム
ブログURLhttps://bbkaion.com/
サイト紹介文野球のバッティング上達ならば「快音ドットコム」で決まりですよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 24日(平均17.2回/週) - 参加 2017/08/30 23:52

快音ドットコム さんのブログ記事

  • バッティングで体の壁を作るとは?打撃の連続写真を用いた詳細解説
  • バッティングでよく言われる「体の壁」の正体や役割、そしていつまで壁を保てば良いのか?という事について解説したいと思います。そもそも「体の壁」って目には見えないものなので、壁と言われてもピンと来ないケースも多いですよね。今回はそんな壁を理解してバッティング上達の役に立てましょう。バッティングの体の壁についてまずバッティングの壁になるポイントです。バッティングの壁とは、体のピッチャー側の「肩・腰・ヒザ [続きを読む]
  • 野球のメンタルトレーニングを教えてくれるDVD
  • 野球でメンタルトレーニングをしてメンタルを鍛えたいと思いませんか?今回はそんなメンタルトレーニングのDVDのご紹介です。野球だけでなく、色々なスポーツから仕事や私生活まで使えるのがメンタルトレーニングなんですね。人生においてもメンタルの持ち方は非常に大切になりますよね。プレッシャーに弱かったり緊張をし過ぎる場合に最適!野球の試合中のピンチでマイナス思考になってしまう。チャンスで打席が回って来てそうだ [続きを読む]
  • アンダースローの投げ方をプロが伝授してくれるDVD
  • アンダースローはなかなか教えられる指導者がいない投球フォームになります。ですので、貴重なピッチングスタイルが「アンダースロー」なんですね。そんなアンダースローの投げ方を、元西武ライオンズの「松沼兄弟」が教えてくれるんですね。その前に、もう少しアンダースローを掘り下げてみましょう。アンダースローは打ちにくいと言われる明確な理由にも迫りますよ!アンダースローの魅力とは!?一般的なピッチャーと違い、美し [続きを読む]
  • 野球のバッテリーのレベルアップができる投内連係
  • 野球が強いチームと言えば、守備がしっかりとしていますよね。小さいプレーがしっかりとしていて、凡ミス(ボーンヘッド)が少ないです。よく言われる言葉として「当たり前のことが当たり前に出来るチーム」ということになります。投内連携のレベルアップ!逆に弱いチームは、凡ミスが出たり、記録が付かない様なエラーが出たりと締りがない守備が目立ちます。小さなミスですが、状況次第ではゲーム展開や流れが一気に変わる恐れが [続きを読む]
  • 野球のバッティングでのレッグキックとは!?
  • 今回はバッティングでのレッグキックを取り上げたいと思います。レッグキックとは、あまり耳慣れないかもしれませんが、タイミングを取るステップの際に、足を高く上げて重心移動をするバッティングフォームです。それにより、下半身からより大きな力(パワー)を得ることが出来ます。バッティングのレッグキックメジャーリーガーのバッターは足を大きく上げないけど、日本人バッターは足を大きく上がるのは何故?という疑問を持っ [続きを読む]
  • 7日間スラッガープロジェクトが人気の理由は!?
  • 7日間スラッガー養成プロジェクトは、元プロ野球選手・指導者の「垣内哲也&大塚光二」が教えてくれるバッティング上達DVDです。バッティングDVDの中でも、ロングセラーのDVDなのですが、バッティングの上達や指導をしたい選手や指導者に「人気No.1」の野球DVDなんですね。私自身も色々な野球やバッティングDVDを見てきましたが、その人気の理由3つに迫りたいと思います!人気の理由1「バッティング上達の最短の近道!」バッティン [続きを読む]
  • バッティングのパワーの連動のメカニズム
  • バッティングでは、下半身と上半身の連動が大事だと言われます。このパワーの連動ができていないと、下半身と上半身がバラバラなバッティングと言われたり、手打ちと言われたりもします。しかし、具体的にどうやって連動するの?と疑問に思いませんか?それもそのはずです。力(パワー)と言うものは、実際に目に見えるものではありません。しかし、バッティングの見るポイントが分かれば、どの様に力が伝わっているのかが理解でき [続きを読む]
  • バッティングフォームの全てが分かる完全版!詳細な写真と図解付き
  • 今回は「バッティングフォーム」についての詳細解説です。バッティングフォームの見本としてピックアップした選手は、楽天の「茂木栄五郎」です。身長171cmとプロ野球選手としては小柄ですが、長打力があり逆方向にも打てるバッターです。今回参考にするバッティングフォームは、インパクトの瞬間に高目のボールに合わせて、やや体が伸び上がる感じもありますが、綺麗でお手本になる「インサイドアウト」のスイングになっています [続きを読む]
  • 野球のスイングの基本を完全マスター!
  • 野球のバッティングでは大切なスイングについての詳細解説になります。スイングを制する者がバッティングを制す!(…あたり前ですね 笑)バッティング上達のスイングについて重要な「トップ・インサイドアウト・下半身の連動」など6段階の動作について主にお伝えします!バッティングのスイング動作の一連打撃のスイング動作は大きく下記の様に6段階に分かれます。構え / バッティングの準備とタミングバックスイング / ステップ [続きを読む]
  • 少年野球のバッティング指導をするならプロから教わるDVD!
  • ? お子さんのバッティングの指導をしたい!? チーム内でバッティングの指導をしたい!? バッティングに詳しくなって技術を身に付けたい!そんな時に役立つ、プロが教えてくれる「バッティングDVD」をご存知ですか?少年野球のバッティング指導は想像以上に難しい!バッティングの指導は、選手で個性が違うので実は教えるのが難しいんですね。特に分かりやすい表現が必要で、理解力が成長過程にある少年野球のバッティング指導な [続きを読む]
  • 野球のインサイドアウトとは?すぐに分かる画像解説
  • 野球のスイングでは「インサイドアウト」でバットを振ります。インサイドアウトのスイングを簡単に言えば、体に巻き付く様なスイングを言います。インサイドアウトは、バッティングの基本であり理想とされるスイングになります。今回はそんな「インサイドアウト」のバットスイングを色々なバッターの画像で見ていきましょう。インサイドアウトのスイングが良い理由は?インサイドアウトのスイングを解説する前に、インサイドアウト [続きを読む]
  • バッティングで体が開くとは?より詳細な画像解説
  • 以前にも、バッティングにおける体の開きはご紹介しました。今回は、より画像を用いて分かりやすい体の開きをご説明しています。バッティングの体の開きがすぐに分かる内容になっていますよ ^^ /体の開きと回転の違い体が開くというのは、上半身ならば前の肩、下半身ならば前のヒザが開くことを言います。前の肩が外側へ開けば、胸をピッチャーへ見せることになります。前のヒザがピッチャー側へ向けば、これも体が開くと言い、下 [続きを読む]
  • コンパクトなバッティングとは!?
  • 今回は色々と見解が異なる「コンパクトなスイング」についてです。このバッティングでよく聞く「コンパクトなスイング」ですが、具体的にはどの様なスイングなのか?について迫っていきたいと思います。コンパクトなスイングの勘違いよくコンパクトなスイングと言えば「バットを短く持って当てに行く」というイメージがあるのではないでしょうか?しかしこれは、本来の意味のコンパクトとは言い難いです。コンパクトとは、こじんま [続きを読む]
  • バットのヘッドを立てるとは?それは力が入る手首の角度で打つこと
  • バッティングで「バットのヘッドを立てる」という意味の解説になります。バットのヘッドを立てる、バットのヘッドが下がっている、などの表現ですね。しかし、バットのヘッド(先の頭)って自然と下がるものじゃないの?と思いませんか?バットのヘッドが下がると何故いけないの?まずは、バットのヘッドが下がっていけないのは「インパクトの瞬間」になります。ボールを捉える時ですね。下記のバッティングの流れでは⑤になります [続きを読む]
  • バッティングで体の軸がブレるとは?その正体に迫ります!
  • バッティングでよく言われる「体の軸」についてです。よく、バッティングで体の軸がブレている、体の軸が安定している。など言いますが、実際にバッティングの軸とはどの様なものなのでしょうか?専門家でも見解が分かれる「バッティングの軸」を3パターン解説し、その結果で体の軸の正体に迫りたいと思います。ちなみに「バッティングの軸」と「軸足」は別の意味になります。今回は軸足でなく、体の軸についての解説になりますよ [続きを読む]
  • バッティングで調子が悪い時には軸足のチェック!
  • どんなバッターにも調子が良い時と悪い時があります。調子が良い時は問題ありませんが、調子が悪い時はスランプが長引く原因にもなります。調子が悪い時には「どこが悪いのか?」という原因が分からないことはありませんか?調子が悪い時には軸足のチェック!いつもよりもバットのグリップの位置が下がっているかな?タイミングの取り方が良くないなぁ。何だか合わないなぁ…など、バッティングの不調には何かしらの要因があります [続きを読む]
  • 自分のストライクゾーンを確立させる大切さ
  • 野球のストライクゾーンは「肩とベルトの中間」から「ひざ頭の下」と決まっています。ですが、自分のストライクゾーンを確立させておく事が大事です。その理由は「主審によってストライクゾーンが違ってくる」からなんですね。審判によって異なるストライクゾーンストライクゾーンは、上記で説明した範囲が定められています。しかし、実際には平面でなく立体的で、変化球やボールの軌道によって見方が変わってきます。ストライクゾ [続きを読む]
  • バッティングでセンター返しが基本と言われる理由は?
  • バッティングではセンター返しが基本と言われています。ですが、なぜセンター返しが基本なのでしょうか?今回はそんなゼンター返しについての内容になりますよ。ボールとバットの角度についてボールはバットに直角の90°に当たる角度が一番ボールに力が伝わると言われています。レフト方向やライト方向でバットの角度が付くと、摩擦が生じて回転がかかりファールになる打球もあります。フェアゾーンへ強い打球を打てる。というのが [続きを読む]
  • 少年野球のバッティングの指導方法
  • 少年野球の指導や子どものコーチで大切なことは、子どもにきちんと意図を伝えることです。こちら側からの意図がきちんと伝わっているかどうかですね。例えば、スイングが遅いので「もっと速くバットを振りなさい」と子どもにアドバイスをするとします。言葉では理解できても、体の使い方を知らないので実際にどうやってスイングを速くすれば良いのか子どもは理解ができません。ですので、きちんと体の使い方から教えてあげる必要が [続きを読む]
  • ホームランバッターになるには!?
  • 野球では誰しもが一度は憧れるのがホームランバッターではないでしょうか?野球はチームスポーツなので、全てのプレーは他の選手と共有する時間になります。しかし、ホームランをスタンドインした時だけは違います。ダイヤモンドを周回する時間だけは、そのバッターが独り占めできる特別な瞬間になります。ホームランを打つにはどうすれば良いの?ホームランを打つには体格や筋力が必要な他にも、バッティングの技術が必要になりま [続きを読む]
  • 良いバッティングとは?良いバッターの打撃のメカニズム
  • 良いバッティングや良いバッターとはどの様な事を言うのでしょうか?今回は、そんな良いバッターの共通点や打撃のメカニズムの話しになりますよ。良いバッティングは生み出した力の連動!良いバッティングとは、生み出したパワーをいかにボールへ効率良く伝えれれるか。という事になります。当然ながらただバットを振るだけでは、しっかりとしたパワーは生まれませんし、力は分散されて逃げてしまいます。? 体重移動体重移動を全 [続きを読む]
  • バッティングの上達は内角高めのインハイにあり!
  • バッティングが上達したい場合には、その方法の一つとして「インハイ」の内角高めをマスターする事です。インハイの球をうまく打つには、肘をうまく使う必要があります。ですので、インハイを練習する事で「バッティングの肘の使い方」をマスターできるんですね。バッティングのインパクトの瞬間は、肘が伸びきると力が入りません。一番肘の使い方が覚えられるコースがインハイで、極端な言い方をすれば理想的なスイングの形状かも [続きを読む]
  • バッティングのアウトコースの打ち方!外角球への対応
  • 前回は、インコース打ちについて解説しました。今回はアウトコース打ちになります。アウトコース(外角)が苦手だという打者も多いのではないでしょうか?バットがボールに届かない強い打球が打てない自分の感覚とズレが生じるなど理由はそれぞれにあると思います。インコースの打ち方については下記の記事よりお読み頂けますよ。 バッティング上達の道 | 快音ドットコム バッティングのインコースの打ち方を坂本勇人から学ぶhttps [続きを読む]