ひざ痛いですが注射さけたい さん プロフィール

  •  
ひざ痛いですが注射さけたいさん: ヒアルロン酸
ハンドル名ひざ痛いですが注射さけたい さん
ブログタイトルヒアルロン酸
ブログURLhttp://cyusha-hyaluronan.seesaa.net/
サイト紹介文ひざが痛むならヒアルロン酸を注射しましょうって。でも少し調べたら美容の方が多い感じです。
自由文調べるそばからカミサンが「あっそれ何?」「あっそれいいいかもっ」てなわけで、脱線しつつの投稿です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 22日(平均6.0回/週) - 参加 2017/08/31 16:15

ひざ痛いですが注射さけたい さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サプリを飲むタイミング
  • まずは飲み方。これはサプリ共通ですが、コップ1杯の水かぬるま湯で飲みます。これはカフェインを含むコーヒー、お茶などで飲んでしまうと成分の吸収が阻害され、台無しになるのを防ぐためと、消化器官まで届けるためです。なお、美肌目的の方はコラーゲンを合わせて飲むのもアリです。両方同時に摂取可能なサプリもあります。次にタイミング。なるべくバッチリ吸収したいのであれば、迷わず空腹時です。ただし様子をみながら少し [続きを読む]
  • マイクロニードルがすぐれている点
  • 経皮吸収と経口投与で違いがあります。経口投与では成分が体内に取り込まれる時間は短く、体内濃度はすぐに上がりますが、薄まるのも早く、一定の間隔で飲んだ場合に薬効成分が体内で急速に増え、そして減っていきます。濃度の激しい増減は体への負担が大きく、副作用の発生リスクが高くなります。一方、経皮吸収ではジワジワと体内に吸収されるために急激上昇とはならず、テープまたはパッチを貼ることで一定の濃度を、長時間維持 [続きを読む]
  • マイクロニードル
  • 目に見えないほどの小さい(マイクロ)針(ニードル)。「マイクロニードル技術」だそうです。医療分野では、「経皮ワクチンデリバリー技術」や「痛くない注射」と呼ばれ、将来的には注射の代わりに。そのため現在も研究中です。この技術にも色々な種類があるのですが、その中の1つで特に研究が進められているのが「溶けるマイクロニードル」です。一番の特徴は、溶ける針そのものが薬剤。なので、届けたいところにしっかり届いて [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 関節 サプリ
  • 身体のあちこちで活躍しているヒアルロン酸。関節痛の改善よりも美肌での記載が多いです。でも、さがすと出てきますね。サプリを使用している方のコメント。ざっとまとめると、「関節痛がすこしでも和らげばと思って飲み始めたら、痛みも和らいだが、肌の調子も良くなっているようだ。」または、この逆ですね。「肌の改善目的なのに、ついでに関節の動きがよくなった。」いいことばかりではないでしょう。効果に個人差はつきもので [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 マイクロニードル
  • ありますね、あまり痛くなさそうなのが。マイクロニードルです。注射だと抜き刺しをしますが、このマイクロニードルは刺すだけです。抜かないのは、針がヒアルロン酸なので時間の経過とともに肌に浸透、吸収されて無くなるからです。剣山をイメージするとわかりやすいですが、目に見えない程の細い針「マイクロニードル」をシートにびっしりと植え込んでパッチにしています。このパッチを気になるところに貼る、というか刺すという [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 誤解 続き
  • ヒアルロン酸注射はプチ整形として人気です。が、まずは、リスクに対する誤解があるようです。基本的に、ヒアルロン酸にはアレルギーはなく、安全な成分です。また、その注射は美容医療の中では安全性が高いです。しかし、担当医の技量による事故ですとか、副作用が決してないとは言いきれないです。不安を取り除くのは大切です。信頼できる医療機関や専門医を探した上で相談し、リスクや効果、安全性をきちんと確認すれば、納得い [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 誤解
  • ヒアルロン酸の体内の量は、20歳を上限に下降します。40歳を過ぎると減少のスピードは上がり、60代になると20代の約半分です。それが影響して、肌の潤い不足を感じたり、ハリやツヤがなくなってきたり、関節や目の機能低下の原因になったりします。バランスよい食事とストレスのない生活で、線維芽細胞を活性化し、若い状態を保つ事でヒアルロン酸が減らないよう工夫はできます。ただし、加齢に伴う減少速度にはなかなか追 [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 化粧品成分
  • 一般的に、ヒアルロン酸Na(ヒアルロンサンナトリウム)のことです。魅力は高い保水力による保湿効果。1%の水溶液で、ゼリー状です。保湿はスキンケアの基本です。刺激や副作用もほとんどないので、敏感肌の方でも使いやすい保湿成分です。ヒアルロン酸Na以外にも、いくつか種類があり、特徴や効果が少しづつちがいます。① ヒアルロン酸ナトリウム最も汎用的なヒアルロン酸で、濃度が上がれば粘度が上がります。分子量は100 [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 注射 関節
  • 実はヒアルロン酸の関節内注射ですが、調べてみるもんです。関節にはなるべくしません。米国整形外科学会は2013年に、軽度の変形性膝関節症については、治療法として推奨しない旨の変形性膝関節症ガイドライン改訂版を発表していました。症例を調べた結果、治るわけではないとの事。痛みがやわらいで動けてしまうのは、むしろ厄介で、本当は痛いのに、その痛みを感じないから、患部をかばうことなく動かしてしまい、さらに悪化…。 [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 サプリメント<br />
  • ヒアルロン酸配合サプリメントを飲んで、「お肌がプルプルになる」という効果は、かなり個人差があるようです。ヒアルロン酸の経口摂取を続けた事で、皮膚の水分量が増加したという研究報告はあるようです。一方で、高分子(分子が大きい)のヒアルロン酸の大半は、体外に排出されます。一部が分解され体内に吸収されても、それが再びヒアルロン酸になるかどうかは、把握が難しいという意見もあります。ヒアルロン酸やコラーゲンは [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 関節
  • 軟骨と、関節の間にある関節液にもヒアルロン酸は多く含まれています。関節の中でクッションや潤滑油の役割をします。ヒアルロン酸の減少や筋肉低下によって、軟骨がすり減って炎症が起こり、痛み、腫れ、水が溜まるなどの症状が出るのが関節痛です。関節痛が最も多い場所は膝です。炎症を起こした関節の中では、骨を壊し軟骨を溶かす物質が増えて、骨がどんどん変形して元には戻りません。関節痛の治療には、関節内にヒアルロン酸 [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 目薬
  • 目の硝子体にはヒアルロン酸が多く含まれています。目を保護する涙の成分にも当然たっぷり…と思いきや、含まれていません!目の表面に涙を留める役目をするムチンという成分。非常によく似た性質を持っています。そこで、ドライアイなどの目の乾燥の治療には、ムチンと非常によく似た性質を持っている、ヒアルロン酸が配合された目薬が使用されます。その他白内障、老眼の治療にも使われます。ヒアルロン酸は保水力と粘弾性に優れ [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 コラーゲン
  • 皮膚は3層で構成されていて、表皮・真皮・皮下組織からなっています。コラーゲンはその真皮層の水分を除く70%を占めている主成分で、お肌の土台です。ヒアルロン酸もコラーゲンも美容には欠かせませんが、成分が違います。ヒアルロン酸は、細胞間の水分を保ちます。コラーゲンは、丈夫な線維状の細胞でたんぱく質の一種です。真皮の中に網目状に張り巡らされています。さらに大切な成分をもう一つ、エラスチン。エラスチンは、 [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 鼻
  • ヒアルロン酸注射で鼻を高くできます。痛そうですが。鼻には硬いタイプを使います。形を維持しやすいからです。鼻への注入は、鼻根(目と目の間)から鼻先に行くほど難しくなります。鼻根は比較的皮膚のゆとりがあって、高さを出しやすいですが、注入し過ぎるとモアイの様な不自然な状態になります。鼻筋は皮膚が薄く、皮膚のすぐ下が骨や軟骨のため、少量しか注入出来ません。鼻先の皮膚は薄く脆く、注入液の重みに負けて型くずれ [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 目の下
  • なぜ、目の下なのか?目の下のたるみこれは、加齢や乾燥でハリを失った肌の内側に、眼球を支える脂肪分が、はみ出てきて起こります。たるみを改善目の下の皮膚はとても薄いので、粒子の細かい柔らかいタイプのヒアルロン酸を注入します。持続効果は種類や個人差によりますが、3〜6ヶ月位です。※分解されずに長く残る場合もあるようですが、 永久効果は期待できないです。価格の目安は1本1cc 4〜10万円。うまくするとオマ [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 ほうれい線
  • まず、ほうれい線とは。ほっぺたと口の周りの筋肉の境界線。口の横にハの字に出来るシワです。主に加齢によるほっぺたのたるみや、皮膚のハリがなくなる事で深くなります。ほっぺたの脂肪が厚い人、よく笑う人に出来やすく、若くてもストレスやむくみで出来るようです。施術ですが、皮膚の下に直接ヒアルロン酸を注入し、皮膚をもち上げて溝を無くします。注入後、体質によってはハレたり内出血する事がありますが、コンシーラーで [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 効果
  • ヒアルロン酸の効果は、その高い保水力と粘性で皮膚、目、関節(軟骨)、筋肉などに作用します。自分が欲しい結果と若干ズレてる気もしますが、せっかく調べたので続けます。ヒアルロン酸が不足すると…1.みずみずしい肌を保てません。2.老眼や眼の疲れを感じます。3.関節が痛むことがあります。4.体の動きが硬い、または重いと感じる。5.女性ホルモンを正常に保てず  生理不順や更年期障害がつらい。どうやら効能は多 [続きを読む]
  • ヒアルロン酸 注射
  • ヒアルロン酸 注射調べてみました。美容整形がかなりの数ありまして、顔に注射 ><見てるだけで痛いので、即移動です。で、ひざというか関節が痛む場合の注射ですが、痛み止めではないので、サッと引く事はないです。手術と比べると体に負担はかかりません。注射は続ける必要があるようです。1回4〜6万円かかるようです。注射液の成分や細菌感染の可能性については注意が必要です。ちなみに注射液は関節に届くように差し込んで [続きを読む]
  • ヒアルロン酸とは
  • そもそも、ヒアルロン酸とは?もともと全員持っていて、水分の保持が役目です。その量たるや、1グラムで水6リットルを保持可能。ただし、ヒアルロン酸の量は加齢で減るそうです。なんと40代で赤ちゃんの半分ぐらい、60代だとさらに半分だそうです。そりゃあ、ひざも痛みますね。減っているので、注射で足すようです。ドロドロの注射液をひざの奥に入れるため、太目の長い針のようです。頻度が現在不明ですが、また減っていく [続きを読む]
  • 過去の記事 …