なのはな法務事務所 稲垣裕行 さん プロフィール

  •  
なのはな法務事務所 稲垣裕行さん: なのはな法務事務所 稲垣裕行
ハンドル名なのはな法務事務所 稲垣裕行 さん
ブログタイトルなのはな法務事務所 稲垣裕行
ブログURLhttps://ameblo.jp/inainaina2000/
サイト紹介文外国人不動産購入 外資系企業法務 英文契約書 日系海外子会社法務 海外財産相続手続
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 1日(平均70.0回/週) - 参加 2017/09/01 10:30

なのはな法務事務所 稲垣裕行 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 司法書士資格保有者のイギリス弁護士登用試験(QLTS)について
  • イギリスはいくつかの国に分かれており、ここではイングランドとウェールズについての説明となります。また、法律専門職はバリスター(barrister)とソリシター(solicitor)の2種類の制度がありますが、ここではソリシターについてのみ触れております。 本来はソリシターになるには、日本の司法試験のような統一試験の受験ではなく、通常、最短3年間の大学の法学部を卒業後、1年間のソリシター養成コース(LPC)に入学して修了し、さら [続きを読む]
  • アメリカ司法試験用の受験参考書の購入方法について
  • どこの州を受験するにしても日本から手に入れにくいのがアメリカ司法試験用の受験参考書をどこで購入するかです。BarBriなどの受験予備校は書籍だけ購入するということはできず、基本的に講義と書籍がセットになっているので、数十万円はかかります。 日本でとりあえず書籍だけ購入したいという方への選択肢があまり多くないことがこの試験の受験へのハードルの一つとなっている感じはします。 最近は米国アマゾンサイトで海外発送 [続きを読む]
  • MPRE受験とその対策
  • MPREとは法律専門職責任に関する試験で、ほぼすべての州で一定の点数が求められています。試験の内容は全て択一式で、2時間で60問の4肢択一の問題に回答するというものです。 The Multistate Professional Responsibility Examination (MPRE) is a two-hour, 60-question multiple-choice examination developed by NCBE that is administered three times per year. It is required for admission to the bars of all but three U [続きを読む]
  • 米国ロースクールとTOEFL
  • ロースクールに入学するためには、原則的にはLSATという試験を受験する必要があります。LSATについては以下のサイトに詳しい記述があります。 Test FormatThe test consists of five 35-minute sections of multiple-choice questions. Four of the five sections contribute to the test taker’s score. These sections include one Reading Comprehension section, one Analytical Reasoning section, and two Logical Reasonin [続きを読む]
  • カリフォルニア州司法試験受験資格について
  • アメリカは弁護士制度は各州の権限をされているので、司法試験も連邦レベルではなく各州で開催されます。受験資格を得るためには、ABA(American Bar Association)が認定した3年コースのロースクールの過程を修了し、Juris Doctorという学位を得ているのが原則的要件となります。 一方でいくつかの州は、米国以外で法学教育を受けた者に対して例外的なルートを認めています。主なところとしては、ニューヨーク州、カリフォルニア州 [続きを読む]
  • パラオ司法試験について
  • 別のところで書きましたが、パラオの司法試験に合格すれば、カリフォルニア州かワシントン州の司法試験の受験資格が認められます。パラオ司法試験の受験資格については、Rule 2 of the Palau Rules of Admissionによれば以下のようになっております。 An applicant to the Palau Bar must:(1) provide a certificate of good standing fromjurisdiction(s) in which the applicant is admitted to practice and, if not a member o [続きを読む]
  • 過去の記事 …