ほたる さん プロフィール

  •  
ほたるさん: 夢
ハンドル名ほたる さん
ブログタイトル
ブログURLhttps://sleep-yume.info/
サイト紹介文ほぼ毎晩、夢を見ます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 20日(平均7.0回/週) - 参加 2017/09/01 13:27

ほたる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 変な夢ばかり見るのはお酒のせい?
  • 変な夢ばかり見ます。いつ頃から見るようになったのかは思い出せません。誰の視点で見ているのかわからない夢もあれば、自分の視点から「体験」する夢を見ることもあります。物語や映画を鑑賞しているような夢を見ることもあります。このブログは夢を記録することによって、毎日見る「変な夢」を解明するきっかけになればいいなと思い書きはじめました。変な夢ばかり見る一般的に夢は、日中の記憶が整理されているとか、深層心理が [続きを読む]
  • 庭園がある寺院の夢
  •  スーパーで買い物している。父と母と、弟と私。実際の両親とは違うと思う。弟もいない。 買い物のあと、大きな仏壇か祭壇の前に行く。私はいつもふざけているが、今だけは祈ってくれと両親に懇願される。目を閉じて祈ると、大きなパワーが押し寄せてくるイメージのようなものに負けそうになる。それでも祈るが、押し寄せてくる。住職のような人が来て、私達を庭園の中に招き入れる。 庭園を通って、寺院のような場所に行く。その [続きを読む]
  • 森の中に暮らす姉妹の夢
  •  誰の目線で見ているのかわからない。森の中に大人の姉妹が住んでいる。その下に子供が二人か三人いる。全員血がつながっている?身内のよう。姉妹のうち片方(仮に妹とする)が精神を病んでいる。風呂場で自分の胸を刺して死のうとしたけれど死にきれず、周囲に迷惑をかけ続けている。姉は、建築関係の仕事をしている。自宅近くに事務所のような仕事場を構えている。 姉は妹の迷惑行為にうんざりしている。一緒に暮らす子供たち [続きを読む]
  • 大きな仏壇のある部屋の夢
  •  父方祖母の家だと思う。座敷が二間続いているが、両方の部屋に壁一面ほどもある大きさの、大きな赤茶色の仏壇がある。そこに修学旅行のように、何人かで布団を敷いて寝転がっている。 起きている者もいるし、寝ている者もいる。私は寝たフリをしながら、そういえばあの仏壇は誰の仏壇なのだろう、手を合わせなくても良いのだろうか?と考えている。   [続きを読む]
  • 深いプールに沈む夢
  •  プールにいる。みんな水着の上に浴衣のようなものを羽織っている。高飛び込みの台のようなものがあって、台まではエスカレーターで行く。みんな順番に、エスカレーターがのぼりきったちょうど良い場所で飛び降りる。ちょうど良い場所で飛び降りないと、飛び降りに失敗する。 何回もそれを繰り返している。練習している?私は何度目かにタイミングを間違えて、プールの底に沈んだまま浮かび上がれなくなってしまった。地上ではイ [続きを読む]
  • 移動している夢
  •  青いスポーツカーに乗った男性が待っている。私のお客様だった男性らしい。色が白くて眉が太い。怒らせると怖い。 私は仕事を辞めて、どこかへ行く。夢の中でよく行く街で、地下街なのか、アーケードなのか、空が見えない、ごちゃごちゃした商店街のような場所。それが表で、中に入るとコンクリートの通路になっている。そこを通ってどこかに行く。身なりはきちんとしている。多分、制服のようなものを着ている。 大きなショッピ [続きを読む]
  • 母に対して激怒する夢
  •  実家にいる。帰省している。父と叔父もいる。母もいる。父は、実家の二階が香水のにおいがすると言ってしきりに気にしている。母は不機嫌なのか、あまり話さない。 帰省して二日目、私は居間にいた。部屋着でソファに座っていた。そこへ母がやってきて、「まだ帰らないのか?」と言う。その瞬間私は無性に頭にきて、母を怒鳴りつける。 早く帰れって言うのか?ここにいられたくないということなのか?自分の娘に対してよくそんな [続きを読む]
  • ソファのサイズが合わない夢
  •  いつも使っているソファを買い替えて、搬入した。通販で買ったのか、実物を見ずに買ったようで、部屋に対して小さすぎる。デザインも独特で、実用的ではなさそう。 あ〜これ嫌だなと思っているが、そのソファに決めたのは私ではないから言えない。どうしようコレ…と思っている。   [続きを読む]
  • 夢が混ざってしまった夢
  •  色々混じって混沌としている。特別な数珠をたくさん作ってもらう。手作りらしい。よく見るとデザインがひとつずつ違う。数珠の一部に水晶で作られた龍がいる。すごく素敵だと思う。 そこから梯子からおりられない、いつもの夢に続く。 夢の中でにおいがする。お線香のようなにおい。親戚が亡くなって、私の母は遺体のお化粧に行くらしい。   [続きを読む]
  • 元劇団員夫婦の息子になる夢
  •  私は中学生くらいの男の子。学校で演劇部のような、なにかを製作する活動をしている。学校の先生と話しながら校内を歩いている。 私(男の子)の父親は、元々小劇団の演出家で、母親はその劇団の女優だった。その両親は今は離婚している。父も今はスーツを着る仕事に就いている。私が学校で行っている活動は両親の影響ではない。自然とはじめたこと。 母親はサバサバ系。父もしっかりしているが、なにかを隠している。それを私に [続きを読む]
  • バラを育てる銀座のクラブのママの夢
  •  場所は銀座のクラブ。古くから営業している老舗のクラブ。今はママは引退して、チーママが仕切っている。私はなんでそこにいるのか、わからない。働いている?目の前には、上品なロマンスグレーの男性がいる。 このクラブのことを私はよく知っている。ママの趣味はバラを育てること。表からは見えないが、クラブの中でもバラを育てているエリアがある。行ってみたがバラが咲く時期ではないようで、花は咲いていなかった。   [続きを読む]
  • 敏腕女社長に学ぶ夢
  •  修学旅行のようなものだと思う。みんな決まった制服を着ている。深い緑色のジャンパースカート。一列で移動している。女子生徒しかいない。 職場体験で、駅の中にあるステーキ屋さんに行く。このお店はカウンターでパッと食べて帰る人もいるが、奥には広い座敷がいくつもあって、そこでは高級なコース料理を出すらしい。従業員は若い女性しかいなくて、民族衣装のようなものを着ている。 ここは女社長が一代で作ったお店。私たち [続きを読む]
  • 愛されている教授の講義を聴く夢
  •  場所は大学。多分女子大。年配の教授の講義を聴いている。内容は多分経済に関係すること。専門的で難しいが、その場にいるのはこの教授の話を聞きたがっている子ばかり。 教授は好かれている。人柄が良いおじいちゃんという感じ。講義が終わって、質問はないか?と問いかけられると、何人か手を挙げる。 この教授は文房具にこだわりがあって詳しいらしい。確かに教授の手元には、ちょっと変わった文房具がある。オススメはありま [続きを読む]
  • 公共交通機関が発達している街の夢
  •  よく見る夢。公共交通機関が発達している街。新しい駅ができた。駅名は「花村」。 深い場所に地下鉄が通っている。地下道が広がっていて、歩いて移動もできる。地下鉄は路線がたくさんあって、乗り換えが複雑。乗り物の車内は綺麗。街全体、大くて広いエレベーターがついている建物が多い。 私は出先のスーパーで買い物をして、地下鉄に乗って帰ろうとしていた。地下鉄の乗り場が深い場所にあるから、階段で降りると大変。 新し [続きを読む]
  • ポシェットの約束が果たされる夢
  •  家族、親族で列になって歩いている。実際には親族ではない人もいるが、仲間なのだと思う。 どこかから移動している。途中道が険しかったり、危険な橋を渡ったりするのだけれど、そこで人が脱落していく。私の前を歩いていた男性は、吊り橋を渡っているときにバランスを崩して落ちてしまった。下を見ると、血を流して仰向けに倒れている。でも前に進まなければいけない。 どんどん進んで、着いたのは父方の祖母の家。無事にここま [続きを読む]
  • 男の子を迎えに行く夢
  •  小学校、中学校と同級生だった男の子を、彼の家まで迎えに行く。なにか理由があって、家から出られないらしい。私が迎えに行って、彼を連れ出さなければいけない。 彼の家に着き、出かける支度をさせる。多分もう、ここには戻らない。あれは持っていく?これは持った?彼が支度をしている間、炊飯器の中を覗くと炊き込みご飯が入っていた。一生懸命ここで生活をしていた痕跡を感じる。なんだか気の毒に思って、炊き込みご飯はお [続きを読む]
  • テレビ番組の撮影をする夢
  •  私は多分、テレビ番組の関係者。収録の様子を見ている。 一件目は、スタジオ撮影。デビューして約三年ほどの若手お笑いコンビが起用されている。ふたりとも二枚目ではないけれど整った、クセのない顔立ち。彼らは約三年、お笑いの勉強以外に芸能ビジネスで生き残るための勉強をしていた。それを私は知っている。撮影はスムーズで、彼らの時代が来たと思った。 二件目はいわゆるグルメレポートの撮影。また同じお笑いコンビを起用 [続きを読む]
  • 演劇を鑑賞する夢
  •  内容はサスペンス。最初はコメディ調で、明るくはじまる。徐々にシリアスになる。 若い女性が年上の富豪と結婚する。彼女が嫁いできてから、富豪のまわりでは不審な事件が起こる。周囲は当然、彼女やその周辺を疑う。ついに富豪が亡くなって葬儀が執り行われるが、会場の片隅にはひとりの刑事が立っている。 この刑事は一連の事件に対して仮説を立て、独自に捜査を進めているようだった。ふと刑事の前に、中年の小柄な女が現れる [続きを読む]
  • 「薬」を手に入れる夢
  •  教室にいる。窓の外には、通っていた小学校の校庭が見える。教室の中には小学校の同級生たちがいる。でもみんな姿は大人で、男性はいない。女だけこの教室に集まって、着替えをしている。 私は教室の右奥で、窓の外を見ながらロッカーを開けっぱなしで、みんなと同じように着替えている。もう帰るから、制服に着替えるようだった。 制服といっても決まった型があるわけではないようで、みんなが同じ格好をしているわけではない。 [続きを読む]
  • 祖母が死ぬ夢
  •  私と父は、叔母の家に泊っている。翌朝叔母と父が、甥を保育園に連れていくために出かけていくのを見送った。私は実家の様子を見に行こうと思い立ち、出かける。 実家に着くと、庭にうんこが落ちている。犬かな?と思うが、何か所にも落ちている。嫌がらせか?と思いつつ、ひとつ素手で掴んで持ち上げてみたら思いの外柔らかく、手にべっとりついてしまった。 そうこうしているうちに、実家の庭に見知らぬ車が止まっていることに [続きを読む]
  • 過去の記事 …