オリィー さん プロフィール

  •  
オリィーさん: 荒々しくグチりたい!そして発展を!
ハンドル名オリィー さん
ブログタイトル荒々しくグチりたい!そして発展を!
ブログURLhttp://sarly.hatenablog.com/
サイト紹介文生活上の出来事や時事ネタにグチを言いつつ、ちょっとした希望を見つけたいと願ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 20日(平均12.3回/週) - 参加 2017/09/02 11:05

オリィー さんのブログ記事

  • 米国トランプ大統領の国連演説に好感を持った。
  •  米国トランプ大統領の国連演説で、北朝鮮に関して、キム最高指導者を「ロケットマン」と言ったり、横田めぐみさんの拉致問題を取り上げたりして、批判をした。また、また自国第一主義を主張した。 へんにまどろっこしい表現はなく、直接的に伝わって好感を持った。 従来の歴代大統領や、他の多くの指導者は、まわりに配慮するあまり、丁寧すぎる表現で焦点がぼやけ、結局、聞き流してしまうだけだったように思う。 しかし、ト [続きを読む]
  • 阿武隈川の河口までドライブ
  •  9月16日(土)に、ふと、開けた景色を見たくなり、ほどよく身近であまり行ったことのないところということで、阿武隈川河口(亘理町荒浜)にドライブしてきた。 阿武隈川は、福島県から宮城県にわたって流れ下る大河であって、その水が、海と交わるところはどんな感じだろうと、ちょっと好奇心もあったのだが、なんてことはない、ただのありふれた寂しげな景色と、釣り人が多数といった感じだった。 でも、何にせよ、小さく [続きを読む]
  • 反問権を与えろ(よこセ)!
  •  今日は仕事で有力関係者に対し業務説明を行った。 ある一人の頑固な関係者が、「事前説明がないのはおかしい!」と強固に主張し、駄目出しをした。 しかし、こちらの正式な記録(第3者のチェック済み)では、きちんと説明をしている。 つまり、忘れているだけなのである。 そしたら、その記録にまで、異議を主張する始末で、あきれた。 だいたい、御年を召した昔の人の傾向としては、説明会などでは、批判や、難くせを付け [続きを読む]
  • 仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバルで時代を感じた
  •  今日から明日まで、仙台市中心部の繁華街で恒例となっている定禅寺ストリートジャズフェスティバルが開催されている。 ちょっと、用事ついでに覗いてきたら、大勢の人たちで賑わっていた。 宮城県内の人で40歳代の人だったら、おそらく仙台市中心部には、たまに行ったりして遊んだりしているわけで、僕も、そのクチで、どういう分けか、昔からよくこのジャズフェスと遭遇していた。 1990年代は、現在までのようには、盛 [続きを読む]
  • 仙台市水道局がクレジットカード決済を始めた
  •  ふと、何気なく水道料金の支払いがクレジットカード払いできないものかと調べたら、なんと、今月から仙台市水道局がクレジットカード決済の申込み受付を開始していた。 今は受付のみで、支払い対象となるのは、平成29年10月1日以降の検針分からとのこと。 そこで、気になったのは、クレジットカード決済にすることにより、取扱い手数料が発生するのか?ということで、コールセンターに電話して聞いてみたら、「発生しない」と [続きを読む]
  • 長老湖まで行ってきた(宮城七ヶ宿)。
  •  “みやぎ県政だより(9、10月号)”を見たら、景色が良いということで、宮城県七ヶ宿町にある長老湖が取り上げられていた。 仙台中心部からは、高速道路を使わないで、概ね2時間半というところであり、今日は、天気も良く気分転換ということで、ちょっとドライブがてらに行ってきた。 長老湖の近辺の道は、蔵王連峰の不忘山を景色よく拝みつつ、緩くも無ければ、急でも無い坂道とカーブの連続で、ドライブは面白く、バイク [続きを読む]
  • 婚活では、即切りが一番親切
  •  どんよりした天気。 ふと、過ぎ去ったことを思い出す。 昔、婚活をしていたとき、メッセージのやりとりや、面接で、「即切り」をされた。 「即切り」されなかった女性もいたけど、結果的に駄目だったし、たぶん、僕の方も駄目だった。 僕は、「即切り」はしなかったし、できなかったけど、周囲の方々の話が入ってくるにつけ、結果的に「即切り」されてもそれを受入れる人、そして「即切り」できる人が成功している感じがする [続きを読む]
  • 松屋のビビン丼が販売終了していた!
  •  今日は、金曜日。 一週間分の勤労に対しての自分へのご褒美と慰労もかねて、松屋のビビン丼の大盛りを食べよう!と意気揚々と行ってみたら、券売機のメニューに無い!  いくら探しても、どんなに探しても、無い!  思わず、スマホで調べてみたら、なんと! 販売終了していた! 信じられない! やはり、牛丼と比べて、若干、価格が高めだから売れなかったのかなぁ、それとも、価格変更を見通した一時的な「お休み」なのだ [続きを読む]
  • また、ひとり知人が逝ってしまった。
  •  かれこれ、20年以上前から、仕事、競馬、飲み会、旅行等々でお世話になった方が病気で亡くなった。 まだ50歳。病が発見されてから、2カ月だった。 彼は、美男子であったが、生涯独身だった。  結婚の一歩手前までいったようだが、駄目だったようだ。 彼は、そのことを悔いていたようだった(おそらくは、彼の方から別れたのだろう)。 彼の人生は、幸福だったのだろうか? やりたいこともあまりできずに、夢を持たず [続きを読む]
  • 気仙沼大島大橋架橋工事現場を見てきた。
  •  一か月くらい前に、気仙沼市にある大島の架橋工事の現場を見に行った。 架橋工事は、テレビのニュースで度々取り上げらており、ふと、ドライブがてらに見に行きたくなった。 この事業は、島民にとって、念願の架橋で、地域の相当大きな出来事に違いありません。 仙台から、クルマで、寄り道しながら、約3時間かけていった。  僕は、工事関係者でもない、まったくの一般人なので、近くからは見ることはできないだろうなぁと [続きを読む]
  • 新しさを求めて、
  •  ブログでは、グチってばかりいるけれど、実生活では、グチっていない(と思っている)。 まぁ、「誰でもいいから、ちょっと聞いてよ」的な感じです。 しかし、思うに、運悪く、このブログを読んで、気分がどんよりされるのもなぁ〜と思いながら、やっぱりどうでもいいやとの思いに行きつく。  そこで、「グチらなくても済む生活とは?」と考えた。 過去にこだわり過ぎつつも、気持ちや気分の「新しさ」を意識して求めるとい [続きを読む]
  • NHKスペシャル「戦慄のインパール」を見て
  •  昨日は、8月15日の終戦記念日で、NHKスペシャルで「戦慄のインパール」という番組を放送していた。 作戦の無謀さと、兵隊の命を軽く扱う司令官、そして仲間を見捨て、見殺しにして生きてきたことへの、残酷、くやしさ、憤り、無念といった言葉では到底表現することのできない気持ちといったものが伝えらていた。 当時の方々のことを思うと、不謹慎とは思いながらも、僕自身の置かれている状況はまだ幸せだなぁと思ってし [続きを読む]
  • 買い物依存症につき情報制限せねば
  •  暇なんてないけれど、ついついネット通販サイトをぶらぶら覗いてしまう。 そして、心が満たされていないときに限って、使いもしない結構高価なモノを購入してしまう。 主にPCパーツや、専門書等々なんだけど、ひどいときには、スマホを2台も買ってしまった。 スマホに至っては、デザインが気に入り所有欲が出てしまい、変な理由と言い訳で自分を納得させて「気合一発」でつい購入してしまったものだ。  スマホに限らず、 [続きを読む]
  • 市民団体の自分勝手(エゴ)
  •  仙台駅近くの大きな通り(名前は知らない)の中央分離帯にあった立派な街路樹が無くなっていた。 伐採されていたようだ。 東北大農学部の歩道に面した桜並木が伐採されていた。 どうして、騒ぎにならなかったのだろうか? 確か、仙台市の市長が梅原さんだったとき、欅の街路樹を伐採するのに市民団体が大騒ぎしていた記憶がある。 今回の伐採は、このときよりも規模が大きいと思うんだが。それに同じ公共事業でしょう? 結 [続きを読む]
  • 新聞記事「子どもの貧困 依然深刻」について
  •  今日(8月13日(日))の読売新聞朝刊に「子どもの貧困 依然深刻」との記事があった。 この内容は、定期的に載っているようで、いつも同じ内容のような感じがする。 つまるところ、「シングルマザーの子育てはたいへんで、子どもは、貧困状態にあることが多いから、支援すべきだ」といった感じか。 最近、このような内容の報道にふれるたびに、色々と考えてしまう。 一概には言えないが、これは、離婚に伴う親権の取り決 [続きを読む]
  • 墓参り
  •  今日、独りで墓参りに行ってきた。 20年前(20歳代)のときは、まさか40歳代になってこの時期に独りで墓参りしているなんて思ってもいなかった。 家族を築いて、子どももいて・・・。なんて暮らしあたりまえだった。  お参りしながら、月日が速さを感じながら、逝ってしまった故人を思いながら、僕は何をしてきたのだろうか?と問うた。 一生懸命に生きてきたと思っている。仕事に関しては、だ。  私生活に関しても、決し [続きを読む]
  • 同僚にガッカリ
  •  罰則がないからといって、法令に反することをするのは問題だ(具体的にかけないのだ、もどかしい)。 損害を被る相手がいるからなおさらだ。 何度止めるように命じても聞き入れられない(そもそも、「命じる」って表現がおかしいか?でも、そういった状態)。 主張は、隣のでかい組織でやっているから、さらに、あそこでも、そこでもやっている。 でも、僕の主張は、「やってはならぬ!」である。 だいたい、たかだか10く [続きを読む]
  • 僕は、人の褌で相撲をとったのか?
  •  どうしても納得できないことがあった。 でも、自分ができることは限られている。 自分ができることを最大限にやりつつ、他者を利用した。 その者の善意を利用したカタチで結果や成果は、未だ出ていない。 この行いは、良かったのだろうか? 利用された者にもメリットはあるはずだと、僕は思っているけど、それは、その者が判断することだ。 「迷惑だ」とか「ずるい」とか思われているのだろうか? でも、社会では、あたり [続きを読む]
  • 3年前にビットコインを買っておけばよかった。残念。
  •  今、ビットコインの価値が上がり、そして、乱高下して、また分裂しようとしている。 このビットコインについては、3年くらい前に、読売新聞や雑誌で取り上げられ、当然断言した評価はできないから、全体的に「将来性は見込めなくもない」といった感じの記事であったと記憶している。 僕の記憶では、キプロスやギリシャでの経済問題への対処や、中国の管理経済からの解放を目的に広まりつつあるといった記事であったような感じ [続きを読む]
  • 順守することができない法令
  • (全体的に脚色して書いてます。) 法令には疎いです。 ですけど、法令は守らなければならいことくらいは知っていて、当然、行っている。 ただ、法令の中にも、罰則があったりするものは、意識して順守するけど、他は、自己の「常識」で活動している分には、抵触しないだろうと思っている。 そんな中で、仕事で関係するところで、民法上、手続きがよろしくないと思われる状況に気付いてしまった。しかし、僕のところ以外の皆が [続きを読む]
  • 昔の同僚のブログに涙した
  •  以前といっても、もう、15年以上前に勤めていたところの同僚というか、担当違いの上司です。 彼は、資格職で、給料も高く、度が過ぎて好き勝手に仕事をする人であった。 「こんなことで不満を言う!」とも思えることを平気で言ったり、行ったりする御仁で僕も困った。 「税務署で確定申告したら、税金が凄く高かった。お前(僕のこと)せいだ、何とかしろ!」 みたいなことも平気で言われて困った。 前述の時は、僕が、「お [続きを読む]
  • 同僚との軋轢2
  • 一度失った信頼を取り戻すのは難しい。ただ、仕方なかったのだと思いながらも、もっと上手くやれなかったのかと、考えこんでしまう自分がいる。そもそも、今回のケースは、「法を守ること」を求めただけだったのだ。煩雑だから、「分からない振り」をしようでは、10年後、20年後にもっと面倒なことになるかもしれない案件なのだ。「失った信頼」を取り戻す価値はあるのだろうか?逆に、あなたは、僕から「信頼を得たい」と思っ [続きを読む]
  • 同僚との軋轢
  •  今日は、職場の同僚とうまく行かず、とても疲弊した。 同僚の女性は、優秀の方でベテランなんだろうけど、仕事の理解で、疑問が付く。 その仕事は、民法の知識が必要で、それに則っているとはいうものの、あやしい。 ネット等で調べて分かる世間一般の捉え方と違う。 「なぜ違うのか」と聞いても、「運用です」との答え。 その運用の「法的根拠は?」と聞くと、知らないとのこと。 思わず、さりげなく、丁寧に「役所に聞い [続きを読む]