アレグラ さん プロフィール

  •  
アレグラさん: スイスに恋する旅物語
ハンドル名アレグラ さん
ブログタイトルスイスに恋する旅物語
ブログURLhttps://ameblo.jp/swiss-trip-stories/
サイト紹介文スイスの旅の思い出フォトブックからのショートストーリー! 旅のアラカルトはいかが?
自由文スイスを歩く楽しい旅の途中で感じた面白い発想も含めてご紹介しています。
また、こちらでもスイスからの情報をゲットできます!!
※スイスに恋する旅物語(イチオシ):
https://ameblo.jp/swiss-trip-stories
※Facebook:
https://www.facebook.com/swissfanclub
※Twitter:
https://twitter.com/swissfanclub
※google+:
https://plus.google.com/+SwissFanClub-Report
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 17日(平均7.4回/週) - 参加 2017/09/05 10:03

アレグラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゲーテが伝えた「自然のピラミッドの山」!
  • ≪Stoos/シュトース(シュヴィーツ州)≫ 242年前、ゲーテが訪れたSchwyz/シュヴィーツ(シュヴィーツ州)での旅行記より。『17日の朝、窓からシュヴィーツの山(Mythen/ミューテン山)が見えた。不規則な自然のピラミッドに雲が次々に立ち登っていた。』"Den 17. morgens sahen wir die Schwyzer Hocken vor unsern Fenstern. An diesen ungeheuern unregelmäßigen Naturpyramiden stiegen Wolken nach Wolken hinauf. " Joha [続きを読む]
  • ゲーテが描いたスイスの山!
  • ≪背景の山:Grosser Mythen/グローサー・ミューテン(右)とKleiner Mythen/クライナーミューテン≫ ドイツの詩人、ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)といえば、誰も知らない人はいないだろう。 ゲーテは3度、スイスへ旅をしている。 【1回目の旅行をした時期】1975年5月14日〜6月22日 【一緒に旅をした仲間】Christian zu Stolberg-Stolberg , Friedrich Leopold zu Stolberg-StolbergChristian von Haugwitz 初めてゲー [続きを読む]
  • ヤギのシングルルーム!とスイートルーム?
  • 前回のブログ"来年までお預け!"つながりで・・・本日はヤギの話題 鏡の湖のようなBannalpsee/バナルプゼーの上、万華鏡のような湖! Oberfeld/オーバーフェルト(ニトヴァルデン準州)でスペシャルなコーヒーを提供してくれる山小屋レストランがある。手作り感いっぱいの山小屋レストラン ご当地ならではのコーヒー その山小屋レストランのすぐ下に可愛いヤギ小屋を発見シングルルームとスイートルーム(右) 夏、この山の上で [続きを読む]
  • 来年までお預け!「牧くだり」
  • ネコのように気持ちよーく眠っている牛さんたち。 きっとランチタイム後のお昼寝だね「食べてすぐ横になると牛になるよ。」を思い出した。 8月下旬のハイキング中の出来事だが、一番手前に寝ている牛さんのすぐ横の道はハイキングルートとなっていて、すぐそばを通っても熟睡していて起きない夫がすぐ隣りにしばらく座っていても起きない 今まで、スイス各地の山をハイキングしたが、すぐそばに近づいても眠ったままの牛さんは初 [続きを読む]
  • 秋だからこそ食べたいスイスのデザート!
  • スイスは町並みのみならず、スーパーマーケットでも季節感がある。 季節の変わり目や年間のイベントに合わせて旬のデザートやお菓子が店頭にお目見えする。 そこで、秋になると登場するデザートといえばVermicelles/ヴェルミセル。 発祥地はティチーノ州のLugano/ルガーノだそうだが、今日、スイス全域で作られてよく食べられるケーキ。 子どもたちの間では「甘いスパゲッティ」と呼ばれている、"Vermicelles"は、イタリア語"verm [続きを読む]
  • 粉砂糖でコーティングしたようなスイスの山 :D
  • 一年中、雪が楽しめるスイスの山の一つとして人気の高い山、Titlis/ティトリス。 観光客のほとんどは国外からだと思うほど、いろんな国籍の人たちと出会う。 では、この山は・・・ 実は、こちらもティトリスEngelbeg/エンゲルベルクのFehlenalp/フェーレンアルプからの眺め。 フェーレンアルプからエンゲルベルク町を見下ろす。 ティトリス山は面白い形をしていて、南斜面は絶壁!≪google earth≫で見るとよくわかる。何だか、 [続きを読む]
  • 「天使の山」と伝えられているスイスの山!
  • Engelberg/エンゲルベルクの修道院"Kloster Engelberg/クロースター・エンゲルベルク"。 修道院に向かって(写真左手前の道)歩いてみた。 たくさんの笑顔を乗せた馬車に出会う。 なんていいところだろうと澄んだ空気が私の心の中に入り込む。深呼吸をしたくなる気分になる。 町の名「エンゲルベルク」はドイツ語で「天使の山」を意味する。der Engel(天使)+ der Berg(山) 町の名前の由来は、この修道院が建てられた12世紀(1 [続きを読む]
  • サンモリッツでウルスリの家、見ーつけた♪
  • 思わずニコッと微笑んだ思い出 St.Moritz/サンモリッツのホテルで、スイスの絵本『ウルスリの鈴』の挿絵の一コマが ここは前回のブログで、チラッとご紹介したHotel Waldhaus am See/ホテル ヴァルトハウス・アム・ゼー)のトイレの近くで そして、こちらはウルスリの家である。 カリジェの絵をみると、いつもほんわかとした気持ちになる よーくみると、カリジェ本人が描いた絵ではないようだが、真似をして描かれたものにしても [続きを読む]
  • サンモリッツの青い世界!
  • グラウビュンデン州St.Moritz/サンモリッツの夕暮れ。 皆がロウソクを灯したテーブルでおしゃべりを楽しんでいるとき、一人、サンモリッツ湖畔に佇む。 幻想の世界のようだった 空では雲が飛び跳ね湖は明るい笑顔の雲をオレンジ色の木に変える 透き通るような青い空間で夢のような世界に入っていきそうなとき、ちょっぴり冷たい空気が私の肌に触れ、目を覚ます。 「何と贅沢な気分」 このシャンデリアの見えるレストランの窓か [続きを読む]
  • 葡萄畑の散策でみつけた羨ましい場所
  • 前回のブログから、可愛い屋根つながりで・・・ピザ窯にも可愛い屋根。そして、灯篭も♪ここはヴォー州ラヴォー地区の葡萄畑に囲まれた、あるお家の庭 お庭のテラスからは北はRivaz/リヴァとChexbres/シェーブルの葡萄畑が見渡せる。そして、南はレマン湖! 夏、美しい世界(文化)遺産のブドウ畑の緑いっぱいの風景をみながらFlammkuchen/フラムクーヘン(独語)*を焼いて食べるのだろうか?※ここはスイスフランス語圏なのでTa [続きを読む]
  • ホビットの家?
  • スイスでのハイキングでは時々、アレっ?と面白いものに出会う。 バス停付近で、これを見てホビットの家を思い出した!≪ザンクト・ガレン州 Sennwald/ゼンヴァルトにて≫ ホビットはこちらのウィキぺディアの説明によると「 穏やかで自然を愛する種族 」だそうだが、きっと自然を愛する人が作ったものかもしれないなぁ。 実は、これは自然の木の温もりを感じるポスト こちらも可愛い屋根付きのポスト土台ややはり木≪ザンクト・ [続きを読む]
  • スイスの鬼才アーティストの世界を垣間見る!
  • 丘の上の小さな可愛い村グリュイエール。 お花が飾ってあるストランの前を通るとチーズの香りが漂ってくる。 そしてそのチーズの香りはまるで魔法の香りのように・・・、小さなお城、Château de Saint-Germain/サン=ジェルマン城(背景の家)の異空間へと私を導く。 スイスが生んだ鬼才アーチスト、H.R.ギーガーの世界だ! Museum H R Giger "Birth Machine", 1967 Biomechanoid 2002(左), Rusty Female Torso Museum Bar Gige [続きを読む]
  • レマン湖畔のスイスの家と婦人参政権
  • この家を見て空想にふける。 ヴォー州ラヴォー地区の夕暮れ。昔、このレマン湖を見渡せる可愛い家に可愛い女の子が住んでいた。 レマン湖にダイヤモンドのような光が輝いた冬の日、目の覚めるような朱く染まった空を見ながらうっとり。そして湖面も真っ赤に染まった。 気持ちの良い風が吹き、小さな朱い波がドンドンドンドン女の子のほうへ近づいてくる。 波に乗って、夕焼け色の可愛い十字の石がたくさん運ばれてきた。 小さな女 [続きを読む]
  • アインシュタインの言うとおり!
  • "Schau tief in die Natur, und dann wirst du alles besser verstehen. ""Look deep into nature, and then you will unde
    rstand everything better" Albert Einstein ス
    イスの旅で素晴らしい風景を目にすると、 言葉にならない感動が押し寄せてくる。 同時に誰かが
    耳元で優しく囁く。「自然を深く見つめてごらん。そうすればすべてがよく理解で [続きを読む]
  • スイスに乾杯!
  • ≪滝を見ながら朝食を≫ スイスのイメージは何色? 国旗の色から赤と白? 青い湖と空の色から青?・・・等々。 人それぞれ感じ方が違うので色は特定できないが、共通して言えるのは癒し色 心が疲れたらスイスへ。心のサプリメントなんていらない。スイスの自然に触れると心が軽くなり元気になる そう、ホットチョコレートを飲んだあとのようなリラックスした気分になれる。≪ホットチョコレート味のスイス≫ スイスの自然の力はす [続きを読む]
  • スイス・州(カントン)一覧
  • AG アールガウ州Aargau AI アッペンツェル・インナーローデン準州Appenzell Innerrhoden AR アッペンツェル・アウサーローデン準州Appenzell Ausserrhoden BE ベルン州Bern (de)Berne (fr) BL バーゼル=ラント準州Basel-Landschaft BS バーゼル=シュタット準州Basel-Stadt FR フリブール州Fribourg (fr)Freiburg (de) GE ジュネーヴ州Genève (fr) GL グラールス州Glarus [続きを読む]
  • 過去の記事 …