konno-golfのブログ さん プロフィール

  •  
konno-golfのブログさん: konno-golfのブログ
ハンドル名konno-golfのブログ さん
ブログタイトルkonno-golfのブログ
ブログURLhttps://konno-golf.muragon.com/
サイト紹介文・ ・ ・ ゴルフが人生になっているアベレージ・ゴルファーのつぶやき・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 16日(平均3.9回/週) - 参加 2017/09/06 21:07

konno-golfのブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あなたのゴルフの楽しみは何ですか?
  • ? 時々思うことに、どうしてこんなにゴルフが好きなんだろうか、と自問自答することがあります。家族からは“また行くの!”と怪訝な顔をされながらも、出かけて行く自分!雨の日も風の日もプレイしないと気が済まない。そんな経験を持つゴルファーは少なく ないでしょう。ゴルフとは、一体どんなところに魅力があるのでしょうか。 ? ゴルフ歴史家:大塚和徳の著書「ゴルフ5番目の愉しみ」という本の中に5項目を 上げてい [続きを読む]
  • ゴルファーの敵、それは詩人気質だって !?
  • ? ゴルフの名言集を読んでいて“おや”と思う言葉がありました。それは、「ゴルファーにとってもっとも不敵な気質は詩人的気質である」というもの。    どういうことかというと、たとえば、「このアイアン・ショットが松山英樹のように飛んでピンにぴしゃりとつく」と思い描きながらショットするような気質を言うらしい。 ? この気質はイギリスの名評論家ハーナード・ダーウィン「ゴルフ気質論」に出てくるそうです。「非 [続きを読む]
  • マッチプレーの優勝者:片山晋呉のプレーを追体験!
  • ? 先日行われた「ISPSハンダマッチプレイ選手権」(9月10日)は、片山晋呉の優勝で決着したが、翌日の11日、会場の浜野GCでは、決勝戦のグリーンの速さとピンセッティングをそのままにして、メンバー及びビジターに開放しました。 ? そこで、マッチプレーの決勝戦を片山晋呉がどのように戦ったのかを体験するため、プレーをしてみました。決勝戦は彼の応援のため、各ホールを勝利するまで観戦しましたので、プレー [続きを読む]
  • マッチプレーの優勝者:片山晋呉のプレーを追体験してみる!
  • ? 先日行われた「ISPSハンダマッチプレイ選手権」(9月10日)は、片山晋呉の優勝で決着したが、翌日の11日、会場の浜野GCでは、決勝戦のグリーンの速さとピンセッティングをそのままにして、メンバー及びビジターに開放しました。 ? そこで、マッチプレーの決勝戦を片山晋呉がどのように戦ったのかを体験するため、プレーをしてみました。決勝戦は彼の応援のため、各ホールを勝利するまで観戦しましたので、プレー [続きを読む]
  • O・サタヤ「ゾーンに入った見事なゴルフ」は圧巻だった!
  • ? 先日の「ゴルフ5レディス」で優勝した“O・サタヤ”選手のプレーをみていて、 あれはゾーンに入ったプレーだな、とつくづく思いました。 最終日下川めぐみとのデッドヒートのなかで、O・サタヤは相手を気にすることもなく、 沈着冷静。淡々と自分のゴルフを通しました。 ? 難攻不落のコース、千葉/ゴルフ5GCオークビレッジの上がり3ホールほど 見せ場のあるホールはない。ティ・グラウンドに立ったO・サタヤの [続きを読む]
  • あなたは練習場でどの位ボールを打ちますか?
  • ? 随分前のこと、コンペで一緒に回った中年の学士プロとの話。 “練習場ではどの位ボールを打ちますか”と聴いたところ、“100球余”と 言ったことを思い出しました。その頃私は250〜300球を練習毎に 打っていたので、“たった100球ですか?”と聞き返したほど・・・。 ? 最近の私の打球数が100球余なので、ひょっこり思い出したのです。 ボールは多く打てばいい、というものではないことがはっきり分かっ [続きを読む]
  • 古書を読む!
  • ? 随分前のこと、コンペで一緒に回った中年の学士プロとの話。 “練習場ではどの位ボールを打ちますか”と聴いたところ、“100球余”と 言ったことを思い出しました。その頃私は250〜300球を練習毎に 打っていたので、“たった100球ですか?”と聞き返したほど・・・。 ? 最近の私の打球数が100球余なので、ひょっこり思い出したのです。 ボールは多く打てばいい、というものではないことがはっきり分かっ [続きを読む]
  • 古書「頭脳のゴルフ」(三好徹著)に教えられること!
  • ? ゴルフのプレーは勿論楽しいものですが、私にとって、ゴルフ書籍を読むのも これまた楽しみの1つです。 最近読んだ「頭脳のゴルフ」は30年前に作家の三好徹が書いた異色を放つゴルフ本で、楽しく、自分のゴルフ感を育てるのに、大いに役立ちました。 ? 内容はアマチュア・ゴルファー三好徹が、アメリカはフロリダにある ゴルフスクール「スイング・ザ・シング」で3日間受講した体験談を、 自分の信ずるテクニックと [続きを読む]
  • ゴルフは魅力の泉
  • 「ゴルフの唯一の欠点は、面白すぎることだ」ー イギリスの評論家ヘンリー・ロングハーストの言葉。なかなかいい得て妙ですね。 勝手嬉しいのは当たり前、負けても楽しいスポーツはそうあるものではありません。 この魅力に取りつかれて数十年・・・ひたすらボールを追いかけてきました。 長い経験と興味関心赴くままであったゴルフの出来事を、 このブログで触れてみたいと思います。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …