Ryota さん プロフィール

  •  
Ryotaさん: バーチャル心理学講義
ハンドル名Ryota さん
ブログタイトルバーチャル心理学講義
ブログURLhttp://www.xn--qcka1e0cxb7c0a5c.xyz
サイト紹介文サブリミナルなどあまり知られていないけれど実戦で使える心理学の技術を公開しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 11日(平均13.4回/週) - 参加 2017/09/07 21:55

Ryota さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【ストレスフリーの心理学】NLPの技法リフレーミングで解釈を変える
  • 今日、ストレスは社会問題になるほど深刻化しています。企業ではうつ病による過労自殺、学校では子どもたちの不登校。日本はまさにストレスが蔓延した社会です。そんなストレス社会を泳いで行く上で重要なスキルは「解釈を変える」という力です。この記事では、解釈を変えて、ストレスフリーになるための技術リフレーミングをお伝えします。ストレスは期待と現実の差で生じるストレスが生じる理由は期待と現実に差があるからです [続きを読む]
  • 人は見た目が9割?外見の心理学から考える恋愛対象の選び方
  • よく外見は重要だと言われますが、実際に私たちはどれぐらい見た目を重要視しているのでしょうか?「私は外見だけで決めたりしない!」というそこのあなたは。あなたは外見だけでどれだけ人を判断していると思いますか?「2割でしょうか?」それとも「5割でしょうか?」実は私たちの9割は外見でその人を判断してしまっているのです。この記事では、心理学的な外見の重要性について書いていきます。外見か内面どちらで恋愛対象を [続きを読む]
  • なぜ心理テクニックが通用しないのか?鍵を握るラポール形成
  • ラポールがないと心理技術は通用しない・心理の技術で〇〇したい。・心理テクニックを使って他人を操作したい。そう思っている多くの人が実際に上記のことができないのには理由があります。それはラポールという概念を知らないからです。ラポールとは心理学で信頼感と訳される用語です。わかりにくい方は人に対する安心感と思ってください。例えば、家族や仲の良い友達と接している時に、警戒したりしないのはラポールが形 [続きを読む]
  • メンタリストDaiGoは本物なのか?種明かしと検証してみた。
  • 中立の立場からメンタリストDaiGoを分析私はメンタリストDaiGoが好きでも嫌いでもありません。中立です。ただ、心理を専門としているので彼の書籍を読むこともあります。とはいえ、セミナーに行ったりすることもなく熱狂的なファンでもなんでもありません。一方でカードやベンディングなどマジックをしていたこともあるので、ある程度マジックには精通しています。どちらの立場も経験があるため、中立の立場からメンタリス [続きを読む]
  • わざと口角を上げる人の心理とは?偽の笑顔を判別する方法
  • 「マスキングスマイル」と「ディシェンヌスマイル」偽の笑顔と本物の笑顔は判別できる日常生活で人とコミュニケーションをとっていると、ほとんどの人が笑顔で接してきますよね。私たち日本人は文化的背景から、面白くなくても空気を読んで笑顔をつくります。作り笑いですね。私は表情分析の資格持ちです。表情分析家は作り笑いのことを「マスキングスマイル」と呼んでいます。一方で、本当の笑顔のことを「ディシェンヌスマイ [続きを読む]
  • 集中力を高めるためのフロー体験と時間分割
  • Ryotaです。今日は集中できない人が集中できる方法を紹介したいと思います。例えば、・勉強しなければいけないのに集中できない。・やらなければいけないことがあるのに手につかない・仕事に集中できない。こんな悩みがあるのならこの記事はあなたの役に立つはずです。私たちの脳は集中できないようにできているなぜ私たち人間は集中力がないのでしょうか?端的にいうと、脳が集中できないように進化してきたからです。 [続きを読む]
  • 他人が怖いは誰にでも克服できる
  • Ryotaです。他人が怖いのは正常あなたは「他人が怖い」と感じたことはありますか?ほとんどの人はあると思います。例えば、前から刺青をした怖いおじさんが来たら怖がるのは当然でしょう。それは一時的なものなので問題ありません。しかし、これが誰に対しても怖いと思っているなら話は変わってきます。なぜなら、脳の情動中枢が壊れてしまっている可能性があるからです。私たちの脳は、恐怖を感じると一時的に情動中枢が [続きを読む]
  • 悪用禁止!アナログマーキングでメッセージを強調する方法
  • Ryotaです。これからぼちぼち心理学のテクニックを紹介しようと思いますが、あまり出回ってない技術もあるので悪用禁止でお願いします。アナログマーキングとは?今日紹介する心理技法は「アナログマーキング」です。アナログマーキングとは簡単にいうと、強調法です。これができると自分の伝えたいメッセージを強く印象づけることができます。自分が伝えたいことを、相手に気付かれずに強調できるという点が最大のメリットです。 [続きを読む]
  • 役立つ心理学の技法「バックトラッキング」
  • こんばんは!バーチャル心理療法家のRyotaです。今日は会話で使える心理技法の1つ「バックトラッキング」を紹介します。バックトラッキングとは?簡単に言うとバックトラッキングとは相手の言葉をおうむ返しする方法です。と言われても実感がないと思うのでバックトラッキングの例をみてみましょう。例えば、あなたの友達があなたに対して「今日はなんか疲れたなあ。」と言ったとします。その時、普通なら「そうなん [続きを読む]
  • 科学的に前向きに!驚異のポジティブ心理学
  • Ryotaです。こじつけではポジティブになれない以前から、私たちはポジティブシンキングという言葉を至る所で耳にします。よくある例えとして、次のようなものがあります。コップに水が半分入っています。「半分しかない」と考えるか「まだ半分ある」と考えるかはあなた次第!「まだ半分もある」と考えよう。どうですか?こんな風に考えることができますか?例えば、これをお金に置き換えてみましょう。あなたは年 [続きを読む]
  • ひろゆき「無敵の思考」を読み終えた感想
  • こんばんは!Ryotaです。今日は僕が尊敬する人物の1人、2chの創設者ひろゆきの最新刊「無敵の思考」を読んだ感想を書きます。著者のひろゆきとは?ひろゆきは2chの創設者であり、ニコニコ動画の創設者です。また、現在は海外版の匿名サイト4chanを管理しています。彼の特徴はとにかく合理的でさっぱりしている点です。例えば、以下にYoutubeで勝間さんとの対談が載っていますが、終始事実だけを淡々と述べていて勝間さんを苦 [続きを読む]
  • 制裁強化は間違い?北朝鮮への対応を予想してみた
  • こんにちは!Ryotaです。北朝鮮のミサイル発射の意図とは?最近、北朝鮮のミサイル発射が問題になっています。ついこないだ北海道上空を飛び、日本全体にも恐怖が浸透しました。北朝鮮としては、とりあえず国際社会、特にアメリカに「自分たちもいるんだぞ!」という存在感を示したいのが本心でしょう。そして、国際社会においての自分たちの発言権を高めたいという意図がみえます。各国は北朝鮮にどう対応するの [続きを読む]
  • 中国の「国歌法」は洗脳に繋がる
  • こんにちは。Ryotaです。中国の国歌法と日本の君が代事件中国で「国歌法」が9.1日に通りました。これでまた中国の洗脳が加速された形になります。「国歌法」とは簡単にいえば、国歌の替え歌などとくに公的な場で国歌を侮辱する行為を禁止する法律です。政府は愛国心のためだとしていますが、本音は洗脳のためでしょう。国歌に関しては、以前日本においても「君が代」を音楽教師に伴奏させることが問題となりました。 [続きを読む]
  • 80:20の法則で人間関係の悩みがしんどい!がなくなる
  • みなさんこんばんは!Ryotaです。今日は人間関係の悩みを吹き飛ばす「80:20の法則」をご紹介したいと思います。80:20の法則とは?「80:20の法則」は自然界の法則です。簡単に言うと「80:20の法則」とは、何事も全体の20%が圧倒的な価値を持っているという法則です。例えば、働きアリは全体の20%が全体の中で圧倒的に働いています。残り80%は何をしているかというとサボったり、働いているフリをしていたり、働いてい [続きを読む]
  • 言葉が人生を決める
  • こんばんは!Ryotaです。え、言葉が人生を決める?突然ですが皆さんは、「言葉が人生を決める」という事実をご存知でしょうか?「え、言葉が人生を決める?」と思われたかもしれません。書き間違いではありません。本当に言葉は人生を決めてしまうのです。・何をやっても上手くいかない・人間関係が上手くいかない・お金が増えない…etc.一見するとバラバラな悩みのようですが、もしこれらの悩みに心辺りがあるのなら、そ [続きを読む]
  • バーチャル心理療法家のRyotaです!
  • 皆さんはじめまして!バーチャル心理療法家のRyotaです。「え、なんでバーチャル?」と思われましたか?なんでバーチャルかというと、ブログを通して心理情報を提供して行きたいからです。実際、対面でのカウンセリングもやっていますが、ブログを通して僕の心理に興味を持ってくれる方にとって、僕の言うことははバーチャルになるからこの名前にしました。僕の自己紹介ちょっとだけ自己紹介をさせてください。僕は [続きを読む]
  • 過去の記事 …