Fumari さん プロフィール

  •  
Fumariさん: なにかあるようで何もない
ハンドル名Fumari さん
ブログタイトルなにかあるようで何もない
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cocofumari/
サイト紹介文HipHopフリークによる日本語ラップのレビュー、感想。新作、旧作かかわらず取り上げていく予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 16日(平均3.1回/週) - 参加 2017/09/08 16:36

Fumari さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • R-指定 / セカンドオピニオン
  • 人気番組フリースタイルダンジョンにて初代モンスターの一人として、まさしくスタないキレミナで数多くの勝利を収めておりましたR-指定さんのデビュー作「セカンドオピニオン」。2014年リリースと少々古い作品ではありますが聴いたのは今年になってからでして、思いのほか内容がよかったものですから、紹介させていただきたいなと。R-指定さんといえば、フリースタイルにおいても音源においても自身の劣等感を原動力とした皮肉、自 [続きを読む]
  • tofubeats / FANTASY CLUB
  • tofubeatsさんのメジャー3rdアルバム「FANTASY CLUB」、かなり話題でしたし既にリリースから4ヶ月経過ということもあり、本人のインタビューや公認非公認問わずレビュー等も豊富ですので(個人的にはこちらのブログ良かったです)大体のことは語られ尽くしてはおりますが、やはり本年の傑作ですし、本ブログタイトルの元ネタでもありますのでご紹介させていただきたいなと。本作は6曲目「FANTASY CLUB」を境にした二部構成かなと言 [続きを読む]
  • AKLO x JAYED' / Sorry...come back later
  • LDH所属のJAY'EDさんと日本語ラップの最高到達点ことAKLOさんのお二人によるコラボEP「Sorry...come back later」を聴きました。ボーナストラック1曲含む全6曲でトラックは全てBACHLOGICさんプロデュース。最近はフィーチャリングという言葉も一般的なものとなり、メジャーフィールドのアーティストとインディーズのラッパーが一曲コラボするということも珍しくなくなりましたが、メジャー、インディーズ問わずアルバム、EPで全 [続きを読む]
  • KICK THE CAN CREW / KICK!
  • KICK THE CAN CREWが活躍していた当時を思い返しますと、中学生というドンピシャな世代でありながら音楽自体聞かない学生で、全くその存在を認知しておりませんでした。その後、初めて聞いた頃にはすでに日本語ラップにどっぷり浸かっておりましたが、さらにのめり込むきっかけもキックかなと思っておりますので、リアルタイムではなかったにせよ一定の懐かしさは感じております。本作、活動休止から13年、活動開始から20年という [続きを読む]
  • Elle Teresa / PINK TRAP
  • これより以前のトレンドが何だったのか思い出すのも難しいぐらいの長きに渡ってトラップがUSのHipHopのメインストリームとなって久しいわけですが、ここ日本でもトレンドとしてしっかりと迎えられており、おそらくは2014年のSEEDAさんがDJ KENNさんを迎えてリリースしたミックステープ「Concrete Green Chicago Alliance」ぐらいからかなと思っております。トラップと言えば非常に強調された低音+小刻みなハイハット、BPM60〜70と [続きを読む]
  • Charisma.com / not not me
  • 私事ではありますが、ここ数年、毎月2〜3枚の新譜購入を続けており、新譜チェックは欠かしていないのですが中古も3枚ぐらい買うという収集癖であり、また肝心の聴く時間を確保できずに大体3〜4枚を2ヶ月ぐらいローテションするという生活なため未開封CDが増え続けておりまして、本当に最新のアルバムを聞くというのは年に4回程度で自分でも本末転倒だなと思う次第です。そんな訳もありまして、極力新譜に近いもの&最近ハマ [続きを読む]
  • 日本語ラップの感想ブログ始めます
  • こんにちは、Fumariと申します。日本では2000年代中ほどから始まったヒップホップ氷河期をようやく超え、ここ一年は何度目かのHIPHOPブームなどと言われており、トップオブザヘッドいわゆる即興ラップが流行っている現状でYouTubeにおけるフリースタイル動画となると各アーティストのPVと比較して再生数がまさしく桁違いであります。そもそも音楽を無料またはストリーミングで楽しめる時代になったことも大きな理由ではありますが [続きを読む]
  • 過去の記事 …