カワさん さん プロフィール

  •  
カワさんさん: やまとは国のまほろばBlog
ハンドル名カワさん さん
ブログタイトルやまとは国のまほろばBlog
ブログURLhttp://ymahoroba.hatenablog.com/
サイト紹介文美しい日本を守るため、経済、歴史、風景につき語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 12日(平均16.9回/週) - 参加 2017/09/11 19:16

カワさん さんのブログ記事

  • グローバリズムに翻弄され溶解する東芝
  • 昨日東芝の半導体事業売却に関し、アメリカの投資ファンド ベインキャピタルが主導する日米韓連合と売却契約を結ぶと報道がありました。譲渡価格は2兆円で、議決権比率はHOYAと東芝で50.1%と日本勢で過半を握る事になっていますが、このスキームの中には韓国のSKハイソニックスも入っています一昨日「韓国に負け、中国に買われる日本の産業」というタイトルで、日本の電機業界を中心に韓国のウォン安含めた戦略に屈し、最後は中 [続きを読む]
  • グローバリズムが招く会社の不安定化
  • 1990年代から始まった日本におけるグロバーリズムへの対応ですが、そもそもこれは会社の中でのビジネスパーソンの立場を弱め、会社自体を弱体化してゆく効果?があります。グローバリズムは人、物、金を自由に動かすことで皆が幸せになるというイデオロギーですが、企業にとっては労働コストを低い所へシフトしてゆくわけですから、自ずと賃金が上昇しない、デフレ状況を招きます。日本国内でも、経団連の肝いりで非正規雇用が正当 [続きを読む]
  • 韓国に負け、中国に買われる日本の企業
  • グローバリズムに関する考察で、日本の産業が弱体化していることを述べましたが、こここでは、より一層具体的に問題提起してゆきたいと思います。1990年代から世界中でグローバリズムが席巻し、日本の企業もそれに参戦しましたが、2000年初頭にはそれまで日本のお家芸であった、家電系の事業が殆どダメになりました。その理由は、一つには当時の白川日銀政策の誤りで円高が続き、輸出産業がグローバル化に対応出来なかったこと。逆 [続きを読む]
  • グローバリズムに沈む日本の産業
  •  今日から初投稿してゆきたいと思います。宜しくお願いします。このBlogでは美しい日本を守る為に政治・経済、歴史、又風景といったことについて語っていきたいと思います。Blog名は、古事記に記載がありますが倭建命(ヤマトタケルノミコト)が詠んだ句の一節ですが、日本はなんと美しい国なのだろうという意味です。今日のお題はグローバリズムに沈む日本の産業についてです。1.ゆれる東芝問題と日本のメーカーの 東芝の半 [続きを読む]
  • No 22 規模の経済とシェア・グレードの見方・考え方
  •   新しい商品等が立ち上がってきた場合、自分達はどれくらいシェアをとるべきなのだろう?特に規模の規模の経済が働く分野では。そういった疑問が浮かんで来ると思います。勿論シェアは高ければ高いほどいいわけですが、そこには一定の目標値と理論が存在します。又市場が成長するにつれて、商品においてはグレードが分化し、機能と価格のバランスを考えることが大切になります。 [続きを読む]
  • No17 問題解決とフレームワークの活用について
  • ビジネスパーソンが会社の中で問題を解決して行く為には、現象は問題にあらず。本質的問題を明確にする事がもっとも大切です。その為にはフレームワークという物を使い物事を整理し、論理を導いてゆきます。コンサルの世界では、これを構造化すると言ったりします。フレームワークとか難しい言葉を使っていますが、我々自身何かを考える時は知らず知らずの内にフレームワークを使っています。例えば、親から言われて育った、人に迷 [続きを読む]
  • 時事解題:高プロ制度容認見送りが示すもの
  •  先日連合が一旦容認した高度プロフェッショナル制度を含む労働基準法改正案を見送ると発表しました。結論から言うとこれは正しいと思います。以前も述べましたが、2010年から企業収益は大幅に伸びましたが(2015年で対2010年1.6倍)、実質金銀は2005年を100とすると2016年91となっており伸びていません。非正規雇用のアップ、又企業内での成果報酬制度など企業収益に比例して賃金がアップするような構図では無くなっています。そ [続きを読む]