keigo さん プロフィール

  •  
keigoさん: 東京子育て男子
ハンドル名keigo さん
ブログタイトル東京子育て男子
ブログURLhttp://kosodate-mens.com
サイト紹介文東京で育休をとって子育てするアラサー男子が役立つ情報やアイテム、男性の育休についてなど書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 15日(平均16.3回/週) - 参加 2017/09/10 20:40

keigo さんのブログ記事

  • 男性の育休を阻む「忖度」。育休取得に必要な心構えとは何か。
  • 日本経済新聞に男性の育休を阻む要因に「忖度」があるという記事がありました。男性の育児休業取得が進まない要因の一つに、「自分は育休を肯定するが、周囲は否定的に違いない」と誤って忖度(そんたく)してしまう「多元的無知」と呼ばれる心理現象があるとの調査結果を、九州大の研究チームがまとめた。20日付の欧州科学誌電子版に発表した。チームは昨年4月、勤務先に育休制度がある20〜40代の日本人男性に、インターネット上 [続きを読む]
  • あびる優さん育児に疲れたら休んでください。
  • タレントのあびる優さんが育児疲れを理由に育児家事を数日休むことをSNS投稿したら炎上騒ぎになったようです。タレント・あびる優(31)が17日深夜、SNSで家事と育児を数日休むという投稿をしたところ、賛否の声で反響が広がり、削除する事態となった。あびるはこれまでも、家事や育児への疑問や不満をたびたびブログなどでつづっていた。あびるは18日午前0時過ぎ、インスタグラムと連動した形でブログに「私、意を決し [続きを読む]
  • 東京都が待機児童対策に企業内保育所を支援
  • 東京都が待機児童の追加対策として、企業内保育所の支援策を発表しました。待機児童解消に向け東京都は15日、従業員向けの保育所(企業主導型保育所)の設置を行う企業に対する支援の拡充などの追加対策を発表した。対策費は計約35億円で、国の補助金を充てるなどして当初予算の範囲内でまかなう。2017年9月16日 産経ニュースより引用 全文はこちら最近、大手企業中心に企業内に保育所が設置されている会社がちらほらあ [続きを読む]
  • 赤ちゃんのおちんちんはどうやって洗うのか
  • 硬い話題が多いので、ソフトなやつで。でも真面目にみんな悩んでいるはず。私も悩みました。息子のちんちん、どうやって洗うんだ!!(´ε`;)男の子の親なら一度は悩むと思うんですが「剥くの?」、「剥かないの?」という選択。はい。ちんちんの皮です。これ、剥いて中まで洗うのがいいのか、外側だけ洗うのがいいのか迷いませんか?妻にも「男だからわかるんでしょ?」なんて言われるのですが、自分がいつから洗っていたかな [続きを読む]
  • 親ペナルティってなに?子どもがいる家庭は幸福度が低いの?
  • 東洋経済の記事を読んで「親ペナルティ」なる気になる言葉を発見しました。40代で育児を始めた人を襲う「不幸感」の実際。元ネタはさらに他の記事のようなのですが、「親ペナルティ」とはこういうことらしいです。「親ペナルティ」とはこういうことだ。社会学に、「親ペナルティ」という言葉があります。子どもを持つ夫婦と子どもを持たない夫婦がそれぞれに感じる幸福度のギャップのことで、一般的に幸福度は「子どもを持つことに [続きを読む]
  • パパがこれだけは読むべき育児本①:新しいパパの教科書
  • 子育てパパを応援するNPO法人 ファザーリング・ジャパンが書いた新米パパのバイブルです。パパが育児を開始するにあたり、一番最初にインストールすべき情報や心構えがコンパクトにまとめられている良書です。具体的なテクニックの話もありますが、それよりも意識改革を促す内容がメインです。子供との接し方や使える制度の話だけでなく、妻と良好な関係を保つためのアドバイスまで踏み込んでいます。新しいパパの教科書何よりも [続きを読む]
  • 気をつけろ!東京で保育園に入りにくいのはこの駅だ!
  • アエラdotに東京23区のどの駅が保育園に入りやすいかを調査した記事がありました。東京23区392駅「保育園に入りやすい駅・入りにくい駅」はここだ! 記事では、都が発表している待機児童数とは異なり、マンション購入サイトの情報を元に「0歳潜在待機児童」を推計しています。都が発表している単純な待機児童数では世田谷区がワースト1位、目黒区がワースト2位ですが、この上記記事の調査では湾岸の高層マンション群を要する地 [続きを読む]
  • サイボウズ社長が語る働き方改革と厳しい現実
  • 企業向けグループウェアなどで知られるサイボウズが、昨日の日経新聞に大きな広告を出していました。しかし製品紹介や採用募集の広告ではありません。そこには大きく「働き方改革に関するお詫び」と書かれていました。dav面白いことを広告にするなー、と思って読んでみると、終わりにアニメを作ったからみてくださいとのこと。それで今日合間をみて、アニメを見てみたのですがなかなか風刺にあふれて面白いものでした。アニメはこ [続きを読む]
  • 育休の期間が2年になる!給付金も半年延長!!
  • 少し前のニュースに出ていましたが、この10月から改正育児・介護休業法が施行され、最高2歳までの育児休業取得が可能となります!これまで原則1年の育児休業で保育園に入れない場合は半年の延長が認められ、1歳6ヶ月までが最長でした。(法律上の話なので、企業によっては更に長い期間を設けているところはあります)結局保育園が見つからず泣く泣く会社を辞めることになる女性も多かったことと思います。制度の解説はこちら [続きを読む]
  • 安倍首相が語る社会保障の見直しと教育無償化
  • 安倍首相が日本経済新聞のインタビューに対して、社会保障の「全世代型」への見直しを示し「幼児教育の無償化」にも触れています。安倍晋三首相は12日、日本経済新聞のインタビューに応じ、今後の社会保障政策についてこれまでの高齢者中心から「全世代型」に見直す意向を表明した。そのための施策として幼児教育の無償化などを挙げ、財源として教育に使途を限定して国債を発行する「教育国債」も検討する考えを強調。北朝鮮情勢 [続きを読む]
  • 東京の子育てしやすい街はどこ?共働き夫婦の場合。(都心6区比較)前編
  • 東京で子育てを始める前、どの地域が子育てしやすいか色々調べたのですが、一つの観点(子育てサービスの充実度など)でしか比べているものがなくて、比較検討するのに苦労しました。そこで私見とファクトを織り交ぜて、共働き夫婦の子育てしやすい街を考えてみたいと思います。今回は都心6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区、文京区)を比較したいと思います。その他の地域も今後やりたいと思います。比較する項目は① [続きを読む]
  • 東京の保育サービスや待機児童の現状【2017年4月時点】
  • 都のホームページに保育サービスの利用状況や待機児童数の現状(4月時点)がわかるページがありました。都内の保育サービスの状況について都全体としては保育園などの保育サービスの利用者は昨年度に比べて、約16000人増えて過去最大の増え幅だそうです。一方待機児童は定義の変更もあり、120人増ですが定義変更がなければ773人の減少とのこと。16000人利用者が増える中で、なかなかの善戦をしていると思います [続きを読む]
  • 東京の子育て環境は悪いのか?
  • 待機児童の問題を中心に愚痴も含めて足りない点を書くことが多いわけですが、東京の子育て環境が他の地域と比べて悪いとは思っていません。確かに保育園に入るのは全国屈指の難しさなのですが、それを除けば東京都心での子育てはそれほど悪くないのではないかと感じています。教育環境が良い東京都心の区、例えば千代田区、中央区、文京区、港区などは公立の学校に通ってもそれなりのレベルの教育環境を得ることができると思いま [続きを読む]
  • 女性の就労が増えれば全て解決なのか?
  • 女性の就労が広がっている事実を示す記事が日経新聞に出ていました。女性の就労が増えている。労働力としてみなされる女性の割合を示すグラフをみると、30〜40歳代の部分が顕著に落ち込む「M字カーブ」と呼ばれる特徴が薄れ、米国や欧州各国などに似通ってきた。育児休業など企業側の制度整備が進んだことや働く意欲を持つ人が増えたことが大きいが、待機児童の解消はなお道半ばだ。働きやすさと労働の質を高めるさらなる工夫が [続きを読む]
  • 保育所整備の前倒しと山尾志桜里議員の不倫報道
  • 政府は地域の保育所を前倒しで整備できるよう、子ども・子育て支援の基本指針を改正する。市町村が設定する年度ごとの定員総数目標に達した場合でも、次年度以降の整備分を見込んで追加の認可をできるよう上限規定を緩和する。人口流入が進む都市部の待機児童解消に向け、保育の受け皿整備を加速させる。日本経済新聞 2017年9月8日朝刊より引用東京で保育園を探していると「本来は20名が定員なんだけど、行政からの要請で [続きを読む]
  • 東京で子育てすること
  • 東京の子育てに関する精神科医のシロクマさんのブログ記事。この方のブログはなんとなく感じていたことを言語化してくれるのでよく読んでます。昭和の終わりに生まれて、地方都市で育った身として、しかも都心で子育てをしていると記事のような感覚になることがよくわかります。街を歩いていると、ほとんどの子連れが「立派な家庭」に見えてしまう。いや、別に特別華美なわけではないんだけど、なんていうか「ちゃんとしている」 [続きを読む]
  • 東京で子育てすること
  • 東京の子育てに関する精神科医のシロクマさんのブログ記事。 この方のブログはなんとなく感じていたことを言語化してくれるのでよく読んでます。 昭和の終わりに生まれて、地方都市で育った身として、しかも都心で子育て […] [続きを読む]