nokonokotonton さん プロフィール

  •  
nokonokotontonさん: 世界の格言とうつらうつら
ハンドル名nokonokotonton さん
ブログタイトル世界の格言とうつらうつら
ブログURLhttps://ameblo.jp/nokonokotonton/
サイト紹介文今はもう読まなくなった世界の古い格言を詠み始めたら止まらなかったの。面白いよ。
自由文ブログを自由に創作をしていて疲れた。
そんな時、段ボールの中に眠っていた小さなすり切れた一冊の本があった。
小さな本に小さな字でびっしり書かれたこの本は、
昭和時代と印字があった。

まだ病気をしていた時、古本屋で100円で買った本だった。
この本は私を助けてくれる。ととっさに感じた。

古い哲学者の中にはすでに心理学も脳科学もあった。人間は考える葦である。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 7日(平均17.0回/週) - 参加 2017/09/13 02:35

nokonokotonton さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 水の流れの中から吉田松陰の声がした。
  • こんにちわ、facebook皆さんしてますか?私はお返しがいつも遅くなり皆様に迷惑をかけているのんびり人間です。 男の方の投稿が歯医者に行き今歯が痛いです。今、風邪引いていて熱がありますとか。その他、他、ちょっと待ってくれ〜〜〜!投稿する前に。と真実 ? お、も、う。今日僕はなんとなく調子が悪いです。な、ん、て、書くな。男は黙ってビールを飲むのCMよもう一度。男性の顔は画面の73でいい。つまり、画面の30% [続きを読む]
  • 狛犬が吠えた善と悪
  • こんにちわ、東京の神田明神様夏祭りの写真よ。盆踊りの曲のチョイスが勿論ここは神田っ子。モダンでリズミカルでシャキシャキした踊りばかりよ。う==んと、確か8月の中旬頃だったかな。昔はアルバムに写真を一枚一枚張った物だったな。 SDだなんて、ショックデス。あは。 悪魔は人間の姿や心に似せて造りだされたものだ。そんな事を言えば、神様だって同じことです。ドフトロエフスキー 悪は必要である。もし悪が存在しな [続きを読む]
  • ブルーカラーの花は怒りを静める。
  • こんにちわ、今回は怒りについて。をお送りしますね。ちっぴり古いけど感慨があるのよ。 小さな湯沸かし器は、すぐに熱くなる。 怒りは常に愚行に始まり悔恨に終わる。ピタゴラス 怒った人は再び怒る。彼が理性に帰った時、彼自身に向かって。シルス 激情を通じてみると、過失が我々より大きく見える。義を通じて見る物体のように。モンテーニュ 怒りは一時の狂気である。だからこの感情を抑えなければ、怒りが諸君をとっ [続きを読む]
  • そこのけ芸大生のお通りだい。ピカソの名言。
  • ピカソの名言には、猫まで感動する。 私は対象を見たままではなく、私が思うように描くのだ。 絵の玄人なんていうものは、絵描きに対してろくなアドバイスをしない。 久しぶりに行きました。上野のアメ横街です。 ドンドンと太鼓の音がにぎやかに、通路を見ますと可愛らしい女の子達がパレードをしていました。また作りました。芸大生の新しい作品のお目見えですよ。何かな? 私はいつも自分のできないことをしている。 [続きを読む]
  • 山のあなたの空遠く幸い人の住むという。夢二のはがき絵。
  • ホーホー、−ホタルコイ! 旅の好きだった夢二は、今どこの路線にいるのだろう。版画のデザインも次の夢を思わせた。 私にもあったわ、夢多き多感な時代がね。 山のあなたの 空遠く「幸い」住むと 人のいう噫(ああ)われひとと 尋(と)めゆきて涙さしぐみ かえりきぬ山のあなたに なお遠く「幸い」住むと 人のいうカールブッセ 山の向こう、ずっと遠い空の彼方まで行けば、幸福があるのだと誰かが言った。それならばと私も他 [続きを読む]
  • 古い窓辺に住み着く自信とは。古い格言
  • 天地の間に、己一人生きてあると思うべし。天を師とし神明を友とすれば、他人に頼る心なし。中江 藤樹 こんにちわ、今回はちょつぴり単調なバロック調で行くわよ。 自分に不信を抱いている人間は、愛するよりももっと愛されることを欲している。いつか、せめて一瞬間だけでも、自分を信ずることができるように。二―チェ 愚かな者と賢い人は、同様に害がない。半分愚かな者と半分賢い人とだけが、もっとも危険である。 [続きを読む]
  • 謙虚とは甘いあんみつの中にあるようだ。
  • こんにちわ、あんみつ好きですか?蜜の味は甘く心地よいあんこの中。ブログ村に新しく参加します。よろしくお願いいたしま〜〜す。割れた板を踏んずけちやったおばちゃんですが、ブログを書くとご機嫌が良くなるのよ、イッヒッヒ!  今回は謙虚とは何かです。  ] 我々は、人前で猫をかぶることに慣れている。だからしまいには、自分自身にすら、猫をかぶることになるのだ。ラロシュフコードキッ? どんな謙虚な人でも、彼 [続きを読む]
  • 美しい布は嫉妬を誘う!タイのスカート。
  • こんにちわ、ただ今上野の森、国立博物館でタイ展の真っ最中です。後光の差したまばゆい程光り輝く千手観音様があなたを待っていますよ。千手観音様は人の持つすべての苦しみを救ってくださる方、本場もんの本物に会ってあなたは何願う。幾つでもいいそうですよ。 それではタイ製品の美しいハワイアンドレスから願かけしましょう。 嫉妬について 賢人は何を問う 嫉妬とは最も才気に富む情熱であるが、それにもかかわらずまた最 [続きを読む]
  • カーテンが揺らぐときに何かが触れた。その2(完結)
  • 昔の人は言いましたあ〜〜あ!長いので2回に分けました。 人を用いるにはすべからくその長ずるところを取るべし。何事も一人にそなわらん事をもとむることなかれ。家康 我々の欠点は、我々の最上の教師である。そうであるなら、君の良さを人に語ってはならない。パスカル 我々の欠点は、我々の最上の教師である。しかし、最上の教師に対していつも忘恩なものだ。二―チェ 天才というのは、自分で自分の力を信じることだ [続きを読む]
  • カーテンが揺らぐときに何かが触れた。
  • 昔の人は言いましたあ〜〜あ! 欠点の内には、それが巧みに運用されると、美徳そのものよりも光るのである。ラロシュラー あまりひどく自分の気質、性質に膠着(こうちゃく)してはいけない。我々の最上の才能は、いろいろな習慣に適応できることである。モンテーニュ 我々は意志と自覚とを持って長所を発揮するが、欠点は、無意識のうちに不意に現れるので、長所がわれわれをいくらかでも喜ばしてくれることはまれである [続きを読む]
  • 消えていた。
  • 消えた。消えた。消えていた。昨夜眠たいのを我慢してブログを書いた。4回も編集がぶっ飛び4回も文字を入力し直した。飛んだ。飛んだ。飛んでいた。いくらアプリを探しても入力されていなかった。シンデレラ見たいに12時までが時限なので、必死に入力した。し終わったとたんに、キンコンカンと鐘の音が聞こえた。夜中の11時59分にやっと投稿した。ゼロ時になったら、ホントにゼロになった。ハイヒールは持ってないので心配しなくて [続きを読む]
  • ヨーロッピアンの温泉の効用の絵を発見!
  • ぐんまちゃんだよ〜〜〜ン!山の温泉には効用がいっぱいあるよ。 今はもう閉鎖してしまったスーパー銭湯の入口に大きな額が綺麗な姿で保存されていました。実はこの絵の事は分からないのです。人に聞いても分からない。とにかく誰にもいたずらされてなく綺麗そのままなのに驚きました。とにかく絵を見てください。見るだけですべてが分かってしまう。不思議な表現ですね。 温泉が湧き出ました。老人も。裕福層です。病人も。 [続きを読む]
  • 羊のしっぽはどこ行った?
  • こんにちわ!ブログランキングが変わり何処に自分の身を処方したらいいのか?ただ今、決まらなくてたじろいています。たじろき〜〜〜。 新しい世界へ行くよう。ヤギの可愛い赤ちやんがお乳を飲みに出てくるよ===! 最近写真の写し方が随分と右寄りになったな。メエメエちゃんの尾が切れちやってる。お腹もかなり迫っていますよ。もうすぐベイビィのお披露目かな? 自分の癖でして、いつも重いバッグを右肩に担ぐので肩も [続きを読む]
  • タイのモン族の刺繍はスーパーウルトラだった!
  • ここは上野の不忍池の前、エキゾチックな東南アジアの物産展です。日本は全国各地の広場で、またデパートでも頻繁に開催されるので皆さん、よくご存知ですよね。でも、私は知りませんでした、イッヒッヒ! もう少し拡大しますね。まるで蛍光色の線維が入ったかのような非常に美しい発色に魅了させられました。アハ! ですね。 よく見ますと布地に凹凸があり、ウワア〜〜ハンドメイドだ。刺繍でした、細かな細かな信じられな [続きを読む]
  • 牧場で考えた人間とは何か。
  • こんにちわ。またよろしくお願いいたします。すっかり初秋の風が吹いているのに、ツル科の朝顔さんはやっぱり強いですね。ピンク色も紫色も大地の地殻から吹き上げてきたものね。 いかなる条件の下においても、人間が真に人間性を持って、人間に働きかける。この事に人類の将来はつながっている。シュバイツア 俺は人間に似つかわしい事なら何でもやる。それ以上の事をやると、人間でなくなる。シェークスピア 性格は、人 [続きを読む]
  • ネルソンマンデラに一匹の子羊がメエーとうなずいた。
  • 故マンデラ大統領の言葉を人種差別反対のオバマ前大統領 がSNSで使いました。アクセスがあっという間に全世界から1000万とか?いまはどのくらいでしょう? 肌の色や出身信仰を理由に生まれながらに他人を憎む人はいない人は憎むことを学ぶ憎むことを学ぶなら愛することも教われる人間の心には、憎しみより愛の方がより自然だ! 私は学んだ。勇気とは恐怖心の欠落ではなく、それに打ち勝つところにあるのだと。勇者とは怖れを [続きを読む]
  • キャベツの芯が固すぎる羊さん!
  • 私の夏休みは、霧かすみでスーとサワヤカなひまわりの小道散策ですよ。 私はキャベツの芯が固くて噛めません。 こんにちわ!ここは群馬県渋川市の伊香保温泉にあるグリーン牧場です。羊さんとのお散歩もうさぎさんとのお散歩も楽しめますよ。 ここの羊さんたちは、みなおデブさんです。 キャベツを噛めないの? 頭をふって工夫をして。 それでもちっとも減らないキャベツ? 真正面なので分からないのですけど、キ [続きを読む]
  • 過去の記事 …