ヒデ さん プロフィール

  •  
ヒデさん: 株式投資で専業トレーダー生活
ハンドル名ヒデ さん
ブログタイトル株式投資で専業トレーダー生活
ブログURLhttps://kabusenlife.com/
サイト紹介文株式トレーダーの投資成績や投資の知識、生活などを綴ったサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 9日(平均13.2回/週) - 参加 2017/09/14 10:10

ヒデ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 9月22日の投資成績
  • 成績松井証券のデイトレード+12,000円SBI証券のデイトレード+18,000円(推定)本日の資産推移-27,000円今月の資産推移+302,000円9月22日の相場と主な取引内容今日の日本株は前場途中から下落に転じて、小幅下落でもみ合いの相場でした。保有株は中小型株ばかりなので体感的には指数以上に下落がきつかったように感じました。取引は日本プリメックス 300株買いイマジニア100株買いイムラ封筒 200株売りビケンテクノ 200株売り [続きを読む]
  • 9月21日の投資成績
  • 成績松井証券のデイトレード+21,000円SBI証券のデイトレード+6,000円(推定)本日の資産推移+32,000円今月の資産推移+319,000円9月20日の相場と主な取引内容昨晩から今日の昼にかけてFOMCと日銀の会合と重要イベントが目白押しでした。FOMC後に為替は円安に進んで日本株は堅調にスタートしたものの、日銀会合後の後場は上げ幅縮小。日経平均株価が今週20000円の大台を一気に突破した以上、そこまで極端な下落もないと考えていま [続きを読む]
  • 方向感の乏しい一日:9月20日の投資成績
  • 成績松井証券のデイトレード+5,000円SBI証券のデイトレード0円(推定)本日の資産推移+84,000円今月の資産推移+297,000円9月19日の相場と主な取引内容今日の日経平均株価は寄り付きから終始方向感が乏しく、前日終値でウロウロしているような展開でした。保有株では昨日ストップ高したイムラ封筒が寄り付きから買い気配。昨夜のPTSで600株ほど700円で売却していたんですが、寄り付きはそれを上回る値になりました。とりあえず残 [続きを読む]
  • 選挙銘柄が賑わう一日:9月19日の投資成績
  • 成績松井証券のデイトレード-10,000円SBI証券のデイトレード+2,000円(推定)本日の資産推移+168,000円今月の資産推移+213,000円9月19日の相場と主な取引内容3連休明けはいつも週末の相場感をすっかり忘れています。今朝も「あれ?この銘柄はなんで監視銘柄に入ってるんだったかな?」と頭の中で思いつつ必死に週末の記憶を探り出すイメージでした(笑)数か月ほど前にファンダメンタル的に魅力を感じて買っていたイムラ封筒が [続きを読む]
  • 株式投資の勉強ってどうするの?
  • 今回は株式投資の勉強の仕方について書いてみました。株式投資の勉強に決まったゴールはない投資の勉強はどこでするのか?という事ですが、資格試験などのように、特定のものに向けた勉強方法があるわけではありません。株式投資の勉強をするということは、自分の状況や目標、性格など様々な要素に適した知識や技術を身に着けることだという事です。そこで今回は私の経験上、こうすればより効率的に株式投資の勉強が出来るのではな [続きを読む]
  • 株式投資を始める前に覚えておきたい4つのファンダメンタルズ分析
  • ファンダメンタルズ分析とはファンダメンタルズ分析とは、企業の業績や財務状況などから株価が『割安』か『割高』かを判断する分析方法です。企業の根本的な価値を判断するのに優れているため、短期的な値動きよりも長期で投資する銘柄を分析する際に非常に役に立つ分析方法です。企業の業績や財務状況と聞けば、難しそうで敬遠したくなりそうですが、基本的なファンダメンタルズ分析はそれほど複雑なものではありません。今回は株 [続きを読む]
  • 今週の投資成績(2017年9月11日〜)
  • 2017年9月11日から9月15日までの週間投資損益は+212,000円、松井証券のデイトレード損益は+44,677円、月間投資損益は+45,000円でした。先週の下落が大きかった分、戻りも大きかった一週間になりました。取引内容と反省今週は円安が進行して日経平均株価がかなり回復したので、保有株が堅調でした。そんな中、先週末に中間決算発表したイムラ封筒が週明けに大きく下落したのが予想外でした。第一四半期の決算が好調だったので業績上 [続きを読む]
  • 制度信用取引と無期限信用取引の違いを知ろう
  • 信用取引とは証券会社から一定の委託保証金を担保として資金を借りて株式を買う、または株式を借りて売る取引のことを指します。ここでは信用取引の詳しい説明は割愛して、『制度信用取引』と『一般信用取引』の違いについて説明します。制度信用取引とは?大まかに言うと、証券取引所が定めたルール(制度)で行われる信用取引のことを指します。制度信用銘柄は証券取引所によって、買建、売建両方ができる『貸借銘柄』と、買建の [続きを読む]
  • 松井証券の株式投資「取引手数料」と「特徴」
  • 松井証券松井証券といえば、『一日信用取引』と言っても過言ではないでしょう。デイトレードなら手数料無料で取引出来るサービスは、多くのデイトレーダーにとって必須のサービスです。楽天証券のコース別手数料現物取引の手数料1日の約定代金合計金額手数料(税抜)10万円まで0円30万円まで300円50万円まで500円100万円まで1,000円200万円まで2,000円100万円増えるごとに1,000円加算1億円超100,000円(上限)制度信用取引・無期限信用 [続きを読む]
  • 楽天証券の株式投資「取引手数料」と「特徴」
  • 楽天証券証券口座数が200万を超える楽天証券は、主要なネット証券の中の一つです。株式取引ツールの『マーケットスピード』は、個人投資家の支持も強く人気の高いツールとなっています。楽天証券のコース別手数料超割コース/超割コース(大口優遇)の手数料現物取引の手数料約定金額超割コース超割コース(大口優遇)10万円まで139円(150円)90円(97円)20万円まで185円(199円)180円(194円)50万円まで272円(293円)238円( [続きを読む]
  • SBI証券の株式投資「取引手数料」と「特徴」
  • SBI証券ネット証券の中で口座開設数トップの証券会社です。管理人もSBI証券をメインで利用していますが、取引ツールも扱う商品や情報もとても充実しています。これから株式投資をスタートするには開設していて損はない証券会社だと思います。SBI証券の手数料現物取引のスタンダードプラン〜10万円〜20万円〜50万円〜100万円〜150万円〜3000万円3000万円超1501992934876289941,050現物取引のアクティブプラン〜10万円〜20万円〜30万 [続きを読む]
  • 今週の投資成績(2017年9月4日〜)
  • 2017年9月4日から9月8日までの総合投資損益は-260,000円、松井証券のデイトレード損益は+18,988円でした。今週は保有株の下落の影響をかなり受けました。取引内容と反省先月からデイトレードが復調基調にありましたが、今週はリスクオフの動きを懸念しつつの取引で週初のデイトレードで失敗してしまいました。月曜の下落で一服するかと思いきや、仮想通貨関連の動きで新興市場が大きく下落したのは痛かった。保有株も一部銘柄が大 [続きを読む]
  • 100万円以下の現物取引手数料の証券会社比較
  • 今回は100万円以下の現物株式の取引手数料を証券会社、「コース・プラン別」で比較してみました。証券会社別100万円以下の現物取引手数料の比較表証券会社プラン〜10万円〜20万円〜30万円〜40万円〜50万円〜100万円SBI証券スタンダード150199293525アクティブ0206308463822楽天証券超割150199293525いちにち定額0206308463926GMO 証券1約定ごと951052604701日定額230300430860カブドットコム証券1約定ごと971942701069岩井 [続きを読む]
  • 専業投資家と兼業投資家どっちが良いの?
  • 株式投資を始める時は、ほとんどの方が「兼業投資家」としてスタートさせると思います。そして、投資で十分な利益を出せるようになれば、「専業投資家」という道を考える方もいらっしゃると思います。そこで、今回は専業投資家と兼業投資家の、メリット、デメリットを書いてみたいと思います。兼業投資家のメリットとデメリットまずはメリットについて考えてみましょう。生活費と投資の資金を別に考えられる何と言っても兼業の強み [続きを読む]
  • 複数の証券口座を開設するメリットとデメリット
  • 株式投資を始めるのに、どの証券会社を選べばいいのかは悩ましいところです。手続きが面倒なのでなるべく一つの所だけにしておきたいと思われる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は株式投資を始める時に複数の口座を開設するメリットとデメリットを記事にしてみました。証券口座を複数開設するメリット証券会社によって手数料が異なる証券会社によって取引手数料は様々です。一概に高い安いではなく、取引の種類や売買価格 [続きを読む]
  • 今週の投資成績(2017年8月28日〜)
  • 2017年8月28日から9月1日までの松井証券のデイトレード損益は+67,075円でした。全体の資産パフォーマンスはおそらく+200,000円以上になると思います。(うっかり8月分の日別の資産推移のデータを消してしまったので曖昧で申し訳ありません)取引内容と反省8月からデイトレードが復調傾向にある中、8月の最終週と9月1日も順調にデイトレードの利益を出す事が出来ました。上記のデイトレードの損益には松井証券の1日信用取引のデータ [続きを読む]
  • 過去の記事 …