リゲイン総研 さん プロフィール

  •  
リゲイン総研さん: リゲイン総研〜競馬番組表なんて存在しない〜
ハンドル名リゲイン総研 さん
ブログタイトルリゲイン総研〜競馬番組表なんて存在しない〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/rudolf/
サイト紹介文片岡某は「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物。
自由文日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は無いし、1着でも2着でも良いなどという「連対許可」制など存在しない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供397回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2005/04/04 05:39

リゲイン総研 さんのブログ記事

  • 師走競馬、騎手・武豊の○○○○。
  •  12月5日に香港のハッピーバレー競馬場で行われた国際騎手招待競走「2018ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」に出場した武豊騎手は、4レース(第1戦)で不注意騎乗(残り350m付近で内側に斜行し、他馬の走行に影響を与えた)を行ったとして、香港ジョッキークラブから26日から29日までの騎乗停止処分を受けていた。 つまり、「有馬」は乗れるが「ホープフルS」には乗れないとい [続きを読む]
  • 「エリカ賞」が再び特別競走となっても出走頭数は平地のまま
  •  過去3年間、一般戦で施行されていた阪神芝20戦の条件戦が特別戦となって帰って来たが、その施行日は「3日目(全9日)」である。今年の「日本ダービー」の炎でエントリーしたシャルドネゴールドは、この平場条件を加算したスペックであった訳だが、実際に「菊花賞」で走ったのは*3着同枠の1着馬ではなく、2着現物のエタリオウの方であった。ここには未勝利馬まで参戦しているが、それでも出走頭数は8頭だけである。(旧)ラジオN [続きを読む]
  • 「第70回阪神ジュベナイルフィリーズ」〜特別登録馬雑感〜
  •  雑感と題したが、それ程の事は書かないし書けない。来週にもW登録しているタニノミッション。「SARC」を制した現在2歳牝馬の賞金女王であるグランアレグリアが「朝日杯」に単独登録。藤沢和雄厩舎のシェーングランツとの棲み分け具合は、2016年のような再現を許諾するようなものであろうか。 それでも、「今年の3歳は強い」だの「3冠牝馬は怪物だ」だの「ダート戦は特に強い」だのと、巷でセオリーが如く言われた時が終 [続きを読む]
  • 1日2重賞を施行するG1施行週〜最終結論〜
  •  4連覇挑戦の7歳馬アルバートの箍(タガ)が外され(ムーア確保は重要でマジックでは駄目だった)、経験豊富が圧倒的スキルになる長距離重賞は一気に混沌を演出される。「長距離なら岡部やで」は今は昔の場外親父の言葉である。どちらにしても、長距離戦やら障害やらには、繁殖を諦めた走られ続ける戦歴が出て来るものである。トウカイトリックは、あの時・・まいっか。 [続きを読む]
  • [JAI]第19回チャンピオンズカップ〜確定出走表〜
  •  「チャンピオンズカップ」の確定ゲートが発表となった。ディフェンディングであるゴールドドリームの回避は直前まで知らなかったが、そもそも連覇は無い事が前提で書いたものには、その名は一切出していない。フルゲート割れ15頭立戦を前年1着馬不在の2016年と同じような舞台装置で施行される事になった本年戦である。その他の不在馬の中で、気になっていたのはクインズサターンのみ。 2016年の2着馬は川崎の「JBCクラシッ [続きを読む]
  • [JAI]第19回チャンピオンズカップ〜特別登録馬19頭+1頭〜
  •  秋のG1シリーズの流れの中で、最もモチベが落ちる時期となった。本稿も昨日の段階で、作表だけは揃えたが、書き出しが思い浮かばず、全く別の記事を書き始めた。それは、「JCD」が「チャンピオンズカップ」としながら開催数を引き継いだ件やら、「JCD」の時期に開催場を変更した件などに、立派な根拠が見出せていないからかもしれない。 兎に角、中央競馬のダート戦と言うと、G2競走が1つしか存在しない点をこれまで強調して [続きを読む]
  • 新年度・馬齢限定重賞加算システムの変更についての一考察
  •  タイトルは、新しく発表された来年度の競馬番組の中で、扱われた事案である。これまでの重賞の収得賞金の算入方法は、古馬戦から2歳馬齢限定に至るまで総じて本賞金の半額加算で、統一されていたものを、今回は「2歳G3競走に限定して」援用さえる。方式は本賞金額に関係無く、定額加算する方式で、これは、本賞金額が、距離やコース(ダ・芝)に関係無く一律であれば、そこに有意性は無い。 来年の2歳G3競走の本賞金額には [続きを読む]
  • [JAI]第38回ジャパンカップ〜最終結論〜
  •  単独枠であろうが、[地]接触枠であろうが全く無関係のレコード更新となった。 最後まで悩んだ「秋華賞」と「秋天」の1着枠構成馬。普通であれば、現6歳世代が既に2勝している現状では、現5歳世代は0勝で終わり、更新は3歳が施すのが普通とみるが、3歳馬が単独枠で機能するか否か?[地]まで召集してもフルゲートを埋めることは出来なかった。そもそも、北米代表だとか、欧州代表だとか、オセアニア代表だとか、そういうイ [続きを読む]
  • 第63回京阪杯 〜最終結論〜
  •  単独枠であろうが、[地]接触枠であろうが全く無関係のレコード更新となった。 最後まで悩んだ「秋華賞」と「秋天」の1着枠構成馬。普通であれば、現6歳世代が既に2勝している現状では、現5歳世代は0勝で終わり、更新は3歳が施すのが普通とみるが、3歳馬が単独枠で機能するか否か?[地]まで召集してもフルゲートを埋めることは出来なかった。そもそも、北米代表だとか、欧州代表だとか、オセアニア代表だとか、そういうイ [続きを読む]
  • [JAI]第38回ジャパンカップ〜8頭の日本G1勝歴馬雑感〜
  •  出走馬16頭の中でJRAG1競走で馬券構築の一端を担ったスペックがのべ10頭。怪牝アーモンドアイは総て取消馬を出した(祝)開催重賞勝歴馬。3歳牝馬限定G1を3勝で他は無いから本賞金総額は単純に3億1500万円。 2勝馬がサトノダイヤモンドで「菊花賞」と3歳で参戦した「有馬記念」でその2戦だけで4億1500万となる。これに、「東京優駿」2着の8000万が加わる。収得賞金加算には無関係の3着が「皐月賞(2500万)」と明け4歳の「 [続きを読む]
  • ジャ“パン”カップはパンを食べておいしくGET!!
  •  タイトルのコピーは「MCS」施行日当日の18日にJRAホームペーシに掲載され使用されたものだが、主催者も当然ながら、「ナンデモアリマモード」に確変した事を、便宜上、宣言。まぁ、わざわざイベントで示唆しなくても、迎え撃つ方は、その前から、モードの準備はしている訳で、「ゴーン」が逮捕されたら、アレが来るのか?個人的には、次期ランエボの復活が無くなるのでは?と心配しているが、それと競馬とは関係無い。 こ [続きを読む]
  • (引用)2019年度競馬番組等について
  • (当文書はJRAのpdf版のテキスト化ではありません)平成31年度(2019年)競馬番組等について平成30年11月20日JRA日本中央競馬会 2019年度の開催日割および重賞競走については、競馬サークル全体の指標となる競走体系を構築していくことを基本理念に、年間を通じて多くのお客様に中央競馬をお楽しみいただけるよう設定いたします。また、グレード競走に次ぐ重要な競走として、オープン競走の一部をリステッド競走と新たに格付けすると [続きを読む]