モコ さん プロフィール

  •  
モコさん: 頭をバックアップ
ハンドル名モコ さん
ブログタイトル頭をバックアップ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/moco_660/
サイト紹介文ドラゴンズ戦の感想やドラ番組のテキスト実況やってます。高校野球を中心としたアマ野球、MLBもたま〜に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2005/04/11 23:57

モコ さんのブログ記事

  • ルーキー鈴木博志に宮下純一が迫る///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、ルーキーながらリリーフ陣の一角を担う鈴木博志に、宮下純一くんが直撃インタビューしてくれてました。現在チームトップの20試合に登板、ルーキーとは思えない落ち着いたマウンドさばきで、チームに欠かせない存在となっている鈴木博志投手の素顔に、わたくし宮下純一が迫りました。宮下「すごく印象的だったのが、ナゴヤドームのデビュー戦、三者連続三振。マウンドに立ってまず思ったことって何だった [続きを読む]
  • 帰ってきた岡田俊哉///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、血行障害を乗り越え、先日1年ぶりに復活登板を果たした岡田俊哉に密着した特集と、放送当日・5月19日のゲームのヒーロー・ビシエドに立浪さんが生インタビューをしてくれてました。試合直後のビシエドに立浪さんがインタビュー。(ナゴヤドーム・ベンチにて)立浪「ヒーローのビシエド選手に来てもらいました。ナイスバッティングでした」ビシエド「ありがとうございます」立浪「それくらい分かりますね」 [続きを読む]
  • 京田陽太、地元に凱旋///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、先日の遠征で地元・金沢に初凱旋した京田陽太のドキュメントを放送してくれてました。幼いころプロ野球選手にあこがれた少年が、夢をかなえ思い出の地に帰ってきた。京田「皆さんに感動を与えられるように、泥臭く、一生懸命頑張りたいと思います」少年時代の彼を知る恩師、そして母は、この日をどんな思いで迎えたのだろうか。京田陽太、地元・石川でその思いに応えることができたのか。(5月9日、石川県 [続きを読む]
  • 谷繁×大野奨太 投手陣分析///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、先週に引き続いて谷繁さんと大野奨太のキャッチャー対談。今回は「投手分析編」というテーマでした。(VTR)ドラゴンズを4度のリーグ優勝、そして日本一に導き、監督としてもチームを指揮した谷繁元信。ファイターズでは守備の要としてチームを引っ張り日本一を経験。今シーズンからFAで加入した大野奨太。ふたりのスペシャル対談が実現。前回はキャッチャー論について熱く語り合った。今週はドラゴンズ [続きを読む]
  • こどもの日SP あこがれの選手に質問///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、放送当日が5月5日だったということもあり、子供の日の特別企画や、先の松坂の移籍後初勝利の裏側を放送してくれてました。子供の日企画。子供の日特別企画「子供たちからあこがれの選手へ質問」。選手にはその質問に答えてもらいました。まずは去年の新人王・京田選手に。少年ファン「京田選手、何で足が速いの?」京田「やっぱり小さいころから外で遊ぶのが好きだったんで、よく走り回ってたかなと思うん [続きを読む]
  • 松坂初勝利の裏側///スポスタ魂
  • 今週の中京テレビ「スポーツスタジアム魂」スポスタ魂は、4月30日、移籍後初勝利を挙げた松坂、その舞台裏を探る企画を放送してくれてました。(スタジオ)吉田アナ「ドラゴンズはうれしいニュースがありました。月曜日(4月30日)に松坂投手が移籍後初勝利を挙げました。立浪さん井上さんもご覧になってたと思いますが、立浪さんいかがでした?」立浪「投げるたびに球に力が出てきましたし、やっぱり勝負どころでスライダーとかチ [続きを読む]
  • 谷繁×大野奨太 キャッチャー論を語る///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、前監督の谷繁元信さんが満を持して番組初登場。背番号『27』を継ぐ大野奨太との対談で、自らのキャッチャー論の数々を披露してくれてました。オープニング。(スタジオ)若狭アナ「解説者として『サンドラ』初登場、谷繁元信さんです!よろしくお願いしまーす」谷繁「よろしくお願いします」若狭「グラウンドを離れて、ドラゴンズをどう見てらっしゃいますか?」谷繁「ドラゴンズをどう見てるかですか? [続きを読む]
  • 森監督が開幕1ヶ月を総括///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、森監督に開幕1ヶ月を振り返ってもらってました。開幕から1ヶ月、カープを相手に3連敗とスタートダッシュに失敗したかと思えば、4試合で29得点、打線がつながり4連勝!勝率を5割に戻した。しかしそこからまさかの5連敗。その直後、首位カープに3連勝、開幕の借りを返した。ビシエドの穴を埋める新戦力モヤの活躍に、福田、大野奨太らも奮起、打線が活発に。先発ではガルシアが力投を見せると、新セットア [続きを読む]
  • ドアラカフェから生放送・立浪が松坂を斬る///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、『ドアラカフェ』から生放送。立浪さんがファンの方からの質問に答える企画などありました。立浪さんがドラ打線を分析。(ドアラカフェから生放送)峰「きのう(4月20日)の打線、いかがでございますか?」立浪「久しぶりにね…久しぶりっていうか今年初めてですよね、1イニングであれだけつながって7点。開幕から点が取れなかったというところがあったんですけど、きのうに限っていえばモヤが打線に活気を [続きを読む]
  • 藪恵壹が松坂を徹底分析///スポスタ魂
  • 今週の中京テレビ「スポーツスタジアム魂」スポスタ魂は、元タイガースの藪恵壹さんが、4月19日の松坂のピッチングを、自身の身ぶり手ぶりも交えながら詳しく解説してくれてました。(VTR)先週木曜日(4月19日)、12年ぶりの日本での勝利を目指し力投をみせた松坂大輔。その姿にファンもクギ付けとなった。そんな松坂を元メジャーリーガー・藪恵壹が徹底分析。復活勝利を勝ち取るために必要なものとは何なのか。薮が体を張って解 [続きを読む]
  • 川上憲伸が松坂に迫る///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、登板翌日の松坂を川上憲伸さんが斬り込む直撃インタビューを放送してくれてました。(VTR)久々にドームが沸いた、松坂の熱投123球。松坂は何を思い、どう試合に挑んでいたのか。ドラゴンズの元エース・川上憲伸が独自の目線で、その真実に深く斬り込んだ。憲伸「きのう(登板翌日に収録)のマウンドに上がる前の気持ちを聞きたいんですけど、どんな気持ちでマウンドに上がりました?」松坂「チーム状態 [続きを読む]
  • 4月第2週のドラ振り返り///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、先週のアップダウンの激しかった?ドラゴンズの戦い1週間の振り返りを放送してくれてました。(VTR)4月8日(日) 若い力がチームを変える!大きく若返った先発陣。開幕ローテーションの平均年齢は昨年に比べ実に5才以上若くなった(17年32.2歳から18年27歳)。小笠原・笠原・柳の若き力がチームに変化をもたらす。今シーズン初勝利で新時代ののろしを上げた小笠原に続けと、笠原が2度目の先発マウンド [続きを読む]
  • 山本昌が鈴木博志に迫る///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、昌さんが気になるピッチャーに迫る新企画『山本昌のピッチングマニア』。第1回は鈴木博志にインタビューしてくれてました。放送当日・4月14日のベイ戦について。(スタジオ)峰「せっかく連勝してきて…。きょう(4月14日)の負けはきのうの負けが大きいですか?」山本昌「ちょっと引きずってるところがありますよねー。でもジー投手いいピッチングしましたから、先発陣はしっかりつないでいってるんでね、 [続きを読む]
  • 井上が考える上昇へのカギ///スポスタ魂
  • 今週の中京テレビ「スポーツスタジアム魂」スポスタ魂は、放送された4月8日時点で2勝6敗と苦しむドラゴンズに、井上一樹さんが提言?してくれてました。(VTR)先週木曜日(4月5日)、ドラゴンズ移籍後初めて公式戦に先発した平成の怪物・松阪大輔。最速142キロ、96球を投げ込んだ。結果は5回3失点。井上一樹さんの目にはどう映ったのか、試合後直撃!(ナゴヤドームの中継ブースにて)井上「点数を付けるとホント微妙で、どうなの [続きを読む]
  • 松坂・復活登板までの道のり///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、遂に復活登板を果たした松坂のここまでの道のりのVTRや、解説の彦野利勝さん・川上憲伸さんとともにゲームを振り返ってくれてました。(VTR)平成の怪物がマウンドに帰ってきた。(入団決定時の囲み会見)松坂「まだ自分でやり切った、悔いのない野球人生だとは、やっぱり思えないので」2月2日 今シーズン初ブルペン松坂「自分に自信が持てなければトレーニングもできないですし」2月26日 今シーズン実 [続きを読む]
  • 松阪大輔に密着、課題と葛藤///Spoken!
  • 今月のメ〜テレ「Spoken!」は、松坂のドラゴンズ入団から初登板までに密着した特集を放送してくれてました。(VTR)現役にこだわり続けた男の覚悟。平成の怪物、復活への道のり。男は言う。松坂「よく『晩節を汚す』とかって言いますけど、だから何なの?って思いますね」「晩節を汚す」人生で高い評価を得たにも関わらず、のちに覆す振る舞いをし名誉を失うこと。周りなんて関係ない。地位も名誉もかなぐり捨て、日本球界をリード [続きを読む]
  • 復活・松坂を山崎が徹底解説///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、先のジャイアンツ戦で復活登板を果たした松坂のピッチングを、山崎武司さんが解説してくれてました。(VTR)ドラゴンズの背番号『99』として初の先発マウンドに上がった松坂大輔。初回、先頭・立岡の当たりは内野安打。その後ランナー3塁で坂本。ツーナッシングと追い込みながらもフォアボール。ピンチを広げ迎えるは4番・ゲレーロ。カットボールをレフトに運ばれ先制を許します。それでも続くマギーを高め [続きを読む]
  • 新生・竜のセンターライン///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、開幕ドキュメントや、新たに生まれ変わったドラゴンズのセンターラインの特集など放送してくれてました。開幕ドキュメント。2018年開幕へ。「今年こそは」誰もがその熱い思いを胸に抱え、新たなシーズンの飛躍を誓った。指揮官が選手の心を代弁する。(熱田神宮にて)森監督「みんなケガなく故障なく元気で、1年間無事に過ごして、1試合1試合頑張って。皆さんの応援がどれだけ選手を勇気づけてくれるか、 [続きを読む]
  • 20歳の挑戦・小笠原慎之介///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、開幕投手に挑んだ小笠原慎之介の特集や、開幕戦ドキュメントなどを放送してくれてました。開幕ドキュメント。(3月30日 マツダスタジアムにて)峰「開幕でございますけれども、何か気持ちが盛り上がってきますよね」昌「自分がプレーするわけじゃないんですけど、やっぱり緊張しますよね。現役時代、開幕投手じゃないときもすっごく緊張して。やっぱり開幕のムードは独特ですよね」峰「そういう中なんです [続きを読む]
  • 森監督・オープン戦の手応え///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、オープン戦最終盤を迎えたタイミングで森監督を直撃。その手応えや公式戦に向けての展望などを語ってくれてました。また、島田秀平さんの手相のコーナーなどありました。森監督を直撃。開幕まであと5日(3月18日放送)。気になる開幕ローテ、開幕オーダーを森監督に直撃した。森監督「手応えとすればね、ピッチャーの若い連中、それからバッターではベテラン連中が、それなりのものを出しつつあるんで、 [続きを読む]
  • 森監督が名古屋城から生出演///CBC『イッポウ』
  • きのう3月26日のCBCテレビ「イッポウ」は、名古屋城から生放送。森監督が登場し、オープン戦の手応えや、いよいよ始まるシーズンへの展望などを語ってくれてました。大石アナ「桜の木の下にはきょうのスペシャルゲスト、ドラゴンズの森繁和監督にお越しいただきました。よろしくお願いします〜」森監督「どうも、ご無沙汰してます」大石「花見ってされるんですか?」森「…ないですね、初めてです」大石「シーズンとほぼ重なります [続きを読む]
  • 復活期す平田&浅尾///ドラHOT+
  • 今週の『ドラHOT+』は、ケガからの復帰を目指す平田・浅尾の両選手の特集を放送してくれてました。平田の特集。平田の心に再び火が灯る。平田「またこうやってナゴヤドームでプレーできるっていうことは、すごくうれしく思います」思い出されるのは去年のつらい記憶(右ひざ半月板損傷)。平田「ヒザをケガしたとき、もしかしたらもう野球ができないんじゃないか」この場所に戻ってくるために、やるべきことはやってきた。(1月、 [続きを読む]
  • 目指せ開幕投手・小笠原慎之介///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、球団史上最年少の開幕投手を目指す小笠原の特集を放送してくれてました。小笠原「今年のチームの顔っていうのは、やっぱり開幕投手。まぁ僕がやりたいですけど」プロ3年目の左腕が大きな飛躍へ。小笠原慎之介。開幕投手の声が高まっている20歳に話を聞いた。小笠原「ホントに今年のキャンプは充実してるなって、自分でも感じましたね。去年1年間リハビリで積み重ねてきたものが、ようやく身になってきて [続きを読む]
  • 最高の1年を目指す高橋周平///サンドラ
  • 今週のCBC「サンドラ」は、森監督からキャンプMVPに指名されるなど注目の高橋周平の特集を放送してくれてました。先週の話題。「平成の怪物」ナゴヤドームで登板完全復活を目指す松坂大輔が遂にナゴヤドームへ。先週の日曜(3月4日)、大勢のファンが見守る中、平成の怪物が本拠地初登板を果たします。注目の初球。140キロのストレートで簡単に打ち取りました。1回は3人で締め、名古屋のファンに復活を印象づけます。続く2回、一番 [続きを読む]