兜達也 さん プロフィール

  •  
兜達也さん: クローズアップ株式
ハンドル名兜達也 さん
ブログタイトルクローズアップ株式
ブログURLhttp://kabushiki-blog.com/
サイト紹介文株式投資歴13年の管理人が株式市場や証券会社関連のニュースを解説するサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2005/05/07 23:25

兜達也 さんのブログ記事

  • 楽天証券、大口顧客の現物株取引の手数料を値下げ【超割コース】
  • 昨日、当サイトで「楽天証券、超割コースの株取引手数料を値下げ」という記事を配信しました。 2017年12月25日から楽天証券が株取引の手数料を値下げします。上記リンク先の記事では、通常の顧客向けの手数料について解説をしました。 この記事では、楽天証券の大口顧客向けの手数料改定についてお伝えします。 楽天証券の顧客で超割コースの手数料を選んでいる人は下記の条件を満たすと、三ヶ月間、大口優遇を受けることが可能と [続きを読む]
  • 楽天証券、超割コースの株取引手数料を値下げ【2017年12月25日より】
  • 楽天証券には「超割コース」という1注文の約定代金によって株取引の手数料が決まる手数料体系があります。 この超割コースの手数料が2017年12月25日に改定されます。 関連リンク ? 楽天証券、国内株式取引手数料引き下げのお知らせ【PDF】 ? 楽天証券による発表文 2017年12月25日から、下記のように手数料値下げとなります。 ▼現物取引手数料 ▼信用取引手数料 上記の表を見れば分かりますが、今回の値下げは1注文の約定代金 [続きを読む]
  • SBI証券、スタンダードプランの信用取引の手数料を値下げ
  • SBI証券には、一つの注文の約定代金によって株式手数料が決まる「スタンダードプラン」という手数料体系があります。 SBI証券が2017年11月27日に、このスタンダードプランにおける信用取引の手数料を値下げすると発表しました。 11月27日から、SBI証券のスタンダードプランの信用取引の取引手数料は、下記のようになります。 <1注文ごとの信用取引手数料比較(税抜)> ↑赤字の部分が新しい手数料です。 約定金額10万円以下は1 [続きを読む]
  • 日経225先物取引 手数料比較表
  • 日経225先物取引の手数料は安いに越したことはありません。手数料の安い証券会社を見つけるために、「日経225先物取引 手数料比較表」を作成したので、ご覧下さい↓ ▼日経225先物取引手数料比較表証券会社1枚あたりの手数料(税抜) 1枚あたり必要証拠金逆指値注文機能・備考ライブスター証券 キャンペーン価格0円2017年12月31日までに口座開設すると、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、手数料が無料。詳細はこち [続きを読む]
  • 楽天証券が株の夜間取引を再開予定【2018年度】
  • その昔、楽天証券はジャパンネクストPTSというPTS(私設取引システム)に参加していたので、株の夜間取引が可能な時期がありました。 しかし、東日本大震災をきっかけとした計画停電と節電要請の影響により、2011年3月14日から、「ジャパンネクストPTS」における夜間取引はいったん休止※となり、楽天証券では2011年から夜間取引ができなくなっていました。  (※現在、ジャパンネクストPTSの夜間取引は再開されている。ただし [続きを読む]
  • SBI証券の投信積立では「NISA枠ぎりぎり注文」を使用可能
  • 以前、当サイトで「SBI証券、投信積立に毎日積立や毎週積立コースなどを追加」という記事を配信したことがあります。 「SBI証券の投信積立サービスでは、2017年10月からは、毎日、毎週、毎月など5コースのなかから自由に積立コースが選べるようになる」という旨の記事でした。 毎日積立や毎週積立ができるようになり便利になりました。これに加えて、SBI証券の投信積立サービスでは2017年10月から「NISA枠ぎりぎり注文」と「課税 [続きを読む]
  • ロボアドバイザーのWealthNaviがスタートキャンペーンを実施中
  • コンピューターによる資産の自動運用サービスを、証券業界ではロボアドバイザーと呼ぶことがあります。 そのロボアドバイザーのサービスを個人投資家向けに提供している会社として、最近、顧客が増えているのがWealthNavi(ウェルスナビ)という会社です。 ウェルスナビのサービスの詳細について知りたい方は、下記リンク先の記事を かタップしてください。 ウェルスナビに30万円入金して運用、3ヶ月の経過報告 さて、こ [続きを読む]
  • マネックスアドバイザー提供開始
  • 2017年10月25日、マネックス証券が新しいロボアドバイザーサービスである「マネックスアドバイザー」の提供を開始しました。 マネックスアドバイザーのサービスを利用すると、投資に関する5つの質問に答えるだけで、ETF(上場投資信託)を使った運用プランを提案してくれます。 その運用プランにしたがって積立投資を行えば、国際的な分散投資ができます。 よって、マネックスアドバイザーは「日本以外の海外の株式市場にも投資し [続きを読む]
  • 日経225mini手数料比較表
  • 日経225miniの取引手数料は安いに越したことはありません。手数料の安い証券会社を見つけるために、日経225mini手数料比較表を作成したので、ご覧ください。 ▼日経225mini手数料比較表証券会社 1枚あたりの手数料(税抜) 1枚あたり必要証拠金 逆指値備考(注文機能など) ライブスター証券 キャンペーン価格0円2017年12月31日までに口座開設すると、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、手数料が無料。詳細はこちら (締切間近)SPA [続きを読む]
  • 岡三オンライン証券が『岡三カブスマホ』提供開始
  • 2017年10月6日、岡三オンライン証券が日本株取引用のスマートフォンアプリ『岡三カブスマホ』の提供を開始しました。AndroidスマートフォンとiPhoneの両方に対応しています。 岡三オンライン証券の発表によると、『岡三カブスマホ』は発注機能以外にも、国内主要指標やニュース、国内株式の銘柄情報、複数気配、チャート、SNS上での話題度など多彩な情報収集機能を備えているとのことです。 以下、岡三オンライン証券の親会社で [続きを読む]
  • SBI証券、テーマ投資サービスの「S株 Now!」開始
  • 2017年9月30日から、SBI証券が「S株Now!」という新サービスを開始しました。 「S株Now!」を使えば、個人投資家は「人工知能(AI)」、「電気自動車」といった旬のテーマを選ぶだけで、複数の企業に簡単に投資ができます。 「S株Now!」は、1株から取引できる単元未満株(S株)を活用したサービスです。 「S株Now!」では、投資のテーマごとに10銘柄がピックアップされています。テーマを選択してから、10万円か20万円か30万円の三つ [続きを読む]
  • SBI証券、投信積立の買付手数料を実質無料化
  • SBI証券が2017年9月1日約定分より、投信積立での買付手数料を全額キャッシュバックする制度を導入しました。 今まで買付手数料が有料であった投資信託も、積立を使えば、買付手数料(税込)が全額キャッシュバックされます。NISA口座での積立もキャッシュバックの対象となります。 ただし、「MMF、中国F、MRF、外貨建MMF、ETF、REIT、外国籍投資信託」はキャッシュバックの対象外となっています。 以下、SBI証券のウェブサイトか [続きを読む]