聖月 さん プロフィール

  •  
聖月さん: 「本のことども」by聖月
ハンドル名聖月 さん
ブログタイトル「本のことども」by聖月
ブログURLhttps://kotodomo.exblog.jp/
サイト紹介文大好評!書評&プラスα「本のことども」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2005/05/13 12:08

聖月 さんのブログ記事

  • 2018年5月に読んだ本のことども
  • 二作目が出たとき、内容を忘れていると思い一作目を読んで、読んで正解と思ったものだ。今回の三作目、また前回までの内容を忘れていたが、仕方がないとそのまま読んだけど、まあ普通に入り込めたかな。細かい描写を削ぎ落とした展開なので、この一冊で月日は随分と流れていく。佐保も学生から社会人へ。行馬も大学生へ。変わらないのは主人公だけ。でも成長していくのは確かで、やはりこのシリーズは面白い。 [続きを読む]
  • 2018年7月に観た映画のことども
  • 7月の鑑賞メーター観たビデオの数:6本観た鑑賞時間:711分オーシャンズ11 特別版 [DVD]Amazonプライムで、11と12と13が無料視聴可。でも、1〜9まで観ていないからなあと思っていたら、最新作8の予告を最近テレビでやっていた。こりゃなんぞ?と思って観てみたら、オーシャンの11人の仲間という題名でした。主役級がわんさか出ている娯楽映画。でも、テンコ盛りな感じで、よくわからなかったシーンも多い。調べてみると、ブラピの [続きを読む]
  • 2018年7月に読んだ本のことども
  • 7月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:525ナイス数:31意識のリボンの感想短編集。最初の「岩盤浴にて」は、何気ない風景を切り取った秀作、次の「こたつのUFO」は綿矢節炸裂の傑作、あとは退屈なお話。やったあと思った出だしながら、全体退屈な読後感でした。読了日:07月29日 著者:綿矢 りさぼくはまだ、横浜でキスをしないの感想久々に冴え渡る樋口節の青春恋愛ミステリー。特に不思議少女メイの存在が大きい [続きを読む]
  • 2018年7月に読んだ本のことども
  • 7月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:525ナイス数:31意識のリボンの感想短編集。最初の「岩盤浴にて」は、何気ない風景を切り取った秀作、次の「こたつのUFO」は綿矢節炸裂の傑作、あとは退屈なお話。やったあと思った出だしながら、全体退屈な読後感でした。読了日:07月29日 著者:綿矢 りさぼくはまだ、横浜でキスをしないの感想久々に冴え渡る樋口節の青春恋愛ミステリー。特に不思議少女メイの存在が大きい [続きを読む]
  • 2018年6月に観た映画のことども
  • 6月の鑑賞メーター観たビデオの数:9本観た鑑賞時間:1042分ローマ発、しあわせ行き [DVD]評価は高くないようなんだけど、私はこの映画好きです。軽いノリ、しっかりした伏線、場面に合った音楽、そしてロードムーヴィー。目的地に、逃げるように向かう凸凹コンビ、それを追う保護者的立場のラブな男女、そして警察に報道。若い頃のサラジェシカパーカーは好きじゃないけど、落ち着いてきた彼女は、中々ですね。鑑賞日:06月30日 [続きを読む]
  • 2018年5月に観た映画のことども
  • 5月の鑑賞メーター観たビデオの数:11本観た鑑賞時間:1249分海街diary DVDスタンダード・エディションパルムドール是枝裕和作品のテイストを味わいたくて鑑賞。どこまでも、静かで優しく美しいdiary。簡単に表現すれば、四姉妹物語。大人の三姉妹と、広瀬すず。で、主人公が広瀬すずかと思っていたら、綾瀬はるかのファンでも、長澤まさみのファンも満足な一作かと。夏帆のことはよくわからないが、いい味出している、オリジナル [続きを読む]
  • 2018年4月に観た映画のことども
  • 4月の鑑賞メーター観たビデオの数:8本観た鑑賞時間:873分ガール・オン・ザ・トレイン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]面白いとは言えないかな。2時間ドラマの構成としては、まあまあくらい。とにかく雰囲気が暗い。よくカバーの印象と、実際の中身は違っていたりするのだけど、これはそのまま。ミステリーに始まり、ミステリーに終わります。鑑賞日:04月30日 監督:テイト・テイラーオブリビオン (サントラ・ショートエディショ [続きを読む]
  • 2018年4月に読んだ本のことども
  • 4月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:253ナイス数:31さよなら、田中さんの感想10代前半の作家、少し背伸びした表現の多用が気になるけど、巧いですね。ユーモアのある文章で、時間の経過も1行で表現する。愛情溢れる物語を描けるのは、心の中に愛情があるからでしょう。好きな作家が志賀直哉っていうのが小憎らしいけど(笑)、インプットがあるからこそアウトプットされる物語。16歳で直木賞、そんなことを期待させて [続きを読む]
  • 2018年3月に観た映画のことども
  • 3月の鑑賞メーター観たビデオの数:10本観た鑑賞時間:1087分バレット [DVD]シルベスター・スタローンが出れば、そこそこ面白い。最近では、こういう老人になりたいなとも思う。そのためには、今から肉体を改造する必要はあるけれど。アクションものだけど、殺し屋と刑事が一緒に行動するはめに、というのがポイント。この刑事が、スマホでどんどん情報を取るのだが、スタローンに「携帯刑事か?」と訊かれるのが面白い。こちかめ [続きを読む]
  • 2018年2月に観た映画のことども
  • 2月の鑑賞メーター観たビデオの数:12本観た鑑賞時間:1300分ブラック・レイン [DVD]邦画かと思っていたら洋画で、でも作りは邦画で、邦画として面白くはなかったが、洋画としてみたらどうなんでしょう。高倉健、公開映画としては遺作となった松田優作、チャチャチャなファッションの小野みゆき、外国から見たらどう映るのでしょうか。外人ホステス、ケイトキャプショーは心斎橋の場面でしか来日せず、あとは米国撮影とか、色んな [続きを読む]
  • 2018年1月に観た映画のことども
  • 1月の鑑賞メーター観たビデオの数:8本観た鑑賞時間:941分マライア・キャリー クリスマスにほしいもの [DVD]何気なく見ました。アニメです。マライアの実写は最後に流れます。最後はやっぱりあのソングです。鑑賞日:01月28日 監督:ガイ・ヴァシロヴィッチ私がクマにキレた理由 (特別編)〔初回生産限定〕 [DVD]邦題があまりよろしくない。原作のベストセラー小説は「ティファニーで子育てを」。映画の現代は「ナニー(子育て)の [続きを読む]
  • 2018年1月に読んだ本のことども
  • 1月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:535ナイス数:18スティール・キスの感想相変わらず裏の裏の裏で書いているんだけど、今回のこの作品は叙述に頼る部分が多くて、ちょっと切れがないかな。要するに、作者がウソを書いていて、でもウソではないでしょうみたいな。あと、サックスの元彼の登場とその描写も疑問。結局、その人物を彼氏に選んだ過去のサックスがバッドチョイスをしていたようなそんな過去はいらないか [続きを読む]
  • 2017年12月に観た映画のことども
  • 12月の鑑賞メーター観たビデオの数:14本観た鑑賞時間:1772分インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [DVD]なんか、ホモ映画みたいで、あまり好きじゃなかったな。ヴァンパイアの死刑ってどうすんの?と思ったら、そういうことだった。その時になって初めて弱点を知ったので、どうも暗いシーンばかりだったようなあって。十字架や杭は迷信だけど、そこはそうなんだと。まだ、トムクルーズがアクションに入る前の映画で、配役は彼やブ [続きを読む]
  • 2017年12月に読んだ本のことども
  • 12月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:464ナイス数:47TRANSIT(トランジット)38号ベトナム 懐かしくて新しい国へ (講談社 Mook(J))の感想知識の本ではなく、鑑賞本。読了日:12月23日 著者:ホワイトラビットの感想人の言葉を喋る綿子とはどんな生物なのか、機械なのかと最後まで読んだが、人間であった。そこまでは伊坂も騙さないのかというのが一番の感想。最初は軽快な切り返しの会話が弾んで弾んで弾むのだが、途 [続きを読む]
  • 2017年11月に観た映画のことども
  • 11月の鑑賞メーター観たビデオの数:15本観た鑑賞時間:1795分タイタニック [DVD]今更観た20年前の超大作。二人の主人公とも一番光っていた頃、いい映画でした。ヌードシーンを知っていたらもっと早く見ていたかも(笑)最初からわかっている映画ながら、しっかりした作り。前半はロマンス映画。後半はパニックというかアドベンチャー。ただひとつ引っかかるのは、あの宝石の後始末。もう少し罪の無い、ベタではない落とし所にしてほ [続きを読む]
  • 2017年10月に観た映画のことども
  • 10月の鑑賞メーター観たビデオの数:11本観た鑑賞時間:1131分神様メール [DVD]形而上で、美しくムードある映画。なんだかへんてこりんなんだけど、最後はうまくまとまっていますね。神がウズベキスタンに飛ばされて、観客が胸をほっとなでおろすなんてね。粗筋もしっかりあるけど、感じる映画です。いい感じでした。鑑賞日:10月22日 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマルランボー 最後の戦場 コレクターズ・エディション [DVD]残虐な [続きを読む]
  • 2017年10月に読んだ本のことども
  • 10月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:1026ナイス数:24ジャンプの感想11年ぶりに再読。さっぱり忘れていて、謎解きに最後まで付き合わされる。誰にも話さない謎。私にもあります。訊きたいけど聞けない、配偶者への質問。一体あのときどうだったのか、あのあとどうだったのか、訊いてしまえば今が壊れそうなそんな疑問。彼女の失踪、りんご、手紙か何かの策略、そんなことだけ薄っすらと覚えていたジャンプ。直木賞 [続きを読む]
  • 2017年9月に観た映画のことども
  • 9月の鑑賞メーター観たビデオの数:19本観た鑑賞時間:3129分デーヴ [DVD]子豚の映画かと思ってみたら、最初こそデカイ豚が出てきたが、豚の映画ではなかった。冗談はさておき、一番信じられなかったのがケヴィンクライン。どんな映画に出たのか調べてみると、フレンチキス。あのフレンチ髭男がこの人?全然違う風貌、役回り。粗野な男も演じれば、大統領にもピッタリ。大統領の影武者が、そのまま大統領の代わりをするというモチ [続きを読む]
  • 2017年9月に読んだ本のことども
  • 9月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:321ナイス数:68Y (ハルキ文庫)の感想ケングリムウッドのリプレイを読んだのが独身時代20代後半。それへのオマージュの本書を読んだのが、結婚後30代中盤。約20年ぶりに今回再読。見えてくるもの、考えるものが当時と全然違います。30代の頃は、すべての記憶が鮮明。現在55歳、もうすぐ銀婚式25年。すべての記憶は薄らいで、嫁さんとの縁(えにし)、友人、知人との縁は薄っす [続きを読む]
  • 2017年9月に読んだ本のことども
  • 9月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:321ナイス数:68Y (ハルキ文庫)の感想ケングリムウッドのリプレイを読んだのが独身時代20代後半。それへのオマージュの本書を読んだのが、結婚後30代中盤。約20年ぶりに今回再読。見えてくるもの、考えるものが当時と全然違います。30代の頃は、すべての記憶が鮮明。現在55歳、もうすぐ銀婚式25年。すべての記憶は薄らいで、嫁さんとの縁(えにし)、友人、知人との縁は薄っす [続きを読む]
  • 2017年8月に観た映画のことども
  • 8月の鑑賞メーター観たビデオの数:16本観た鑑賞時間:1922分エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE [DVD]麻薬組織の物語かと思って観始めたら、警察組織、政治システムの腐敗の話でした。最初のシーンで、主人公危機一髪のシーンが流れ、万事休すかと思ったら。初めて観たブラジル映画なんじゃないかな。ポルトガル語映画。鑑賞日:08月24日 監督:ジョゼ・パジーリャチャーリーズ・エンジェル [Blu-ray]17年前の映画 [続きを読む]
  • 2017年8月に読んだ本のことども
  • 8月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:476ナイス数:27鳩の撃退法 上の感想直木賞受賞ということで、そのデビュー当時から長編は全部、短編やエッセーもほとんど読んでいたはずなのだが、この長編は読んでおらず、多分図書館で借りたけど読まずに返したのだと思い、再度かりたのだが。まず、主人公津田の名前に既視感を覚える。デリヘルの送迎に既視感を覚える。調べてみたら「5」の主人公と一緒。だからだと思って読 [続きを読む]
  • 2017年7月に観た映画のことども
  • 7月の鑑賞メーター観たビデオの数:13本観た鑑賞時間:1504分オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]終盤までは傑作なのだが、理由が理由になっていないよなあ。ハードボイルド、復讐劇。まず怖いのは、監禁代行ビジネスがあるということ。お金を払えば、10年や15年監禁してくれる。誰かをよく思わない誰か、お金さえ出せば、怖いですね。向こうから勝手に好いてくれて、あとをチョコチョコ付いてくらなら、それは喜ばし [続きを読む]
  • 2017年7月に読んだ本のことども
  • 7月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:336ナイス数:33月の満ち欠けの感想佐藤正午は、デビュー作からずっとお付き合いしている、私と等身大の作家である。私とともに齢を重ね、文章を重ねている。すべてをタイムリーに読んできたわけではないが、傑作もあれば佳作もあれば凡作もある。今回、直木賞候補となっていることを前提に読んだが、巧い作家なのに、辻褄をあわせるため、文章が全体的に下手である。妻が運転好 [続きを読む]
  • 2017年6月に観た映画のことども
  • 6月の鑑賞メーター観たビデオの数:17本観た鑑賞時間:1884分ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]全体としては、ファオレストガンプな構成。数奇な人生を描くために、各シーンは次々に置き去りにされ、各シーンは相当金がかかってるんじゃないかという、半端ない感。特に、あの海上戦闘シーンなんて、たったあれだけのためにみたいな。観ていて飽きのこない展開だが、二度観るのは面倒なようなごった煮。しかし、生まれてから80 [続きを読む]