坂井哲也 さん プロフィール

  •  
坂井哲也さん: 富野とかBLOGサイト2
ハンドル名坂井哲也 さん
ブログタイトル富野とかBLOGサイト2
ブログURLhttp://tominotoka.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文アニメ監督富野由悠季氏に関するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2005/05/29 16:32

坂井哲也 さんのブログ記事

  • 富野作品で、これまでと違うタイプの「主人公の父親」が描かれる日はくるか。
  •  毎度のお運びありがとうございます。 もしよろしければ、今回もひと時お付き合いのほどを。富野監督の、父への思い ファンはご存知だと思いますが、富野監督は自分の父親に対してかなり複雑な感情を抱いています。 まずは、富野監督自身が語るお父様の経歴と、思いの一例、次の3つの文章をお読みください。 父の仕事も僕の知る限り、学校の教員でしかなかった。ただし僕が生まれた頃は、いわゆる化学方面の技術者として軍需 [続きを読む]
  • 『監督失格』と『ジェニーの肖像』
  •  どうも。今回もひと時お付き合いの程を。 先日、Netflixで『監督失格』という映画を見まして。 知識としては少し知っていたんですけれども。 林由美香さんというAV女優さんと、AV監督の平野勝之さんの不倫旅行(平野さんが既婚)であるとか、庵野秀明さんがプロデュースをしているとか、林由美香さんが早世されたこととか。 で、その『監督失格』がネトフリにあったので、興味があるので見てみようと。 前半の舞台は北海道 [続きを読む]
  • 富野作品・その惹句の世界
  •  どうも。 理由はないけれど、このブログもぼちぼち終りが見えてきたかな…… 今日は「惹句」についてです。 Googleで「惹句とは」と調べると、「(広告などの)客を引きつける文句。うたい文句。キャッチフレーズ」と出ます。 ただ、日本で唯一の「映画惹句師」と言われる関根忠郎さんは、先日ラジオにゲスト出演した時に「惹句とキャッチコピーは違う」とおっしゃっていましたが……惹句術(じゃっくじゅつ)―映画のこころ作 [続きを読む]
  • 昨日の呟き 2018/07/10
  • sakaitetsubetuaひそねとまそたん最後まで見た。面白かった。面白かったけれど、これくらい面白くてもブームにならないんだな。07/09 03:00sakaitetsubetuaと言うか、富野好きなら最終回「ん」と思ったよね? 落下するアクシズを止めるMS感あったよね?と言うか(2回目)、キャラの誰かが「やってみる価値ある」って言ってたんだけど(笑)。マリーさん、やる気で書いたんじゃなかろうか。07/09 03:06sakaitetsubetuaそれにしても主役の [続きを読む]
  • 昨日の呟き 2018/07/06
  • 本当だ……新井さんのTシャツ、「TOMATO」って書いてあるのに、絵はイチゴだぞ(笑)7月2日(月)のゲストは、山田邦子さんでした! https://t.co/dlKeWfFVy8— 坂井哲也 映画実況用 (@sakaitetsubetua) 2018年7月5日機動戦士ガンダムF91:ラフレシアが食玩に 巡航形態、展開形態に変形も https://t.co/9ipxpCOxXC @mantanwebさんから— 坂井哲也 映画実況用 (@sakaitetsubetua) 2018年7月5日爆問・太田、歌丸さん訃 [続きを読む]
  • 昨日の呟き 2018/07/05
  • sakaitetsubetua唯一やっているスマホゲームなので、信長の忍びとのコラボ嬉しい。しかし信長の忍び、一期からずっと面白いと思うけれど ぼくのTLでは話題にあげる方を見かけないんだよな……07/04 20:00sakaitetsubetua出演依頼が減少:「ガンダム」ガルマ役・森功至氏の声優事務所が破産 - ITmedia ビジネスオンライン https://t.co/l5SkhhpDUW07/04 20:05sakaitetsubetua「逆襲のシャア」のやられ役! ジェガンが安定感のある [続きを読む]
  • 『No.2キャラクター伝説』で鈴置さんが語っている富野監督からの言葉。
  •  どうも。GW中の深夜3時、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 よろしければひと時、お付き合いのほどを。 さて前回の記事NHK BSの「セカンドの美学『シャア・アズナブル』」では池田さんのコメントがありませんでしたが… でご紹介したこのNHKの番組は、「セカンド」立場のキャラの代表として、シャアを取り上げたものでした。 で、思い出したのですが、昔この「セカンド」ってコンセプトでまとめていたムックがあったな…… [続きを読む]
  • これまでのアニメ褐色ヒロインを振り返る。
  •  どうも。よろしければまたひと時、お付き合いのほどを。 僕のTwitterではGレコのファンをフォローしているため、TLにはよく関連のイラストが流れてきます。 先日ラライヤのイラストが流れてきて、改めてラライヤかわいいなと思ったわけですが。 そこでふと、褐色の肌の女性キャラクターっていつ頃から出てきたんだろうな、と思いまして。 ぼくが初めて見たのは、どんなキャラクターだったかなと。黒人キャラについて話してい [続きを読む]
  • 声優番組の昔話。
  •  どうも。 よろしければひと時お付き合いのほどを。 今日は、資料にあたったりネットで確認をとったりしないで、気の向くままに昔ばなしをしたいと思います。確度のほどはご容赦いただければ。 気の向くままに書いても、読める文章になってしまうのがぼくの素晴らしいところだが……だったら世に出てるわ。 えー、現在はA&G枠なるものがある程に「声優ラジオ群雄割拠の時代」(マルC・ノルソル)なわけだが、しかし声優さんの [続きを読む]
  • 『ブレンパワード』の伊佐未翠は愛しくて哀しい女性
  •  どうも。毎度のお運びありがとうございます。 えー、今回は。『ブレンパワード』に出てくる伊佐未翠ちゃん(42歳)の話など。 まあ翠というキャラクターはね、視聴者には総じて不評だと思うんですよ。 真っ先に出てくるのが、「娘の男と寝た」ってことですよね。ただ、ジョナサンとクインシィが男女の関係あるいは恋人同士だったかは、はなはだ疑問ですが… それと子ども視線から見て、親として失格だとかね。 ここら辺は疑 [続きを読む]