じゅん さん プロフィール

  •  
じゅんさん: 読書感想文 と ブツブツバナシ
ハンドル名じゅん さん
ブログタイトル読書感想文 と ブツブツバナシ
ブログURLhttp://yaplog.jp/dm97032/
サイト紹介文お気楽読書記録。シンプルに感じたままを書くようにしてます。 冬は雪山へ!!滑走日記もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2005/06/23 21:27

じゅん さんのブログ記事

  • 「肉小説」坂木司
  • 「肉小説」坂木司肉々しい?武闘派の爪先/アメリカ人の王様/君の好きなバラ/肩の荷(+9)/魚のヒレ/ほんの一部の6編の短編集本を読み終わってしまって、、急きょ、出先で本屋さんをプラプラして、ゲット安定的に全部、おもしろかった!感想それぞれ「武闘派の爪先」 ”仕事”で失敗して沖縄に身を隠す武闘派の主人公 そこにまで、豚足迫る(笑) ちょっと何のことやら?と読んでいくと、笑える設定。 豚足を口にくわえ [続きを読む]
  • 「罪人よやすらかに眠れ」石持浅海
  • 「罪人よやすらかに眠れ」石持浅海札幌、中島公園の傍に、”業を抱えた人が来る”という館があるそこを訪れる、友人と、その恋人/はじめての一人旅/徘徊と彷徨/懐かしい友だち/待ち人来たらず/今度こそ、さよならの6編、6人のひとたちひさびさに石持さんちょっと休憩気味になってた札幌のある大きな館に、いろいろな理由で導かれ、訪れるひとたちそこにいる北良によって解き明かされる訪問者たちの業とは。。。訪問者目線で [続きを読む]
  • 「花のさくら通り」荻原浩
  • 「花のさくら通り」荻原浩業績悪化で会社を移転移った先は、シャッター商店街の和菓子屋。。杉山は、祭りのポスター作製を依頼されるのだが、、立ちふさがるのは、商店会の重鎮たち祭り、放火騒ぎ、青空市、、、”さくら通り”は賑わいを取り戻せるのか!?ユニバーサル広告社シリーズその3ゆっくり再開気味の荻原さん新ドラマで、コレ原作と聞いて、、しかも、ユニバーサル広告社もの!!読まねば”桜のない”さくら通りで、重鎮 [続きを読む]
  • 「無敵の二人」中村航
  • 「無敵の二人」中村航北海道にチャンピオンを!ボクシングジムな家に産まれた少女は、ちょっと腕白に育つものの、、家業と関係なく過ごしていたのだが、、サッカー少年な畠山は、ケガと才能の壁にぶちあたり、、久々に中村さんノーマークで何も知らずに、ゲット具志堅さんやら、山瀬やら実名が出てきて、、これは??と思っていたら、、この話が実話に基づいてるってことを、途中で知る”北海道初チャンピオンのトレーナーは女性” [続きを読む]
  • 「ホワイトラビット」伊坂幸太郎
  • 「ホワイトラビット」伊坂幸太郎”誘拐ビジネス”の歯車、兎田は、妻を人質に取られ、ある男の捜索を命じられるまた、ある家で立てこもり事件が発生し、特殊捜査班が出動することにまた、お馴染みの泥棒たちは、いつものように仕事をこなしていたのだが、、誰も知らない「白兎事件」とは?HP・インタビューアリ 本屋で速攻ゲット!少し時間ができてきてたので、、速攻読み終わる3つの場面が語られて、、、そのひとつがお馴染み [続きを読む]
  • 「流」東山彰良
  • 「流」東山彰良1975年台湾。葉秋生は、愛する祖父が殺されているのを自ら発見する。。。祖父の死を消化できないまま、彼の荒れた青春が幕をあける第153回直木賞受賞久々の東山さん。直木賞を受賞されたコレを読もう読もうと思ってたら、あっという間に文庫化とは。。。。祖父は誰に殺されたのか?という大きな軸がありながら、、、日本統治あたりからの台湾が語られてつつ、主人公の青春が描かれてるぼんやりと知っていた台湾の [続きを読む]
  • 「望み」雫井脩介
  • 「望み」雫井脩介住宅設計をしている、一登校正者である、妻の貴代美高校生の規士、中学生の雅の4人家族。夏休み、家に帰らず連絡も途絶えた、規士。TVで高校生が殺され、逃亡している二人がいると報じられ。。。HPアリ連絡のつかない息子が加害者なのか被害者なのか。。確定的なことがわからない中で、息子を信じるべきなのか、裏切られても無事を祈るべきなのか、TVの取材や、仕事関係で問題が起こったり、、、息子の無事よ [続きを読む]
  • 「AX」伊坂幸太郎
  • 「AX」伊坂幸太郎凄腕の殺し屋は、、普段は、文房具メーカーの会社員で、恐妻家。足を洗おうとしているものの、、辞めるための依頼を受け続けている。。AX/BEE/Crayon/EXIT/FINEHPアリ 久々に殺し屋モノこれはシリーズなのかな?なんか違うような雰囲気で、、、よかった!「兜」は、業界でも一目置かれる殺し屋。なので、血なまぐさいバトルがメインにならない見事な仕事ぶりその手際のよさと同じテンションで、妻の機嫌を [続きを読む]
  • 「パーマネント新喜劇」万城目学
  • 「パーマネント新喜劇」万城目学派手な格好の”神”は、言霊に乗せて、バンバン縁を結んだりするはじめの一歩/当たり屋/トシ&シュン/パーマネント神喜劇HPアリ いつの間にか、万城目さんの新刊。トシ&シュンは、「時の罠」で読んでたから、なんとなく、ああいう話なんじゃないかって読み始められた縁結びが得意な、よくしゃべる”神”が活躍する話それぞれ、神が言霊を放つ神語りな部分と放たれた者がその力に導かれる部分と [続きを読む]
  • 「かがみの孤城」辻村深月
  • 「かがみの孤城」辻村深月学校に行けなくなって引きこもる、こころ。ある日、部屋のかがみが光だし、、かがみの中に引き込まれるそこには、狼と同じ境遇の”仲間”がいたHPアリ インタビューアリ とうとう、辻村さん最新刊に追いつく!読みたいけど、追いつかないように調整してきたものの、このくらいが限界だった(笑)かがみの中の城に集まった7人の中学生みんな学校に行ってなさそうだけれども、、、そんな7人に狼は、ゲー [続きを読む]
  • 「満月の泥枕」道尾秀介
  • 「満月の泥枕」道尾秀介娘を失った二美男は、、母親に捨てられた姪っ子と暮らしていた二美男が泥酔して目撃した事件を発端に、周囲の人達を巻き込みながら、奇妙な事件に巻き込まれていく。。道尾さんの新刊は、、速攻ゲット。とにかく、よくわからなくて読む手が進む。二美男が目撃した事件から、小学生が祭りを利用して、とんでもない計画を打ち出し、、判明した事実から、岐阜へ飛び、さらに違う真相が。。。と、関わる人が多く [続きを読む]
  • 「空想オルガン」初野晴
  • 「空想オルガン」初野晴吹奏楽の甲子園である、普門館をやや不純な動機で目指している、上条春太と穂村千夏が向かい合う、、いくつかの問題や謎。ジャバウォックの鑑札/ヴァナキュラー・モダニズム/十の秘密/空想オルガン の4編の短編集読書量が減っているなかでのシリーズものは、なんだかんだ前作忘れてしまうな〜と思ったりしつつの、コレ感想それぞれ「ジャバウォックの鑑札」 地区大会の当日、大きな問題を抱えるチカ。 [続きを読む]
  • 「クローバーナイト」辻村深月
  • 「クローバーナイト」辻村深月イクメン会計士の夫と、起業し働く妻それに、娘+息子 な鶴峯家。ママ友の不倫疑惑やら、保活やらお受験やら次々に問題か起こっていく著作を読み切ってしまうのが怖かったり、今の自分の状況なんかとかで、しばらく置いておいたコレ。身近なネタだからこそのそれぞれ感じれることがあって、オモシロイのじゃないかなと思う自分としては、子供がいないので、なんだか、大変なこと考えるもんだな〜って [続きを読む]
  • 「記憶屋Ⅱ」織守きょうや
  • 「記憶屋Ⅱ」織守きょうや高校生の夏生は、記者に声をかけられる夏生のまわりで起きた”集団記憶喪失”についてで、それに、「記憶屋」が絡んでいるという。前作がおもしろかったので、Ⅱを。女子高生の間で起きた集団記憶喪失事件と、記憶屋と関わった?女子大生モデル記憶屋のことも含めてなくなっているものの、そこに記憶屋が絡んでいることがわかりだし、、記憶を消すことの意義?とかとか、前作での問いかけと同じように、語 [続きを読む]
  • 「愛しの座敷わらし」荻原浩
  • 転勤に合わせて、田舎の古民家に引っ越しを決めた父親義母の世話に悩む母親学校でうまく行ってない娘、喘息の息子そして、年老いた祖母始まった新生活に、座敷わらし。なんとなく、それぞれうまくいっていない一家は、田舎の自然と人付き合いと、何より、座敷わらしの力?で、少しずつ変わっていく映画化されていて、予告を読み終わったあとにみたら、、かなり劇的につくられているみたいで、、逆にちょっと興味がわいた(笑)原作 [続きを読む]
  • 「僕と先生」坂木司
  • 「僕と先生」坂木司怖がりな大学生、二葉はやさしいミステリーを好んだり。家庭教師の隼人くんは、ある意味では先生であり、2人は、いくつかの”事件”と出会う5編+1の連作短編集「先生と僕」の続編ずっと読めてなかった。。チョコ泥棒誰にでもやさしい店長奪われたエントリーシートBBQで減ったり増えたり掲示板貼ってある写真+本屋でって感じのお話たち。切れ味鋭く、危なっかしい隼人くん。ちょっとした悪意への対し方な [続きを読む]
  • 「アニバーサリー」窪美澄
  • 「アニバーサリー」窪美澄スイミングの指導員である晶子は、大きな地震で電車が止まってしまって、家に帰れなくなるそんな時に、ある”生徒”が気になって、彼女の家へ向かう引き続きの窪さん。晶子の1章。”生徒”真菜の2章。そして、2人の3章。高齢の晶子が、今だに続ける指導員になるまでの、戦時中からの物語一人で子どもを産もうとしている、真菜の事情そして晶子が真菜に関わっていく、産まれてからほぼそれだけなのだけ [続きを読む]
  • 「痣」伊岡瞬
  • 「痣」伊岡瞬刑事を辞職間近の真壁事件とは無縁の奥多摩分署で殺人事件が発生被害者の所持品や傷に同様する真壁。。数日後に同様の手口での被害者が発見される真壁との関係性を示す明らかな遺留品に独自に動き出すことに図書館で借りてたものの、、期限がきて途中で返却。その日旅先の本屋で発見し、たまらず購入妻殺害・友人失踪。1年前の2つの事件が未消化のまま、次々と起こる、奇妙な死体遺棄事件。。。そして、真壁への挑発 [続きを読む]
  • 「久遠」堂場瞬一
  • 鳴沢に殺人の容疑がかけられる会っていた男が殺されたのだが、身の潔白を示そうと動きだすとさらにまた次の殺人が。。。何かの力で追い詰められていく鳴沢。。。味方もいない中で、、かつての仲間たちの力を借り、対抗していく刑事鳴沢了シリーズ その10いよいよこのシリーズもラスト。もう全部は覚えてないものの、シリーズの登場人物たちが出てきて、っていう、シリーズのまとめ感がなんとも楽しい!一匹狼だった鳴沢もこれだ [続きを読む]
  • 「光秀の定理」垣根涼介
  • 「光秀の定理」垣根涼介兵法者の新九郎は、破戒僧・愚息と出会うある日、新九郎が襲った男は、明智十兵衛光秀と名乗ったHPアリ かなり久々の垣根さん!これの文庫を本屋でみて、手に取る愚息が提示する”確率論”を大きな軸として、京都で兵法者として生きていく新九郎と明智再興を夢見る光秀の目線で進んで行くその3人の関わり方や生き方が史実を織り交ぜながら語られていて、なんとも楽しい。結局のところ、本能寺の変はなぜ起 [続きを読む]
  • 「初恋ソムリエ」初野晴
  • 「初恋ソムリエ」初野晴吹奏楽の甲子園である、普門館をやや不純な動機で目指している、上条春太と穂村千夏が向かい合う、、いくつかの問題や謎。スプリングラフィ/周波数は77.4MHz/アスモデウスの視線/初恋ソムリエの4編の短編集なぜか、本屋で出会えずに後回しにしてたこれ結局、ネットでゲット感想それぞれ「スプリングラフィ」 春休みの四重奏。クラリネットは芹沢さん。 彼女は、準備室で何かを失くしたぽいけども ” [続きを読む]
  • 「小暮写眞館Ⅰ」宮部みゆき
  • 「小暮写眞館Ⅰ」宮部みゆき両親の趣味で、寂れた商店街の写真館に引っ越してきた英一は、不審な女子高生から、一枚の写真を渡されるそれは心霊写真で。。。その写真が気になる英一は、隠された物語と謎を追うことにするなんとなく手にとったら、これって”書き下ろし100冊”のやつで、しかも、分けて4冊にしたってことを、、、後で知る。久々の宮部さんだけれども、なんとなくイメージにある重たさよりも軽い読み味で、スラスラ [続きを読む]
  • 「Story Seller annex」道尾秀介 他
  • 「Story Seller annex」道尾秀介 他「暗がりの子供」道尾秀介「トゥラーダ」近藤史恵「R−18」有川浩「万灯」米澤穂信「ジョン・ファウルズを探して」恩田陸「約束」湊かなえの5編の短編集読まずに本棚にある本を読もう!とこれまず、「暗がりの子供」は、「ノエル」に 「万灯」は、「満願」に 記憶力の悪いオレでも、すぐに気づいたそれぞれの感想、、じゃなくて、それぞれの方をぽろぽろと近藤さんは、自転車レースもの。 [続きを読む]
  • 「掟上今日子の備忘録」西尾維新
  • 「掟上今日子の備忘録」西尾維新あらゆる事件をひきよせ、かつ疑われる男、隠館厄介は、またも窮地にたたされ、忘却探偵、掟上今日子を呼び出す5話?の連作短編集。忘却探偵シリーズ その1少し前にドラマ化された時に、読む前にドラマで観ようと決断して、結構楽しめたこれ。時間をちょっと空けてスタート感想それぞれ「第1話」 ある研究室(密室)にて、SDカードがなくなってしまう 研究データが持ち出されると、大きな損 [続きを読む]