Samurai Spirit さん プロフィール

  •  
Samurai Spiritさん: Samurai Spirit
ハンドル名Samurai Spirit さん
ブログタイトルSamurai Spirit
ブログURLhttp://loveantlers.blog31.fc2.com/
サイト紹介文格闘技の煽り動画や、ニュース、試合のレポ。MMAの話題が中心ですが、プロレスも書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2005/06/29 21:29

Samurai Spirit さんのブログ記事

  • 「自我の構図・愛と死」 (1978年)  三浦綾子 『自我の構図』
  • ●「自我の構図・愛と死」  1978年6月17日原作: 三浦綾子  『自我の構図』脚本: 高橋玄洋音楽: 津島利章監督: 小田切成明制作: 松竹出演: 田村正和、松坂慶子、江夏夕子、月丘夢路、森下愛子、中尾彬ほか高校教師・藤島(中尾彬)は妻・美枝子(松坂慶子)が同僚の南(田村正和)を慕い始めたのを知って絶望した。藤島は南と行った渓谷で謎の死を遂げた。南は事故死だったと証言するが、警察は現場の状況などから [続きを読む]
  • 「結婚しない女医・ラブホテル殺人事件」 (1981年)
  • ●「結婚しない女医・ラブホテル殺人事件」  1981年6月13日脚本: 藤川一弘音楽: 坂田晃一監督: 野村孝制作: 大映テレビ出演: 津川雅彦、松尾嘉代、佐藤オリエ、山本学、泉じゅん、工藤堅太郎、加藤和夫、細川俊夫、平泉征、小野武彦ほか銀行に勤める早苗(泉じゅん)がラブホテルで殺された。事件を担当した泉田警部(津川雅彦)らは、早苗が結婚資金を稼ぐために恐喝していたことを知った。早苗は同僚の誠(井上高志 [続きを読む]
  • 「さそり座の女」 (1978年)  戸川昌子 『骨の色』
  • 薄幸な女にふと忍び寄った悪魔の心。姉に恋人を奪われた薄幸な女のすさまじい復讐を描いたミステリー。●「さそり座の女」  1978年6月10日原作: 戸川昌子  『骨の色』  蜘蛛の巣の中で (女流ミステリー作家シリーズ (3)) 収録脚本: 西沢裕子音楽: 三木稔監督: 村山新治制作: 渡辺企画出演: 大原麗子、江原真二郎、夏桂子、北川美佳、ハナ肇、桜井センリ、白石奈緒美、原良子ほか藤川産業社長の婿・隆一郎(江原 [続きを読む]
  • 焼肉牛兵衛渋谷店の「牛ヒレ焼肉ランチ」とセガフレード渋谷店が閉店へ
  • 渋谷で映画「ダリダ」を見た後で、久しぶりに近くにある牛兵衛でランチを食べてきました。今回もここでの私の定番、牛ヒレ焼肉ランチを食べました。お肉が100gで999円となっています。ご飯の大盛が無料で、フリードリンクです。サラダとわかめのスープがついてくる。飲み物はコーン茶と紅茶、コーヒーを飲みました。お肉の量はこんなかんじ。野菜はニンジンとカボチャがついている。おススメランチの中で気になったのは、真 [続きを読む]
  • 「悪霊の住む家・危険な誘惑」 (1980年)
  • ●「悪霊の住む家・危険な誘惑」  1980年6月7日原作: 草野唯雄  脚本: 村尾昭音楽: 津島利章監督: 鈴木英夫制作: 東宝映像出演: 山本学、松原智恵子、岩谷隆広、奈美悦子、平田昭彦、清水めぐみ、千石規子、左右田一平ほか恭子(松原智恵子)は、総合商社に勤める夫・敬一(山本学)と四歳の息子とともに幸せに暮らしていた。敬一に昇進の話が持ち上がった。ところが、上司の久坂部長(平田昭彦)がその昇進を餌に [続きを読む]
  • 「松本清張の事故・国道20号線殺人トリック」 (1982年)
  • ●「松本清張の”事故”国道20号線殺人トリック」  1982年6月5日原作: 松本清張  『事故』脚本: 猪又憲吾音楽: 津島利章監督: 富本壮吉制作: 大映テレビ出演: 松原智恵子、山口崇、宮下順子、植木等、仲谷昇、伊佐山ひろ子、中尾彬ほか深夜、東京の会社員山西省三(仲谷昇)宅に居眠り運転のトラックが豪快に突っ込んだ。省三は香港へ出張で家には妻の勝子(松原智恵子)がいたが幸い怪我もなく無事に済んだ。その [続きを読む]
  • 「挽歌」 (1957年) @シネマヴェーラ渋谷 
  • シネマヴェーラ渋谷の”キネマ洋装店”コラボ企画『美しい女優・美しい衣装』へ行ったときの続きです。二本立て上映で前回は「白い悪魔」 (1958年)を書きました。今回は二本目の「挽歌」 (1957年/歌舞伎座)です。こちらも原田康子原作で北海道が舞台となっている。兵藤怜子(久我美子)は子どもの頃の病気がもとで左肘が痛み、かたわな身の上からかどこか屈折した思いを抱えている。怜子の母は亡くなり父(斎藤達雄)はそん [続きを読む]
  • 「森村誠一の殺意の重奏」 (1978年) 
  • ●「森村誠一の殺意の重奏」  1978年5月27日原作: 森村誠一  『殺意の重奏』脚本: 猪又憲吾、杉本容子音楽: 鏑木創監督: 松尾昭典制作: 東映出演: 田村正和、多岐川裕美、小池朝雄、成田三樹夫、天田俊明、長谷川明夫、和崎俊哉、早川絵美ほか三宅(田村正和)と秋本(長谷川明夫)は大手商社共生物産に同期で入社したライバル同士だが秋元が一足先に係長に昇進した。ある朝、佐野課長(天田俊明)の命令で秋本を [続きを読む]
  • 「白い悪魔」 (1958年) @シネマヴェーラ渋谷 
  • シネマヴェーラ渋谷で森雅之が出演している「白い悪魔」と「挽歌」という映画を見てきました。”キネマ洋装店”コラボ企画『美しい女優・美しい衣装』ということで5月19日(土)から6月15日(金)まで1950〜60年代の作品が上映されています。私が行ったのは初日の5月19日でした。シネマヴェーラ渋谷は二本立て入れ替えなしですが、この日は特別上映『街頭』が11時からありこちらは入れ替え制で1本立てとなってい [続きを読む]
  • 「映画村殺人事件・愛の邪魔ものを消せ!」 (1980年)
  • 京都太秦の映画村を舞台に復讐劇が展開される。●「映画村殺人事件・愛の邪魔ものを消せ!」  1980年5月24日原作: 山村美紗  脚本: 中島貞夫、関本郁夫音楽: 大野正雄監督: 中島貞夫制作: 東映出演: 田村正和、夏純子、西村晃、金沢碧、火野正平、成田三樹夫、三島ゆり子、山田良樹、岩尾正隆、林家珍平ほか映画界屈指の名カメラマンといわれる島村(西村晃)が、映画村のオープンセットで撮影中に高い台の上から [続きを読む]