ツキノ さん プロフィール

  •  
ツキノさん: 本のこと あれこれ since 2004
ハンドル名ツキノ さん
ブログタイトル本のこと あれこれ since 2004
ブログURLhttps://ameblo.jp/tukinohalumi/
サイト紹介文絵本、小説、時代もの、ミステリなど種種雑多な読書記録、おすすめ本の紹介、本にまつわるあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2005/07/13 04:52

ツキノ さんのブログ記事

  • 雑食・ほん日記82【2017年10月-2】2017年9月のBEST本
  • 2017年9月のBEST本9月は大好きな小説2作の再読がメインとなった月でした。関連記事雑食・ほん日記81【2017年10月-1】殿堂入り作品の再読 あとは図書館の書庫の絵本を読もうキャンペーンを絶賛継続中。これが楽しいんです それとは別にBEST本として選んだのは、9月を象徴するような絵本。ヨガ、見事にハマっています。きみは ライオン! Amazon ブログテーマ一覧はこちらです【産後の読書案内】 産後を見据えて産前に、これからの人 [続きを読む]
  • 絵本『いっこ さんこ』リズムが楽しい! 及川賢治&竹内繭子
  • 及川賢治&竹内繭子(100%ORANGE)の素敵な赤ちゃん絵本をご案内します。いっこ さんこ Amazon2017年9月発行 かぼちゃが「いっこ」。次は「さんこ」と、1個と3個のモノがならんでいます。 「いっこ」と言ったら「にこ」「さんこ」と続けたくなりますが、それよりも1、3、1、3、と飛んでいる方が、弾みがついておもしろい。 「いっこ」は数の基本、「さんこ」はたくさん、という概念が自然にわかるでしょうか。 選ばれた品々、並び [続きを読む]
  • 雑食・ほん日記81【2017年10月-1】殿堂入り作品の再読
  • 今年初めに「新刊小説を読もう」と決めて、どっぷり読んだら…気が済んでしまった。一年が終わる前に。理由をひねり出すとすれば、直木賞受賞作を決定前に読めたから満足、というかんじかなぁ。月の満ち欠け 第157回直木賞受賞 Amazon 新刊小説に興味を持って、できることなら読みたいという気持ちは残っているけれど、そのことよりもやりたかったことを思い出した。それは好きでたまらない本の再読 出産後に一気に読書に気持ちと [続きを読む]
  • 桜木紫乃 新シリーズ 『小説新潮』で連載中 その2
  • 大好きで惚れこんでいる作家・桜木紫乃さんの短篇連作は現在も続いています。 『小説新潮』のあらすじからの引用を続けます。 男と女(2016年10月号)新しい土地、新しい職場。紗弓は年老いた女性患者と出会い、とある依頼を受ける。女のすがるものとは一体。「思慕」はいつから「情念」となるのだろう─。 ひみつ(2017年1月号)義父に呼び出された信好。妻には言えないお願いをされ─。 休日前夜(2017年4月号)信好が定職につき [続きを読む]
  • 私が今ほしいもの
  • Ameba13周年おめでとうございます〜このブログも今年13周年を迎えます 私が今、ほしいものは・・・図書カード欲をいえば3万円分。なぜなら図書カード使い放題というおもしろい&うらやましい企画があるんです。図書カードNEXTサイト 図書カード三万円使い放題企画 それを真似してみたい当選した暁には、買った本をブログで公開いたしますキャンペーンに参加してほしいものゲット★ [続きを読む]
  • こどものとも0.1.2. ─ 2011年10月号、11月号、12月号
  • こどものとも0.1.2.2011年10月、11月、12月号です。まっかだね山田ゆみ子 さく2011年10月号表紙の金魚の赤!惚れてしまう色です。ざりがに、にわとりのとさか、てんとうむし、とんぼにやさしく語りかける口調がとてもいい。なんだか子どもの頃の秋を思い出しました。夕焼け色もきれい…(うっとり むくむく もごもご松竹いね子 文 ましませつこ 絵2011年11月号 むくむく もごもごって、動物たちがセーターの中で動い [続きを読む]
  • 雑食・ほん日記80【2017年9月】2017年8月のBEST本
  • 2017年8月のBEST本雨の多い8月でした。今年は特に出かけることもなく、子どもは部活に受験勉強、親は仕事、と地道にコツコツ、というか地味、といおうかそんな中で、今後は積極的に打って出よう!と決めた月でもあります。出る、たって、何かに立候補したりとかそういうことじゃありませんよ。本を読もうかな、どうしようかな、と思ったら、迷わず読む。そういう類のことです 今月のBEST本はこちらまど・みちお詩集 (岩波文庫)2017 [続きを読む]
  • ナナメ上何が見えるの演歌歌手【入選句38】
  • ナナメ上何が見えるの演歌歌手投句…2017年5月31日掲載…2017年8月28日 演歌歌手のレコード(古い)のジャケット写真。目線は斜め上っていうのが多くないですか?ちょっと並べてみましょうか。北海無法松1,300円Amazon 坂本冬美25周年ベストアルバム3,086円Amazon 海峡しぐれ1,234円Amazon 新・演歌名曲コレクション4-きよしの日本全国 歌の渡り鳥-【Bタイプ(限定盤)】(CD+DVD)3,600円Amazon 石川さゆり ベスト PBB-331,620円Amazo [続きを読む]
  • 漫画家の絵本の会
  • 2017年は馬場のぼるさん(1927-2001)の名作絵本『11ぴきのねこ』誕生から50年、半世紀だそうです。11ぴきのねこ Amazon こぐま社から馬場のぼるの仕事とそのルーツを紹介する大型の画集ともいえる本が刊行されました。漫画もいろいろな作品が載っています。馬場のぼる ねこと漫画と故郷と Amazon2017年8月発行 とりわけ目を引いたのは「漫画家の絵本の会」について。(70-71p)ときは1972年、漫画集団40周年の年、丸善・名古屋 [続きを読む]
  • こどものとも0.1.2. ─ 2011年7月号、8月号、9月号
  • こどものとも0.1.2.2011年7月、8月、9月号です。ちいさなふね笠野裕一 作 2011年7月号夏らしく海、青い空。目のあるちいさなふねがかわいい。大きなふねにも…ありました、目 かもめ、いるか、最後はいろいろなふねといっしょにポン ポン ポン。 まなちゃんのいす長野ヒデ子 さく2011年8月号 表紙がこの絵本の魅力のすべてを表す。まなちゃんのいすは、この木のいすだけではありません。おばあちゃんのおひざ、おとう [続きを読む]
  • こどものとも0.1.2. ─ 2011年4月号、5月号、6月号
  • こどものとも0.1.2.を創刊号から読んでいます。2011年度に入りました。おっぱい いっぱい のんだこは木坂 涼 文 飯野まき 絵2011年4月号おっぱい いっぱい のんだこは…猫、犬、サル、熊。めずらしくヒトは出てきません。おなかがいっぱいになった様子がかわいらしく描かれています。おなか ぽんぽんの後に続くことばは、ぷっくりこ、ぽっこりこ、いっぱい ぽん、ぷく ぽっこん。4匹が寄り添って寝る姿はファン [続きを読む]
  • 『まど・みちお詩集』谷川俊太郎編 岩波文庫
  • 大好きです、まど・みちおさん。わたしには殿堂入りの人。いつも本棚にあり、ときおり開いては読んで落ち着く、という存在。子どもが小さいときにはいっしょに読み、そのひときが他の絵本を読むときよりも密度が濃かったような気がする…大切な思い出のひとつになっています。 今年は岩波文庫が創刊90周年ということで、まどさんの詩集も出版されました。編者が詩人の谷川俊太郎さんという、これ以上ない、豪華で決定版ともいえる [続きを読む]
  • 「100人がこの夏おすすめする一冊 2017」@青山ブックセンター
  • 青山ブックセンター本店で、こんなブックフェアが開催中です。100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2017 100人とは以下の方々。青木淳 (建築家)阿部広太郎 (コピーライター)網中いづる (イラストレーター)新井卓 (写真家)石川直樹 (写真家)石川善樹 (イノベーションディレクター)石黒亜矢子 (絵本作家)市橋織江 (写真家)いとうせいこう (作家) 犬山紙子 (エッセイスト)植本一子  (写真家)植本一子  (写真家)宇多丸 [続きを読む]
  • 雑食・ほん日記79【2017年8月】2017年7月のBEST本
  • 2017年7月のBEST本7月はなんだかあわただしく終わってしまう。振り返る時間もなかったほど。電車に乗っての外出が都合3回あり、本を読めたのはよかったけれど、読みたい/読まねばならない本が重なってしまいアップアップの状態に。自分で自分を追い込んでるんだから世話ないわねぇ…というわけで、新刊小説を読むペースはちと緩めることに。 7月のベストは、残念ながら直木賞受賞は逃したものの、堪能したこちら読んですぐブログ [続きを読む]
  • 絵本を読む2017Ver. ”絵本に魅せられて”
  • 絵本に魅せられてずいぶん経ちます。末っ子も小学校を卒業。大きくなりました。 でも、やっぱり絵本が好き。読み続けることができているのは、生活クラブの本選びの会の子ども部会にいることと、図書館勤務のおかげでもあります。 今年の春から、図書館の書庫にある絵本を積極的に借りてきて、読んでいます。題して図書館の書庫の絵本を読もうキャンペーン(なにせキャンペーン好きなものでスミマセン 書庫から選ぶ本は、ぱっと目 [続きを読む]
  • こどものとも0.1.2. ─ 2011年1月号、2月号、3月号
  • こどものとも0.1.2.の2011年1月号、2月号、3月号です。おいちにの だ〜るまさんこばやしえみこ 文 こいでやすこ・小渕もも 絵2011年1月号「おいちにの だ〜るまさん へっこぷっと たれた」というわらべうたがありますが、この絵本のだるまさんは遊びます!手も足もあって、ボール ぽんと けった ふたりになりシーソーに のった 最後には5人!歩いている姿がユニークです。 だれかしら佐々木マキ2011年2月号おも [続きを読む]
  • 雑食・ほん日記78【2017年7月】2017年6月のBEST本
  • 2017年6月のBEST本6月は毎年胃腸の調子が悪くなるのだけれど、今年は無事でした…昨年はからだにガタがきていた時期ですが、それもなく穏やかな月に。読んだ本も新しい小説、児童書、古くからある絵本、以前から大好きな小説の再読&愛蔵版の読み比べなど、充実。振り返ってうれしくなるくらい(なんて能天気なそんなわけで6月のベスト選択は迷った末のこちらです 翼はいつまでも本の雑誌が選ぶ2001年のベスト1。ビートルズ×15歳 [続きを読む]
  • こどものとも0.1.2. ─ 2010年10月号、11月号、12月号
  • こどものとも0.1.2.の2010年10月号、11月号、12月号です。ね、こっちむいてわたりむつこ さく・え 2010年10月号わたりむつこさんはおはなしだけでなく絵も描く人だったのか…あかちゃんが「ね、こっちむいて」振り向くのはねこさん、ねずみさん、ひつじさん、ぞうさん、そしてまま。表紙はきりんさん。英題は「LOOK AT ME!」。 ぽんちんぱん (0.1.2.えほん) Amazonぽん ちん ぱん柿木原政広 作2010年11月号生活クラ [続きを読む]
  • 『BUTTER』柚木麻子 ─ 第157回(2017年 上半期)直木賞候補作
  • 第157回(2017年 下半期)直木賞候補作の『BUTTER』。わたしはこの作品が受賞するのではないかと予想しています。圧倒されながら一気読みしました。BUTTER Amazon2017年4月発行 主人公は町田里佳(33)。大手出版社の週刊誌の記者で入社十年目。このままスクープを連発していけば、初の女性デスクも夢ではないと言われており、それが里佳の目標でもある。寝ても覚めても走っている感覚が抜けず、食には無頓着。 数年前に起きた首 [続きを読む]
  • こどものとも0.1.2. ─ 2010年7月号、8月号、9月号
  • こどものとも0.1.2.の2010年7月号、8月号、9月号です。 ぼうしぴょこ前田マリ 作 2010年7月号縦開きの絵本です。上の部分は真っ白。赤い帽子の中から「ぴょこ」「よいしょ」出てきたのはなあに?ショーを見ているようですよ。躍動感ある絵が素敵です。 がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (福音館あかちゃんの絵本) Amazonがたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん安西水丸 さく2010年8月号真夏にぴったりの作品。 [続きを読む]
  • 第157回(2017年上半期)直木賞候補作
  • 第157回(2017年 上半期)直木賞の候補作が発表されました。以下の5作品です。敵の名は、宮本武蔵 Amazon 会津執権の栄誉 Amazon 月の満ち欠け Amazon あとは野となれ大和撫子 (角川書店単行本) Amazon BUTTER Amazon わたしは柚木麻子さんが受賞されると思っております選考会は7月19日。 ブログテーマ一覧はこちらです【産後の読書案内】 産後を見据えて産前に、これからの人生を見据えて産後に。読んでおきたい本をご案内します【 [続きを読む]