うしじ さん プロフィール

  •  
うしじさん: 富山発 うしじフィッシング!
ハンドル名うしじ さん
ブログタイトル富山発 うしじフィッシング!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/u629/
サイト紹介文富山を中心にしたバス釣りブログです。 時々、旅とらーめん
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2005/07/24 19:55

うしじ さんのブログ記事

  • 大きく育ち切れなかった町 神岡の町を歩く
  • 秋の紅葉目当てにR41wo高山方面へ向かうしかしながら紅葉にはまだはやくしかたがないので行ったことがなかった神岡の町に行ってみることに円城寺神岡の町の中心部にあるお寺さん境内の裏には高原川が流れている眺めは良し川沿いは護岸工事中でこの綺麗な高原川を有効利用できるようになれば良いですね円城寺の横には平成の芝居小屋船津座があります湧水が豊富なのか寺を出たすぐ傍の公園はこんな感じで水を活かした造りに。かつて [続きを読む]
  • 久しぶりに高山市散策 そしてリスの森
  • 10月7日 巷は台風25号到来ということで予定していた立山登山を中止影響の少なそうな高山市を散策に変更(富山から車で約2時間)というわけで高山の朝市にやってきたのだ10時過ぎということもありすでに観光客でいっぱい宮川沿いには水神様がお祀りされておりまして清流宮川の景観と相まって風光明媚な風景がここにはありますおっ水神様の祠にイケメンの幽霊が・・・(ノД`)・゜・。なにせ今の高山は外国から来た観光客でいっぱい [続きを読む]
  • 関東を巡る! 千葉・茨城へ 鹿島神宮参拝 茨城県鹿嶋市
  • 鹿島市に移動鹿島神宮前の駐車場からの一枚場所にもよりますが結構住宅街が見えます。駐車場から徒歩で門前町を歩きます決して派手派手しくない感じ夕方4時ごろなのですが結構参拝者は多め鹿島神宮の鳥居をくぐるなんでもここは「すべてのはじまりの地」とよばれているようでかなりのパワースポットだそうな御祭神は建御雷神(タケミカヅチノカミ)香取にある香取神宮の御祭神のフツヌシと一緒に天孫降臨の際に貢献した神様結構な [続きを読む]
  • 関東を巡る! 千葉・茨城へ 佐原の町並みと 道の駅 水の郷さわら
  • 香取神宮を出てせっかくなので千葉巡りこのあたり(佐原市)は水郷地域ということと小江戸と呼ばれる地域は古い町並みが残っているようなので訪ねてみることに。伊能忠敬記念館の裏にある町営の駐車場500円に車を止め町歩きところで伊能忠敬って誰?歴史の教科書に出てたけど確か日本を測量して回った人だったな。「ギャグマンガ日和」にも出てたな、最後に宇宙人に日本地図写させてもらったんだよね。小江戸と呼ばれるだけあって [続きを読む]
  • 関東を巡る! 千葉・茨城へ 香取神宮参拝 千葉県 香取市
  • 成田市を移動次なる目的地は香取市にある香取神宮香取神宮到着成田からもそう遠くはない距離ここは親切にも駐車料金無料門前町の参道は小さいながらも結構活気がある参道のお店を見るにお団子が名物みたいなので帰りに食っていくかな香取神宮は御祭神・フツヌシ(経津主)神話的にはイザナミを殺してしまったカグツチをイザナギが切った剣から滴り落ちた血から生まれた神様だとか。鹿島の神様同様に軍神として扱われるようなので勝 [続きを読む]
  • 関東を巡る! 千葉・茨城へ 成田山新勝寺 千葉県成田市 
  • 23・24日の連休を利用して関東方面へ車を向ける目指すは千葉・茨木の香取・鹿島にある各神宮と成田山新勝寺の三社巡り深夜上信越道を走りのS・A(東部湯の丸?)にて車中泊信州みそを使ったらーめんがとてつもなく魅力的に感じ深夜寝る前にもかかわらず注文。スープは信州味噌の風味が効いていてよし、しかしながら麺がよくない。美味くないくせに量が多いときたもんだ。でもの残すのは良くないと無理して完食。少し寒かったのと深 [続きを読む]
  • 夏の終わり 岐阜県 郡上八幡 参加します 郡上踊り♪
  • 夕暮れ時の郡上八幡です町の灯りがともり始めます川沿いのカフェで夕涼みしながら一息つくのもいいね18時前に雨が降ってきたので一時車に退避止んできた頃合いを見計らって町に出たやなかの小路夜の郡上は雰囲気が良いわ〜雨のため1時間ほど遅延して催しがスタートこの日は8月15日に亡くなられた漫画家さくらももこさんを偲んでさくらさんが郡上のためにイメージしたキャラクターGJ8マンが来ていました。オイラ的にも子供に安心 [続きを読む]
  • 夏の終わり 岐阜県 郡上八幡 「道の駅 古今伝授の里やまと」
  • 岐阜県 郡上八幡郡上踊りが9月初めまでやっているということでやってきたのだ9時ごろ自宅を出て高速へ。小杉I.C〜岐阜大和 片道2500円位。正午前に到着まだ踊りまで時間があるので「道の駅 古今伝授の里やまと」にて休息ご当地の野菜の販売所もある中はこんな感じ。野菜やあまご等の川魚も売ってます。まだ新しい感じのする道の駅雰囲気良しちょっとおシャレでしょ鯉も泳いでたりなんかして足湯もあり結構ぬるっとしたお湯です軽 [続きを読む]
  • いざ東北へ! その11 秋田県 男鹿半島・入道崎へ
  • 「温泉ランドおが」を出た後天気を気にしながら車を走らす。というわけで秋田の男鹿半島・入道崎へやってきたのだ来てみてビックリ!こんな岬なのに飲食店があるのです。でもちょっと高めな設定 場所が場所だけに仕方なし店のことはさておき岬はとても広く開放的天気が良ければ芝の上で寝転がりたい感じなのだ芝の上に何やらモニュメントらしきものどうやらこれが北緯40度線を表す碑らしいで、北緯40度線ってナニ?つまりここは赤 [続きを読む]
  • いざ東北へ! その10 秋田県 男鹿半島 真山神社 
  • 秋田県 真山伝承館すぐ近くに真山神社(しんざんじんじゃ)があります神社なので随神門・・・だけど仁王様が祀られているので仁王門ということはここは元はお寺さんだな清々しい感じのする神社ちゃんと社務所がありお守りも売っています海も近いので海難事故を避ける為に祈願する方も多いのでしょうこの神社ではなまはげ由来の神事が正月三箇日に行われるようです古くは山岳信仰の修行の場となっていたらしいきっとなまはげ様も自 [続きを読む]
  • いざ東北へ! その9 秋田県 男鹿真山伝承館・なまはげ館 
  • 秋田県 男鹿半島の入道?手前にある男鹿真山伝承館・なまはげ館ここでは秋田の伝統文化である「なまはげ」を知る・見る・体感することができるのだ。ここでもババヘラアイスでもここの価格は300円で観光地プライスですがすごい人気たしかに暑かったしななまはげの展示物や映像での紹介や説明をするなまはげ館だけの拝観ならば500円(税別)実体感ができる真山伝承館の同時拝観ならば800円(税別)です。オイラ的には是非800円払って両館 [続きを読む]
  • いざ東北へ! その8 秋田県 総合観光案内所とババヘラアイス
  • 秋田に向かうため秋田自動車道へ入るその前にコンビニに寄ってドリンク補充その際に撮った岩手の風景です。平泉の傍ということもありますが富山の田舎と変わらぬ風景でしょ。秋田自動車道を進み西仙北S.Aにて一休みそういえば昨日買ったずんだもちを食べてなかったこのずんだもち結構甘い そんでちょっとくどい緑の餡は枝豆をすりつぶして砂糖を混ぜたものそれに結構量あったので食べきるのに苦労したのだともあれ無事秋田入り [続きを読む]
  • いざ東北へ! その7 東北の都 平泉 中尊寺 金色堂
  • 毛越寺を出て中尊寺に向かいます。すでに土産物屋のある第一駐車場は満車ということで坂の上の第2駐車場へ案内されそこへ駐車することに(400円)でもそこからの方が金色堂や中尊寺が近いので良しとします。でも人大杉不動堂ゆっくり周ることができれば良いとこかもしれませんが、坂の下から上がってくるにはご年配の方にはきついかもしれません。通りの左右にお堂が祀ってあるお薬師さんだねちなみに阿弥陀さんとお薬師さんの見た [続きを読む]
  • いざ東北へ! その6 東北の都 平泉 毛越寺
  • 岩手の平泉 毛越寺(もうつうじ)拝観時間になったので駐車場に車を止める(300円)正門にて拝観料を払う500円毛越寺は天台宗のお寺さん境内はとても広い本堂御本尊は薬師如来最澄の弟子 慈覚大師円仁が開いたとされる。ここ毛越寺は浄土庭園と呼ばれる広大な庭園が見処かつて平安の時代はここにいくつものお堂や船を浮かべた雅な時代があったらしい正直なところ庭園に興味がない人やあまり距離を歩き回るのが好きでない人には面 [続きを読む]
  • いざ東北へ! その5 東北の都 平泉 達谷窟
  • 早朝、中尊寺や毛越寺はまだ拝観時間ではないので先に達谷窟(たっこくのいわや)を訪れてみることに。鳥居の前にて参拝料300円を納める朝の神社は清々しくて良いもの鐘楼も朱色ですね鳥居があるものの鐘楼ということはここは元はお寺さんだったのでしょうね池の中にお堂が水辺のお堂はたいてい弁天様(弁財天)がお祀りされていますここもやはり弁天様でしたということで静かにお参りすごいですわ 結構な迫力岩肌を削り取ってお [続きを読む]
  • いざ東北へ! その4 東北の都 平泉 道の駅平泉‐ 金花咲く理想郷‐
  • 宮城県松島の道の駅上品の郷を出て岩手県平泉へ移動することにお腹がすいたのと真っ暗な山道でまばゆい明かりに誘われて「てつ兵衛」というお店に駆け込むかなり派手なお出迎えですとんかつメインなお店のようですがそれ以外もメニューが豊富なようでペッパー君ならぬ「こしょう君」だそうです結構洒落やお遊びが好きなお店のようせせりの唐揚げ(鳥の首の部分)を注文初めて食べたが少し歯ごたえもありめちゃ美味い上ロースかつ定 [続きを読む]
  • いざ東北へ! 日本三景 宮城県松島  その3 福浦島と道の駅
  • 五大堂を出てすぐ傍にある福浦島に渡ってみることに。この島へ行くには200円を払ってこの赤い福浦橋を渡るしかありません。東日本大震災の際にはこの橋も津波で被害が出たみたいですね結構島に渡る人がいます水が澄んでいたらもっと奇麗だろうにね夏って感じでよいよい冷たいものを飲める場所もあり島一周は30分程でできると思います弁天堂にお参りして島を出ます島を出てちょうどお昼時。呼び込みのおばさんに負けてすぐそばの櫻 [続きを読む]
  • いざ東北へ! 日本三景 宮城県松島  その2 島めぐりと五大堂
  • 瑞巌寺表参道を歩きます。肝心の国宝瑞巌寺は参拝料700円と割高なので入るのをやめました。もはやそのような参拝料を取るということは寺ではなくただの国宝ということでオイラとしてはお寺さんは開かれているものだという思いがあり芸術品にはあまり興味が湧かないのである。では聞きますが弘法大師空海さんの霊廟はあれだけ霊験があるにもかかわらず拝観料を取りますのかね?まぁこれは個人的な感情でして。。。それにしても修行 [続きを読む]
  • いざ東北へ! 日本三景 宮城県松島  その1 円通院
  • お盆の三連休(14,15,16日)を利用して日本三景一つ宮城県の松島へ行ってきたのだ。13日の夜出発して途中のS.Aで仮眠をとり宮城入り。松島海岸手前の町営駐車場(無料)に車を止めて徒歩で海岸駅方面へ。海岸通りは土産物屋や飲食店が建ち並びます。いやぁ観光地って感じです。まだ朝早くなのでお店もまだ開いていないのでお目当てのフェリー乗り場手前の瑞巌寺というお寺さん傍にある円通院に行ってみることに。円通院 臨済宗 [続きを読む]
  • くろべ牧場 まきばの風 ソフトクリーム美味しでMofuMofu
  • 黒部市宇奈月町の高台にあるくろべ牧場(旧新川育成牧場)にやってきたのだ。ここは高台にあるために駐車場から富山湾が見渡せる。この日は少しガスがかかっていたためにはっきりしませんでしたが天候によっては富山湾を一望できると思います。お天気はピーカンで気温上昇中牧場なだけにヤギやらヒツジやらが放し飼いになっている模様ですがこの暑さでうな垂れ気味。気持ちは分かるぜェヤギ発見暑くて気が立ってそうでうかつには近 [続きを読む]
  • 外湯巡りが楽しい 信州 お湯処 野沢温泉? その3
  • 野沢温泉散策中麻釜から少し上がったところに外湯があるらしいということで坂道を上ります坂を上り詰めたところにある外湯「瀧乃湯」中はこんな感じで入り口を開けるとすぐ脱衣所・・・仕切りなしなので不意に開けられるとおいもさんぼろ〜んてなところを外の人に見られかねません。湯や好しやはり熱いがさっぱりするふぃ〜っと(* ̄∇ ̄*)夏だなぁセミの鳴き声と道を行きかう虫たちを眺めながら物思いにふけるのだ今度は坂道を下っ [続きを読む]
  • 外湯巡りが楽しい 信州 お湯処 野沢温泉? その2
  • 野沢温泉巡りの続き外湯「大湯」前の足湯ゼッケンをつけた選手が地元の方の声援を受けながら走り抜けていくこの日はどうやらこの温泉街を走り抜けるトレイルランが開催されていたようです坂道が多いのよね道祖神温泉街の所々で見かけますこのような場所で道祖神はよく見かけますが大抵ち〇ぽみたいな形をしたものが多く女性なら興味を引くか目をそむけたくなってしまうものがありますがここのはいたって普通な夫婦タイプもしかした [続きを読む]
  • 外湯巡りが楽しい 信州 お湯処 野沢温泉?
  • そういえば野沢温泉って行ってそうで行ってなかったんだよね・・・ということで仕事終わり午後9時過ぎくらいにオカンを連れて信州のお湯処 野沢温泉へ向かうことにしたのだ。途中で上信越道に乗り妙高高原当たりのS.Aで仮眠をとる。朝6時頃移動して温泉街手前の道の駅「花の駅 千曲川」で一休み朝早くなのでお店はまだ閉まってますが、おしゃれな道の駅です。道の駅を出て温泉街に入り中央ターミナル前の駐車場に入る。ここは1日50 [続きを読む]
  • 夜の地蔵コレクション いたち川沿いHealing
  • 夜の富山は静かです。夜9時にはほとんどのお店が閉まってますから。まぁ田舎ということです。でも楽しみがない分、苦しみも少ないのかも各地で大きな災害が起こっていますがここ富山県は地震も少なく、水害はあるものの大きな災害とはなっていません。何がよいやら悪いやら分かりませんがある意味住みやすい所ということなのでしょうか?若者には魅力の少ない所ですが生きてこそ花 ほどほどがちょうどよいということででも何にも [続きを読む]