tiger-hawk さん プロフィール

  •  
tiger-hawkさん: 虎鷹拳院日誌
ハンドル名tiger-hawk さん
ブログタイトル虎鷹拳院日誌
ブログURLhttp://tigerhawk.exblog.jp
サイト紹介文心意六合拳・形意拳・太極拳など黄土拳芸を鍛錬。拳杯(グローブ・オープン・トーナメント)を主催する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2005/07/30 17:21

tiger-hawk さんのブログ記事

  • 運命を変えることはできません・・・
  • *フジマツのことをジジ松と蔑称している人がいました。何を隠そう、その人はシロクマさんでした。びっくりしたけど、さもありなん、と納得したフジマツです。いじめられても負けないもん !  以下の放送は、ジジ松がお送りします。*シロクマ・・・最強を目指さなかったのが幸いしましたね。(それで姿勢勁力を体得できた。)*ジジ松・・・そんなの最初から無理でしょ。オリンピックのメダリスト並みの身体能力があれば別だけど。顔も [続きを読む]
  • 後退する身体は動かない
  • *棒立ちでも撃てますが、やはり大きな勁力は出ません。大きな勁力のためには、心意六合拳の鶏歩、あるいは宋氏形意拳の六合歩が必要です。*さらに大きな勁力を出すためには、さらに折れ曲がる足首、が必要となります。*さらに折れ曲がる足首とは、身体が沈むことではありません。ここを誤解すると、膝に体重が載ってしまいます。*さらに折れ曲がる足首とは、さらに後退する身体となります。*そして、そのまま撃ちます。*そのまま撃 [続きを読む]
  • 三大疾患の克服
  • *肩に力が入る、鼠蹊部が伸びる、足首が伸びる、の三大疾患は、姿勢勁力を殺してしまいます。*もちろん、これらは人間としては全く問題ありません。それは自然な行為なのです。それがヒトの直立二足歩行ですから。*つまり、姿勢勁力は、反自然・反本能ということになります。*だからこそ人間武術ではなく動物武術ということになります。*その代表が、ニワトリの指行性一本足です。つまり、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩です。*三大疾患 [続きを読む]
  • 同時進行する三つの動作
  • *五行拳の拳理(フジマツ風) の補足です。*宋氏形意拳・熊の2号を仕掛ける時、三つの動作が同時進行します。*すなわち、1・・・熊の2号を仕掛ける、2・・・足首がさらに折り曲がる、3・・・身体がさらに後退する、という三つの動作が同時に起こります。*但し、これは六合歩の定歩を想定しています。その場での打撃です。*では、半歩前進、あるいは一歩前進する時はどうなるのか?*半歩前進あるいは一歩前進する時、瞬間的に一本足状 [続きを読む]
  • 五行拳の拳理(フジマツ風)
  • *形意拳の歴史については、私は知りません。ここでは、山西省太谷県という田舎に伝わった宋氏形意拳・五行拳を、さらに自分なりに解釈した部分について述べてみます。*ただ、槍の技法から考案された形意拳という伝説については、疑問があります。形意拳の五行拳は十二形拳から生まれた、と考えています。そして、十二形拳は十大形から生まれた、と考えています。十大形とは回族心意六合拳のことです。*ところが、五行拳を私は熊の [続きを読む]
  • 反自然の勁力姿勢
  • *勁力を出すために、正しい姿勢を造ります。勁力姿勢です。*学校では、背筋を伸ばせ、と教わります。その背筋は、胸を張って伸ばします。*つまり、大胸筋を張ります。大胸筋に力を入れて、腰を伸ばします。*勁力姿勢としては、この大胸筋の力を抜いてしまいます。すると、腰が曲がってしまいます。*そこで、腰は腹直筋で伸ばします。腹直筋で体幹を支えます。正確には腰を伸ばしません。腰は使わないようにします。*腹直筋は上手い [続きを読む]
  • ダメダメ
  • *センセーの動画を格闘技の専門家や武術の専門家が見たら、「こいつダメダメだよ」、と言われてしまいます。・・・とシロクマさんが言います。*なるほど、その通りでございます。フニャフニャだしね。迫力ゼロだしね。*地面を蹴らない、なんて人間の本能に反しています。*腕を伸ばす時、上腕三頭筋を使わないなんて、自然の摂理に反しています。*大胸筋を完全にゆるめるなんて、中国武術家もやりません。*前腕だけで撃つ、なんて本 [続きを読む]
  • 全ては前腕撃となります
  • お知らせです。12月10日(日) の練習は諸事情によりお休みします。(昨日の体育館から)*心意六合拳にはパンチが無い。では宋氏形意拳にはパンチがあるのか? もちろん、ありません。*では拳はあるのか? 拳と称するものはあります。でもこれ、本当に拳なんですか? とても疑問です。*この拳の正体は拳ではありません。前腕全体が拳となります。五行拳の鑽拳だけでなく、五行拳全て前腕が拳となります。*このように考えると、強力な五 [続きを読む]
  • 姿勢は変化しません
  • *姿勢勁力の特徴は、体重移動しないで撃つ・押す、ということです。つまり、身体の形、足の形が変化しません。*心意六合拳・鶏歩で撃つ・押す場合、鶏歩の形はそのままです。*宋氏形意拳め六合歩で撃つ・押す場合、六合歩の形はそのままです。*では、弓歩はどうなんだ? 武式太極拳の弓歩は虚歩から変化するではないか?*その場合も、実は変化していません。正確には、弓歩になってから、撃ちます・押します。心意六合拳の弓歩も同 [続きを読む]
  • 軸足をゆるめてしまう
  • *どんな歩き方にせよ、二足歩行では一本足になる時間があります。それは左右の足が交替するからです。*それは、鳥類のニワトリでも、ヒトでも同じことです。*心意六合拳の鶏行歩でも同じことです。*鶏行歩を失敗する人を観察して、あることに気付きました。*それは、一本足になった瞬間、その一本足が硬直していることです。*地面を蹴るので、当然のごとく、一本足は緊張してしまいます。この緊張を解くことが必要です。*すなわち [続きを読む]
  • 中途半端な大きい鶏歩
  • *姿勢勁力には、外部表現と内部表現があります。これだけでは解りにくいので、外部と内部の中間表現があります。*それが、心意六合拳・鶏行歩です。これを詳しく見る前に、外部表現と内部表現を見てみましょう。*外部表現とは、心意六合拳の弓歩と武式太極拳の弓歩のことです。*それは、後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮で構成されています。これは比較的簡単です。(前膝が流れると失敗します。)*それが心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の [続きを読む]
  • 第三の選択肢
  • *ヒトは立ち上がる時、どうするのか? もちろん、地面を蹴って立ち上がります。*つまり、歩く時ばかりでなく、立ち上がる時も地面を蹴ります。*それは筋肉としては大腿直筋です。そして、関節としては膝です。*地面を蹴らないとすると、しゃがむしかありません。*通常の選択肢は、二つしかありません。地面を蹴るのか? それともしゃがむのか?*それを解決しようとしたのが、心意六合拳・鶏歩、宋氏形意拳・六合歩です。*それは、折 [続きを読む]
  • 番号のお知らせ
  • スマホの番号です。 080-3736-6541練習の問い合わせに使ってください。頭が馬鹿なので、難しい質問は勘弁してください。実は使い方がわかりません。どうやって電話するの? これから説明書を見ます。固定電話は無くなります。ふぇいすぶっくも始める予定です。ついったーはやりません。ではでは [続きを読む]
  • 逆転する太ももの役割
  • *前足ストッパーについて質問されたので、整理してみます。*心意六合拳・鶏行歩は、前足一本足状態を造ります。これか鶏行歩の一歩です。これがニワトリの指行性一本足です。*これは、階段の下り運動に似ています。これも前足ストッパーの一例です。(がに股の人はこの例に当てはまりません。)*では、階段の登り運動とは何か? それは大腿直筋(太ももの前面) によるジャンプ運動です。*すなわち、ウォーキングやランニングのことで [続きを読む]
  • 石を抱いて軽く歩く
  • *「心意六合拳・四把捶の意味はなんですか? 」・・・フジマツ*「それは爆弾の製造方法を教えるようなものだ。危険過ぎて、初対面の君に答えることはできない。」・・・回族の陳先生*なんでも質問しなさい、と言われたので質問したのに、と,当時の私はムッとしました。感情がすぐに顔に現れる私です。馬鹿なので芝居はできません。その場の三人の先生にもすぐに伝わりました。・・・今は陳先生の言葉も理解できます。*四把捶に、サ [続きを読む]
  • 手枷と鷹爪
  • (昨日の体育館から)*遠方からのお客様には、宋氏形意拳・龍形基本功をやってもらいました。素直な人なので、すぐに上達しました。(フジマツはひねくれ者なので、なかなか上達しませんでしたけど。) *みんなには、心意六合拳・鶏形単把に加えて、熊形単把をやってもらいました。熊形単把は、ワン・ツー・パンチに対応しています。なかなか面白いです。(手枷の補足説明)*手枷は何処に嵌めるのでしょうか? それは手首です。手枷とは [続きを読む]
  • 浮かない足のために
  • (石抱き発勁、手枷足枷発勁の補足です。)*石抱き発勁も、手枷足枷発勁も、浮かない身体のためにあります。*浮かない身体とは、浮かない手と浮かない足、ということです。これがなかなか難しい。そのために、想像上の石、想像上の手枷足枷、を用いました。*浮かない身体とは、沈む身体のことではありません。つまり、沈墜勁や震脚のことではありません。それらと対極にある思想です。*沈む身体とは、浮いている身体が前提条件です。 [続きを読む]
  • 手枷足枷発勁
  • (昨日の体育館から)*石抱き発勁は、少しできる人がいました。全然駄目な人もいました。駄目な人は、指示を無視して腕だけで撃つ人、体重を浴びせてしまう人、などです。*想像の石を最後まで維持できません。最後は消えてしまいます。最後まで消してはいけません。それは想像ですけど、実在しているのです。*石抱き発勁は、私のオリジナルではありません。本当に、心意六合拳の四把捶にある技です。*これと同じようなものですが、心 [続きを読む]
  • 石を抱いて発勁する
  • (昨日の体育館から)*心意六合拳の古い語句に、地に輪っかの無いことを恨む、とあります。大地に輪っかが生えています。それを左右の手でつかんで、大地を引っさげて歩きます。*これ、大地鶏行歩、と私は称しています。つまり、とても重いものを手に引っ掛けて、歩きます。すると、もはや地面を蹴ることができません。すると、足首が折れ曲がります。踵が高く挙がることはありません。とても長い距離は歩けませんが、短い距離で効果 [続きを読む]
  • 成れの果ての勁力
  • *武式太極拳の弓歩は、後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮でできています。ところが、僑松茂先生の弓歩はちっとも力を感じさせません。伸張性収縮も見えません。*しかし、その弓歩を受け止めた私はその力を感じ取りました。見た目は力を感じさせませんが、内実はとても力強いのです。*これは一体どうしたことでしょう?*実は同じような現象が私の中に起こっています。*私の心意六合拳・鶏行歩は、どんどん力が抜けてきました。地面を蹴らな [続きを読む]
  • 鑽拳の意外な姿
  • 「センセーの立ち居振る舞いを見ていると、社会的信用度ゼロなのも理解できます。自業自得ですよ。」とシロクマさんはいうのだ。そういえばよく、「裸の大将」に似ているといわれるのだ。体形のことかと思ったが、どうやら違うようなのだ。シロクマさんにもらった電子レンジを箱から出すのに一週間かかったのだ。その話しを聴いた初対面の男の子が、心底あきれていたのだ。というわけで、シロクマさんにもらった電動ポットは、まだ [続きを読む]
  • 下腿三頭筋の開発
  • *現代日本人の歩き方は、膝で身体をコントロールしています。大腿直筋で地面を蹴るので、そうなります。*これは歩く途中の一本足状態の時に、身体が浮き上がってしまいます。*普通に歩く時は目立たないのですが、心意六合拳・鶏行歩をやってもらうと、完全に浮き上がります。*その典型的な症例がおじさんXです。おじさんX、かなり筋肉質なので、難しい症例でした。ところが、最近、下腿三頭筋の意識が芽生えてきました。*昨日、見 [続きを読む]
  • 年越しライブ稽古
  • 11月25日(土) 19時~の練習は開進第一中学校体育館が学校行事で使えないために、平和台体育館地下武道場に変更します。12月25日(月) 13時~平和台体育館地下武道場12月27日(水) 19時~開進第一中学校体育館12月28日(木) 13時~平和台体育館地下武道場12月31日(日) 22時~1月1日(月) 0時過ぎ、光が丘公園北口方面ゆりの木広場(バーベキュー広場近く)これ昨日、決まりました。アハハ 誰でも参加自由です。会員でない人もどうぞ。参加無料 [続きを読む]
  • 反本能・X字形
  • *反本能その三、X字形です。これいつも書いている体幹の絞りのことです。*すなわち、心意六合拳と形意拳の称する龍腰のことです。龍腰という言葉は誤解を招きます。そのために、解明されませんでした。*X字形と称すると理解できます。*前鋸筋の上部から鼠蹊部へ向かって絞ります。当然、左右両方向です。*それが鼠蹊部でクロスして、内転筋へ達します。だからX字形です。*内転筋へ達して、体幹と下半身が結合します。*これは、宋氏 [続きを読む]
  • 上腕と足をゆるめます
  • *力を抜く練習は、どうしても必要です。*私の場合、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳を2年間以上続けました。お陰で、小学生も倒せない崩拳ができあがりました。*これが、心意六合拳の地面を蹴らない鶏行歩の基礎となりました。もちろん、後に知ったことですが。*地面を蹴らないということは、身体が浮き上がらないということです。*例えば、オバチャンの24式太極拳を見ると身体が浮き上がっています。それは、地面を蹴っているのです [続きを読む]