タオ さん プロフィール

  •  
タオさん: 微笑みの国タイランドでの就職日記
ハンドル名タオ さん
ブログタイトル微笑みの国タイランドでの就職日記
ブログURLhttp://thailand2001.blog18.fc2.com/
サイト紹介文海外で働くことが夢だった、そしてついに夢がかなった。あれから7年、タイでの生活を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2005/08/08 22:58

タオ さんのブログ記事

  • そして新しい時代が始まった!
  • 前回は、【ナンバー2の部下が要らないと思うようになるまで】を書きました。そしてこの記事はナンバー2の部下が会社に出社しなくなった翌日に書いています。昨日は部屋に呼んで少しだけ話しました、感謝の気持ちを伝えたのと、自営業のアドバイスです。自営業になったとたんに、法を犯す人が多い (ノ∀`)アチャー 例えば会社設立のための従業員数資本金の虚偽であったり、脱税、ハンドキャリーによる密輸などなど会社のお金でやっ [続きを読む]
  • ナンバー2を要らないなと思うまで
  • 前回は【ナンバー2の子を失う覚悟】の記事を書きました。僕と一緒に今の会社を作ったといっても過言ではないくら、いろいろとやってくれました。でもここでお別れする事になってしまいました、彼女から辞めると言い出しましたが、そうなるだろうなと思っていました。しかしなぜそう思いながらも組織変更をしたのか?今年に入って彼女を会社のトップにしました。 僕はその上にいるんですが、すべての部署のトップです。簡単に言え [続きを読む]
  • 覚悟を決める日がやってきた
  • 前回、【再びトップとして立つ】ために大きな組織変更をして、すべての部門を掌握した話を書きました。そこで悩みが二つ、1つは部下の給料の差が大きくなっている事トップは15万バーツくらいですが、平均すると2万バーツくらいになっている。もう1つは、ナンバー2の部下の権限を大幅になくした事によるモチベーションの低下ここまでする過程でナンバー2との会話も激減したので、このままだと辞めてしまうかな?と思っていま [続きを読む]
  • 再度、トップとして立つ
  • 以前に【会社の将来をみた組織】を書きました。 僕の下には強力なナンバー2がいます。彼女は僕の立ち上げから付き従い、能力も高く意見も言ってれる有能な部下です。満を持して、今年から僕の会社のすべての部門を統括する実質上の社長のポジションにおきました。僕は去年体調を崩したので、しばらく好きな事をしてゆっくりしようと思っていました。しかし先日記事を書いたように、少し早かったようです。 また権力を持ったので [続きを読む]
  • 僕が部下のために、しなければいけない事
  • 前回は【社長10年目の会社つくり】を書きましたが、今日は部下への思いを書きたいと思います。僕は今の会社の創設者です、ゼロからすべて作ってきました(・∀・)イイ!!14年前の立ち上げ当初からついて来てくれている部下はもちろん、その後採用した部下も厳しく躾けてきました。厳しく躾ける理由は、部下が可愛いからです(;´Д`)ハァハァ潜在能力を引き出して、経験を積ませて、出来る人間になったら待遇もよくなります。もし僕の [続きを読む]
  • 社長10年目の会社つくり
  • 【前回は若手への教育が変わってきた】を下記ました。僕が初めて工場長になったのは27歳の時、社長になったのは33歳の時でした(゚∀゚)アヒャ日本のIT業界だと若い社長も珍しくないのかもしれませんが、僕の業界では結構早い方だと思います。実は誰からも好かれる社長になりたいとはずっと思っています(・∀・)イイ!!三国志で言えば劉備のように、しかし若くて実績を出さないと駄目だという状況だったので、自ら先頭に立っていく姿は [続きを読む]
  • タイ人の教育の仕方が変わった
  • 17年前にタイにきた時は日系の会社で超ブラックなアルカトラズと呼ばれていたところで、生産管理、そして工場長として働いた。その時はタイ人がミスをすると怒鳴ったりしていたし、教え方がかなりきつい言葉使いだった(`д´)ヤレスタッフは古参以外はどんどん辞めていくような状況だった....僕の上司の社長、特に日本兵があまりにも厳しい(〇ち〇〇)人だったので、会社の日本人がそれに従っていたのですが、かなり酷かったと思 [続きを読む]
  • 仕事の能力の違い
  • 以前に【人材紹介会社から紹介してもらった人材が全然使えない】って記事を書きました。彼は一応、その分野の技術者で日本でも数年の経験があるという事で採用しました。ところが、入社後は面接で言っていたレベルではなかった事がすぐにバレました...彼の前にも、その分野の技術者が2年ほど働いていましたが、彼も同じく会社が求めているレベルの商品が作れなく退職しています。僕も技術者ですが、彼らが専門だと言っていた分野 [続きを読む]
  • 会社の将来をみた組織
  • 僕が今の会社を立ち上げて、約14年くらいになる。最初は10人くらいの組織であったが、今は300人くらいになった(・∀・)イイ!!組織が大きくなると、ある程度の事は部下に裁量を与えてやってもらわないといけないし、将来のためにはそれが出来る人がいないと会社は大きくならない。ここ5年くらい僕のナンバー2の部下にかなり大きな権限をもたせていた、僕がいなかったら彼女の指示に皆従うように言っていた。実際に僕が海外出 [続きを読む]
  • アルコールとジム
  • 数年前までほぼ365年 アルコールを摂取していたタオです( ゚Д゚)イッテヨスィ10年ほど前に肝臓を壊して入院して、怖さを知ったのですがまた元気になったら同じくらい飲むようになりました。いや、歳を増すごとにレベルが上がってかなり飲める人になってきました(ノ∀`)アチャー ウィスキーだったら1人で700ml飲めます。 焼酎はアルコール度が低いので無論1人で900mlは飲めます。そんな僕も歳をとってくると、やっぱり健康に気を使うよ [続きを読む]
  • 人材紹介会社なんてもう使わない....
  • 前回、【使えない日本人だった】記事をアップしましたが、その後事件が起こりました!( ゚Д゚)ナンダ?その使えない日本人でも、何も文句を言わずにおいておこうと考えて、色々気を使って優しく接していました(・∀・)イイ!!具体的には「技術はここで磨けばよいんで、頑張ろうな。」「タイ語は1年もすれば話せるようになるから心配しないで。」なんて実力主義の僕からの言葉とは思えないアドバイスをしていました....(-_-)まぁ2,3 [続きを読む]
  • タイは10万円あれば夫婦で移住が出来る!?
  • 先日、日本の番組 「世界の年収400マン」第4弾“世界の豪邸SP”が8/16放送 」を何気なく見ていました、最初はインドネシアの夫婦で年収400万円で大豪邸がって紹介していましたが、夫婦で400万円レベルでこんなに贅沢したら将来やばいんじゃない?って感じ、ちょっとこの番組大げさだなと思って見ていました。そんな流れで(海外の移住生活は良いぞ〜って流れ)、コメンテーターの萩原博子氏が「タイのちょっと田舎なんか [続きを読む]
  • あ〜今回も石だったの巻
  • 2ヶ月ほど前に【タイで日本人の求人をする】の記事を書きましたが、色々と悩んだ末雇った日本人がすでに働き出して2ヶ月です。入社前技術に関しては、この仕事が大好きで日本でも真剣に勉強していました。 この職種をメインに仕事を探していますと言っていた。入社前にも講習会が日本であるので、入社日を遅らせてそれに出てからタイに来た。タイ語に関してはタイに年に数回来ている、意思疎通はできる。 しかし面接でそれほど [続きを読む]
  • 会社は能力、結果主義
  • 僕が今の会社を立ち上げて14年くらいになりました。ゼロからビジネスをつくりました、工場もゼロから設計からやりました、そして人材も新卒から育てあげました。そして立ち上げから7年目くらいからビジネスとして起動にのって成功と言える数字をあげれるようになりました。僕が最初に育てた部下が成長してきて、そのスタッフ達が僕がいなくても工場を運営していくことができるようになっています。僕が直接教えてきた部下の数は [続きを読む]
  • 人材紹介会社から紹介してもらったPさんとの面接 パート2
  • 【人材紹介会社から紹介してもらったPさんとの面接 パート1】この記事の続きです。僕は席を外して、人材紹介会社に電話して担当の人はいなかったので他の人に現状何が起こっているか説明した。それにしてもこの人材紹介会社のこのうちの担当者は使えない。電話しても1コールで切れる設定にしているので、必ず折り返しになる。以前、僕が電話して折り返しの電話がかかってきた。僕が用件を言うと、この担当者「すみません、僕は [続きを読む]
  • 人材紹介会社から紹介いただいたダメダメさん
  • こないだ【人材紹介会社ってなんのため?】の記事を書きましたが、紹介してくる人くらいちゃんと選別しろよと思うことが多かったのですが、今日はその中でも飛びぬけていた人の記事です。技術者としての応募してきた38歳男性、独身のPさん先ず応募書類からおかしかったです、英文と和文を人材紹介会社からもらったのですが、英文と和文の内容が違うのです。また学歴は〇〇大学中退からしか書かれていないので、どこの高校をいつ [続きを読む]
  • 人材紹介会社ってなんのため?
  • 先日、【日本人の技術者を採用しました 2人目】を書いたあとに事件が起こりました!今回は人材紹介会社から紹介してもらった人を採用したので、それぞれ月給の3ヶ月分の紹介料がかかります、今回は20万バーツと30万バーツがかかります。結構な高額な紹介料ですが、今回応募者に聞いたら彼らは人材紹介会社に行った事もなく、担当者とも会ったことがないとの事です。 日本に求人をだして、応募してきた人をそのまま僕の会社 [続きを読む]
  • 日本人技術者を更に採用しました! 2人目
  • 前回、【日本人技術者を採用しました】を書きましたが、人材紹介会社の担当日本人がダメダメすぎて、なかなか契約完了となりません。 本人からは入社の意思をメールでもらっているのにです....ひょっとしたら、求職者に他のところも勧めているの?って思ってしまいます。よってこちらもそのまま他の人材紹介会社からの紹介を受けていたら、すごい人と出会いました。僕が探している職種の技術者で、約30年間働いていました。 そ [続きを読む]
  • 日本人技術者を採用しました!
  • 前回【タイで日本人を採用する】を書き、まだまだ時間がかかりそうな事を書きましたが、その後かなりの人数を紹介してもらう事ができて、無事に採用する事ができました。僕の働いている業界はタイでは盛んなんですが、今回応募していた業種はその中でもコアな部分を作れる人だったので、人材紹介会社もそんな人はあまりいないと思うと言っていましたが、実際探してみるとかなりの人が興味がある業種だったようです。ただコアな業種 [続きを読む]
  • タイで日本人の求人をする 2018年
  • 今年、久しぶりに日本人の採用をする事にすることにしました(゚∀゚)アヒャ職種は技術者と若い営業です。日本人の営業はいくらでも直接応募があるのですが、技術者はなかなかマッチする人がいないのが現実です。そこで、久しぶりに人材紹介会社にお願いする事にしました。現在の人材紹介会社の手数料や保障期間A社 年収の20%、B社 月給の2.7ヶ月分保障期間A社 90日間までに退職された場合は、他に何人でも無料で紹介もしくは [続きを読む]
  • タイで働いた方が絶対にいいぞ!
  • 前回まで、【タイの現地採用で成功するなんて、ほんと難しいぞって事】を書いていました。今日は一転して日本で働くよりタイの現地採用の方がいいぞって人の事を書きます。今までの記事は僕に近い人へのアドバイスです、どういう人かというと大学を卒業して、それなりの会社に新卒で入社していて、そのまま定年まで無難に暮らしていける人です。日本にいた方が現地採用で働くより良い生活ができるんじゃないの?って本当に思ってい [続きを読む]
  • タイの現地採用で成功する人
  • 前回【タイの現地採用で失敗する人 仕事編】を書きました。タイで仕事で成功するつもりはなく、楽しくのんびりとタイの生活を楽しむ人は関係ない記事ですのでスルー願います。ここで言う成功は日本でも高給取りとされている1000万円以上の年収をタイで稼げる人としておきます。タイで成功するには!・先ず仕事で絶対に成功してやるという意思です。成功している人は、絶対にこの意思があります。 そのためにはどんな苦労も乗り越 [続きを読む]
  • タイの現地採用が帰国する理由 仕事編
  • 前回【タイの現地採用が帰国する理由 生活編】を書きましたが、今日は仕事編を書きたいと思います。僕は同じ現地採用として、すぐに転職や帰国をする現地採用をどうしようもない人達だとすでに諦めています(・ー・) オワッタナよって、この回は毒を吐かせていただきますので悪しからず。 ※そういう内容がお嫌いの方はここで止めてください。仕事が辛くて帰国する理由として、残業や仕事内容が悪い事、給料が上がらない事、上司や会社 [続きを読む]
  • タイの現地採用が帰国する理由 生活編
  • 前回は【タイの現地採用で失敗する人 帰国する人】を書きました。タイの現地採用はあれほどタイで生活したかったのになぜ帰国するのか? 今日は生活編を書きたいと思います。もちろん、ここで書く以外の理由で帰国される人もたくさんいると思います。 あくまで僕が見てきての意見です。多くのタイの現地採用は5、6万バーツの給料からスタートする。当初はタイだったら物価も安いし、日本よりかは良い生活が出来ると考えます。 [続きを読む]
  • タイの現地採用で失敗する人 帰国する人
  • 前回は人気シリーズ それいけミン君 【40歳になってもクズなミン君】を書きました。彼は大学を卒業し新卒で駐在員でタイにやってきて、退職と転職を7,8回くらい繰り返し、今だにタイで現地採用をやっている。現地採用ってそんなに居心地が良いものだろうか?そんな事はない、彼は日本で正社員で働いた事がないのでタイの現地採用の方が辛うじて生活水準が高いと思えるんです。何度かこのブログでも書きましたが、タイの現地 [続きを読む]