S子 さん プロフィール

  •  
S子さん: 恋する小鳥
ハンドル名S子 さん
ブログタイトル恋する小鳥
ブログURLhttp://savannasahra.blog19.fc2.com/
サイト紹介文マメルリハを研究しながら、毎日試行錯誤して小鳥たちと暮らしています。
自由文コニュア、オカメマメルリハ、羽衣セキセイ、ネザーランドドワーフにダップーの恋と繁殖を見つめる独身楽園日記。蓮や薔薇やランチュウとベタも愛でております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2005/08/15 02:07

S子 さんのブログ記事

  • どうしてもはさみたくなる
  • ポーチとか、小さいケースとかあると、どうしてもみどちんをそれで包みたくなる。またみどちんが大人しく挟まれてくれるので、片手で「さ、ハンバーガー食べようっ…と思ったらみどちんやん!」とか、「お金出そうっと、そうそうこの緑のね…ってマメルリハやん!」みたいなひとりボケつっこみをやってみどちんと遊んでる。尾の短いマメルリハならではの遊びだと思う。みどちんは挟まれ慣れているので、羽つくろいとかしてくつろい [続きを読む]
  • ひまわりが通り過ぎる
  • あまりの暑さに、植えたはずのヒマワリがほぼ咲き終わってしまいました。花も咲いたけどすぐに散ったらしい。残骸を片付けながら、猛暑すぎて閉口してしまった。母がガンとして実家のキッチンにエアコンをつけるのを嫌って拒否してきたのだけれど、今年は暑さが過ぎて耐えられないらしく、我慢しているうちに祖母と母のふたりして具合を悪くした。90代と70代の親子ふたりで放置しすぎたのが悪かったのかもしれない。とりあえず [続きを読む]
  • 羽が扇子の骨みたい
  • ちょっとだけ遠くに出かけなくてはいけない。お別れが心配。暑いから、ふんわりみどちんも、しゅっとしてタイトなレディになっている。羽が全部綺麗。あなたは全部全部綺麗。すぐ帰ってくるからね、ちょっと待っててね。ランキング用バナーです。記事を見てくださった方、いつもお越しくださっている方有難うございます。記事が面白かった、役立った、写真が好き、などの方はバナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお [続きを読む]
  • あえての枝豆とバナナのあまじょっぱサラダ
  • あえての塩分について成人女性に1日に必要な塩が7グラムで、小さじ一杯が6グラムくらいになるという。私は今1日に小さじ半分の3グラムしか取ってないので、もしかしたら猛暑の今じゃ、ちょっと足りてないのかもしれないから、枝豆を足すことにした。枝豆を茹でるときに雪塩を使いながら、本当にうすーく茹でで、それを自分と鳥たち用にしている。我が家のマメルリハは塩土だのペットリンだのミネラル系など色々そろえてみても [続きを読む]
  • 待ってる
  • 猛暑で蕾からなかなか開くことなく枯れてしまうと連絡のあった蓮が、本領を発揮して次々と咲き始めたと、また連絡が入る。蓮の花言葉は「清らかな心」、「何事にも染まらない」、「神聖」などいくつかある。でも私が庭に植えているのは、すべて一緒に暮らしてきた鳥たちへの鎮魂なので、その中で一番しっくり来るのは「救ってください」。最近、お仏壇を作り付けであしらってくれというお仕事が入るようになった。今までの古い仏壇 [続きを読む]
  • 京番茶のこと
  • 子供の頃、大きなヤカンをふたつ使って、番茶を作るのが毎日の日課でした。当時は我が家ではまだ蛇口から井戸水が出るのが普通でしたから、基本的に水は飲まず、常にこの番茶が家族の水分でしたので、毎日沢山作っておくのが、私の人生で一番最初に覚えた家事だったと思います。当然足りないと怒られ、残るともったいないので、最後の一滴まで飲んで空にしなくてはいけません。母は嫁いできた家のそういうことを踏襲することが好き [続きを読む]
  • 粟穂リース巻き巻き
  • たまに、大量に注文をいただきます粟穂巻き巻きリースです。粟穂巻き巻きするときに針金を使用しないので、ちょっと作るのが難しくこつがいります。クリスマスシーズンに立派なお花や麦穂のリースが沢山出回りますが、あれは戸外で雪にも風にも耐えるためにも、しっかりグルーガンや針金であちこち止めてあるんですよね。鳥が食べるため用なのでそういうことはできませんから、あとはもう植物の枝の流れにまかせていくだけなんです [続きを読む]
  • 暑いですが、胃が元気です。
  • 毎日暑いですね。本当に本当に、暑中お見舞い申し上げます。天気予報がここのところずっと晴れマークで、最高気温38度が並んでいたのに、ふと見ると次の日が暴風雨でした。極端ね・・・。台風が来たら久しぶりの雨に会えます。雨が一番好きです。早く降って欲しい。エアコンとテレビがない相変わらずの夏なのですが、今年はサウナのような汗が、気持ちいいと感じるようになりました。去年までは夏はいつもヘトヘトでしたし、何度か [続きを読む]
  • みどちんはいつも胸で手を組む
  • みどちんは、とにかくずっと離れない小鳥です。だから部屋でふたりで過ごす時間が一番多い友達です。放鳥時間に飛ぶことは、小さな鳥にとっては危険も多いし、めっちゃ大事だけどめちゃめちゃ大事じゃないと思ってます。オカメインコなどはビュンビュン飛ばしてますけど、マメルリハは必要以上に滑空や飛翔を楽しんでいるようには思えません。どちらかというとぶら下がったりしてる時のほうが楽しそうだし、運動にもなってるように [続きを読む]
  • オリエンタルユリ エクストラバガンザ
  • ”エクストラバガンザ”奇抜なショー とらわれない自由 豪華絢爛 惜しみなく上演するという概念が好きで、エクストラバガンザものは集めるようにしている。日本でその名のついた品種が手に入るのは椿、ユリ、水仙くらい。ただ聡明な芸能人の方がおられるので、日本では花の名前というよりも、彼女の名前として知られていることのほうが圧倒的に多いと思う。今年のエクストラバガンザは早く咲きすぎたのか、いつもより一回り小さ [続きを読む]
  • ユーカリのベッド
  • 夏になったので、冬の間に収穫して干しておいたドライユーカリのストックがほとんどなくなってしまいました。今の時期の葉ではドライにするには香りや厚みが足らないので、秋までしっかり育てていますから、間引いた生葉を鳥たちにあげるくらいで、ドライはしばらくお預けです。ユーカリの葉を自分ごのみに乾燥するのにはコツがあって、保管の間はずっと目が離せないところがあるので、今この夏の間は、もうユーカリの葉の状態を考 [続きを読む]
  • ストローの怖さ
  • 最近話題になっている使い捨てストローについてですが、どんどん使わない風潮が拡がっていくそうです。私もストローを何色か買っていてそのストックを使い切れないで持っています。100本入りなどで売ってますから、なかなか使い切れないですよね。朝食にプロテインスムージーを飲むようになって、また使い始めたら、普通に飲むよりストローで飲む方が美味しく感じられ、満腹になりやすいことから、ストローの良さもあるなあと見直 [続きを読む]
  • コンカドールと平安
  • 沢山のユリがもう咲き終わっています、夏の花というよりも梅雨の花になってきました。異常気象が続きます。コンカドールはイエローカサブランカ。ひとつの花が30センチを越えます。巨大です。一般的な白いカサブランカよりちょっとだけクセのある香りがします。芳香力はすごいです。カサブランカは花首付近で切って、一輪挿しにいけるのが一番好きです。まだまだ台風が来たり、大変な夏になりそうですが、皆様と皆様のご家族と、動 [続きを読む]
  • 結界をまた張る
  • この度の西日本豪雨により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。ようやく雨がやみました。雨の音を聞き入るように静かだった鳥たちも、少し元気を取り戻したようでした。裏が山で土砂崩れしてこないかいつも大雨や台風のときはドキドキしますが、今回が一番緊張して寝ずの番でした。鴨川を越えた向こう側の仕事に行こうとするひとにも行かない [続きを読む]
  • オウム違い その2
  • 私は春分の日が誕生日だ。最近では嵐さんの嵐さんによる嵐会の模様がDVDになっていて、全部を見るまでに何日もかかってるし、まだ途中だけど、収録がその日だったことが冒頭でわかって、あ、この飲んで食べて宴を催されてるのがあの日かあ、みたいなちょっと嬉しいというか、なじみを覚えるというか、そういうこともあった。だけど、1995年の3月20日、この日に起こったことだけはやけに思いだす。自分の誕生日の前日、私はバイ [続きを読む]
  • オウム違い その1
  • 歯医者に通っている。それがなんというか、気が合わなくて、すこぶる嫌で、ものすごくストレスになっている。その老人は私が鳥を、オウムを愛していることを聞きかじり、しかし身近にオウムを飼うようなひとを知らなかったため、真実は私がオウム真理教の一員なのだろうと思っていたそうで、数年前から警戒していたとガハガハと嗤う。患者に口を開けさせたまま、平気で友人からの電話に出て夕べの飲み会での出来事を長々と喋ってい [続きを読む]
  • ネモフィラの納得
  • ネモちんが、今年の春、本気の卵を産んだ。去年は産んではみたけど、そういうのじゃないの という顔をしてケージの隅にぽつんとひとつ、無精卵を落としただけだった。ネモフィラの彼氏はアメリカンホワイトのスワン君で、ちょっと年は取ってるけど、ずっと男同士のカップル君だったのをネモちんが追いかけ回してモノにしてきたもの。そのスワン君は、その卵を見て「ここに卵あるけど!どうするの?!」と、オロオロして抗議してい [続きを読む]
  • マメルリハの寿命
  • アゲハが立派なマメ男子になっていますが・・・。恋が全然うまくいきません。ですからいつもひとり、おひとり様の男子は特に嘴のケアが行き届かない気がします。カップル豆は嘴がつるつるピンクの子が多いのです。互いにGroomingして血行も良いからでしょうか。このかさつきが気になります。マメルリハの寿命って今現在では、現地の環境で適切なケアを受けたとして推定20年から25年と言われているそうです。でも広く飼育される [続きを読む]
  • ビタミンDのこと
  • 鳥さんがビタミンDを摂取しようとすると、2種類の方法があります。1つはビタミンDを含んだ食餌を食べることもう1つは太陽光を浴びることビタミンDは体の骨を作ってくれるので、太陽光に当てないと骨がもろくなったり、繁殖がうまくいかなかったり、小鳥さんがだるくなったり。最近ジリジリとした太陽のなかで外で仕事していると、暑いなあ、でも気持ちいいなあと感じます。私は家も仕事場もベースはとても日陰にあるので、太 [続きを読む]
  • ビオラ なごみももか しんしん
  • なごみももか しんしんは、みんな違う花が咲いて、それもたくさん咲くので、本当に綺麗でした。ビオラは植えるときに根本まで切り戻す植え方をしていたので、冬の間はほとんど花が見れませんでた。そうしたら天候が悪くダメになった苗が続出で、うまく育てられない失敗の年になってました。でも、なごみシリーズは失敗しませんね。大変強い。冬を我慢した分春は一気に咲いて、それがずっと続いてました。ビオラは食べれます。エデ [続きを読む]
  • うえたコレクション サンセットオーシャン
  • 今年一番のビオラがこのオレンジと紫のど派手なビオラさんで、すごくすごくすごく気にいってました。この派手な彩色で他が霞む勢いだった。ただこんなビオラ植えた覚えがなくて・・・。そう書いたあと、もう一度リストを調べていたらようやくわかりました。うえたコレクションのサンセットオーシャン!おおー、本当にサンセットオーシャン色ですね。海上で夕日が沈むの見るのってすごく感動しますよね。ダイビングしてたときは、い [続きを読む]
  • 何故君は沈む
  • 今年は蓮の土替えをやっているヒマがありませんでした。ただ二年連続で同じ土でも、2年目のほうが咲いたこともあったので、あまり心配はしていません。化成肥料と液肥をしっかりあげて、あとは多めにメダカさんを入れてかき回してもらって、天に任せます。咲いている薔薇はサンテグジュペリ。星の王子様に出てくる赤いバラの花は、サンテグジュペリの奥さんがモデルだそうです。この花は本来は明るいローズ色で、サン=テグジュペ [続きを読む]
  • 辿り着いたダイエットは鳥さんが先輩だった その5
  • なにかひとつ変えることができたら、またひとつ変えることができそう。そのわずかに芽生えた希望から、ダイエットを始めました。まずは食事から。そして身の回りのダイエット。減少。減少。減らしていくこと。ベッドもソファも毛布も本も服も捨てたけど、もっともっと減らして核になりたい。もしも突然死んだときに、兄弟に遺品や遺骨の整理で迷惑かけたくないという不安がここ数年ずっとあって、夢にもよく出てきました。鳥たちは [続きを読む]