うるとらまる さん プロフィール

  •  
うるとらまるさん: いつでも「いっぱいいっぱい」続・小学校教師のキモチ
ハンドル名うるとらまる さん
ブログタイトルいつでも「いっぱいいっぱい」続・小学校教師のキモチ
ブログURLhttp://ultramarutti.blog26.fc2.com/
サイト紹介文静岡に住む小学校教師の「生き様」です。平日は仕事、休日は子育ての記事が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2005/08/28 23:19

うるとらまる さんのブログ記事

  • やはりこれは異常。
  •  今、ようやく指導案を作り終えた。夜中1時の5分前。久しぶりの午前様。昨日の行動を振り返る。朝5時に起きて、参観日の授業の支度をしていた。朝6時、朝ごはんと、トウヘンボク君のお弁当作り。朝7時 朝ごはんを食す。朝7時20分ごろ 出勤 からの 一日参観日。夕方4時 子どもたちを帰す。夕方5時半まで会合それから、今日の子どもたちのワークシートをチェック。国語のノート書き込み。総合学習のワークシートチェ [続きを読む]
  • 今年の夏休みは。
  • 今年の夏休みは、いつもとは違う夏休みになりました。11月に地区リーダーとして、総合学習の授業を公開するので、ずっと単元の指導計画について、考える日々が続きました。うちの学校は「福祉」をテーマに総合学習を行います。それに、これからの指導要領で求められているものを加えたらどうなるだろう…ネットでは新指導要領の解説がアップされています。夏休みに入る前に、ある程度は仕事用ノートに単元計画を立ててはいたので [続きを読む]
  • 予測できない未来へ向かう。
  • 今週は個人面談だった。ボスからの指示は「保護者を笑顔で教室から帰すこと」。そうだろうな。辛辣な話したって苦しくなるだけだ。今の学年は、「お勉強が苦手な子」が多い。でも、「何ができないか」を話すのではなく、「何ができたか」を中心に話をした。あなたのお子さんは、こんなに力を伸ばしたよ。あなたのお子さんは、ここまでがんばったよ。自分が願っているのは、どの保護者の方も、自分の子どもと共に頑張ってもらいたい [続きを読む]
  • やるだけやってみた。
  • 先週は大雨の中、京都に出かけてきた。目的はサッカー天皇杯を見るため。自分の推しクラブと、教え子が在籍する京都サンガの試合。普段、アゥエーの試合に行くことはないのだけれど、こんな機会はなかなかないと思い決意。トウヘンボク君からは「バカじゃないの」と言われましたが。雨の高速、窓に当たる大雨。前がまるで見えない。轍に溜まる水が、車を明らかに減速させる。高速走行しているはずなのに、これは怖いと思い停止した [続きを読む]
  • 「経験したことのない未来」
  • 久しぶりに更新をします。久しぶり過ぎて、パスワードが思い出せなかったのであります。この3ヶ月近く、いろいろ大変でしてこの仕事を辞めようかと思うこともありました。でも、実際問題として、大学生と高校生と家内を養っている以上、辞めるわけにもいかないし、この仕事はやはりつぶしがきかないと思う時もありましたし、とにかく、この仕事をし続けるしかないのかなと思うワタシであります。この大変さの中で学んだことは、自 [続きを読む]
  • 怒らないようにするには。
  • 今日は、おこりんぼさんと沼津まで出かけた。最近、500円でラーメンが食べられるクーポン雑誌が発売されて、「歩く」目的が、「ラーメンを食べに出かける」ことになったからだ。ただ、彼女は聴覚過敏気味。子犬の声で冷や汗がダラダラ。今日は高校の部活動の声が気になり過ぎてしまったようだ。どうしようもないことなんだけれど、ムカっとしてしまう。怒りは二次的感情で、その根底には様々な気持ちが込められている。思わず、 [続きを読む]
  • それでも。
  • 今日は結婚20周年記念日。 といっても大したことができなかった。 昨日、一昨日と少々遠出をしていたので、体力の回復が今日の目的。 それでも、一日ずっとおこりぼさんといた。 それはそれで幸せなのだ。 あと何年共にいるのか分からないし、残りの年数を決めたくもない。 それでも、共にいようと思った。 [続きを読む]
  • 「裏通り」だったからこそ。
  • 今日は、おこりんぼさんと富士市に出かけた。ワタシたちのお出かけはJRの「さわやかウォーキング」のコースを利用している。お昼は田子の浦で「しらす」を食べた。美味。ご飯を食べ終わる時には、雨が止んできた。次は吉原。吉原の街は「宿場まつり」で賑やかだった。ただ、この音。おこりんぼさんには必要以上に響く。ウォーキングゴールの岳南鉄道の駅に向かうために、賑やかな表通りではなく、一本裏通りを進むことにした。それ [続きを読む]
  • とりあえず、歩いて、食べる。
  • 今年度、いろいろと悩まされることが多い。当然細かなことは言えないのだけれど、多様化する時代のための教育をするのに、指導者の「個」は尊重されにくい。そんな「時代の流れ」が見えない自分は、かなり悩まされている。家庭の方でも、おこりんぼさんの体調が昨年からあまりすぐれず、今は家で「療養中」を続けている。そんな、ワタシたちがお休みの日に出かけるのは散歩。近場を歩き、ラーメンを食べて家に帰る。ほんの2、3時 [続きを読む]
  • 帰省する。
  • 教員免許更新講習を受けている中、羽だけ娘が帰ってきた。お金の節約といい、青春18切符で帰ってきた。実感したのは、新幹線の速さ、便利さ。そして静岡県内を走る東海道本線は、「快速」「急行」がないのかという疑問。親としては、一人暮らしの娘がなかなか食べられないものをと、娘が希望するものを作って、「おもてなし」をしたつもり。それでも娘にとっては、「家族で食べる」ことが大事だったのかもしれない。久しぶりに家 [続きを読む]
  • ウケルー!!
  • 今年の夏休みは、あまり休みがない。それは、今週から始まった教員免許更新講習。この制度が決まった時は、「こんなのオカシイやん。講習受けなければ、免許がなくなるなんて。 医師免許だって同じようにすればいいのに」と正直思っていた。しかし、ワタシが受ける年になったら、文句は言えないようだ。この制度を決めた政権は相変わらず元気だし、世間様もこの制度を支持されているようである。というわけで、今年度か来年度に講 [続きを読む]
  • 夏休みだけれど。
  • ようやく夏休み。 だけれども、子どもから解放されただけで、仕事からは解放されない。 研修、職員作業、講演会、研修会に参加する予定と、教員免許更新講習を受けたら、 5日くらいしか「学校」から離れられる日が無い。 10年に1度の免許講習は少々しんどいかもしれないが、前向きに捉えることとする。 まだ他にもやりたいことはたくさん。 まずは、リーダーとしての本をたくさん読みたい。 一匹狼的に活動してきたワタシにと [続きを読む]
  • この仕事はやはり。
  • 3年生を教えるのは楽しい。理科でバッタを捕まえて、少々かわいそうだが、透明カップに入れて体の様子をじっくりと観察する。下から眺めることで、昆虫の脚は「頭・胸・腹」の「胸」から6本付いていることが確認できる。子どもたちは素直に驚きながら観察に熱中する。来週から夏休み。仕事で悩まされることも多いのだけれど、やはりこの仕事は楽しい。教職員免許更新講習もこの夏休みに行う。一週間の集中講義。いやぁ・・・遊べ [続きを読む]
  • 本当の火の神とは。
  • 木曜日の夜は、勤務時間外の仕事があった。それは昨年度付き合った子ども達の野外教室のお相手。要は応援というか、冷やかし。夕方、子どもたちが泊まるキャンプ場に出かける。新しいボスも、昨年度から引き続きこの学年を受け持っている若造君も雨男らしく、山の上は一日ほぼ雨模様。午前中のハイキングが多少の雨でもできたことが幸いだった。子どもたちは晩御飯を食べ、キャンプファイヤーの準備を始めていた。ワタシが車の中に [続きを読む]
  • 歳を喰う。
  • 父の日ということで、おこりんぼさんからプレゼント。フェイストレッチ。 悔しいがなかなか凹ませられない。いとも簡単に凹ませられた家族。無理矢理息を吸おうとする顔に、大爆笑される。しかし、いつもおこりんぼさんは、ワタシに試練を与えたがる。 [続きを読む]
  • 新興宗教を開く。
  • 羽だけ娘が、本当に関西に旅立ってから、わが家の休日はワタシとおこりんぼさん、そしてトウヘンボク君と過ごすようになった。特に何もすることがない日は、おおよそラーメンを食べに行く。そんな中での会話。息子いわく、「新興宗教を開く。それは勉教」勉強をすれば幸せになる!経典は教科書!確かにそれはそれで正しいことなんだろうけれど、中間テスト勉強で疲れてはいないかと少々心配するワタシでした。 [続きを読む]
  • 傷だらけのヒーローだからこそ。
  • ちょっと前だけれど、運動会の日。うちのクラスの目標は、「○組に勝つこと」。練習で全く歯が立たなかったクラスに勝ちたいというシンプルなもの。担任としては、ここまでよくやったと思う。練習試合の度に、目標を「足を繋ぐ紐が取れないように」「バトンタッチを1秒以内で」などと、記録を上げるために改善策を練り、確かに力を付けた。そんな方法論を示すワタシも最後は精神論。「ここまで取り組んでも追いつけない相手なら、 [続きを読む]
  • 今のワタシの、子どもたちの伸ばし方とは。
  • 週末は運動会。学級対抗競技では「二人三脚」に取り組む。学年を組む先生たちは、熱心に子どもたちを練習に誘う。これはいいことだと思う。ただ、「勝つこと」が目標にならないようにしたいと願う。できれば、もっと先のことを考えたい。あくまでも運動会は通過点。「何がうまくいって、何がうまくいかないのかを教えて。」ワタシの姿勢として、ただ「練習する」という練習は意味がないと思っている。何が課題で、その課題を乗り越 [続きを読む]
  • やはり誰かの為に尽くすことだよ。
  • 春の遠足。行き先は「富士山子どもの国」。天気は快晴。ワタシが主任になってから、担当する行事で雨はない。晴れ男だと自画自賛する。子どもたちが小さい頃から、遊び慣れている場所。草原の道のどこをどう行けばどこにたどり着くか熟知している。学年の打ち合わせで、一日をどのように過ごさせるべきか話し合った。担任が連れて回る方法を言う方もいた。でも、敢えて「グループで計画を立てて半日を過ごす」という取り組みをする [続きを読む]
  • 家庭訪問は忙しいのだが。
  • 家庭訪問週間に入った。いつもの午後の時間、子どもたちが帰ってからの時間が、授業の準備など行うことができる貴重な時間だけれど、新しく受け持った子どもの「背景」がわかる貴重な家庭訪問。玄関の周り、家の様子、なんとなく子どもの「第一印象」と共通するものが多い。例えば、机の上を散らかし気味の子のご家庭も、やはり同じような感じがした。もうひとつ意味があるとしたら、あらためて学区の様子を知ることができるよさが [続きを読む]
  • 当たり前ながら。
  • 久しぶりの更新。まだ生きています。免職にもなっておりません。羽だけ娘の受験→大学進学とバタバタとした3ヶ月でした。彼女は、自分の希望を意地でも通してしまい、関西の大学に進学を決めました。念願の一人暮らし、楽しそうであります。私は、おこりんぼさんと、トウヘンボク君とともに、生きています。 [続きを読む]
  • 年の初めに。
  • お正月って何が、めでたいのだろう?何が嬉しいのだろう?そんな思いで年明けを迎えた。おととしの暮れに、義理の父親の死に直面してから、我が家のリズムが明らかに崩れた。同じ年の夏に遭った交通事故についても、示談交渉すら入ることができず、ただただ「待つ」だけの一年だった。生きるということが、楽しいと自然に思える人が当たり前だと思っているのだけれど、そうでもない人も少なからずいる。昨年一年間を乗り切れば、少 [続きを読む]
  • いつの間にか。
  • ぼちぼちとブログを書き続けて、もう何年たっているのだろう。世の中に教師という仕事についてお伝えしようと思って始めた「ブログ」という情報発信手段。いつの間にか、情報化社会に乗り遅れ、ワタシはツイッターですらよく分からない。スマホも最近、家内のお下がりをもらって使ってはいるが、ようやくラインが分かってきたところ。ま、それだけ時間が経過しているということで。先週から、うちの「羽だけ娘」の大学出願に向けて [続きを読む]
  • この世を動かしていくのは。
  • 若造君が提案した言語活動の時間も、後半戦を迎えた。子ども達は自らの生活を調査する中で、「課題」を見つけ、その課題を解決する取り組みを考える。廊下を走る子が多い トイレの使い方が悪い学習の準備がよくない…とまぁ、課題は出るわ出るわ。気になったのは課題解決に向けての取り組みだった。子どもたちの考えはおおよそ2つ。「呼びかける」と「ポスターを描く」のどちらか。経験がないから仕方がないとは思うのだけれど、 [続きを読む]
  • あと出しジャンケンの後。
  • 「研究授業はあと出しジャンケンだからね…。」金曜日の理科室。支援員をされている大先輩の方がおっしゃった。午後からは、若造君の研究授業の日。確かに、この方がおっしゃることは事実だ。ここまで懸命に、今日の授業について話し合ってきた。若造君は、何度も指導案を書き直した。変わるたびに赤ペンで指導案に添削を入れるワタシ。それでも、研究会に参加される方にとっては、これからの1時間を見て、授業の出来を判断される [続きを読む]