takeyan さん プロフィール

  •  
takeyanさん: 和光市議(最年少) 松本たけひろの持続可能な改革日記
ハンドル名takeyan さん
ブログタイトル和光市議(最年少) 松本たけひろの持続可能な改革日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/takeyan/
サイト紹介文いわゆる若手・保守系無所属市議の日々の雑感や議会紹介です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2005/09/02 09:40

takeyan さんのブログ記事

  • 6月定例会閉会
  • 大阪の震災ではまた、尊い命が失われました。心からご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された方々にはお見舞い申し上げます。さて、昨日、震災を踏まえ、学校施設など公共施設のブロック塀等の点検、通学路の危険箇所の確認等、あらためて指示しました。続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 橋本健二氏の「新・日本の階級社会」読了
  • 居酒屋ネタで有名な社会学者 橋本健二氏の「新・日本の階級社会」を読んでみました。日本社会が格差社会ではなく、その格差が固定した「階級社会」になっているのではないか、という問題意識から書かれた本年前半のベストセラーのひとつ。 例として、著者としての階級の類型である資本家階級、新中間階級、労働者階級、旧中間階級間を示し、その格差や階級間の移動状況の経年的な変化を見て、著者は資本家階級への他の階級からの [続きを読む]
  • 読後記「新・日本の階級社会」
  • 居酒屋ネタで有名な社会学者 橋本健二氏の「新・日本の階級社会」を読んでみました。日本社会が格差社会ではなく、その格差が固定した「階級社会」になっているのではないか、という問題意識から書かれた本年前半のベストセラーのひとつ。例として、著者は資本家階級、新中間階級、労働者階級、旧中間階級間の格差や階級間の移動状況の経年的な変化を見て、著者は資本家階級への他の階級からの移動が困難になったこと、労働者階級 [続きを読む]
  • 政党の将来ビジョンは伝わっているか?
  • 何をどう騒いでも、合併をしようと、野党の人気がピクリとも回復しないのは、我が国の将来ビジョンを十分に発信できていないからだと思います。 与党には一応ビジョンがあります。それが製造業の復活という中進国モデルが中心で、私なんかはそれでは儲からないと思うし、自民党にも気づいている人の多い、より付加価値の多い分野へのさらなる傾倒が必要とは思いますが、でも、ないよりはマシ。いや、ない(ように見える)のと比べ [続きを読む]
  • わこう健康マイレージ体力測定会
  • 最近、皆様をお誘いしている「わこう健康マイレージ」の体力測定会に参加しました。まず、足指力の測定。担当保健師が「最高記録」と上手くおだてるのだけれど、そりゃ参加者の平均年齢を考えたら当たり前です。そして、握力や前屈、片足立ちを続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 私事ながら…
  • 私事ながら、誕生日のお祝いコメント、メール、メッセージ等をいただきありがとうございます。個別のお返事はできていませんが、この場でまずは日ごろからのご厚情にあらためて感謝申し上げます。さて、私もとうとう49歳になってしまい、40代もあと1年となってしまいました。2009年5月26日から市長職を務めさせていただいておりますので、私の40代はこれまで、市長候補者としての3日間、当選者としての9日間、残りは市長として仕事 [続きを読む]
  • AI、ディープラーニングと人権etc.
  • 先日、慶應ロースクールの憲法の山本先生にお目にかかる機会を得て、多岐にわたる意見交換をさせていただいたのですが、あらためて思うのは、我が国の政界や論壇の扱う中心テーマのプライオリティが狂っているということ。山本先生の扱っておられるAIと人権の問題は古くからSFのテーマとなってきましたが、我が国では立法に至る道筋は遠く、EUなんかと比較すると周回遅れ。今、就活の学歴バイアスなんてことが話題になっていますが [続きを読む]
  • 総合行政システム災害協定締結式
  • 浦和ロイヤルパインズホテルで総合行政システム災害協定締結式が行われました。和光市は、AGS社製の総合行政システム パブリンカーをクラウドにより導入しています。今回は同じシステムを導入している本庄、東松山、羽生、深谷、幸手さらにはAGS社とともに七者協定を締結しました。大規模災害によりシステムがダウンした際には、速やかにAGS社が設定を変更、協定を締結する他の市のうち、いずれかのシステムを利用してデータを引き [続きを読む]
  • 「ワンオペ育児」という言葉が嫌いです
  • ワンオペ育児、という言葉に抵抗を感じます。いや、大嫌いです。育児ですよ。赤ちゃんを育てるんです。赤ちゃんと向き合うんです。育児ってオペレーションなんでしょうか。単なる言葉の問題ですが、私はOperationという言葉を辞書で引いてみてよ、と言いたい。 Operationとは、一番メジャーなウェブ辞典では「運転、作動、運行、動き方、運営、経営、会社、企業、手術、作業」のこととしています。どうですか?育児はオペレーショ [続きを読む]
  • 今日は市内の入学式
  • 午前は北原小学校の入学式に出席しました。出席した一年生は3クラス84人。もじもじしながらも最後まで全員が話を聞けました。私からは、学校で学ぶことはみんなが生きていくための力になるので頑張って、できるようになったことはどんどん家族の方に教えてあげてくださいね、とお話ししました。保護者の皆様には、コミュニティスクールのこと、地区社協のことなど、地域と学校のつながりを強化していることなどについてお話ししま [続きを読む]
  • 文書改ざん問題を見て思うこと
  • (論考は小室直樹さんとか、大塚久雄さんとか、その他もろもろの受け売りです。) 文書改ざん問題を見て思うこと。 一神教の国とその他の国での契約やルールに関する考え方の違いが、普段は個人の倫理観や組織の規律によって隠されていて、しかしながらこういう場面では露呈する、そんなことをニュースを見ながら考えています。 要するに一神教世界では契約は唯一の神との契約による絶対のもの。だからこそ、契約は厳正に定め、守 [続きを読む]
  • あの日から7年
  • 東日本大震災から7年。あの震災がなかったら人生が交差することのなかったたくさんの方々と出会い、震災がなかったら考えなかったようなことを考えました。振り返ると、阪神淡路大震災もそうでした。日本という国土は大きなリスクに満ちていて、しかしながら、大きな恵みもたらしてくれる、そんな土地です。首都圏の人間も、いつ起こるかわからない、大きな災害リスクと隣り合わせに生きています。阪神淡路からたくさんのことを学 [続きを読む]
  • 和光市の国保も介護保険と同じ3年ごとの計画制度に
  • 行政によるサービスは基本的に費用がかかります。ですから、基本的にはサービスが拡大したら、どこかのタイミングで税や保険料の負担が増える、ということになりますね。では、負担を増やすのはどのタイミングが適切か、という議論が昔からあります。基本的に、サービスの受け手からすると、なるべく早くいいサービスを受けたいですよね。しかし、仮に先にサービスを拡大して、負担は据え置いたとします。基本的には、将来、負担を [続きを読む]
  • 来年の鍋グランプリは姫路開催。でも、ご安心ください
  • 昨日の鍋グランプリの新聞各社の報道を見て「え?」と目を疑った方も多いかと思います。とりあえず来年のニッポン全国鍋グランプリは、姫路の大手前公園で世界遺産姫路城をバックに開催されます(そしてまた和光に戻ります)。和光市の冬から鍋グランプリを取ったら何も残らない、との悲鳴も出ているようですが、ご安心ください。斉藤商工会長との話し合いのなかで、1日開催で規模は縮小しますが、従来の「続きをみる『著作権保護の [続きを読む]
  • ニッポン全国鍋グランプリ2018、無事に閉幕
  • ニッポン全国鍋グランプリ2018 が無事お開きとなりました。ご来場者様、関係各位に心から感謝申し上げます。主催者発表を一部転載させていただきます。私の体調不良による欠席をあらためてお詫び申し上げます。??参戦鍋:62鍋(北海道〜熊本まで24道県)??アンテナショップ:50店??結果発表 ①本場和歌山日高町の天然クエ鍋 ②牛すじシチュー:埼玉県和光市 ③名取せり鍋:宮城県名取市 ④つがるにんにく塩こうじ鍋:青森県つ [続きを読む]
  • 桜井南相馬市長、敗れましたか…。
  • 桜井南相馬市長、敗れましたか…。桜井市長はもともと篤農家。乳牛を飼い、田を耕し、地域の自然をこよなく愛した方です。東日本大震災の際に世界的な注目を集めましたし、今回の選挙でも原発の是非に注目が集まりました。しかし、桜井さんはあくまで地域から発想し、いかに南相馬を盛り上げ、復興するか、という視点から考える方でした。農家として苦労され、農の視点で福島を盛り上げたい、という思いで市長になった彼にとって、 [続きを読む]