kazuyo さん プロフィール

  •  
kazuyoさん: 「ジャズアレンジ講座」ピアノ楽譜ダウンロード
ハンドル名kazuyo さん
ブログタイトル「ジャズアレンジ講座」ピアノ楽譜ダウンロード
ブログURLhttp://pianolife.blog19.fc2.com/
サイト紹介文「楽しくジャズアレンジ」を展開、オリジナル譜も掲載。美味しいもの、ガーデニングなど日々の暮らしも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2005/09/04 18:27

kazuyo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • コンサートのご案内
  • またまた久しぶりの更新です。11月10日、二宮周平さんご夫妻のオペラコンサートが、阪急御影世良美術館で開催されます。闘牛士の歌、オー・ソーレ・ミオ、泣かないお前・・・などのイタリア歌曲に加えて、浜辺の歌、荒城の月などの日本歌曲もあり、多彩なプログラム構成となっています。午前には、「親子で楽しむ0歳からのオペラコンサート」もあり、幼い子供さんにもクラシックを楽しんでいただける良い機会と思います。世良美術 [続きを読む]
  • 拍手コメントをありがとうございます!
  • 愛さま去年、手術されたのですね。私は、2013年以来、虎ノ門へは行っておらず、4年間放置状態です。手術から7年間は毎年検査しており、その間変化は無いので「もう大きくはならないだろう」と思っています。腫瘍が残っていても、大きくさえならなければ、何の問題もないので、愛さんも、しばらくは「ホルモン数値」も含めてしっかり「観察、検査」されて様子を見られたらいいと思います。今後、大きくならなければいいですね。 [続きを読む]
  • ヒヤシンスの水栽培
  • 1ケ月前に、ヒヤシンスの球根を瓶に設えて、水栽培を試みてみました。2週間後↓縮れてクシャクシャだった茶色の根が、すぐに延びて白くなり、花芽も見えた!で、今日撮った写真が、これ↓すくすくと育って開花しそうです。 [続きを読む]
  • ラフマニノフ「ピアノコンチェルト2番」 聴き比べ
  • いつの間にか、年が明けてました。今年もよろしくお付き合いくださいませ。ラフマニノフのピアノコンチェルト2番と言えば、フィギュアスケートでもよく使われる、つとに知られた名曲ですが、ピアニストによってかなりイメージは違ってきます。最近のピアニストで聴き比べをしてみようかな。私の好きなピアニストのひとり、ノルウェーのレイフ・オヴェ・アンスネスと、かたや日本の辻井伸行。アンスネスの2番は、圧倒的な技術力に [続きを読む]
  • 北斎展
  • 先だって、あべのハルカスで開催されている「北斎展」を見に行きました。チケットを買うのに30分、入場するのに30分と大行列でしたが、入場者数が21万人を超えているそうです。200年前に描かれた作品とは思えない「アートとしての現代性、斬新性」に驚嘆。江戸時代であるのに、今、描かれた言われても、なんの違和感もないです。デフォルメされた大胆な構図に、きめ細かい細部の巧みさが「余人をもって代えがたい」世界を繰 [続きを読む]
  • 内田 樹 講演会
  • 昨日は、「村上文学の魅力を語る」と題された、内田樹氏の講演を聞きに行きました。その前に、灘区役所に選挙の期日前投票に行ったのですが、30分も待つほどの盛況ぶりでした。内田樹氏といえば、テレビには決して出ない思想家、学者として著名ですが、ツイッターを毎日チェックできるほどの発信力の持ちぬしでもあります。(私も毎日チェック)日々、日本中を講演されてるようで、67歳とは思えぬ体力はどこから来るのか、武道 [続きを読む]
  • 滋賀県高島市「新旭水鳥センター」
  • 快晴に恵まれた昨日、1年ぶりに滋賀へとドライブしてきました。琵琶湖西岸の比良から高島市へと巡る行程。比良では「森のカフェ アチャ」でランチ、高島市では「新旭水鳥センター」でバードウォークを楽しみました。Hpより拝借↓ひとりでも実施してくれる「ガイド付きウォーク」ガイドさんが野鳥を見つけては、携行してきた望遠鏡で説明してくれます(¥400)湖や岸辺の野鳥を観察しながらの、小1時間の散策は気持ちよかったで [続きを読む]
  • ブックマークのアイコンが消えた??
  • 最近、サファリのブックマークアイコンが挙動不審な動き・・・ついたり消えたりするので、アップルのサポートに電話してみました。サファリがサイトからの情報を受け取らないのか、あるいはサイト側が情報を流さないのか?後者であればアップルのサポード外となるのですが、たまたま親切な人に当たって、2日間にわたって対応してもらいました。ブックマークアイコンとは、サイトファビコンともいい、元々はこう↓サイトから提供し [続きを読む]
  • バベルの塔
  • 久しぶりの更新です!大阪国立国際美術館で開催されている「ブリューゲル『バベルの塔』」を見てきました。鑑賞は20秒、待つのは15分くらいと、かつてのパンダ並みの人気です。ノアの箱船で生き残った人々が、天にも届けと建てた巨塔に、怒った神が、互いの言葉を理解できないように鉄槌を加えたという「旧約聖書」の物語。世界中どこでも、またどの時代でも、ノアの箱船や、バベルの塔は、人の琴線に触れる存在であるし、宗教 [続きを読む]
  • らっきょう漬け
  • 去年始めた「らっきょう漬け」水溶性植物繊維として、腸細菌の「エサ」になって、免疫力アップにつながる健康食品。毎日4〜5粒づつ食べられたらいいなあと、今年は5キロに挑戦しました。梅5キロ甘酢?水800ml、砂糖1キロ、酢1400ml1.梅は流水で洗い、塩少々をまぶして1時間寝かせる。2.水と砂糖を入れて煮立せ、十分冷ませてから酢を投入し、甘酢を作る。3.梅は1時間後、再び流水で洗い、熱湯を沸かせた鍋に、ザル [続きを読む]
  • アカデミア・デル・リチェルカーレ京都公演
  • 4月25日、京都府民ホール「アルティ」で、イタリア古楽のリサイタルがあり、イタリア語講座の仲間3人で楽しんできました。リコーダー二人、チェロとチェンバロの4人で演奏される「コレッリ、カステッロ、ヴィヴァルデ」ィ等のバロック音楽は素晴らしかった!短調でも長調でもない、純正律で奏でるメロディーは、独特の哀愁があり、心を揺さぶられました。個人的には、チェロが印象に残りました。躍動感ある音色とリズムが、曲 [続きを読む]
  • ワインのラベル
  • ワインのラベルって、かわいくてデザイン性の良いものがありますよね。左上がイタリアで、あとはすべてスペイン。  ふだん使いの、1本1000円くらいのワイン達。あまりお酒に強くないのでグラス1杯がせいぜいですが、夕食時に楽しんでいます。ラベル、なんとかきれいに剥がせないかな。 [続きを読む]
  • 京都市立京都堀川音楽高等学校指揮科にも合格!
  • 西宮高校に続いて、葉加瀬太郎や佐渡裕を輩出した名門校として知られる「堀川音楽高等学校」にも生徒さんが合格しました。ブログにもよく登場していただいた「けんと君」、幼少時よりピアノ、バイオリンを勉強してきた彼が選んだ道は指揮者。中学時代に加え、まさにこれからが伸び盛りの3年間、どれだけ成長するか、楽しみです。おめでとうございます!!なお、指揮科の歴史7年に於いて、卒業生は2名のみ、今年も受験したのはけ [続きを読む]
  • マルベッラのランチが進化
  • 元生徒さんのカフェ「マルベッラ」がますます美味しくなっています??「玉ねぎとチーズのせハンバーガー」手ごねならではの味わいが格別。キッシュやポテサラにプチトマト、しめじの和え物なども美味しい。ボリュームたっぷりの「鶏そぼろ丼」盛りだくさんの野菜が嬉しい。「生ハムサンドとおかずマフィン」マフィンの中にはゆで卵が丸ごと入っています。「おでんと茹で豚」たっぷりの野菜が5種も!神戸市灘区宮山町2-8-15 第2 [続きを読む]
  • S子さまへ
  • 拍手とコメントをありがとうございます。どんな病気にしろ、セカンドオピニオン(場合によってはサードオピニオンも)は必要です。ましてや下垂体腫瘍という珍しい病気でしたらなおさらと思います。虎ノ門は、年間300例を超える手術件数で、様々な症例を網羅していると思います。ぜひぜひ訪れてくださいませ。良い方向に向かいますよう、心から願っております!また、いつでもコメントくださいね。 [続きを読む]
  • ラスコー展 2
  • 狩猟のための石刃や槍なども、実用性にとどまらず、芸術性を帯びてきます。「体をなめるバイソン」「縫い針」縫い針の発明は、極寒の生活を一変させたことでしょう。最初に思いついた人は誰だったんでしょうね。素晴らしい!貝殻や動物の骨などをビーズに加工してアクセサリーにしたり、顔料でペインティングしたりと、おしゃれにも目覚めていくクロマニョン人。クロマニョン人は、紀元前4万5000年〜1万5000年前にヨーロ [続きを読む]
  • ラスコー展 1
  • 久々の更新です??国立科学博物館の「ラスコー展」に行ってきました。日曜日なのでコミコミでしたが、2万年前のクロマニョン人が描いた「洞窟壁画」と、動物の骨などて作った石刃や刀槍器(とうそうき)の芸術性の高さに、驚きました。5〜6万年前に「出アフリカ」を果たしたホモ・サピエンスが、ヨーロッパへと拡散した集団が、今回の主人公である「クロマニョン人」。狩猟採集生活を送っていた彼らにとり、厳しい氷期が終わっ [続きを読む]
  • サヌカイトという岩石
  • 香川県で産出される、サヌカイトという岩石が、楽器に変身!1300万年前、瀬戸内海の火山活動によって噴出した溶岩は、全体が均質で硬度7という硬さのため、叩くと美しい音色が出ます。昨夜、マリンバ奏者である小松玲子さんの演奏会で、始めてこのサヌカイトを見ました。美しく深い音色が長く響き、絡み合う独特の趣と風情に魅せられると共に、石器時代は、矢尻や石刃として使用され、長い年月を経て、「石の楽器」として生まれ変 [続きを読む]
  • 滋賀「生水の郷」
  • きのう、メタセコイア並木と「生水の郷」をめぐる滋賀ドライブを楽しんできました。メタセコイアは、まさに紅葉真っ盛りで観光客がいっぱい。もとよりこの木の紅葉は、そんなに綺麗ではないですが、ここのは、道の両側に整然と植えられた並木が2.4キロも続くのが他にはないポイントです。次に向かったのは、ここから車で30分、高島市の新旭町針江(はりえ)の「生水の郷」(しょうずのさと)比良山系に降った雨を伏流水として [続きを読む]
  • 東福寺の紅葉
  • 昨日25日、イタリア語講座の帰りに京都に足を延ばし、東福寺に行ってみました。金曜日の3時頃というのに、結構な人出。撮影禁止で話題の「通天橋、臥雲橋」は、古き佳き風情があり、素晴らしい。両橋の間に広がる渓谷も、カエデが見事で、先週あたりが満開だったのかな。外国人観光客の団体も多く、着物を羽織って京都を楽しむ彼らに、「隔世の感」を禁じえない思いでした。 [続きを読む]
  • 琵琶湖をぐるっと一周〜関西1デイパス
  • 昨日は、暖かくていい天気でした。JRと近江鉄道など一部乗り放題という関西1デイパス(¥3,600)を使って、琵琶湖を一周してきました。途中、彦根で降りて、彦根城見学。ボランティアガイドさん案内でのお城巡りは、歴史の勉強になって面白かった。人が多くて、天守閣は登れなかったけれど、3時間の充実コースでした。キャッスルロードを少し冷やかして、彦根駅から再び乗車、琵琶湖を北上して近江塩津駅(おうみしおつ)で湖西 [続きを読む]
  • ポンペイの壁画展
  • 兵庫県立美術館で開催されている「ポンペイの壁画展」に行ってきました。土曜日午後というのに館内はガラガラ、どうしたのかな?(ここの美術館そのものが、交通が不便で人気ないけどね)ヴェスビオ火山の噴火で消滅したポンペイ。紀元前5〜6世紀から繁栄してきた古代ローマ都市も、自然の前では無力。水蒸気爆発から小規模な火砕流へと続き、2日目に起きた大きな火砕流で、すべて飲み込まれてしまった。イタリアも、日本と同じ [続きを読む]
  • 過去の記事 …