TOP5 さん プロフィール

  •  
TOP5さん: 留守宅は大丈夫?
ハンドル名TOP5 さん
ブログタイトル留守宅は大丈夫?
ブログURLhttps://ameblo.jp/top5
サイト紹介文日本初!ネットワークカメラ専門のオープンデモショップは今日も進化!セキュリティ工房TOP5店長ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2005/09/05 07:29

TOP5 さんのブログ記事

  • 心臓内の弁不具合との闘い4:Y先生との出会い
  • 心臓外科手術は2週間以上の入院が必要で、仕事を続けている現状ではなかなか難しい。そこで夏季休暇を利用しての手術は可能かと、馬車道慶友クリニックのK先生に、今年の春に相談した。K先生は、手術の決断を喜んでいただいた。手術は、東京信濃町の慶応義塾大学病院。手術前の外来検査、入院検査を考慮すれば、8月手術なら3か月前からアクセスが必要と、慶応病院Y先生の外来を予約いただいた。初めて慶応義塾大学病院を訪ねたのは [続きを読む]
  • 心臓内の弁不具合との闘い3:K先生との出会い
  • 鶴ヶ峰病院の紹介状を持って、馬車道慶友クリニックを訪れたのは昨年5月。会社近くでと、カミさんが見つけてくれた。診察は午後遅くでも可能と柔軟性があり、ネットでの評判も申し分なかった。このクリニックのK先生は、慶応義塾大学病院で心臓外科手術を担当されていた相当な大物先生だった。慶応での現在の担当医は先生の弟子で、K先生との出会いは実に幸運なことだった。病気は僧帽弁閉鎖不全症であること、症状は進行しており [続きを読む]
  • 心臓内の弁不具合との闘い2:健康診断で
  • 血液の逆流が最初に見つかったのは2004年、退職直前のパナソニックでの健康診断でのこと。聴診器から大きなノイズが出ているとの指摘。心臓内で血液の逆流が起こっていると思われ、近隣の病院で精密検査をとの指示だった。そこで自宅近くの鶴ヶ峰病院へ。各種の検査をしていただいた結果、血液の逆流が確認されるものの、まだ初期の段階で心配はないが、毎年の検査は続けるようにとのことだった。パナソニック退職後の健康診断は、 [続きを読む]
  • 心臓内の弁不具合との闘い1:はじまり
  • 心臓の左心房と左心室との間の弁は、僧の帽子に似ていることから僧帽弁と呼ばれる。この弁が何らかの要因で不具合を起こし、心臓内の血液が逆流する病気が、私が直面した僧帽弁閉鎖不全症とのこと。血液の逆流の量が少ない内は、聴診器でノイズが聞こえる程度で、あまり大きな問題にならず要観察で済む。しかしこの血液逆流が多くなると、心臓に様々な弊害を引き起こす。心臓内で対抗機能が働き、血液の逆流を和らげようと、左心房 [続きを読む]
  • しばらく中断いたします
  • 都合により、8月下旬まで、ブログを中断させていただきます。よろしくお願いいたします。 応援 を! ⇒   、 Panasonicネットワークカメラどこより豊富な品揃え、安く早く確実にお届け松下通信の半世紀の事業の歴史 、 有力専門店大集合!横浜ネット倉庫 、 横浜馬車道物語「これが噂のネット倉庫」 、 レンタルサーバー選びはこれで決まり! [続きを読む]
  • ADSLサービス終了のNTTにお願いしたいこと
  • アナログ電話回線を利用してデータ通信を行うADSL回線。決して古い通信技術ではなく、1999年に華々しく登場し、実用化されてまだ20年に満たない。NTT・ADSLの商用サービスは、NTT推進の情報流通基盤の一つとされ、NTTの情報通信事業の柱に急成長した。しかしその後の光回線の普及と共に、ADSLの利用は激減して風前の灯に。NTT東日本からは、「フレッツ・ADSL」は、2023年1月31日でサービス終了との発表。郵便連絡だけでなく何度も [続きを読む]
  • ただただ自然の猛威に驚くばかり
  • 西日本を大変な豪雨が襲うということは、何度も専門家が解説していた。しかしここまでひどい状況になろうとは、ほとんどの人が思っていなかったに違いない。ただただ自然の猛威に驚くばかり。3年前に茨城・常総で鬼怒川の堤防が決壊し、多くの家が水没し流されたのは衝撃だった。あの時の光景が西日本各地で起こった。あの時初めて聞いた線上降水帯が、西日本全体を覆うように発生していた。前代未聞の集中豪雨の要因は、大陸の高 [続きを読む]
  • パナソニック創業100周年を祝う集い
  • パナソニックは2018年3月に、創業100周年を迎えた。様々なキャンペーン・イベントを展開しており、その考え方や具体的な内容は、100周年記念サイトに掲載されている。「みなさまと共に歩んだ100年の感謝」という言葉に代表されるように、当然のことながら100周年に際しては、お客様への気持ちをどうお伝えするかが、企業としての基本的な姿勢となっている。このたび私たちパナソニックOBにも100周年を祝う集いというイベントの連絡 [続きを読む]
  • 免許更新前の高齢者講習を受講
  • 免許証の更新期間満了時に70才以上の年令となる場合は、事前に高齢者講習が義務付けられている、との連絡が、県公安員会から届いた。具体的な手続きも記載されていた。時間120分、手数料5,100円の講習は、近隣の自動車学校で行うとのことで、早めに自分で電話予約せよとの指示。最寄り3カ所の自動車学校を含めて、40か所の教習所一覧が添えられていた。すぐに電話予約できるものと思っていたが、土・日はやっていません、2ヶ月先に [続きを読む]
  • 30年以上前に釜本邦茂氏の店で
  • ワールドカップが始まったので関連の話を一つ。30年以上前のことになるけれど、有名な釜本邦茂氏の店が豊中にあるとのことで、会社の友人に誘われるままに行ったことがある。住宅街の中にあるクラブのような感じだった。半信半疑だったけれど確かに釜本氏はいた。客は私たちだけでソファーに彼と向い合せに。すでに現役は引退していたがオーラはさすが。Jリーグが始まり彼がガンバの初代監督になる何年も前のことだった。私たちが [続きを読む]
  • 2000年6月15日にも南北統一合意の大ニュース
  • 米朝首脳の歴史的会談が大ニュースになっている日に、たまたま自宅の書類を整理していたら、2000年6月15日の日経新聞が見つかり、その第1面の記事に驚いた。タイトルはかなり大きな文字で、「和解と統一 南北合意」金大中韓国大統領と、金正日北朝鮮総書記が、合意文書を交換する写真も掲載。首脳会議の合意内容は、1、南北間の和解と統一2、緊張緩和と平和定着3、朝鮮戦争での離散家族の再会4、経済・社会・文化等での交流、協力 [続きを読む]
  • セキュリティシステム新事業部長がご挨拶に
  • パナソニックネットワークカメラの生産・開発は、パナソニックコネクティッドソリューションズ社のセキュリティシステム事業部が担当している。今回、その事業部長が交代されたので、新事業部長が当社へ挨拶に来られた。前任の事業部長は世界シェアと技術を重視し、私との話では技術主体になりがちだった。初対面の新事業部長から受けた印象は、前任者とはかなり異なり物静かでまず人の話を聞くというタイプに思えた。生まれも育ち [続きを読む]
  • 慶応義塾大学病院でカテーテル検査入院
  • 8月に慶応義塾大学病院で、心臓手術を予定している。病名は「僧帽弁閉鎖不全症」病気の要因はわからないが、要するに弁の動きに不具合が生じている。手術に備えて、日帰りの検査と、2泊3日の検査入院が求められており、今週、その検査入院を終了した。病院は5月初めに新館がオープンしており、その真新しい病室でお世話になった。何しろこれまで手術の経験は全くない。検査入院の段階でもおっかなびっくり。検査は心臓カテーテル検 [続きを読む]
  • 伊那食品工業株式会社のその後?
  • 13年前に百年の計を考えると評価された5社の内、「伊那食品工業株式会社」のその後は?非上場会社なので業績の詳細は不明だが、2008年12月時点で、創業以来48年間も増収増益が続いたとのプレジデントの記事。会社公表での2015年から3年間の売り上げは、182億円、191億円、199億円と伸びている。会社の沿革を見る限り、今なおエクセレントカンパニーの状況を維持し、他社の模範であることは間違いなさそう。何故こんな素晴らしい経 [続きを読む]
  • 13年前に「百年の計を考える」と絶賛された会社
  • 13年前に出版されたPHP研究所のビジネス誌、「PHP Business Review」を読む機会があった。特集記事は「百年の計を考える」いい会社の紹介。今で言えばTVのカンブリア宮殿のようなもの。特集に相応しい5社が取り上げられていた。「伊那食品工業株式会社」業務用粉末寒天の製造販売最大手。伊那谷の林に囲まれた別荘のような美しい会社は、永続的に安定成長することが一番だと考え、「いい会社をつくる」という理念を徹底している。 [続きを読む]
  • 何故煙草を続けるのかわからない
  • 煙草愛好家には申し訳ないが、多くの人がそうであるように、煙草を吸う人の気持ちは理解できない。飲食店もまず喫煙可かどうか確認し、喫煙可であれば避けるようにしている。肺には入口があって出口がない。喫煙でのニコチン・タールは逃げ場がない。健康に害があることは自明の理なのに、意志が弱いからか、無頓着だからか、何故煙草を吸い続けるのかわからない。私の好きな歌「ブルーライトヨコハマ」には、「あなたの好きなタバ [続きを読む]
  • 読売新聞札幌支店記者からの少し失礼な電話
  • 読売新聞札幌支店の記者、と名乗る男性から電話が入った。松下○○とかの歴史を書かれている件で、聞きたいことがあるがこちらでいいかとのこと。○○の部分は「通信」ではなく聞きなれない。松下通信物語のサイトのことを聞いていることはすぐわかったけれど、この時点ですでに随分横柄な物言いだった。松下通信物語のことですかと確認したが、松下通信という会社を全く知らない様子だった。質問は札幌地下鉄の自動案内放送のこと [続きを読む]
  • ドコモ光の申し込みはかなりのストレス
  • 新しい家の建設も何とか終盤に入り、インターネット&電話工事を申し込むことに。NTT東と直接手続きをしたかったけれど、窓口はなく電話申し込みになるというので少し不安ながらやむなくドコモの窓口へ。NTT東に申し込むと光ネクストとなり、ドコモに申し込むとドコモ光になるという。夕方6時半にドコモ馬車道店に行き、少し待たされて7時から受付に。窓口担当者とのやり取りが始まった。セット内容の説明を受けた後、こちらの都合 [続きを読む]
  • 衝撃の痛風とステロイド注射の威力に感謝
  • 飲み会が続いたことがいけなかったのか、それとも紹興酒が体に良くなかったのか。急に左足親指の付け根が痛くなりだした。日ごと、その痛みは激しさを増し、3日目には歩くことさえ困難になった。患部はかなり赤く腫れ、素人判断ながら痛風になったと確信した。もともと尿酸値は高いが薬で抑えており、今まで痛風の症状がでたことは一度もない。我慢も限界だが休むわけにいかない。かかりつけの先生、これは大変とまず同情。痛風は [続きを読む]
  • 新橋で大学クラス会、思いは遠くなりにけり
  • 新橋駅の近く、中華料理店「新橋亭」で年1回の恒例の大学クラス会を開催。関東地区在住者中心なので、今年も参加者は14名と少ない。内6名はまだ現役、8名はリタイア組。若い頃のクラス会はやたら元気だったが、今はさすがに健康と病気の話がつきない。家族も合わせれば大病経験者が少なくない。前立腺がんと心臓病を併発し、3度も手術を受けたすごいのもいる。盛り上がっている時に気がついたが、やたらプライベートな話にこだわる [続きを読む]
  • 伝説の始まりに多くの日本人が溜飲
  • 前日、お客様と行ったレストランの対応に、がっかりなことがあり、気分はいまいちだった。朝の内に処理すべきことも少なくなかった。そんな時、憂鬱な気分を一新させる出来事が、ネットニュースから飛び込んできた。大谷が本拠地でのインディアンス戦で、初打席初ホームランを放ったという。2日前に投手として白星デビューをしたばかり。続いてのホームランとなれば、まさに二刀流伝説の始まりとなる。この日は4打数3安打と大活躍 [続きを読む]
  • 心臓手術を受けるべく慶応病院に
  • 昨年からお世話になっている会社近くのクリニックの先生の紹介状を持ち、東京・信濃町の慶応義塾大学病院へ。まだ自覚症状が出ているわけではないが、10年来の心臓の弁の不具合が進んでいる。診察まで2時間半かかり閉口気味だったが、診察が始まって以降は、さすがはと納得。先生の優しい自己紹介に始まり、弁の不具合が何故、どういう風に起こるか、回復の手立ても簡潔に説明していただいた。今後の日程もこちらの都合を聞いてく [続きを読む]
  • 伊勢丹横浜のフードスポットが様変わり
  • 横浜駅構内の伊勢丹横浜店、長い間、改装のため閉店していたが、3月20日にリニューアルオープン。場所はJR横浜駅南改札の近く、相鉄線横浜駅の地下にあたるところ。これまでの利用はおもに弁当を買う程度。伊勢丹を中心に食品店が多かったが、比較的小規模な魅力に欠ける店舗ばかり。お食事処もいくつかあったが、正直なところ雰囲気はいまいちだった。長い改装期間を考えれば、相当な様変わりするのではと期待していた。結果は確 [続きを読む]
  • パナソニックシステム事業に衝撃の報道
  • パナソニックシステム事業関係者にとっては、日経新聞朝刊の企業面のトップ記事は、かなり衝撃的な報道となった。パナソニックの監視カメラ生産部門を売却する方向で調整に入ったという。監視カメラ生産部門を売却するということは、中国蘇州にある生産工場だけでなく、かって横浜・佐江戸地区にあって、今は福岡・博多地区に移転した設計開発部門も売却することになるはず。パナソニック監視カメラの国内シェアが、約40%でトップ [続きを読む]
  • 外構工事の進め方、私の場合
  • 新しい家の設計を進める中で、建設会社から外構はどうしますかと問われた。あてもなく、勧められたA社、B社、C社の内、それではC社でお願いしますと答えた。この時は、消去法で選ぶしかなかった。建設会社が建築確認を役所に申請すると、何と外構業者からのDMがわんさか届いた。少しの違いならC社でいいやと思いつつ、建設会社の了解のもと、M社にも見積依頼。見積はまずC社から、続いてM社から届いた。価格はC社が300万円、M社は3 [続きを読む]