もるがん さん プロフィール

  •  
もるがんさん: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ハンドル名もるがん さん
ブログタイトル帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ブログURLhttp://sephiroth2012.blog.fc2.com/
サイト紹介文映画TVゲーム関連が主ですが、観劇、美術鑑賞、グルメの話題もあります☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2005/09/12 04:45

もるがん さんのブログ記事

  • 相棒 season17 第5話 感想
  • 頭脳は優秀でも、頭の悪い天才くん。第5話「計算違いな男」証拠品の捜索のため夜の神社にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、不審な行動をしている男(木村了)と遭遇する。慌ててその場を立ち去った男の状況から、右京は、彼が完全犯罪で誰かを殺害しようと動いている可能性に気付く。調べると、男は星野という優秀な天体物理学者で、イギリスの研究チームにスカウトされていて、プライベートでも結婚を控えていること [続きを読む]
  • インスティンクト−異常犯罪捜査− 第13話 感想
  • 被害者はジョアンの同僚、そしてディランの父も所属していた大学の秘密結社の絆が捜査を妨害する・・#13 同族の結束出版社でジョアンの同僚、クリスティの遺体が発見される。首をつった状態だったため、自殺と思われた。だが、ディランたちが遺体を調べると、口からクリスティの婚約指輪を発見し、さらに現場からバイクのサスペンションオイルによるものと思われる黒い掌紋も見つかったため、他殺と断定される。ジョアンとその上司 [続きを読む]
  • クリミナル・マインド FBI行動分析課 season13 第11話 感想
  • スペンサーが戻って来る。#11 ある町の秘密 "Full-Tilt Boogie"ワシントンD.C.近郊のヒッチェンズで、警察署長の妻トリッシュが家族の留守中に激しく殴られ、生き埋めにされて殺害される。BAUが現場へ捜査に赴くが、夫のスティーヴをはじめとする町の人々は何かを隠している様子だ。トリッシュが殺害される直前にバーで彼女に絡んだリックが容疑者として逮捕されるが、トリッシュが以前住んでいた町で何度も救急搬送されていたこ [続きを読む]
  • 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 感想
  • 1からの演出の変化を見るのも面白く。ドーナッツ型舞台、回る客席。映像もふんだんに使える大掛かりな装置満載の劇場内。でも芝居を決めるのは、最後は役者の力なのですよね。全体として面白かったのは、前回と同じ。残念ながら・・器は大きいけど、やってる事はちっちゃい印象。小劇場でやるようなネタを何もここでしなくても。浦井さんは好きな役者さん。でもマクベスだと持ち味が十分に出せていないもどかしさみたいなものを感 [続きを読む]
  • 映画「GODZILLA 星を喰う者」感想
  • ゲマトリア演算が導き出した答えは「滅び」すべてはそこに収束される。だがそれでも抗うのが人間「わるいのは、ほそいひと」劇場から出る時、父親に連れられた幼稚園児が発した言葉が耳に妙に残った。そう、この映画を観た時、単純に、ごく単純に見ればそうなのだ。すべてを企み、すべてを騙し、その美しい声で人々を星の最期へと導くために、長き時を見守っていた者。最初から「ラスボスはメトフィエス」と言われてましたものね。 [続きを読む]
  • ドラえもん「あい棒」
  • 同じテレ朝ならではの力技。のび太とドラえもんが「相棒」を見ていますよ。二人とも相棒が好きなようです。右京さんと冠城さん、声も勿論ご本人達。ドラえもんの絵に実在の人物を落とし込むのはやや無理があるとはいえ、特命係の部屋を覗き込む故・大木さんと小松さんもしっかりと描かれているのが泣かせます。TVのシーン以外でも相棒のBGMが使われていました。この間行ったコンサートを思い出しました。次回も行きたい!fc2が不調 [続きを読む]
  • 相棒 season17 第4話 感想
  • 「杉下右京の正義は暴走するよ」亡き官房長の言葉を思い出しましたよ。そしてロールケーキにマスカットのショートケーキ。第4話 バクハン組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、広域指定暴力団・武輝会の資金源に大ダメージを与えた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も摘発に駆り出されたのだが、右京はその際、摘発を逃れた店があったことに気づ [続きを読む]
  • 刑事モース〜オックスフォード事件簿〜 第20-21話 感想
  • 1960年代後半のオックスフォード、若き日のモースは・・Case 20 殺意を誘う列車1960年代、国鉄総裁による鉄道の大規模な合理化により、路線や駅が次々と廃止される。そんな中、ウォディントン駅の貨物操車場でトラック運転手が殺され、ウイスキーなどの積み荷が奪われる事件が発生。カウリー署には強盗課のボックス警部補とドーソン巡査部長が送り込まれ、彼らと連携して捜査に当たることになる。一方、フランシス・ポーターとい [続きを読む]
  • トリック 難事件はオレにお任せ 第6話 感想
  • 心の支えをまた失ったジョナサン。それでもビショップの暗号を解こうと・・第6話「ブラック・アート」/ Black Artキャメロンの元恋人で、人気モデルのレクシーが強盗未遂に遭う。キャメロンは双子の兄弟がいることを隠していたせいで浮気を疑われ、レクシーに振られたのだった。未練があるキャメロンは捜査に協力する。そんな中、キャメロンたちの目の前で、レクシーがまるで“消滅”したかのように拉致されてしまう…。ビショップ [続きを読む]
  • クリミナル・マインド FBI行動分析課 season13 第9-10話 感想
  • #9 ロズウェルでの対話 "False Flag"陰謀論者グループ「トゥルーサー」のメンバーが不審な死を遂げる。グループ内に犯人がいると考えたBAUは、「トゥルーサー」のメンバーたちを集めてプロファイリングをしていると、その中のひとりダグが自分のポケットに仕込まれた銃を見つけて騒ぎだし、その銃で自殺する。警察は彼らを拘束するが、それぞれが弁護士を立て黙秘を決め込む。唯一メリッサだけが、ある条件付きであれば事情聴取に [続きを読む]
  • インスティンクト−異常犯罪捜査− 第10-12話 感想
  • リジーはチャーリーの事件の真相を知る・・#10 制裁計画「バーディー」シリーズの人気作家、セリア・バクスターが何者かに自宅で襲われた。ディランとリジーが犯人の特徴を聞くと、仕立てのいいスーツに仮面を着け、狩猟用のナイフで切りつけてきたと言う。凶器のナイフは自宅の表であっさり見つかり、付着していた血痕を調べたところ、3人のDNAが検出される。1人目は不明で、2人目はセリア自身、そして3人目として人気作家ベン・ [続きを読む]
  • 映画「ヴェノム」感想
  • ギャグの少ないデップーみたいな主人公傲慢で自己中、自分は何をしても大丈夫だと何故か思い込んでいる。巨大な企業に立ち向かうリスクも考えない、恋人のPCを盗み見る礼儀知らず、それによって恋人まで被害を被る事すら知らないふり。真実を報道して社会に警鐘を鳴らす事より、特ダネで自分の名声を高めたかっただけの、ある意味分かりやすい人物。そして職を失い転落、目の前で強盗を見ても知らぬふり。天才ドレイクのロケットが [続きを読む]
  • 相棒 season17 第2-3話 感想
  • 森田順平さん!クリマイのホッチ、何よりもCCFFVIIの神羅カンパニーのラザード統括!!第2話「ボディ〜二重の罠」右京(水谷豊)が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘(反町隆史)と共に捜査を続行。鋼太郎(利重剛)がいまだ手放せないでいる鐵太郎(中田博久)の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥(谷村美月 [続きを読む]
  • 映画「日日是好日」感想
  • 樹木希林の遺作。典子と従姉妹の美智子、二人は武田先生にお茶を習う事になる。週に1回、土曜日のお稽古。季節ごとに変わるお点前や室礼、二人の身の上も他のお弟子さんの入れ替わりもあるけれど、日々は静かに流れる、そして同じ日は二度とない。それぞれの季節の節目、武田先生の言葉が深い。美智子は会社を辞め、見合い結婚、子供に恵まれた生活。典子は出版社を受けるが失敗、恋人に裏切られ破談、恋はするものの結婚にはいた [続きを読む]
  • トリック 難事件はオレにお任せ 第5話 感想
  • 脱獄囚とジョナサンが同じ部屋にいた。ケイはジョナサンを疑うが・・お気楽キャメロンはジョナサンが追い詰められているとは信じない、信じたくない。第5話「ミスディレクション」/ Masking社会風刺で人気の覆面グラフィティ・アーティスト、ビショップが町に出現。人々が彼の壁画パフォーマンスに見とれる中、向かいの大聖堂からステンドグラスの窓が盗まれる。ビショップが窃盗事件に絡んでいると考えたケイらは、彼の元ライバル [続きを読む]
  • 東京ラーメンショー2018 第1幕
  • 今年も東京ラーメンショーへ行って来ました!初日の昼、平日なのにテーブルのあるテントの中はほぼ満員の盛況ぶり。開催側の提携がauからdocomoになったらしく、限定のテントはdocomoユーザー用になりました。ソラノイロ × らーめん えんや伊吹煮干の塩チャーシューメン伊吹産の極上煮干のスープと室戸海洋深層水から精製した塩で作った塩ダレに地鶏の油を合わせ、チャーシューもたっぷり乗った究極の一杯。金色のスープにちょっ [続きを読む]
  • トリック 難事件はオレにお任せ 第4話 感想
  • ジョナサンの心に闇が広がる・・いつも陽の当たる場所にいる兄。第4話「占い師の運命」/ Divinationチャイナタウンで占い師アイリーンが殺される。実はアイリーンは占いが出来ず、店の奥の小部屋に隠れた本当の占い師ヴィヴィアンと組んでいたことが判明する。ヴィヴィアンの得意客である武器商人のミラーが、テロリストや独裁者に武器を売りさばく際、取引の吉凶を占わせていたことがわかる。ミラーを捕まえるため、ケイやキャメ [続きを読む]
  • NCIS ネイビー犯罪捜査班 season10 第5-10話
  • それぞれの家族、あるいは元家族・・・第5話「和解の時」/The Namesake田舎の一本道をフェラーリで爆走していた若い兵曹が、路上で射殺死体となって発見された。現場に残された銃の出所をたどって市中の質店を訪れたギブスは、たまたま陳列されている名誉勲章を目にしてショックを受ける。受章者である第2次大戦の帰還兵L・J・ムーア伍長は、かつて故郷の雑貨店を父ジャクソンと共同経営していた盟友で、ギブスの名の由来でもあった [続きを読む]
  • 「劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ」感想
  • 生きるという事は、誰かと出会う事、そして別れる事。いつもの夏目友人帳、あえて大げさな事件や妙な仕掛けはしない。いつもの穏やかな自然、田舎のゆるやかな時間、人々は善意にあふれ、時に狭い了見をさらす。そんな世界のすきまに妖たちが跋扈する。そしてひっそりと隠れていた妖と夏目が出会う時、物語が始まる。夏目レイコと夏目貴志の時間が交差する。レイコの古い友人と彼女の息子、8年の止まっていた時が動き出す。祓い人 [続きを読む]
  • X-ファイル2018 まとめ感想
  • 通算ではシーズン11、スカリー登場はこれが最後のシーズン。EPISODE.1「闘 争 Part 3」MY STRUGGLE IIIスカリーが意識不明に陥り、恐るべき事態が起きる幻覚を見る。彼女はその幻覚が、息子ウィリアムが伝えてきた未来の出来事だと知り、それが起きるのを防ぐため、モルダーにスモーキング・マンを探すよう訴える。また、モルダーの異母弟ジェフリーは謎の集団に襲われ、彼らがウィリアムを捜していることを知り、スカリーにそれを [続きを読む]
  • 相棒 season17 第1話 ボディ 感想
  • 3人体制となった特命係。被害者はキャプテンウルトラ!シリーズ開始は2話連続のエピソード。公式よりあらすじ国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す [続きを読む]
  • SSSS.GRIDMAN 第1-2話
  • グリッドマンの声がグリリバなのと脚本が長谷川圭一、それが安心材料?#01 覚・醒ある日、目覚めた裕太は記憶喪失になっていた。鏡で自分の顔を見ても自分が何者か思い出せず混乱する。そこへ裕太を呼ぶ声が響き、導かれるまま声の方へ進んでいくと年季の入った古いパソコンが語りかけてきた。そのジャンク品の画面が輝き、声の主が現れる。それはハイパーワールドから使命を帯びてやってきたハイパーエージェント、グリッドマン [続きを読む]