もるがん さん プロフィール

  •  
もるがんさん: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ハンドル名もるがん さん
ブログタイトル帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ブログURLhttp://sephiroth2012.blog.fc2.com/
サイト紹介文映画TVゲーム関連が主ですが、観劇、美術鑑賞、グルメの話題もあります☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2005/09/12 04:45

もるがん さんのブログ記事

  • 録画が不調です
  • ネットワーク関連の不備らしい。週末には大規模に手を入れないと。エアポートダイナーで太陽のマテ茶2本でコンテナ貰いました。電子レンジ対応。3枚組の巾着も可愛いので購入。羽田空港第2ターミナルB1のコカ・コーラプロデュースのアメリカンカフェ。マテ茶といえば、MGSのカズ。MGSといえばナオミ役の鶴ひろみさんがお亡くなりに。高速道路の車の中で発見されたとか。ご冥福をお祈りいたします。 [続きを読む]
  • クリミナル・マインド FBI行動分析課 season12 第8-10話 感想
  • 新しい仲間、過去との対決、リードの母の病状の悪化など・・・第8話 案山子 Scarecrowワシントン州ヤキマで売春婦の拉致事件が発生。発見現場に向かったJJとルークが周辺を捜索すると、2桁に及ぶ被害者が見つかり、どの被害者にも麻布と有刺鉄線が巻かれていたため宗教的な犯行を連想する。一方BAUは、5年前に殺された女性への危害が過剰だったため、彼女の知人による犯行とにらむ。その女性の勤めていた飼料店の顧客記録から、 [続きを読む]
  • 映画「ブレードランナー 2049[IMAX3D・字幕]」感想
  • SF好きにはたまらない映像。圧倒的な個性で多大なる影響を与えた作品の続編。前作を超える事を義務付けられている映画。人造人間に魂はあるのか?難しい質問だ。人間にすらあるかどうかわからないのに。1982年に想像された2019年のLAはオリエンタルなディストピアであった。日本人はスクリーンの中に見慣れた文字や和食らしきもの、ハリソン・フォードが箸を持つ姿に驚愕した。未来=洗練された西洋文化ではなく、東洋風味の退廃的 [続きを読む]
  • TDRハロウィン2017☆お土産など
  • ハロウィンの色々、その他。メラミン樹脂の食器類、思ったより使いやすいでパン皿ように購入。4枚組で後の2枚はこちら。今回の旬のお土産は東京ばな奈のTDR限定VER.かな。ランドでもシーでも扱いは1店舗のみ。あげた方からの評判も上々でした!お菓子類の中でも元が東京ばな奈なので安心だし。パッケージのグッズは、ブランケットとタンブラーで。ストラップの類はお土産では定番かな。布巾とか・・ミニタオルとか・・あげやすい [続きを読む]
  • 東京ディズニーランドホテル☆カンナで昼食
  • 昼食は東京ディズニーランドホテルの「カンナ」に予約。エッセンス・オブ・スタイリッシュキュイジーヌをうたうレストランです。予約時間が近づいたので、ホテルの方に移動。こちら門の傍らにあるミニーのトピアリー。リゾート気分を盛り上げる吹き抜けのロビー。華やかながらも落ち着いた店内。TDRの可愛さとは一線を画す大人の空間。本日は「プレジャーズ・オブ・ザ・テーブル“オータムワインペアリング”ランチコース プレシャス [続きを読む]
  • ミニーマウスルームにお泊り☆ディズニーアンバサダーホテル
  • 久々のお泊りディズニー、今回はミニーマウスルームでした!!!ホテルに到着するとミッキーのトピアリーがお出迎え。賑わうロビー、ワクワク感も高まります。天井にはミッキーと仲間達が・・・廊下にはディズニーとミッキーの歴史を示す写真なども・・・ウォルトとミッキー。TDRやホテルオリジナルグッズを扱うフェスティバル・ディズニー。実は宿泊客しか購入出来ないグッズもあるのですよね。このトートバッグもそのひとつ。デ [続きを読む]
  • スーパー歌舞伎II ワンピース(再演)感想 (2017)
  • この作品について、言いたい事のほとんどは前回で書いてしまったので・・どうかこちらをご覧下さい。スーパー歌舞伎II「ワンピース」感想 それ以外に再演で気がついた事など。劇場の看板になっていたり、グッズに使用されている絵は初演と同じもの。上演前に飾られている人形も麦わらの一味を織り込んだ定式幕も同じ。この人形、同じポーズをして記念写真を撮る人が多くて微笑ましい。場内の各所にあった猿之助さんの直筆のメッセ [続きを読む]
  • 映画 Netflix「Death Note/デスノート」感想
  • 海外ドラマを気軽に見るノリで見るなら、なかなか面白い。先頃公開された続編の邦画よりはずっと楽しめる。少なくとも邦画より真面目に映画を作っている。デスノの実写化というより、ティーン向けの映画だと思えば悪くはないと思う。日本で言えばスイーツ向けか。藤原ライト版や宮野ライト版と比べてしまうと物足りないが・・ライト君はシャイだけど女の子への関心は旺盛で、女の子に良いカッコしたくてすぐにノートの秘密をばらし [続きを読む]
  • スタートレック:ディスカバリー 第3-5話 感想
  • ディスカバリーも宇宙艦隊もクリンゴンも、政治、政治、政治。第3話 今すべきこと Context Is for Kings第4話 兵器に心は必要ない The Butcher's Knife Cares Not for the Lamb's Cry第5話 苦痛を選べ Choose Your Pain唐突に出現するNCC-1031USSディスカバリー。軍の秘密研究をしている船。謎多きロルカが艦長。かつてのマイケルの同僚も何人か乗船しているが、艦長と艦を失う原因となった反逆者の彼女には冷たい目を向ける [続きを読む]
  • のるるんナボナ(バニラ)
  • 自由が丘の亀屋万年堂と東急電鉄のコラボのナボナです。ナボナといえば、お菓子のホームラン王。世界的名選手の王貞治氏のCMも有名だったお菓子。ふわふわスポンジにパニラクリームを挟んだお菓子、包み紙も可愛いのるるん仕様で可愛い☆箱も電車になってます!東急5000系4000番台。上部の桜色のラインは東横線運用車ですね。東急線の駅や沿線のコンビニなどで売っているようです。fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログを [続きを読む]
  • クリミナル・マインド FBI行動分析課 season12 第5話 感想
  • 遊び呆けた少女が深夜に帰宅すると、そこは血の海だった。第5話 テロ対策部隊 The Anti-Terror Squadある夜、女子高校生アマンダがパーティーから帰宅すると父母と弟が撃ち殺されていた。治安のいい住宅街で起きた事件だが、幸せそうな家族の陰の部分が明らかになっていく。アマンダの父親は薬物依存、母親は不倫中だったのだ。容疑者としてその不倫相手が浮上するがプロファイリング結果に合わない。そんな折、アマンダと同じ高 [続きを読む]
  • 映画「散歩する侵略者」感想
  • 「地球の静止する日」のJホラー風味。物騒な侵略と淡々とした日常の対比が良い味。少し前の青年誌に良くあったような普通の生活の中に気づかぬうちに異変が系の話。しんちゃんと天野くんのキャラ、長谷川博己の熱演にかなり助けられている。彼が岸田森大好きなのが何となくわかる。笹野さんも要所で締めるキャラ。黒沢清監督だけに細部まで作り込む資金があったのだろうな。青味がかった色彩にウルトラセブンを感じたのは、侵略者 [続きを読む]
  • スタートレック:ディスカバリー 第1&2話 感想
  • 傲慢で好感がもてない女主人公、大丈夫?「宇宙大作戦」の約10年前に時代が設定されたドラマ。2005年終了「スタートレック:エンタープライズ」から12年ぶりに製作された。副長の視線で語られる。若かりし頃のスポックの父サレクも登場、ミシェール・ヨーがU.S.S.シンシュウの船長を演じる。OPは元祖の雰囲気を壊さないように作っている気がする。音楽も絵も。第1話 バルカン式の挨拶 The Vulcan HelloUSSシェンジョウの副長マイ [続きを読む]
  • クリミナル・マインド FBI行動分析課 season12 第3話 感想
  • 新人のルークの紹介多め。彼は犬を飼っている。プレンティスが戻って来る。第3話 タブー Tabooホッチが特別な任務でしばらくBAUを離れることになり、プレンティスがロンドンから助っ人に来る。そこに、フロリダ州でドラム缶にコンクリート詰めされた女性遺体が相次いで発見される事件が発生する。被害者はいずれも息子を持つ30代のシングルマザー。遺体にはロボトミーの施術痕があることも判明した。さらに3人目の被害者が見つか [続きを読む]
  • ブルーインパルスと八王子
  • 「全国都市緑化はちおうじフェア」の開会式当日、ブルーインパルスがやって来るというので、見に行って来ました。場所は富士森公園。かなり広い公園です。ガーデニングの展示やフードフェスティバルも開催されていました。お花もきれいです。ブルーインパルスを見たい人達はスタジアムへと誘導されます。ナイター設備もある立派なスタジアム、清宮がホームランを打ったこともあるそうですよ。ここで式典が行われます。上にさえぎる [続きを読む]
  • 遺留捜査4 まとめ感想
  • 京都に舞台を移して大成功!!上川隆也演ずる糸村もここまで来て形が仕上がって来た感じ。何よりも東京から京都に移動、キャストも一新、そこに甲本雅裕好演の村木さんだけ残した配材が良い方向へ行ったと思います。結果的に、某元スケバン刑事のスキャンダルも回避出来たわけだし。戸田恵子のオバサン風味が事件の下世話な部分も上手くフォローしてました。こういう味の出し方、達者だと思います。”声優”ブランドでトークだの歌 [続きを読む]
  • クリミナル・マインド FBI行動分析課 season12 第2話 感想
  • さらばホッチ!ホッチはこれで見納め!!第2話 深夜の語らい公式HPよりあらすじとある深夜。放火事件を解決し、右手に包帯を巻いて帰宅したJJをウィルが迎える。風邪をひいてせき込む次男のマイケルに激しく動揺するJJ。話を聞くと、カリフォルニア州で発生した事件では、14歳の少女と11歳の少年が相次いでさらわれ、ベッドに鎖で縛り付けられ焼き殺されたのだという。2年前にサンディエゴで起きた放火殺人と同一犯と判断されたが [続きを読む]
  • (終)SHERLOCK(シャーロック)4 第2&3回 感想
  • 彼女の名はユーラス・ホームズ。第2話 臥せる探偵 The Lying Detective第3話 最後の問題 The Final Problemマイクロフトとシャーロックの”もうひとり”の兄妹。ジョンの浮気相手エリザベス、ジョンのセラピスト、カルヴァートン・スミスの娘フェイスを演じた女性。シャーロックの変装の名人という設定が妹にも適用されたというように。シャーロックの妹は人を奴隷にする。絶海の孤島の隔離施設、監禁されていたはずのユーラス [続きを読む]