punkro さん プロフィール

  •  
punkroさん: デザインいじり
ハンドル名punkro さん
ブログタイトルデザインいじり
ブログURLhttp://madeinroppongi.blog22.fc2.com/
サイト紹介文私たちをとりまく環境としてのデザインをいろいろ考えたりいじったりします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2005/09/26 17:06

punkro さんのブログ記事

  • 文喫
  • 青山ブックセンターの後に新しい本屋さんができたようなので行ってきました。文喫といって1500円払って入る本屋でした。エントランスはギャラリーやしゃれた本が立ち読みできる無料ゾーンくわしくはhttp://bunkitsu.jp/で、なかなか攻めた企画だと思うのですが、休みに日がな一日すごすというのならいいかもしれませんが、ふだんはそんな優雅な時間は過せません。業界迷走です。本屋さんもいろいろ悩んでいるのもわかるけど、本っ [続きを読む]
  • 今日の言葉
  • 発信者は銀座ですれ違った60代くらいのオバさん4人組で一番派手目の人です。「噂をたてるほうもたてるほうだけど、噂をたてられる方にもなんかあるわよね」ふーん。よろしくです→ [続きを読む]
  • フカヒレ
  • 気仙沼はフカヒレの産地です。もちろん鮫がたくさんあがるのですが、その加工屋さんもおおい。鮫以外の魚のヒレはそう役に立たない。ふぐのひれ酒くらいでしょうか。あれはおいしい。鮫はなまじヒレが肉っぽいからうまかったりするわけですが、イルカやクジラもきっとそうなのでしょうがマズイのか出回ることはない。鮫は人間よりはるか前からいます。まさか人間の口合うとは思っていなかったことでしょう。いずれにしても、大切な [続きを読む]
  • 東日本大震災の展示
  • リアスアーク美術館の中でやってます。多量のたんたんとした震災後の写真とハガキ大のコメントと瓦礫がメインです。どれも説教っぽくないし、だからといって湿っぽいわけでもない。それで届くかんじのスタンスがいい。当時学芸員によるもののようだが、写真もいい。ゆっくりちゃんと読もうと図録を買ってしまった。まだ読んでないけど。よろしくです→ [続きを読む]
  • リアスアーク美術館
  • 石山修氏の設計です。なかなかいい。ピンク使いも最高ではあるが、汚れると残念な印象になるのは避けられない。彼のような独自な建築が減った今、なつかしくもあります。この見張り台みたいなのは特に役立っているともおもえませんが、かっこいい。よろしくです→でも、ここまで大きくなくてもいいかも。 [続きを読む]
  • 六本木ヒルズのクリスマス
  • 新しくビームスができたようです。六本木ヒルズでは安い方かもしれません。で、今回はくつろげるツリーがお目見え。もう、オバさん、外人、カップルみんなくつろいでいます。子どもは登りたくなるだろうと思ったけど、途中に登るなって表示がありました。それでも登りたくのが普通ですが、六本木だし、人もついてるのでそうゆうガキはいません。おれが登りたい。そして頂上までいきたい。これはクリスマスショップ。飾りやチキン、 [続きを読む]
  • 大阪万博決定!
  • 万博はつくばの時から付き合いです。でも、万博自体もうないかと思っていました。2025年に何を見せるのでしょうか。また企業がそこに出展する価値が見いだせるのでしょうか。来年もわからない時代で25年なんてどうなっているのでしょう。万博という意味なり価値なりを刷新するしかない。パビリオンはいっさいないとか、言葉や文字はいらないとかさ。どんなのかわかりませんが、無駄に金使ったなというふうにならないでほしいもので [続きを読む]
  • イルミネーションの次は
  • 前回イルミネーションも飽きたな〜というのを書きました。で、他に何かないかなと思った人がいた。ツリーも何だし、イルミネーションもなぁーと。ならば造形的にやるというのはどうかという試みです。とは言っても電飾メインです。問題はその型にかかってくるというのがポイント。そしてお金もけっこうかかってくるわりには空間的には展開できない、なかなか難しいのはご覧の通り。ま、更なる展開を期待したい。よろしくです→ [続きを読む]
  • スカンク
  • スカンクです。サンフラシスコあたりでは普通に道に出てくるようで、9月に行った時には横切るヤツを目撃しました。だから車で轢いたりしたら大変だそう。臭いの問題がなければモノトーンだし、顔だって尻尾だってかわいい。熊だって人食ったりするわにぬいぐるみなど親しまれているのにスカンクはそうはならない。やはり分泌系は好かれにくいということか。よろしくです→ [続きを読む]
  • ゴーンショック
  • ショックは普通かガーンですが、ゴーンです。今回だれが一番のキーか?私が思うにそれはTOYOTAの社長です。かれの報酬がすくなすぎた。同じ自動車会社で売れ上げも上でグローバル企業であの金額だとたくさんもらいにくい。そこでもらって当然の金額だとうそついたり、いんちきして得た。ある意味日本の空気を読んで少なめに見せた。でも、日産もフランスにとられるわけにもいかないからそこにつっこみゴーンさん御用。不用意だった [続きを読む]
  • 田根剛氏
  • 今、ギャラリー間でやってます。彼は停滞気味だった建築界のヒットです。恋する建築以来?ひさしぶりに二回目ギャラ間しちゃいました。久々と言っても新国立競技場の古噴の人です。ザハが圧倒的だったから落選。圧倒的だったけど、隈研吾氏に交代、この時に二位の人にすればきっと田根氏だったかもしれません。当時彼の案はなんじゃこれでした。建築というより土木工事だなというか山じゃんというかんじ。でも二位だったと思う。そ [続きを読む]
  • 大人
  • 野毛の居酒屋の大将で「どんなときに大人になったと感じた?」と聞いてくる人がいるらしい。呑んでて急にそう聞かれてもと思う。これは大人というより子どもでなくなった程度の話しです。そうジャミラ。これをやると母にセーターが伸びるからやめなさいと言われたっけ。ウルトラマンにでる怪獣ジャミラはもとは宇宙飛行士で人間です。細かくは憶えていませんが悲しい話しでした。よろしくです→ [続きを読む]
  • 超能力
  • きっと、子どもの時はある程度あった。大人になる上でそれらを弱めたように思う。未熟さとセットなのでしょう。 よろしくです→ [続きを読む]
  • ボルトヘッド2
  • なんでもかんでもハイテクならいいってものではありません。散々考えてそこにいくというパターンもあります。ただ、なんにも考えずに棒に行く人もいる。やることは同じですが、かたや周回遅れではあります。例えば、ベーシックインカムはプータローと学者さんはほぼ賛成なんてことがおきます。プータローは働かなくてもいいんでしょと、学者は社会保障やロボット化、小さな政府などを考えるベーシックインカムはアリだと。ともに同 [続きを読む]
  • 都城市2
  • 前回ゴミっぽいのが好きなのでは?という話しを書きました。町全部そうなわけでなく、ここの盛り場エリアがなのです。実際閉まって久しい店鋪もけっこうあるのですが、予約が一杯の店でもこうです。もうのれんだと気がついた自分を褒めたくなるようなその姿は衝撃的です。竹の竿は針金で吊ってる?のか、とにかくそんなので空中ある。中の照明がついてなかったら、外の散らかり具合もそうですがやってるお店に見えない。そんなホス [続きを読む]
  • 都城市
  • 宮崎の都城です。その駅前(盛り場)が興味深い。昭和のまんまですが、それくらいなら地方に行くとたまにあります。ここは昭和のまま捨てられたかんじなんです。捨ててるといっても使われているわけで、店によっては予約で一杯のところもあります。これはどうゆうことか。掃除が苦手とか、古いものが好きとかあるでしょう。で、これはどうも、ゴミっぽいものが好きっていうのがしっくりくる。なかなか楽しい。よろしくです→ [続きを読む]
  • さんま船
  • 今年さんまは出だしはいまひとつだったが、その後けっこうとれているらしい。さんまは集魚灯というのをたいておびき寄せ網ですくいあげます。ランプもフォラメントもありますが、LEDもあります。その船がこれ。集魚灯だけなく、さまざまなアンテナや網の竿がついていてさんま船ですが、ウニのようです。よろしくです→ [続きを読む]
  • 集まる気仙沼魚市場
  • かつおはそろそそ終わりだそうで、これはメカジキです。かじきは煮魚で食べますが、ここでは刺身でも食べます。これがけっこううまい。他にもマグロの心臓やホヤ(これももうおわり)などいろいろうまい海の幸があるがあります。けれど復興はそう進んでいるように見えません。人によってはけっこう進んだという人もいますが、実際町を去る人、亡くなった人、高齢化といろいろな要因がある。でも、ここは漁業です。漁業の為の周辺の [続きを読む]
  • 今日はハロウィン
  • これは川崎のハロウィンですから28日のものです。最近は渋谷が荒れると言われ、川崎は主催者がいるからそんなことはないと言われているようです。確かにパレードや仮装賞を与えたり一連のプログラムがあります。子ども多いし、障害者、ゲイもけっこういる。一方渋谷は元気な若者がただ集まって盛り上がることがテーマになってます。それだと手もぶささであり、間が持たない、交差点でも往復するかとなる。そのうちそれも飽きる。そ [続きを読む]
  • 土佐犬
  • 久々にぬいぐるみを購入しました。土佐犬です。実際は土佐闘犬と呼ばれ、ほんとの土佐犬はもっとシュッとしています。今は闘犬自体動物愛護から今はやっていないそう。土佐犬でもない、闘犬もないという残念な立場です。たまに飼い主を噛んじゃって重傷おわせたりする例もあり凶暴というイメージがありますが、それは必ずしもそんでもないそうです。ま、いろいろありますが、なかなかかわいい。よろしくです→ [続きを読む]