中嶋 さん プロフィール

  •  
中嶋さん: 想い出の樹 〜ピアノなブログ〜
ハンドル名中嶋 さん
ブログタイトル想い出の樹 〜ピアノなブログ〜
ブログURLhttp://musestown.livedoor.biz/
サイト紹介文発達障碍児へのレッスン、練習や読書などを通じた自己の音楽追求、とことんピアノなブログです♪
自由文発達障碍児へのレッスンアプローチ”障碍者&幼児”、鍵盤の誕生からピアノが生まれるまでの”ピアノの歴史”、ピアノを弾く上でのコツ”HowTo”、ピアノを弾く上で知っていると楽しい”知識”など。音楽のほか読書やグルメな話題も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2005/10/07 23:36

中嶋 さんのブログ記事

  • 子どものための無料演奏会(東京都大田区)
  • 今年で16回目となるラ・ミュジーク・デュ・ソレイユの演奏会が、5月7日土曜日にあります。未就学児や発達障碍のお子さんも、気軽に聴くことができる入場無料のコンサートです♪チラシはこちら。PDFファイルへリンクしています。http://musestown.livedoor.biz/2016%20soleil.pdf2016年5月7日(日)13時開場 13時半開演入場無料大森スポーツセンター内 小ホール第1 部  いろいろな曲を聞いてみよう「革命」エチュード /ショパン [続きを読む]
  • 発達障碍レッスンアプローチ情報
  • 先日投稿したものですが、ネットでセミナーとレッスン風景動画のリンクを開けない方がいるということがわかりました。FBをしていない方が見られるようなURLの取得をし、リンクをする必要があったため、リンクしなおしました。最近出版した『発達障害でもピアノが弾けますか?』をきっかけに、このブログへ訪れてくださった方も多いのではと思います。そこで、私がネット上に挙げている、発達障碍に関するピアノレッスンを、こちら [続きを読む]
  • レッスンでオルゴール実験
  • 先日ブログ記事にしたオルゴール実験。ほとんどの生徒さんに見せてあげることができました♪親御さんも目をキラキラ輝かせて、響板を覗きこんでくださいます。私はストーリー仕立てでアプローチするのが大好き。どのように筋道を立てたら印象深くなり、ピアノ演奏に繋がる理解へと導くことができるのか?5月に出版予定の『知っておきたい幼児の特性』(音楽之友社)で、スケールにおける23の小さなステップをご紹介していますが [続きを読む]
  • 教会カンタータ
  • バッハの教会カンタータ。アーノンクールとレオンハルトの共作。2人とも亡くなってしまったけれど、こんなにも素晴らしい演奏を遺していってくれたんですよね。  J.S. Bach: The Sacred Cantatas [CD]Warner Classics2015-09-24何年もかけて録音した60枚組が、14000円ちょっとだなんて申し訳なく思うけれど、とってもありがたい。勉強不足で未熟な私は、こういった資料がなければ右も左もわからない状態。もちろんすばらしい [続きを読む]
  • オルゴール共鳴実験その2(ダンパーペダルをつける)
  • 先日投稿したオルゴール実験動画。あの実験を通して、響板というのは低音、中音、高音のバランス、音のまろやかさや深みといった、楽器の音色そのものに影響を与えるものなのだと、実感することができました。ピアノによって響板の性質は違うでしょうから、各音域のバランスや音質もピアノによって異なるだろうと思うと、いろんなピアノで試してみたくなっちゃいます。(笑)ちなみに、今回ここまで実験が成功したのは、発音機械が20 [続きを読む]
  • 浜松楽器博物館(ピアノの弦を見る)
  • 浜名湖一人旅ではオルゴールミュージアムだけでなく、浜松楽器博物館へも行ってきました。旅行の1日目と3日目に行ったので、あれこれ書きたいこと満載なのですが、このブログ記事ではピアノの弦に的を絞って、書こうと思います。ピアノの発展はイギリスの産業革命によってもたらされましたが、それはフレームの金属化だけでなく、弦の材質にも及んでいたんですよね。1808年の弦の張力の総和は4,5トン。1850年頃になるとそれは12ト [続きを読む]
  • オルゴール(面白い実験動画付)
  • 浜名湖へ一人旅。浜名湖オルゴールミュージアムへ行ってきました。展示されている所蔵品を使用した、解説員による約20〜30分間のオルゴールの実演会。上の写真は手回しオルガン。一度まわしてみたいと思っていたんですよね〜。まわしてみたい方・・・と言われ、手を挙げたのは男の子と私だけ。(笑)こんな機会は滅多にないのでまわしてきました♪写真手前の小さなハンドルはカード巻き戻し用。演奏は奥にある大きなハンドルを回しま [続きを読む]
  • 生徒さんと直接の関係を築き上げる
  • 5月に音楽之友社から出版する『知っておきたい幼児の特性』には、発達心理学者によるコラムがつきます。この中に「エリクソンによる子どもの発達課題」というのがあるのですが、中学生以降は、親よりも指導者との絆が子どものアイデンティティ形成に重要な役割を果たしているとあります。 これは私も実感しているところで、親御さんの介在なしで、生徒さんと直接的な関係を築き上げていくことを大切にしています。小学5,6 [続きを読む]
  • お勧めの本『親子アスペルガー』
  • 先日購入したと投稿した本。さっそく読みました。とにかくイイ!!!!ものすごぉくイイ!!!!著者は大人になってからアスペルガーと診断された方ですが、障碍の特性を理解し、それを子育てにものすごく生かしているんです。異なる個性を持つ2人のお子さんへの、それぞれに応じた愛情豊かな工夫が、本当にすばらしい!特に、本人が納得できるような説明の仕方は、ここまで思いつけないよ〜!というくらいの工夫。そうなんですよ [続きを読む]
  • 発達障害でもピアノが弾けますか?(コミックエッセイ)17日発売
  • 今月発売の本が手元に届きました。これまでA3やA4の用紙に印刷された原稿で校正してきているので、こんな風に本として仕上がったのを見ると、なんだか不思議な気持ちになります。  発達障害でもピアノが弾けますか? [単行本]中嶋 恵美子ヤマハミュージックメディア2016-03-18発達障碍の生徒さんたちに出会って16年。その時々の出来事をブログ記事に書きためてきました。この本は、それらの出来事やレッスンアプローチの試行錯 [続きを読む]
  • 大槌町&南三陸の先生より
  • 今日、電子ピアノ支援で出会った被災地の先生方から、メールをいただきました。ご了承を得ることができたので、こちらにご紹介させていただこうと思います。【大槌町の先生より】震災後、初めて一人で過ごす3月11日です。テレビを見ながら、こんなにたくさんの人が助けてくれて、頑張っているんだ…と何度も胸がいっぱいになりました。〜中略〜でもなんとなくピアノには向かえず…。どういう感情なのか…自分でもよくわかりません( [続きを読む]
  • 日々の連なりを大切に
  • 震災から5年目となる今日、3月11日が来るたびに思い出すというのではなく、電子ピアノ支援で出会った被災地の先生方と常に繋がり続けていくことと、先日個人的にカタリバに支援させていただきましたが、私にできることをしていくという、日々の連なりを大切にしたいと思っています。 今年は、年賀はがきで「教室ができました!」という喜びのご報告をいただきました。新しい教室の写真をメールで送っていただき、本当に嬉しか [続きを読む]
  • 教室の生徒さん同士の交流
  • 先日、軽度知的障碍なっちゃん(23歳)から、メールがありました。会社から一人で家へ帰る途中、Kくんに会ったというのです。同じ日になっちゃんパパは、一人で会社から帰る途中のHちゃんに会ったとのことでした。Kくんはグレーゾーンの子、Hちゃんは知的障碍の子で、どちらも教室の仲間です。3人とも大きくなって、今では付き添いはなし、一人で仕事先や大学に行っています。なっちゃんの報告を受けて、Kくんのお母さんにメール [続きを読む]
  • 発達障碍を勉強する機会&資格情報(加筆)
  • ※加筆しました(資格サイトへのリンク以下の文章)よくよく考えてみると発達障碍について学びたいと思っても、どこで学んだらよいのか? なかなかないんだなぁと思い始めています。 こんな風にFBで心境をつぶやいたら、続々と情報が集まってきました。私の役割はそれらの情報を私の中で留めてしまわずに、還元していくことなのだろうと思い始めています。知らないということが一番怖いですね。それぞれに応じて選択できることが [続きを読む]
  • 楽器店の方へ〜発達障碍ピアノレッスングループについて〜
  • 【楽器店の方へ】FBにある『発達障碍ピアノレッスン』グループは、楽器店の方もメンバーになることができます。紹介限定ではありますが、ピアノ指導者と楽器店の方の交流も大切だと考えているためです。楽器店企画の発達障碍に関する講座やコンサートなど、発達障碍に関することであればどんどん告知していただいて構いません。ピアノ指導者にとってはそれらも重要な情報となります。また、楽器店所属のピアノ指導者の中には、すで [続きを読む]
  • フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんへのインタビュー記事
  • ムジカノーヴァ 2016年3月号 [雑誌]音楽之友社2016-02-20ムジカノーヴァ3月号に、日本で第一人者のフォルテピアノ奏者小倉貴久子さんのインタビュー記事が載りました。2014年6、7月号のインタビューは4時間に及び、貴重なお話にもかかわらず、読者のみなさんにご紹介できないものもあったので、いつか機会があればご紹介したいと願い続けてきました。とうとう念願叶って、小倉さんのワクワクする楽しいお話をみなさんにお [続きを読む]
  • 音楽発達心理士について
  • 「音楽発達心理士」のプレセミナーに行くと、藤沢市の商工会議所のコンペに音楽発達心理士の企画が通り、現在、法人化を進めている。バックにサポートしてくれている税理士やコンサルタントの方がたくさんいる。との説明を受けるとのことですが、今日、藤沢商工会議所に問い合わせたところ、このようなコンペを催したことはなく、すべて初耳だとのことでした。藤沢商工会議所が警察に通報することはないようです。お力になれずにす [続きを読む]
  • 星の冠(小倉貴久子さんのCD)
  • 星の冠(シュテルンビルト) 〜ロベルト&クララ シューマン〜 [CD]小倉貴久子ALM RECORDS2016-01-07聴き終えて、夢見心地。小倉さんの演奏にはいつも、息吹があります。音楽って生き物なんだと実感できる。素晴らしい。本当に素晴らしい。小倉さんはミューズに愛されている音楽家。言葉にならないので・・・2014年、このCDと同じプログラムの演奏会へ行ったとき、FBに投稿した文章をこちらにもう一度と思います。9月30日に聴いた小倉 [続きを読む]
  • ピアノをオーバーホールしました
  • ピアノをオーバーホールしました。とても貴重な機会となったため、写真に説明を加えて、生徒さんにメールで添付させていただきました。それをこのままこちらにご紹介させていただこうと思います。4日かけてピアノをオーバーホールし、全ての弦を張り替えました。そのときの写真と説明を添付しています。 雑音がなくなり、このピアノの本領発揮です。レッスンを楽しみにしていてください♪ 中古でピアノを購入なさっている方。オー [続きを読む]
  • 初見のコツ(音程を想像する)
  • 中学生の子。ずいぶんと音程を想像できるようになってきているし、初見も以前よりできるようになってきましたが、まだ間違えることがあり、譜読みにも時間がかかります。訓練すれば、もっとラクになれるはず!原因は音程を想像する力。弾きながら、次に弾く音を想像する力です。次に弾く音が頭の中で鳴ってさえいれば、指は反射的にその鍵盤を押さえてくれます。 ※この詳細はこちらのブログ記事をご覧ください。  http://muses [続きを読む]
  • 譜読みがラクになる?!
  • 大人の初心者の生徒さん。初心者とはいっても2年経つので、基本的なことはできるようになっている生徒さんです。単純な楽曲は卒業し、複雑な曲に挑戦してくださっているのですが・・・。楽譜も読める。リズムもわかる。なのに何度練習しても身につかない。こんなとき、私は耳へのアプローチをすることにしています。指が覚えてくれない原因は、指が動かないというテクニックにあるのではなく、耳で感じ取れていないことにあるから [続きを読む]
  • FBグループ「発達障碍ピアノレッスン」のチラシ
  • FBに立ち上げたグループ「発達障碍ピアノレッスン」。先日チラシが出来上がったと記事にしましたが、このチラシをスター楽器池上店さんが、店内に置いてくださることになりました。グループの趣旨に賛同してくださり、ご協力いただけること、本当に感謝です!少しでも多くの悩まれている先生に、グループの存在を知っていただけたらと願い、このチラシを作成しました。以下にPDFファイルをリンクさせていただきますので、ご興味の [続きを読む]