甘庵 さん プロフィール

  •  
甘庵さん: うつわ屋のつぶやき
ハンドル名甘庵 さん
ブログタイトルうつわ屋のつぶやき
ブログURLhttp://utuwaya.blog74.fc2.com/
サイト紹介文四季を通して うつわの楽しさ伝えます 選び方や使い方もお話しています
自由文うつわ屋甘庵
器好きが高じて 器屋の主になり
気が付けば四半世紀も過ぎ 
いつまでたっても心狭くて
首をかしげる器の情報には
ついついけんか腰の物言いになる 
大人げない輩です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2005/10/16 00:03

甘庵 さんのブログ記事

  • 使いだすと目から鱗
  • 秋の器展から今日ご紹介するのは、次回企画で個展を催していただく、光藤佐さんの黒釉四寸五分鉢です。光藤佐 黒釉鉢4.5寸 3,240円径13 cmH4.5cmさり気ない形で重なりも良く、真っ黒ではない温かみのある黒釉の、ある意味普通に見える小鉢です。でも使うと、使っていただけると、良さがはっきりわかるのが、光藤さんの器に共通した魅力です。基本として渋めのでトラッドな作風です。丈夫で使い勝手がいいのも共通しています。そ [続きを読む]
  • 渋めの瑠璃釉が秋の深まりに似合う
  • 投票日の今日は列島に大きな台風が近づいてきていて、用心深く期日前投票をされた方以外は、雨の中の投票状へ向かわなければならないですが、それでも私たちの権利ですので有効に生かしましょう。藤田佳三 瑠璃釉輪花六寸皿 5,076円径18.8cmH3cmそんな鈍色の空模様をみていて今日ご紹介することにしたのは、藤田佳三さんの新しい手法の瑠璃釉輪花六寸皿です。呉須で描いた下絵が見える透明感がありながらも、けばけばしさのない [続きを読む]
  • 華やかで温もりのあるマグカップ
  • このところ秋というより冬の気温で、温かな飲み物が美味しい毎日です。そんな天候にあわせてご紹介するのは、藤田佳三さんの気持ちも温かくなる、赤絵マグカップです。藤田佳三 赤絵マグカップ 4,320円径9.5cmH9.5cmこっくりした粉引ベースに、藤田さんの達者な筆使いが活かされた、華やかな赤絵が施されたいます。毎日使う器で使い勝手のよい器でありながら、飲み物を飲む度に心豊かになる、品格を備えています。藤田さんは常に [続きを読む]
  • 器の中に秋の野原が広がる
  • 秋の器展から10cm四方の中に野原の広がりが見える、中條正康さんの武蔵野図撫角向付小をご紹介します。中條正康 武蔵野図撫角向付 小 4.860円□10cmH5.8cm尾形乾山をリスペクトされた、渋いけど華のある懐の広い、盛りつけが楽しみな器です。撫角とあるように四方形ながら角がありません。そこに四方鉢でも丸鉢でもない空間が生まれ、手の上に乗る器のなかに広がりを感じ取れます。舞台の背景効果や茶室の床の隅などにも、この撫 [続きを読む]
  • 濃いめのお茶が美味しい小湯飲み
  • 秋の器展から口当たり抜群でお茶の味わいが深くなる、藤田佳三さんの染付小湯飲みをご紹介します。藤田佳三 染付小湯飲み 2,808円径7.5cmH6.5cm先週まで麦茶が欠かせなかったのですが、ここに来て一気に気温が下がり秋めいて、温かいお茶が改めて美味しく感じています。それも少し濃いめのこっくりしたお茶を、ゆったり頂くと渇きが潤い気持ちが和みます。甘庵の手元の安物の茶葉でも、少し多めに急須に入れて、湯の温度を見計ら [続きを読む]
  • 華やかでいて使える楕円皿
  • 秋の器展から藤田佳三さんの、鉄絵色彩楕円皿をご紹介します。藤田佳三 鉄絵色彩楕円皿 5,400円W28.5cmD5.3cmH2.5cm名前に鉄絵とあるのは、こっくりした粉引ベースの素地に、鉄絵の下絵を施してあります。この鉄茶の線描が絵付け全体を締まったものにしています。この線描に赤を緑の上絵を施すことで、重厚に加えて華やかさを立体感を生み出しています。色絵でありながらも骨太感があるのは、この鉄下絵+色絵という重ねた手間の [続きを読む]
  • 料理映えするこっくりした黒マット片口鉢
  • 秋めいてくると食材や料理も、こってりしたものや温かなものが、美味しくなります。そんな秋の食卓にぴったりな、料理の色が映えて美味しそうに盛れる、小野寺友子さんの黒マット片口鉢をご紹介します。小野寺友子 黒マット片口鉢 5,400円W21cmD15cmH8cmロクロで挽きだした後にゆったりと歪めて、楕円形に整えた長手方法に注ぎ口を取り付けた、アシンメトリーなフォルムが和のしつらえにぴったりです。口のある方向性のある姿は、 [続きを読む]
  • 昨日の夏日から今日の秋日
  • 荻窪は昨日からの寒暖差が10℃以上あり、着るものに悩み、体調管理の気遣いも必要です。それでも秋らしくなるほどに、移りゆく旬の食べ物や景色を楽しめるので、前向きに受け止められます。中條正康 絵替半月皿 4,320円W13cmD11cmH2.5cm秋の器展からご紹介するのは、中條正康さんの秋らしい絵付けの半月皿です。流水に紅葉の竜田川と実りの稲穂に鳴子の図です。とお伝えしてもご理解頂きにくくなっていると思います。竜田川は [続きを読む]
  • 藤田佳三さんらしさ・・・定番マグカップを一点物に
  • 秋の器展に届いた藤田佳三さんの器は、無理をいって送ってもらったので、届いた客数が1客、2客と言うものが中心です。納品リストを見ながら値段を書いて、価格シールをつけているとき染付のマグがない。いや紅安南のマグならある。もしかして藤田さんの思いやり・・・いたずら心かな?藤田佳三 染付マグカップ 4,320円径8.5cmH9.5cm 1点ものです。今日電話でお話したら思った通りでした。送ってくださる赤絵を描いているとき [続きを読む]
  • 秋の器展に藤田佳三さんの器も並びました
  • 昨日藤田さんから少しずつですが色々届きました。1客2客という構成でも展示が華やかになり、しっとりこっくりした温かな表情の器で、いっぱいになりました。藤田佳三 紅安南飯碗 4.320円径11.5cmH6.3cmそんななかから新米の季節なので、紅安南の飯碗をご紹介します。下絵の染付も溶けた灰釉に滲み、優しい絵付けですが、その上に赤絵や色絵を施していて、いっそうほっくりした器になっています。手に馴染み、口当たりもとても [続きを読む]
  • 秋の器しっとりこっくり展がはじまりました
  • 四季を楽しめる風土の日本には、日本らしい和の感性が発達しました。エアコンで一年中を快適に過ごせるようになっても、四季折々の風情を楽しむ習慣は引き継がれています。季節ごとの旬の食べ物を盛りつける器も、季節感を感じ取る楽しみがあります。秋の器展ではそんな秋を感じ取れる器をご紹介してみます。                    甘庵ランキングアップは皆様の がたよりです。励みになるのでよろしくお [続きを読む]
  • やっぱり器は美味しそう・・・でないと
  • 美味しい器展最終日になりました。甘庵の器選択で大切な「美味しそうな器」から、美味しそうな器をテーマにしての催しでした。甘庵には色々な器を適当に集めて並べるだけで、野菜や果物が並んだように美味しそうに見えてきます。でも実は荻窪銀花で並べる器は、少なからず甘庵好みで選ばれたわけなので、どれをとっても甘庵にとっては美味しそうと、そう感じられた器ばかりです。また料理と同じように、食材を選んだり組み合わせや [続きを読む]
  • 花弁のようなデザートカップが美味しそう
  • 今日ご紹介する美味しそうな器は、器全体が花房のようなデザインの、巳亦敬一さんのデザートカップ蕾文です。巳亦敬一 デザートカップ 蕾G 3,996円径10.5cmH7cmロート型のカップに取り付けられた、四角いベースは巳亦さんならではの技で、優しく華やかな器に仕上がっています。カップの縁は輪花に設え、蕾のイメージの文様を埋め込み、花弁や蕊の趣に重なる優雅なデザインです。花に重なるデザインでありながらも、ベージュベー [続きを読む]
  • 紫のアラレ文が美味しそう
  • 今日ご紹介する美味しそうな器は、ひねり出した三つ足とスキガラスに映える、紫のアラレ文が美味しそうな、巳亦敬一さんの三つ足グラスあられです。巳亦敬一 三つ足グラス あられ 3,564円径8cmH10cm遊び心のあるフォルムとアットランダムなアラレ文は、動きのある戯けた表情をみせます。ユーモラスで楽しげですが、安定感のある三つ足、滑りにくいアラレ文など、必要十分な使い勝手を備えた納まりです。三つ足は本体からだましだ [続きを読む]
  • 荷造り発送も楽しい
  • 今日は営業日ですが朝から荷造り発送のお仕事してました。先日荻窪銀花で開催していて荒川尚也さんの個展を、補充整理して宮城県加美町の藍學舎さんで開催するためです。包み直したり数を数えたりしながらも、器好きの悪い癖でついついうっとり眺めてしまい、楽しくてなかなか作業が進みません。それでも安全には万全の梱包作業には手を抜きません。大好きな器の移動中の破損は心が痛んでしまうので、経験を活かして、しっかり梱包 [続きを読む]
  • 優雅さが漂うグラスが美味しそう
  • 今日ご紹介する美味しそうな器は、細かな縦のモールと丸く平たい台のバランスが、レトロな優雅さと気品を感じる、巳亦敬一さんの新スキ台付一口グラスです。巳亦敬一 新スキ台付一口グラス 2,700円径6.3cmH10.5cm 程よく入れて100cc昭和生まれには一口ビールグラスの記憶があります。先輩から高温多湿でエアコンもない時代に、ビールが温まるまえに飲みきる思いから、出来たデザインと聞いて納得しました。この一口グラスも小さ [続きを読む]
  • ゆったり構える大皿が美味しそう
  • 今日ご紹介する美味しそうな器は、黒茶から緑までの鉄の自然な発色で、美味しそうに盛り映えする、久保田信一さんの灰釉二彩大皿です。三重のTさんから届いた秋の実り中に、優しく包まれていたカラスウリが美味しそう。ご馳走に見えて来ます。このシリーズは文様を描くのではなく、溶けた釉薬と混ざることで発色するのを、思い描いて鉄で下絵しています。久保田信一 灰釉二彩(白土)大皿 10,800円径26.3cmH5cmよく見ると口縁の茶 [続きを読む]
  • 柔らかな彩りのぐい呑みが美味しそう
  • 今日ご紹介する美味しそうな器は、穏やかで柔らかな彩りで酒が美味しくなる、巳亦敬一さんのぐい呑みです。巳亦敬一 左:台付ぐい呑み 茶 3,456円径7cmH6.5cm在庫1客右:台付ぐい呑み ブルー 3,456円径7cmH6.5cm在庫1客たっぷりしたぐい呑みらしい大きさですが、コロンとした形と彩りから、可愛らしい印象が残ります。ベージュのカップに緑を赤茶の文様を埋め込み、台部分は反転させて赤茶と緑でしつらえた、美味しそうなお菓子 [続きを読む]
  • 和菓子のような彩りが美味しそう
  • 今日ご紹介する美味しそうな器は、抹茶小豆を連想する美味しそうな、巳亦敬一さんのデザートカップです。巳亦敬一 デザートカップ あずき 4,104円径12cmH6.8cmカップの下半分のグリーンと、上半分の薄茶に赤茶の点文様が入り、抹茶と漉し餡と小豆粒を思わせる、和菓子のようなしっとり感のある、美味しそうな組み合わせです。脚付の4寸鉢というサイズで、広がりと深さのバランスがよく、簡単に美味しそうな盛り映えする、盛りつ [続きを読む]
  • ざっくりした粉引が美味しそう
  • 今日ご紹介する美味しそうな器は、ざっくりした粉引の表情が美味しそうな、小野寺友子さんの粉引鉢です。小野寺友子 粉引鉢大 5,400円径22cmH7cm通常の粉引のように、白化粧泥に浸すのではなく刷毛で化粧がけして、粗い素地にとの相乗効果で、下地の石や刷毛目あとが見え、白化粧にモダンな火間が生まれたいます。*火間:粉引の景色で、化粧土や釉の抜け。このざっくりした表情からは、手作りのお菓子や総菜にあるような、温も [続きを読む]
  • 黄金色の煌めきが美味しそう
  • 開催中の美味しい器展から今日は、巳亦敬一さんの黄金色に煌めく、アイスカップをご紹介します。巳亦敬一 新スキアイスカップ 2,916円径10cmH9.3cm 程よく入れて130cc「手に持ち匙で食べる」言葉にすると何でもないようですが、そのための必要な納まりをクリアして、なおかつ美しくデザインされた、この動作にマッチしたデザインの器です。まず安定感があることです。角のない丈夫な厚みもあるベースを付けられ、しかも美しいフ [続きを読む]
  • オシャレなデザインが美味しそう
  • 開催中の美味しい器展から今日は、巳亦敬一さんの大人っぽいデザインの、デザートカップを色違いの二色をご紹介します。巳亦敬一 デザートカップ ブルー 4,104円径10.5cmH8cmロート型のカップ部分に入る文様は同じですが、青とベージュの二色でどちらも渋めで落ち着いた発色が、ちょっとレトロで大人の彩りを感じます。巳亦敬一 デザートカップ ベージュ 4,104円径10.5cmH8cmベース部分はどちらも金属を焼き付けた、マットに輝 [続きを読む]
  • モノトーンの鉢なのに美味しそう
  • 開催中の美味しい器展から今日は、久保田信一さんのモノトーンの文様の、鉄流描盛り鉢をご紹介します。久保田信一 鉄流描盛り鉢 7,000円長石釉白土 径21cmH8cm色彩がないようですが、黒でも真っ黒ではなく、白も真っ白ではなく、厚みのある釉調で美味しそうな仕上がりです。それは鉄での発色や長石主体の釉薬など、天然素材が中心で作られていて、それらを芯までしっかりと焼き切っているからこその、美味しそうなヤキモノに仕 [続きを読む]
  • 酒器がスイーツのようで美味しそう
  • 昨日美味しい器展に追加入荷をお知らせした、巳亦敬一さんの三つ足ぐい呑みをご紹介します。巳亦さんならではの技で、三つの足は付けているのではなく、本体から引き出していて、見るからに生えている足です。巳亦敬一 三つ足ぐい呑み ブルー 3,456円径7.5cmH6.3cmスキガラスの層、色の層、スキガラスの層と、三層に重ねて作られていて、そのため足先が滴のようなスキガラスになり、そこに光りが溜まり煌めいています。巳亦敬一 [続きを読む]
  • 出来たてのデザートカップが美味しそう
  • 開催中の美味しい器展に今日は追加品を展示しました。巳亦敬一さんの出来たての・・・?届いた美味しそうなデザートカップとぐい呑みです。窓際の棚に並べると秋の日差しをうけて、器がスイーツのように煌めいています。HPにも追加してアップしました。少しずつ届いたので気になる方は、ぜひお早めに覗いてみてください。              甘庵ランキングアップは皆様の がたよりです。励みになるのでよろしく [続きを読む]