flyfly さん プロフィール

  •  
flyflyさん: 仕事サボってフライフィッシング三昧
ハンドル名flyfly さん
ブログタイトル仕事サボってフライフィッシング三昧
ブログURLhttps://ameblo.jp/flyfly/
サイト紹介文北海道のフライフィッシング釣行記。道東の河川・湖でフライフィッシング。マッチザハッチの釣りが楽しい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2005/10/20 01:54

flyfly さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018年6月30日(日)阿寒川
  • 昼から川に向かった。 釣り場に降り立ったのは15:30だった。 相変わらず人は多いが、ライズは多くはないがポツポツある感じ。珍しく、ストーンフライを多く見た。黄色いストーンフライ。飛ぶのが下手なのか、機敏な感じがしないからすぐ分かる。 1匹目はCDCで巻いたカディスで釣った。 ストマックを見てみると色々入っていた。メイフライのシャックが多かった。もちろん、ニンフも。 こんなシャックも。 この後、マシュマロ [続きを読む]
  • 2018年6月17日(日)阿寒湖
  • 阿寒湖に行きました。 いろいろ歩いてみたのですが、釣れませんでした。周りではシンキングラインの引っ張りとかで釣れていたようです。 それにしてもこの時期でもゴアテックスのウェーダーにタイツ+ズボンで釣ったのだけど寒くてたまらない。 イブニングでライズを狙ってみました。モンカゲロウは数は多くないけど、見かけました。結局、ライズを釣ったのはパラシュートアントでした。モンカゲダンで釣りたかったのですが。写真 [続きを読む]
  • 2018年6月3日(日)阿寒川
  • 阿寒湖に行ったっけ・・・?結局、魚を釣ったのは阿寒川だった。ライズはよくあったけど、適度の難しく、適度に釣れる感じ。 人は多かったけど、ライズはとても良く出ていました。なかなか出てくれないのもまた楽しい。クリップルダンで釣りました。 [続きを読む]
  • 2018年5月13日(日)阿寒湖
  • 湖は難しい。ポイントが絞りにくいし、フライをいつピックアップしていいのかも分からない。本当に魚がいるのか、疑心暗鬼になってきて、集中力がなくなってきて・・・阿寒湖では大きめのユスリカがハッチしソフトハックルでアメマスを狙えるという話はだいぶ前から知っていたのだけど湖に対する苦手感があって挑戦したことがなかった。でも今年こそやってみようと冬のうちからコツコツとソフトハックルを巻きためてきた。簡単に巻 [続きを読む]
  • 2018年4月21日(日)道東河川
  • 久しぶりに書いてみます。実は今年に入り、釣りに行ける余裕が出てきてちょこちょこと行っているのですよ。ブログに書くのが面倒になってきたので書かなかったのですがこのブログはそもそも、僕の備忘録だったので忘れないうちに書こうと思います。この日は前日に軽くキャンプをして、そのまま釣りに行きました。道東の某河川。最近はめっきり釣れなくなったとの評判だ。しばらく釣り歩いてみたが、魚っ気がまったく感じられない。 [続きを読む]
  • Ice Dub Kingfisher Blue
  • キラキラ光るマテリアルにはあんまり惹かれなかったんだけど先日、見かけたこのダビング材の鮮やかな青さが気に入ってしまい、即買いした。 マッチ・ザ・ハッチのフライには合わないかな。アトラクター的なフライ向きのマテリアルですかね。ウェットフライに良いかも。でも、とりあえず普段使いのニンフに使ってみた。 水の中に入れると魚の目にはどう見えるのでしょう?スレてる魚には見切られそうな気がしますが、たまには使っ [続きを読む]
  • 最近買ったもの Sharkwave GPX Taper
  • 正月休みに買ったものについて書こうかなと。 SAのSharkwave GPX Taper WF-6-Fを買いました。ここ数年、6番ロッドにはOverhead & DのWF-6-Fを合わせているのですが、ウェイトフォワードと書いてあっても実質はシューティングヘッドなので、短いリーダーでフライをドーンと一気に飛ばすには良いのですが、どうしてもプレゼンテーションが乱暴になってしまうのです。上手な人が使えばまた違うのでしょうが、僕の場合だと静かな湖の [続きを読む]
  • 2017年8月14日月曜日 地元の川
  • 夏休みに帰省した際、地元の川に行った。僕がフライを覚えた川でとても思い入れがある。ただ、魚はスレスレなのでなかなか釣れない。大物は太い流れの下に着いているらしく、姿を見ることも難しい。 上流域に入る。流れが強いのでウェーディングしながら釣り下るのがちょっと難しい。深い場所や歩ける場所を把握していないと危険だ。10年以上前の知識はあるが、川の状態は常に変わっていくし、大雨などがあるとガラリと変わって [続きを読む]
  • 2017年8月3日木曜日 某川
  • 前日の午前中で仕事が一段落した。昼からキャンプに行って次の日に釣りをするという計画を考えていたのだが、本当に仕事がそこで終わるのかイマイチ確信が持てずにいたのだが、道具の準備はしてあった。 出発が遅かったのでキャンプ場についてちょっとすると暗くなったが、食事を終えビールを飲み寝袋に滑り込んだ。 朝はあまり天気が良くなく、それでも釣りには行かなければならない。 川に降りた時には少し天気が回復してきてい [続きを読む]
  • 2017年7月1日 土曜日 阿寒川
  • 今日は釣り友と阿寒川を釣ることにした。 水面には小さな虫が飛び回っていた。対岸の反転流の下には魚が付いているが分かった。フライはMP52というCDCで巻いたカディスを選んだ。手前の流れにラインを取られないように、できるだけ近づいてキャスト。フライは岸ギリギリのところを流れていき、パクッと魚が出た。 しっかりとフックが掛かったのが分かった。それでつい油断してしまい・・・魚に底の倒木にラインを巻かれてしまった [続きを読む]
  • 2017年6月25日 日曜日 阿寒湖
  • 先週に引き続き、モンカゲで釣りたい!ということで、この日も阿寒湖へ。ただ、天気がよろしくなく、気温が低く雨もポツポツと。 ライズは散発。あいかわらず何を食べているのかよく分からない。ソフトハックルをゆっくり引っ張ってみても反応はない。周りの人も釣れている気配はない。 ポイントを変えたりしてみたが、結局反応なし。 湖畔の木多郎でカレーを食べて帰ってきました。湖はしばらく通わないと傾向などが掴めない感じ [続きを読む]
  • 2017年6月18日 日曜日 阿寒湖
  • もう半年前の釣行ですが、備忘録ですので。 時期的に阿寒湖ではモンカゲロウとユスリカの釣りになるらしいと聞き、大きめのフローティングニンフと小さなソフトハックルを用意して阿寒湖へ。 湖でどう釣って良いのかイマイチよく分からないので、フローティングニンフを浮かべっぱなしにしてみたが、いつまで浮かべておいて良いものか見当がつかない。引っ張ってみたが反応なし。モンカゲのダンはわずかだが飛んでいるが、それに対 [続きを読む]
  • 2018年もよろしくお願いいたします
  • みなさん、あけましておめでとうございます。 こんな辺境のブログを見てくださってありがとうございます。新年も細々とやっていこうと思います。 このブログは、釣りの備忘録なのですが、せっかく釣りに行っても書かないと意味がないですよね。2017年には5回釣りに行くことができました。以前と比べるとだいぶ釣りに行きやすくなったとはいえ、朝から晩まで釣り三昧なんてなかなかできません。 新年はもっとフライを巻いたり [続きを読む]
  • 2017年5月6日土曜日 阿寒川
  • みなさん、こんにちは。放置気味のブログですが、たまには更新しますので、よろしくお願いします。連休に釣りに行ったのでそのことを書きますね。連休後半に阿寒川に行きました。この時期は水温が低く、水生昆虫のハッチもほとんどなく、ドライフライでは厳しい時期です。沈める釣りなので、ロッドはScottのG2を選んだ。9フィート5番なのでショットや重たいフライでも投げられる。冬のうちにヨーロッパの ニンフを巻く動画をたくさ [続きを読む]
  • 2016年10月22日(土) 阿寒川
  • 10月半ばの週末は完全にフリーになることが分かり、僕は若干そわそわしていた。釣りに行けるのではないか。天気予報を見比べて、21日よりも22日の方が風が弱く、釣りには良いと判断した。 阿寒湖畔で入漁券を買い、川に降りたのは12時ころだった。水量が多いという話だったので、沈める釣りになるだろうと思い、パワーのあるScottのG2を用意して川に出たのだが、水量は大したことがなかった。これならグラスマスター [続きを読む]
  • 2016年5月5日木曜日 阿寒川
  • 連休をいいことに、また阿寒川に行ってきました。釣り方は先日と同じ、PSNを沈める釣り。昼からの釣行だったのですが、ぼちぼちと魚を釣ることができ、改めてPSNは効くなあと実感しました。この日は、ガスバーナーを持ってきたので、川原でお湯を沸かしてコーヒーで休憩。ちょっと難しい流れにニンフを流してやると、マーカーが沈んだ。すかさず合わせると、全く動かない。根掛かりかと思った瞬間、そいつは動き出した。流芯に入ら [続きを読む]
  • 2016年5月3日火曜日 阿寒川
  • こんにちは。今更ながら5月の釣行です。もう7月が終わるというのに時間差エントリーです。すみません、備忘録なもので。詳しくは忘れてしまいましたが、事前にPSN(ピカイチ.シンプル.ニンフ)というフライを巻いていきました。島崎憲司郎さんのフライなのですが、フェザントテールとヘアズイヤーで巻ける簡単なフライなので、短時間で量産するにはうってつけです。16番と18番を何本か巻きました。阿寒川には小さめのフライが効き [続きを読む]
  • 過去の記事 …