diadumenianus さん プロフィール

  •  
diadumenianusさん: PAGINA DIADUMENIANI
ハンドル名diadumenianus さん
ブログタイトルPAGINA DIADUMENIANI
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/diadumenianus/
サイト紹介文ラテン語を自習するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2005/10/21 14:51

diadumenianus さんのブログ記事

  • Latin for Beginners_1825
  • 【本文】 Observe in each case what mood follows cum, and try to give the reasons for its use. In the third sentence the cum
    clause is concessive, in the fourth and sixth causal.【訳文】 各文において cum の後に何法が続いているかに
    注意し、その用法... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1824
  • 【本文】10. Illud bellum tum incēpit cum Caesar fuit cōnsul.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。10. あの戦争は、カエサルが執政官だったそのときに、始まった。(解説) “cum +直... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1823
  • 【本文】9. Caesar neque corpore neque animō īnfīrmus erat.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。9. カエサルは、肉体においても、精神においても、弱くはなかった。(解説) “neque ... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1822
  • 【本文】8. Nē virtūte quidem Gallī erant parēs Germānīs.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。8. 勇敢さの点においてすらも、ガリア人はゲルマン人と同等ではなかった。(解説) nē ... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1821
  • 【本文】7. Caesar, cum id nūntiātum esset, mātūrat ab urbe proficīscī.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。7. カエサルは、そのことが伝えられると、急いでその都市から出発する。(... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1820
  • 【本文】6. Cum prīncipēs inter sē obsidēs darent, Rōmānī bellum parāvērunt.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。6. 首長たちが互いに人質を交換していたので、ローマ人たちは戦争の... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1819
  • 【本文】5. Lēgātus cum haec audīvisset, Caesarem certiōrem fēcit.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。5. 副官は、これらのことを聞いたので、カエサルに知らせた。(解説) “cum +... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1818
  • 【本文】4. Cum Helvētiī bellō clārissimī essent, Caesar iter per prōvinciam dare recūsāvit.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。4. ヘルウェティイ族は戦争で非常に有名だったので... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1817
  • 【本文】3. Caesar cum in citeriōre Galliā esset, tamen dē Helvētiōrum cōnsiliīs certior fīēbat.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。3. カエサルは、ガリアのこちら側にいたけれど... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1816
  • 【本文】2. Cum Caesar in Galliam vēnit, Helvētiī aliōs agrōs petēbant.【コメント】 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。2. カエサルがガリアへ来たとき、ヘルウェティイ族は他の土地を求めていた... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1815
  • 【本文】 400. EXERCISESI.1. Helvētiī cum patrum nostrōrum tempore domō profectī essent, cōnsulis exercitum in fugam dederant.【訳文】 400. 練習問題I.1. Helvētiī cum patrum nostrōrum tempore domō profectī essent, cōnsulis exercitum in fugam deder... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1814
  • 【本文】  iter dare, to give a right of way, allow to pass  obsidēs inter sē dare, to give hostages to each other【語句】right:権利allow:(+ to do)〜することを許す、〜することを許可するpass:通過する、通り過ぎるhostage:人質【訳文】  ite... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1813
  • 【本文】 399. IDIOMS  aliquem certiōrem facere, to inform some one (lit. to make some one more certain)  certior fierī, to be informed (lit. to be made more certain)【語句】idiom:熟語、慣用句inform:知らせる、告げる【訳文】 399. 熟語  ali... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1812
  • 【本文】 398. RULE. Ablative of Specification. The ablative is used to denote in what respect something is true.【訳文】 398. 規則 指定の奪格 奪格は、何の点においてある事物が真実であるかを示すために用いられる。−初学者のためのラテン語− [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1811
  • 【本文】 a. Observe that magnitūdine, multitūdine, corpore, and animō tell in what respect something is true. The relation is one covered by the ablative case, and the construction is called the ablative of specification.【語句】respect:点(in ... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1810
  • 【本文】 2. Homō erat corpore īnfīrmus sed validus animō, the man was weak in body but strong in courage.【訳文】 2. Homō erat corpore īnfīrmus sed validus animō. その人は、肉体の点では弱かったが、勇気〔精神〕の点では強かった。【コメント】 奪... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1809
  • 【本文】 397. Note the following sentences: 1. Oppidum erat parvum magnitūdine sed magnum multitūdine hominum, the town was small in size but great in population.【語句】in:〜について、〜に関してsize:大きさpopulation:人口【訳文】 397. 以下... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1808
  • 【本文】 NOTE. Cum in clauses of description with the subjunctive is much more common than its use with the indicative.【訳文】 《注》 接続法を伴う記述の節中の cum は、直説法を伴うそれ〔= cum〕の用法よりもずっとよく見受けられる。【コメント】... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1807
  • 【本文】 396. RULE. Constructions with Cum. The conjunction cum means when, since, or although. It is followed by the subj
    unctive unless it means when and its clause fixes the time at which the main action took place.【訳文】 396. 規則 cum
    を... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1806
  • 【本文】The idea of time is also present, but it is subordinate to the idea of description. Sometimes the descriptive clause i
    s one of cause and we translate cum by since; sometimes it denotes concession and cum is translated although.【語句】idea... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1805
  • 【本文】So, in the second example, the principal clause states that Caesar made an attack, and the cum clause describes the ci
    rcumstances under which this act occurred.【語句】principal clause:主節【訳文】したがって、2番目の例文に
    おいて、主節は... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1804
  • 【本文】 b. On the other hand, when the cum clause describes the circumstances under which the main act took place, the subjunctive mood is used.【訳文】 b. 他方、cum 節がその下で主節の行為が起きた「状況を記述する」場合には、接続法が用いられる。... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1803
  • 【本文】When the cum clause states a fact and simply fixes the time at which the main action took place, the indicative mood i
    s used. So, in the first example, cum in Galliā eram fixes the time when I saw Caesar.【語句】fix:決める、定める、
    確定す... [続きを読む]
  • Latin for Beginners_1802
  • 【本文】 a. The underlying principle is one already familiar to you (cf. §389.a).【語句】underlying:基礎をなす、基礎になる、基本的なprinciple:原理、原則【訳文】 a. 基本的な原理は、すでに皆さんにとってよく知られているものである(§389.a 参照)。... [続きを読む]