男と女の職場話 さん プロフィール

  •  
男と女の職場話さん: 男と女の職場話
ハンドル名男と女の職場話 さん
ブログタイトル男と女の職場話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/iiotokoiionna/
サイト紹介文今の男女関係ってどんな感じ?いろいろ追求していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2005/10/30 03:07

男と女の職場話 さんのブログ記事

  • 主体性はどこから生まれるか
  • こんばんは 社会に出れば、あらゆる場面で主体性が問われます。そうしないと生き残れない外圧状況でもあるし、そもそも誰だってぶら下がっていて良いとは思ってないですよね。でも、現実には主体的に動くってなかなか難しくって、出来てないことに凹んでグルグル悩むことってないでしょうか?そんなとき、この後輩の気付きを思い出して欲しいのです!続きを読む [続きを読む]
  • 社会的行動を促進するホルモン=オキシトシン
  • こんにちは前回の「弱くて逞しい女、強くて脆い男」の記事で、男性ホルモンとも言われる「テストステロン」が強くて脆い男性を作っていることを見てきました。今回は、るいネットの実現論前史にも登場する「オキシトシン」というホルモンについても、前回紹介した本に記載されていましたので、紹介したいと思います。実現論前史では以下のようにあります。>わずかに可能性が開かれた(=不全感を和らげることのできる)親和本能を [続きを読む]
  • 弱くて逞しい女、強くて脆い男
  • こんにちは会社に新入社員が入って来て、2週間ほどが経とうとしています。活き活きと働く姿に活力をもらったり、何でも果敢にチャレンジする姿勢が周りに刺激を与えてくれてます☆でもプレッシャー?か、環境が変化したストレス?か、体調不良でダウンしてしまう新人も…そういうのって大体男性なのですが、男性はストレスに弱かったり体調をよくくずしますよね…何ででしょう?最近読んでいる本にヒントになる部分が [続きを読む]
  • 勝つことより生き延びることが大事
  • こんばんは4月、新年度を迎え、学校では入学式、始業式の時期ですね。息子の学校で必要なものを買いそろえながら、「これ、学校に行かなくなったら絶対必要ないな…」というものが多いなあと思います。制服や指定のバッグなどが最たるものですが、ノートも科目ごとに指定…本当に学校という枠を成立させるためにいろいろな道具立てがあるのだなと感じます。そんな学校教育について、古武術を研究されている甲野善紀さんと、筋肉で [続きを読む]
  • のめり込む経験が人を成長させる
  • こんばんは先日の実現塾で、5歳〜10歳くらいの間にのめり込む経験(星少年や虫少年etc)をもつことが追求回路形成において大事。また、大人になってからも、どれだけのめり込んで仕事をしたかで成果が決まるという話がありました。 なんとなくわかる。(経験としてものめり込んだときほど成果が高いというのは、うん。わかる。)でも、それってどういうことだろう? ライターという職業について書かれていますが、普遍的に言え [続きを読む]
  • 色気のある人に、人は集まる☆
  • こんばんはこんなツイートに出会いました。 自分の致命的な欠点をやっと自覚した!周りの人に興味がなさすぎるなぜ自分の周りに人が集まらないんだろう?って考えた時の答えが「自分が周りの人に興味がないから」だと気がついた!あなたには興味ないけど、自分には興味持って!それじゃあ人が寄ってくるわけもないし、離れるのも当然。 本質ついてるーと思いました(^^; これからの時代に求められる力である、仲間をまとめる力(共 [続きを読む]
  • 「サヌキ男にアワ女」とは「男の中の男」と「理想の女性」
  • こんばんは「サヌキ男にアワ女」って聞いたことありますか?「男の中の男」と「理想の女性」との組み合わせを讃える言葉だったそうです。翻って現在、そうやって男女という性をクローズアップさせることも憚られる、または当事者もピンとこない…それって「性」という可能性がすごくもったいないと思います。かつての男女の規範と充足がどんなものだったか、見ていきたいと思います!コチラから引用させていただきます。続きを読む [続きを読む]
  • 女子はまず、明るくご機嫌でいること♪
  • こんばんは暖かくなってきましたね。私の会社には、先日一足早く新人たちが入ってきました。 「何よりもまず、女子は明るくご機嫌でいること♪ そうすれば、仕事もできるようになります!!」 これは、その入社式で先輩女子が新人たちに向けて贈った言葉です。 新人だけでなく、「女」にとって、これって本当に大事ですよね! でも、明るいってどういうことでしょう?!どうしたら明るい女性になれるでしょうか?!続きを読む [続きを読む]
  • 自分で決めないことを決めた子どもと、自分で課題を決め始めた子ども
  • こんばんは今時どの公立小学校でも、小学校1年生から毎日宿題がありますよね。もちろん量は少ないのですが。そんな中、宿題のない塾に通っている中学生の言葉がとても衝撃的だったので紹介します。「今の時代自考力が大事。宿題なんてなくたって自分で課題決めたら良いだけ。ていうか、まだ自分の課題すら決めれへんの?しかもやりたくてやってるんじゃないんやろ?そんなん全く意味ないやん!!」宿題を、いくら自主的にやっても [続きを読む]
  • 「 正解がないから、発言ができる。」
  • こんばんは 「 正解がないから、発言ができる。」 このタイトルに、はっとしました。なぜなら、「いいこと(正解)を言わなくっちゃ」「間違ってたらカッコ悪いし」・・という思いから、ミーティングで発信できなかったり、結果決まったこと(言われたことだけ)しかできなくなっちゃう(主体性はどこに?!)ってこと、大人でもありませんか? この言葉は、日本の若者の自己肯定感が低いという調査結果を受けて、どうすれば子ども [続きを読む]
  • 「AI」の登場によって人間はますます追求・共認充足を求める
  • こんばんはAIの発達により、人間の仕事の半分がなくなるという予測を立てたのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授。最近は、海外で店員のいない店舗の例や、ロボットがコーヒーを淹れてくれるカフェなどがニュースになっていました。もうすぐ新入社員が入ってくる時期ですが、彼らを採用する人材募集のような仕事をAIがするとしたらどうなるのでしょうか?短時間で、自分 [続きを読む]
  • 強制でない勉強とは?!
  • こんばんは前回紹介した靴下の神様と呼ばれる越智さん。幼少期〜丁稚奉公時代のお話も大変興味深いものでしたので、続けて紹介します。 人は欠乏があれば、どんなことからも、どんな環境でも学ぶ(勉強する、吸収する)ことができる。追求したいという欠乏は、その人の生きる力(人間力)そのもの!だと感じました。 続きを読む [続きを読む]
  • 「事実を捉える力」
  • こんばんは実現塾で、歴史構造の解明を進めていくうえで、とても重要視されたのが「いつ、どのようにしてそう決断したか」「どの時点で誰がなぜその想定に至ったか」という、いわゆる「5W1H」。共同体においては、みんなが認めあえる事実を根底として議論が進められます。インターネットでさまざまな情報が飛び交う現代、そしてこれまでと大きく人々の意識が変わろうとする時代において、ますますこの「事実認識」が重要になっ [続きを読む]
  • 職業は自分で選ぶものじゃなく、謙虚につかえるもの
  • こんばんは 昨今、「働き方改革」という言葉だけが声高に叫ばれていますが、働く当事者たちの意識(思考)は、そんな声とは裏腹にどんどん閉塞して、活力を奪われています。 もっともっと大元の、仕事とは?働くってどういうこと?そこの議論が先ですよね。 知人から素敵な記事を紹介されましたので、ここでも紹介したいと思います♪続きを読む [続きを読む]
  • 生命にとっての情報とは「すぐに消える」ことで変化を捉えるもの
  • こんばんは先週「動きが心をつくる」ことを明らかにしましたが、行動からできた心も、いつの間にかどんどん心だけ先行して固定化してしまっている…日常生活や仕事場面でも、固定的な観念や単純な思い込みが意思疎通や課題の進行をすごく邪魔しているなあと思うことが自分も含めて多々あります。そういう時は頭の中も、現実も、「止まっている」ように感じられるもの。でも現実には外圧や環境って刻々変化するものですよね。生物に [続きを読む]
  • 日本人は「祈り」と「天命追求型」の民族
  • こんばんは 相手のやる気を上げたい♪職場でも、学校でも、家庭でも、そう思っている人は、今たくさんおられると思います。でも、そもそも、どういったときに人はやる気になるんだろう?そんな普遍的な構造も知っておきたいですよね。 日本人の特性を踏まえて展開してくださっている記事を紹介します♪続きを読む [続きを読む]
  • 「動きが心をつくる」行動の積み重ねでいい男いい女に!
  • こんばんは友人の娘Hちゃん(小1)の学校は合唱指導に力を入れているようです。最近その学校で合唱発表会がありました。会が終わった後、Hちゃんから聞いた感想が、大人からはちょっとビックリだったのです。「きれいな声で歌ったら、きれいな心になりました」普通は、「きれいな心で歌ったら、きれいな声になりました」って言いますよね私たちは、心や意志が行動、動きを規定すると思いがち。だから、心の準備ができていないと [続きを読む]
  • 子ども達のやりたいことを肯定的に受け止めて、背中を押してあげる♪
  • こんばんは教育関係の同僚から、素敵なお母様に出会ったの〜♪と教えてもらいました。男の子3人兄弟。お母様によると、子どもたちからは、「20円をいくつ貯めたら1万円になるの?」「1万円あったら、○○は何個買えるの?」「普通魚の身は白いうのに鮭がピンクなのは何で?」「炭酸ジュースに氷を入れるとシュワシュワするのは何で?」など日常生活が「何?なんで?」の連続だそう!その中で、お母様は、「自分が子どもの頃は何で [続きを読む]
  • 言葉の力は統合者として仲間をまとめていくための能力
  • こんばんは突然ですがみなさん、会社の打合せなどで一度は議事録を書かれたことがあるのでは? 今日は議事録がすごく苦手だった後輩が、一転して他の人に譲りたくない!と思うくらいまで議事録好き(!?)になった例をご紹介します!ちなみに議事録の種類は… ①全員の発言を一言一句書き起こすもの 例:官庁の議会議事録 ②議題と結論のみを記すもの      例:民間企業との打合議事録 ③現在の状況・発言の意図・議論 [続きを読む]
  • 手紙の向こうのあなたを想って書く言葉、その力
  • こんにちは最近、塾で大人が子どもに向けて手紙を書くことで、子どもが素直に言葉を聞くようになってくれた、という事例を聞きました。そういえば携帯世代の最近の子どもは、手紙を書くという経験がそもそもほとんどないのではないでしょうか?例えば学校の国語でも、生徒全員と先生が文通するのは不可能かもしれませんが、生徒自身が誰かに向けて手紙を書くというのは授業になりそうです。また、そもそも書き言葉はなんのために発 [続きを読む]