コククジラ さん プロフィール

  •  
コククジラさん: 人間・自然・技術
ハンドル名コククジラ さん
ブログタイトル人間・自然・技術
ブログURLhttp://moon.ap.teacup.com/goldport/
サイト紹介文「人間・自然・技術」をテーマにブログをやっています。楽しんで書いております。
自由文金港(横浜港)の発展を祈ります。誌名は地球サミット・リオ宣言をあらわしたハノーバー万博のテーマです。文人趣味で、「誠」を根本に「日常(個人)」を書いています。国民のための進歩主義。シリアとウイグルに自由と平和を。東京の多摩シリコンバレー / 横浜と神戸にポートオーソリティーを / 関西のけいはんな学研都市 / 東海の東濃研究学園都市
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2005/11/01 06:09

コククジラ さんのブログ記事

  • 中野サンプラザで入社試験を受けた
  •  中野サンプラザの解体が決まったそうです。 中野サンプラザ解体を訴えた区長が選挙で負けたと聞いて、中野サンプラザって愛されているのだなあと思いました。 旧労働省が青少年の勤労文化発展のために作った施設であり、中野区の管轄になったのでもうその役割は終えています。 勤労文化発展のための施設は急激になくなりつつあり、やたらにバブルな施設が増えているので、イデオロギーを引き継ぐところはないだろうか?と考え [続きを読む]
  • 名刺入れ一つでずいぶんいろいろなことを思い出したな・・・
  •  大型公共事業とは国策であるので、どうしてもいろいろな政治的なことや利害関係が出るものです。 後から見た時批判されないようにするため、自分が担当していたところで一社単独指名のようなことはしないようにしていました。 ですので契約などに関しては、事実誤認以外ではまったく叩かれていません。 これは私としても秘かな自慢です。 できるだけ公平にすれば、実力のあるところが仕事をとるものです。 しかし独占にはな [続きを読む]
  • 行革の時はストーリーを作って批判していればよかった
  •  ミレニアムからしばらくしてきた行革の時代、マスコミはストーリーを作って批判していればよかった、裏づけ取材もほとんどしない、「目的は手段を浄化する」という考え方だ。 私のしごと館も当然のことながら原案があり、国会で承認を受け建設されている。 「こんなの通らないだろう」と思って予算を出したら通ってしまった。 都市伝説のようになっている話だが、果たして真実なのかはわかりません。 けいはんな学研都市に作 [続きを読む]
  • 美濃コンペという象徴
  •  東濃研究学園都市には、国際陶磁器フェスティバル(美濃コンペ)というすばらしい象徴があります。 これは陶磁器の国際芸術祭であり、先に行われた時は中田英寿さんが総合プロデューサーをやられました。 なかなかよかったので、いずれもう一度やっていただきたいと思います。 中田英寿さんが選んだ、関守石を象ったの松本優樹さんの関守という作品よかったです。  私のしごと館も、準備段階ではしごとフェスティバルというイ [続きを読む]
  • 私のしごと館にかかわったのは運命ですから
  •  20年近く使った名刺入れがついに駄目になり、捨てることになった。 私のしごと館準備時代から使っている、愛着がありボロボロなのを使い続けていたが、皮がポロポロと落ちるようになってしまい観念しました。 私のしごと館準備をしていた頃、考えられないほど多くの企業や人に協力していただき、縁起がよいような気がしてずっと使っていたのです。 バブル崩壊後破綻していたけいはんな学研都市事業は、ミレニアムの頃の規制緩 [続きを読む]
  • 社会人になってスタミナ不足を言われた
  •  社会人になって、あまりにも細いためスタミナ不足が上司から言われた。 「もう少し太れ!」と指示された。 しかし体質であるのでそう簡単には太れない、結果として胃カタルにかかりそれが治癒したあと、急速に太りだした。 これは昔の大横綱の栃錦関に似ている、栃錦関も休場で休んでいる間に太り、逆にそれを生かして安定感のある大横綱になった。 私は血液の状態は悪化したが、たしかにスタミナはついたように思う。 実際 [続きを読む]
  • 野球の投手は球速より球質
  •  ネットでいろいろ読んでいて、「球速より球質」と主張している方がいてひじょうに感動した。 金足農業高校の吉田輝星投手も球速だと必ずしもナンバーワンではなかったが、球質ではダントツだった。 球速については測り方の誤差で、昔より5〜10キロの誤差は確実にある。 100マイル(約160キロ)の速球といえばノーラン・ライアンだったが、ノーラン・ライアンは球質もすばらしい投手だった。 江川卓や松坂大輔にしても同様だっ [続きを読む]
  • 野球・・・指先のスピード表示ならいらない・・・
  •  野球のスピード表示が実際の印象とかけ離れている、実際・・・指先のスピード表示であるのなら見せる必要はないように思う。 昔、多々良学園の湊という投手がいたが、低目のストレートとカーブを武器にしていたがスピードは131キロくらいだった。 法政二にいた山本正幸投手は、桑田真澄や石田文樹に匹敵する速球派と言われたが、スピードは136キロくらいだった。 最高でも140キロちょっとだったと思う。 スピードガンの精度 [続きを読む]
  • 高校の学区外入学は心の負担になった
  •  高校の学区外入学は心の負担になりました。 一番の負担は家と大人の事情であるため、他人に説明することが難しかったことです。 小学生の時からひじょうに困っていたので、高校まで我慢して解消することが私の目標でもありました。 しかし中学校はその中学校の属する学区に高校に行けるように指導する、想像を絶する負担になっていたのです。 その高校が好きだからという理由はない、親とか一族が気に入っていただけで私は関 [続きを読む]
  • 高野光のストレート
  •  昔はプロ野球ニュースも充実していた。 特に佐々木信也さんの番組にはずいぶん助けられたものだ。 スポーツライターも真に野球を愛する男が多かった。 そういった地盤の中から開花したのがイチローであり野茂英雄である。 その中で当時のセリーグで一番速いボールを投げるピッチャーは?という企画があった。 当時だと150キロ(今だと160キロ)以上を投げていた槙原寛己や小松辰雄、他に江川卓や何度も最多勝に輝いた遠藤一彦 [続きを読む]
  • シンカーやパームボールもチェンジアップ
  •  速球投手の昔のスピードガンとの誤差は10キロ程度と考えて、おそらく間違いないだろうと思う。 ところでメジャーリーガーのチェンジアップついて調べた映像がYouTubeにあったのですが、メジャーではチェンジアップに握りが実にさまざまなのだそうです。 その中にはシンカーやパームボールの握りもあり、つまりメジャーはよくわからない変化球は解説では皆チェンジアップと言ってしまうようなのです。 速球と比べてスピードに [続きを読む]
  • 今しがた停電から復旧しました
  •  台風が通り過ぎたあとも雨が続き、今しがたまで停電が続いていました。 お風呂に入れないためやむを得ず銭湯(入浴施設)に行ってきました。 かなりの雨に降られて大変でした。 しばらくかかると思っていたので、夜中でも頑張ってくださった工事の方々に感謝です。 部屋に湿気がたまっているので、さっそくエアコンでとっています。 しかしこういった生活ができるのも働いていればこそ、歳をとったらどうなるのだろう?と最近 [続きを読む]
  • 頭痛おさまってきました・・・だんだん治ってきているよ♪
  •  今日の夕方運転中に数回ズキンズキンしただけ、ただそれが進むにつれ右足の痺れがだんだんとれてきている。つまり好転反応のような感じです。 長引くかと思ったのですが、安心しました。 首の牽引後に少しめまいがおこったのですが、引っ張り方が変だったような・・・疲労もあったしおさまってきたので、それは置いておきましょう。 あとは左足の痺れのみ、こちらは筋肉も少し痛めているので日曜日にウォーキングをしてみたの [続きを読む]
  • 交通事故の後遺症を健康体操で克服したい
  •  1ケ月ほど前に交通事故に遭いました。 前方車にぶつからないようにするため、かなりきついブレーキをかけて追突されたので、首の骨がずれてしまい今治療中です。 相手が潔い方だったので、交渉事がなく治療に専念できています。 8月中はイベントや説明会に行く以外、できるだけ外回りは避け、休日も遠出などを避け家で安静にしていました。 お盆の間はお医者様もお休みでしたので、健康体操の量を増やしリハビリがわりにして [続きを読む]
  • 高野連は吉田輝星の侍ポーズにも難癖をつけていたそうですけど
  •  東北のチームが活躍すると何かと難癖をつけたがる高野連ですが、吉田輝星投手の侍ポーズにも難癖をつけ、自粛を要請していたそうです。 些細なことですけど、こういったこともけっこう集中力に影響が出ます。 ここでもアマチュアとプロは違うと言い出している。 後味悪いですね。(2018.8.21(火) ロケットニュース 金足農「吉田投手の侍ポーズ」を高野連が自粛要請 → 何がダメなのか高野連に聞いてみた結果…)https://roc [続きを読む]
  • やはりストレートは伸びなのですね
  •  吉田輝星(よしだこうせい)投手・・・今日も球速は出ていたと思います。 しかし疲労で握力がなくなってきていたせいか・・・ボールにいつもの伸びがありませんでした。 最近の高校生で140キロ以上を投げる投手は増えましたが、初速なので伸びとか無視すれば腕の振りでスピードを出せるので、際限なくスピードは出るのだそうです。 問題はボールの伸びや、リリースポイントの問題などです・・・つまり「ボールを速く見せる技術 [続きを読む]
  • 健闘を心から讃えます!金足農業高校さん惜しかった!
  •  仕事をしていたので試合は見ていませんし、帰ってニュースを見ただけです。 やはり大阪桐蔭高校の西谷浩一監督の作戦は、金足農業高校が決勝戦の雰囲気に馴れる前に攻略することでした。  昨日・・・甲子園のある西宮市の気温を深夜見たら、いまだ30℃を超えていました。 岐阜のあたりも涼しい空気が入ってきていましたが、甲子園球場はあまりにも暑い。 もう少し涼しければ金足農業高校にもチャンスがあると思いましたが、 [続きを読む]
  • 甲子園の東北勢準優勝の呪いは解けるのでしょうか?
  •  明日は大阪桐蔭高校対金足農業高校との決勝戦となった。 明治神宮野球大会などでは何度も優勝している東北勢ですが、数えきれないほどの準優勝を甲子園では続けています。 100回記念大会で呪いは解けるのでしょうか? 地の利もあるし大阪桐蔭高校が有利でしょう、しかし初優勝への勢いがあればあるいは。 大阪桐蔭高校の名将西谷浩一監督は、どのような作戦を立ててくるのか? 金足農業高校の勝利の可能性があるとすれば、 [続きを読む]
  • 斎藤茂吉は妻子のことをよく考えていた
  •  北杜夫の小説やエッセイを読んでいて、斎藤茂吉は妻輝子や子供たちのことをよく考えていたのだなと思った。 斎藤茂吉は斎藤家の婿養子でしたが、結婚後妻輝子はダンス教師と不倫関係になり新聞を騒がせました。 しかし斎藤茂吉は「子供には母親が必要」ということで、周囲の離婚のすすめを拒否し別居ですませました。 妻のもとに子供たちが通うことも認めていました。 北杜夫はそれを「母の家出」と表現しています。 上流階 [続きを読む]
  • 北杜夫の木精(こだま)を読み終えた
  •  外出もできず歩けないのではどうしようもなく、こういう時は安静にしているか読書です。 今日は高校野球も安息日なので、読みかけだった北杜夫の木精(こだま)を一気に読み終えました。 北杜夫さんの名作「幽霊」の続編なのですが、話としてのつながりはなく、「幽霊」を書くきっかけとなった精神科医の青年と、上流階級の夫人の倫子(のりこ、ノッ子)との恋愛話でした。 青年の頃に「幽霊」を読み、その清澄な世界に感動しまし [続きを読む]
  • 金曜日の夜に左足をくじいてしまった・・・
  •  金曜日の夜に左足をくじいてしまった。 それはよいのですけど、状況がショックなんです。 椅子から普通に立ち上がったら、足首をくじいてしまったのです。 軽いので月曜日までには治ると思いますが、今のところかなり痛いです。 数日前に雷が原因なのかわかりませんが、眼鏡のつるが折れてしまい治ったのを取りに行きたかったのですが、足が痛いので延期しました。 肩も右肩も左肩も痛みだし、懸命にストレッチや手首の柔軟 [続きを読む]