コククジラ さん プロフィール

  •  
コククジラさん: 人間・自然・技術
ハンドル名コククジラ さん
ブログタイトル人間・自然・技術
ブログURLhttp://moon.ap.teacup.com/goldport/
サイト紹介文「人間・自然・技術」をテーマにブログをやっています。楽しんで書いております。
自由文金港(横浜港)の発展を祈ります。誌名は地球サミット・リオ宣言をあらわしたハノーバー万博のテーマです。文人趣味の、「誠」を根本にした「日記(個人)」を書いています。国民のための進歩主義。シリアとウイグルに自由と平和を。東京の多摩シリコンバレー / 横浜と神戸にポートオーソリティーを / 関西のけいはんな学研都市 / 東海の東濃研究学園都市
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2005/11/01 06:09

コククジラ さんのブログ記事

  • 日大の宮川泰介選手はやめるべきではない!
  •  日大のアメフトの宮川泰介選手の陳述書を読んで、監督やコーチの言い分も聞かないといけないが、彼はしばらく試合出場停止処分にはしないといけないと思うが、アメフトを続けさせてあげてよいように思った。 今どきなかなか骨のある若者だと思う。 U-19の日本代表であれば、4年生になればキャプテンをやったかもしれない逸材だ。 日本代表をコーチの命令で辞退させるなどありえないことだ。 しかし・・・日大の他の選手がラ [続きを読む]
  • よきクレームは宝ですけど
  •  よきクレームは宝だと言われます。 ひどい悪質なクレームがあれば、本当に「この商品は大丈夫なのか?」と考えクレームがくることがある、そのようなクレームは宝だ。 誰だったか、経営者がそう言っていたように思う。 しかし・・・悪質そのもののクレームがある。 そして最近は、言いがかりとしか思えないハラスメントも多いという。 信じられないが女性に話しかけて、女性が不快に感じたらセクハラになるのだそうだ。 そ [続きを読む]
  • アビリティ(離職者訓練)の集客研修を受けた
  •  昨日土曜日に、職場でアビリティ(離職者訓練)の集客研修があり受けてみた。 本当に研修も久しぶりであり、それなりに楽しんだ。 後半最後に疲れが出てしまい文が出てこず失敗したが、それ以外は十分楽しめた。 もちろん指示によるものだが、私の場合・・・もちろん自分の力ではないが以前雇用保険初回説明会に参加していた間は定員充足率90%以上、今年の冬から復帰し現在80%以上の定員充足率であるので、自分のやりかたはそ [続きを読む]
  • 岡田有希子さんの遺書はもう公開してもよいのでは?
  •  岡田有希子さんの自死から三十三回忌、もうそんなになるのですね、 毎日新聞の記事を、途中からとばし読みですが読みました。 記事は陳腐な内容ですが、時間の経過を感じました。 昔のアイドルブームは、岡田有希子さんの死をきっかけに終焉しました。 それは自死の理由がファンに説明されることがなかったからです。 プロダクションは遺書は金庫に隠しました。 一説には遺書の中に明らかに彼女の思い込みを思われる箇所が [続きを読む]
  • 高校時代・・・慢性頭痛がなければ・・・
  •  何回愚痴を書いても・・・やはり無念です。 私が東京にいる時に部屋で気を失ったのはメーデーの日でした。 その時に一応脳神経外科に行って、断層写真などを撮ってもらい診断したのですが、この期に及んで「頭が狂っていると誤解される」とブツブツ言っていましたから。「いい加減にしてください・・・」と思った。 「脳神経外科だよ・・・精神科じゃないんだよ。」と言っても、あいからわず聞く耳持ちませんでした。 私が頭 [続きを読む]
  • 遠藤周作の「王の挽歌」を読み終える
  •  遠藤周作の「王の挽歌」は、キリシタン大名として知られる大友宗麟について書かれた歴史小説です。 NHK大河で西郷隆盛のことを描いていますが、ふと・・・そういえば幕末のことで薩摩、肥前、長州などには関心があったが、九州きっての名家であった大友氏については・・・大内家の宿敵以外はあまり知らないなと思ったのです。 大友二階崩れ(赤神諒著 日本経済新聞社)、宗麟の海(安部龍太郎著 NHK出版)、王の挽歌(遠藤周作 [続きを読む]
  • 岐阜市の中央メーデーに行ってきました
  •  4月28日(土)に実施されました岐阜市の中央メーデーに行ってきました。 例年、土岐市で実施される地元メーデーに参加していたのですが、今年は主催団体が解散してしまい、今後の体制が決まらないのでやむをえず岐阜市に行きました。  10時を少し過ぎたところで到着したので、政治家の挨拶はすでに終わっており、にぎやかな雰囲気や晴天の中の行進を楽しんで来ました。 私は祖国愛を重視するので、一見保守的に見えますけどこ [続きを読む]
  • けなげな右眼
  •  私は左右の視力差があり、眼鏡をかけ続けると疲れるので家では眼鏡を外している。 右眼は視力はあるものの乱視がひどく、裸眼だとほとんど見えない。 眼鏡をかければ大丈夫ですが、右眼は少しぼんやりしている感じです。 ところが最近、読書をする時に右眼がなぜかしきりに動くようになった。 視力が回復してきたのかな?と思い喜んでいたのですが、ある日片眼ずつ見たら右眼は文字一つ見えまでんでした。 実際には左眼で読 [続きを読む]
  • 輝ける碧き空の下で(北杜夫著)」を読み終えて
  •  これも電子図書のおかげです。 これまでは長編小説を買うとすぐに部屋がいっぱいになってしまい、読むことができませんでした。 電子図書のおかげでスペースがいらなくなり、北杜夫さんの「楡家の人びと」と並ぶ長編小説、「輝ける碧き空の下で」を読むことができました。 ブラジル移民について書いた小説ですが、石川達三さんの「蒼氓」といい、なぜかブラジルのイメージは青なのですね。 「楡家の人びと」といえば、今の朝 [続きを読む]
  • 苗代桜を夜見てきた
  •  本日(4/9)・・・苗代桜のライトアップをしているので、もう一度観てきました。 開花後にかなり強い雨と風があったので、かなり散ってしまっていましたが・・・巨木なのでまだかなりの花が残っていて楽しめました。 蛙・・・あれだけいるとなるとひょっとすると開花にあわせて放しているのかもしれませんが、たくさん鳴いていました。 この花は巨木が二本寄り添って、仲良く一本の花のように咲いているのがよい。 開花直後に [続きを読む]
  • 新しい日本!忘れられた平成30年度予算!
  •  検察のリーク情報にもとづいた、くだらない議論が延々続き、もっとも大切でいつのまにか成立していた「平成30年度予算」については、復活折衝、大臣折衝の報道もなく、どのような予算なのかさえわかりません。 検察のリーク情報は意図的であり、規律違反であることは間違いない。 これまでのような取材ではなく、検察が率先して起訴・有罪にするため情報を流していることがわかってしまった。 国民を馬鹿にしていると思う。  [続きを読む]
  • 私は暴力塾をやめたので期待されていなかった
  •  私は小学校の頃に暴力塾をやめたので、親の期待が薄かった。 別になんということもない、ほとんど寝ていなかったので成績が下がり続けていたし、木の棒で頭を殴られ失神し肺炎になり身の危険を感じた。 それだけのことである。 実は親は塾に入る前から暴力がひどいことを知っており、知り合いの子が自殺をしたいとまで思いつめていたのを、親にすすめてやめるよう励ましたというのだ。 その子については話だけ聞いており、や [続きを読む]
  • 高畑勲監督が旅立たれたそうです
  •  スタジオジブリの高畑勲監督が、4月5日に82歳で旅立たれたそうです。 大好きなアニメ演出家で、悲しいです。 「おもひでぽろぽろ」、「平成狸合戦ぽんぽこ」、「かぐや姫の物語」・・・そして日本での紹介に尽力した「キリクと魔女」・・・数えきれないくれないくらいのすばらしい作品と功績を遺されました。 その作品には、深い哲学とヒューマニズムがあふれていました。 日本の絵巻を研究し、その演出のすばらしさを紹介し [続きを読む]
  • 日曜日に苗代桜は咲きはじめていました
  •  新聞で本巣の淡墨桜が見頃を迎えたという驚くような記事がありましたが、日曜日に下呂の焼石駅近くの苗代桜を4月1日の禅昌寺の帰り道に見に行ったところ、咲き初めていました。 不気味なほどの温暖化です。 いつもは4月10日前後なのですよね、東京の千鳥ヶ淵のライトアップも4日早めるという話ですが、こちらも1週間は早いです。 年始のスタートダッシュが終わり、ようやく咲きだすのが普通なのですが。 私も土岐にきて一番 [続きを読む]
  • 禅昌寺の梅よかったよ・・・
  •  4/1(日)に下呂の禅昌寺の梅を観てきました。 お庭がひじょうによく、金森宗和が作庭したという萬歳洞(ばんざいどう)などとてもよかった。 3月26日(月)の振替休日の日に行ったところ、勅使手植えの梅がまだ五分咲きであったので、どうしても満開なのが見たくまた行ってきました。 その梅も撮ったのですが、拝観料をとる寺なので掲載するのも悪いので、その隣にあった青梅を掲載させていただきます。 まあこれぐらいなら許して [続きを読む]
  • NHK連続テレビ小説「半分、青い」がはじまるのですね♪
  •  岐阜県の東濃が舞台なのだそうですが、NHK連続テレビ小説「半分、青い」がはじまるそうです。 陶芸関係のストーリーになるとか、いろいろ噂はありますけどはてさて。 「青い」は昔の日本映画の名作「青い山脈」からきたものだと思います。 舞台が東濃の恵那だったそうで、日本アルプスが青く見えイメージとぴったりだったそうです。 「半分」というと、少女のイメージだと昔の小泉今日子さんの名曲「半分少女」あたりからき [続きを読む]
  • 前のパソコン4年半もったのですね
  •  昨年の3月29日にパソコンの移転を完了したという記事があった。 年の勘定を間違えて5年半と思っていたが4年半もったのですね、ですけど最後の1年はもう動作が不安定でした。 その前のパソコンはそんなにもたなかった。 今のパソコンは電子図書を読み出してから、少し消耗が早い気がします。 でもやはり同じ4年くらいはもってほしい。 Windows10が使いづらいので、次のマイクロソフトのOSを待っています。 Windowsシリーズ [続きを読む]
  • 中学時代の模擬試験の失敗
  •  前にも少し書きましたが、高校進学が学区外になったきっかけになった模擬試験について思い出すことを書いてみます。 当時の神奈川県は厳しい学区制がしかれていたので、模擬試験は学区がどこに属するのか書き、その学区の高校の合格確率を出力していました。 ところがある模擬試験で学区を2つ書ける試験がありました。 私は書いても意味がないと思ったのですが、「そうだ、友達との話のタネにしよう」と考え、中学校の学区を [続きを読む]
  • 松坂大輔はチェンジアップの使い方しだいでしょうね
  •  ドラゴンズにきた松坂大輔ですが、肩とか肘とかボロボロですがその状態で145?ほどのストレートをいまだ投げられます。 松坂といえば150?を超えるストレートと、140?超の高速スライダーですがそれが投げられなくなり、今はストレートとカーブの緩急だと聞いていますが、緩急をつけるのならチェンジアップの使い方でしょう。 肩や肘に負担がかからないし、松坂のチェンジアップはよく落ちる。 残された超メジャー級の唯一の [続きを読む]
  • 私は美濃7年目に突入です(はあーーー)
  •  今年で岐阜も6年目です。 2年の約束でしたので長いのですけど、この地方の事情があり仕方ないようです。 時間は流れ、首都圏で私のお気に入りだったお店とかも、ずいぶんなくなってしまっています。 早く都に戻りたいのはやまやまで、あせることはあせるのですけど、これ以上都から離れるのも困るので、もう少し頑張ってみようかとは思います。 しかし・・・士気はひじょうに下がっています。 過去6年と同じくらいのパフォ [続きを読む]
  • 花フェスタ記念公園の梅
  •  今年も花フェスタ記念公園の梅を観てきました。 公園の一角なのですが、公園が広大なのでそれなりの数の梅があります。 まだ若い感じの梅が多く春爛漫という感じです。 偕楽園の梅とか一度は観たいですね、映像では観られますけど梅のあの香ばしい薫りは行かないと味わうことはできませんから。(花フェスタの梅1)[画像](花フェスタの梅2)[画像](花フェスタの梅3)[画像] [続きを読む]
  • 桜はゆっくり咲いてほしい
  •  昨年は春が遅く4月中旬くらいにようやく満開になりました。 今年は酷寒の日が続いたと思ったら、急に異様な暖かさになり桜が咲いてしまいそうです。 しかし正直うれしくない、暖かくなるのはうれしいが4月上旬くらいに咲いてほしい。 梅がようやく満開になったところが、一気に桜が咲くのは不気味です。 春がきてうれしいのではなく、異常気象でうれしくないというところです。 [続きを読む]