コククジラ さん プロフィール

  •  
コククジラさん: 人間・自然・技術
ハンドル名コククジラ さん
ブログタイトル人間・自然・技術
ブログURLhttp://moon.ap.teacup.com/goldport/
サイト紹介文「人間・自然・技術」をテーマにブログをやっています。楽しんで書いております。
自由文金港(横浜港)の発展を祈ります。誌名は地球サミット・リオ宣言をあらわしたハノーバー万博のテーマです。文士趣味の、「誠」を根本にした「日記(個人)」を書いています。国民のための進歩主義。シリアとウイグルに自由と平和を。東京の多摩シリコンバレー / 横浜と神戸にポートオーソリティーを / 関西のけいはんな学研都市 / 東海の東濃研究学園都市
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2005/11/01 06:09

コククジラ さんのブログ記事

  • 人間(じんかん)70年下天は夢か
  •  今は人間70年だと思うが、50年でも70年でも天界と比べれば人の寿命はたしかに短い。 40代になって、多くの私を支えてきてくれた人がいなくなってきている。 私は意外にコネとかなく生きているので、大きな影響はないはずであるが、何か苦労が増えてきている気がする。 やはり周辺さみしくなってきている、自分には子がなく今後家族が増える見込みが今のところない、人間70年とはいえ働けるのはせいぜい65歳、70歳まで働ける人 [続きを読む]
  • 48は神聖な数字
  •  阿弥陀様の四十八願のせいか、四十八はたまに神聖な数字として使われることがあります。 相撲の四十八手、えーとsexの四十八手がありますけど、AKB48なんかもそうですね・・・最初はたしか48人なんかいなくて、たしか半数くらいではじめたのではなかったでしょうか? あれはおそらく、縁起のよい数字だから48にしたのだと思いますよ。 そういう数字をつけたから、人気が出たのかもしれません。 [続きを読む]
  • 明日岐阜に説明会にいくんだけど
  •  明日岐阜に説明会にいくんだけど、健康相談の予定があったのすっかり忘れてた。 「受けます」と言った1時間後くらいに予定が入っちゃって、「すぐに断るのも悪かろう」と思って、しばらく間を空けて断ろうと思って、そのまま忘れてしまった。 今日言われて「あーーーーーーー」でした。 急な仕事はいろいろ入るんで、ありがちなことではあるのですけど。 私に健康相談なんかしても馬の耳に念仏なんですけど、そういう問題で [続きを読む]
  • 昔電車でチカンにあった話をしたらひかれた
  •  職場の雑談でチカンに関する話題になって、以前、満員電車で別の男が少女にのしかかったのに、少女が勘違いして私の方を「ジロッ」と見て震え上がった話とかしていたのですが、ふと昔の話になって、今の私は化物みたいになってしまったけど、昔何回かチカンにあった話をした。 実際そうだったのかは何ともいえないが、変な動きを感じたら当時は電車内でザックを背負うことも迷惑でなければ悪いことではなかったので、ナップザッ [続きを読む]
  • ワンダーフォーゲル運動でワイマール文化を学べた♪
  •  高校時代に入った部活がワンダーフォーゲル部で、その関連の本をそれなりに読んだ。 ドイツの青年運動であり、そもそもは山ばかりでなく徒歩旅行をする青年たちのことだったということでした。 ドイツは第一次世界大戦敗北後、ワイマール共和国の自由な雰囲気が満ちあふれる一方で、愛国心を喚起し陸軍の訓練のかわりにもなるワンダーフォーゲル運動を、国民は熱狂的に受け入れました。 勘違いすべきでないことは、これはナチ [続きを読む]
  • 厭離穢土欣求浄土の意味
  •  徳川家康の厭離穢土欣求浄土(おんりえどごんぐじょうど)なのですが、単にこれは「死んだら極楽浄土に往生する」という意味ではなく、別の意味があると聞いたことがあります。 阿弥陀様は単純に念仏すれば極楽浄土に往生するだけでなく、現世において仏道を広め人民を幸福へと導くことを願いました。 そこから厭離穢土欣求浄土は「地上に浄土を実現する」・・・すなわち「地上に天国を実現する」という意味があるというのです。 [続きを読む]
  • 五穀豊穣を願う念仏踊りの考え方
  •  阿弥陀様の四十八願(しじゅうはちがん)について久しぶりに読み返してみると、念仏を唱えれば極楽浄土(天国)に行けるというだけでなく、大金持ちになるとかそういったものではないが、仏道を広めることで人民を現世でも幸福にしたいという願もある。 念仏信仰は念仏踊りなどにより、日本では五穀豊穣など現世利益と結びつく考え方がある。 それは阿弥陀様の四十八願と、矛盾するものではありません。 阿弥陀様の願は一つにすれ [続きを読む]
  • 頭痛による記憶障害か・・・
  •  たしかに高校時代に慢性頭痛がおこっていた時、集中力が低下した影響でかなり記憶力が低下していた。 ただこれは脳の障害ではなく、慢性頭痛による集中力の低下に原因がある気がします。 脳の中心のあたりが痛いような感じでしたので、深刻でした。 ヨガをやってよかった。 [続きを読む]
  • 交通事故に気をつけないと
  •  どういうわけか昨晩眠れず、ひじょうに体調が悪いのを我慢してすごした。 夕方はすぐに帰って家でゆっくりしようとしたが、少し欲張って私用をかたづけにいったら、いつもはあまり問題なく入れられる駐車場にバックで入れることができない、サイドミラーを見てもうまく感覚がつかめない。 これはいけないと思ってアパートに帰って、しばらくしてバタンと眠ってしまった。 もう大丈夫だと思うが、意地を張らないでよかった。  [続きを読む]
  • 父は家長・母は補佐官
  •  私の家は父が家長で母は補佐官という感じでした。 イギリスあたりだと「父が王で母は女王」という言い方もあるようですが、長が二人だとおかしいので、そんな感じかなと思います。 父はよく仕事をしましたし、母もよく補佐したと思います。 本当に大統領と補佐官という感じでした。 いろいろな窮地にあってよく対応していました。 家によっては女王陛下と補佐官という雰囲気の家も多いと思いますが、実際にはそちらが多数派 [続きを読む]
  • 父に大手証券会社の社員がつきまとっていた
  •  父はあまり投機とかは好まず、土地とかは家の事情で寄託されても土地ころがしとか一切しなかった。 自分の得にならないのに税金だけ支払い、管理しているだけで後日返してしまっていた。 そのぐらい投機は好まない堅実な人だった。 ところが私が小学生の頃、ある大手証券会社の社員がしつこく父につきまとっていた。 寄託されている土地などを調べ、父がずいぶん裕福に見えたらしい。 私が学校から帰って家にいると電話がか [続きを読む]
  • 父が亡くなって気になったことを書けるようになった
  •  父が亡くなってこれまで気になっていたことが書けるようになった。 もちろん父を貶めるつもりはないが、特に高校時代に慢性頭痛を発症した時に、頭が狂っていると勘違いされると言って通院させなかったこと、何事も判断するときは冷静な父が、あの時ばかりは異常に頑なでした。 女子も生理痛で頭痛があるようですが、私のは脳髄からズーンとくる感じで、たまに呼吸が苦しくなっていましたから、ちょっとタチが悪いものでした。 [続きを読む]
  • バブル時代は商業高校がよかったですから
  •  バブル時代は商業高校がひじょうによかった。 短大もひじょうによく、当時は女性の方が就職がよいぐらいでした。 当時バブルがはじまりつつあり、商業高校は男性でもよいから大学に行かすよりお金がかからなくてよいということだったのでしょう。 たぶん、誰かから話を聞いて熱に浮かされたのだと思います。 熱に浮かされていたので、当然記憶にも残りません。 ただふだんから交通費がかかる高校はよくないとか、女性的な校 [続きを読む]
  • Y校か県商工に進学する可能性もあったのだよな・・・
  •  座間の殺人事件の被疑者が県商工出身だと聞いて、少し考えています。 甲子園にも出たことがある伝統校で、商業と工業の分野では評価の高い高校です。 そんなとんでもない高校ではありません。 昔、商業高校に行って就職しろと母に言われた時・・・母はそう言ったことを覚えていないそうです。たぶん嘘でしょうけど。 だいたい元に戻るまで1ケ月くらいかかったかな・・・あわててその手の高校を調べた。 工業高校は何だかわ [続きを読む]
  • 電気料金・・・合理化して遅くなる
  •  電気料金請求がなかなかこないので電話したら、スマートメーターになったので検針員が廃止され、それで遅れているということ。 合理化したのなら普通は早くなると思うが、遅くなるということ。 それなら検針員のままの方がよいなと思いつつ、データ収集のためにはよいが、客のためにはならないなと思った。 まだしばらくかかりそうなので、水道料金の方を先に払うか。 いつも支払っていたコンビニがなくなったので、今度はど [続きを読む]
  • 横浜トリエンナーレ行けなかった
  •  横浜トリエンナーレ、ついに行くことができませんでした。 多忙でゆっくり美術鑑賞という感じではなく、国際陶磁器フェスティバル美濃’17に行くのが精一杯でした。  あと横浜トリエンナーレの会場が前回と同じで、ディレクターも一緒、かまわないのですけど新鮮味に欠け、足がどうしても向きませんでした。 横浜トリエンナーレ2011が最高でした。 あと、いつも一緒に行っている人が足を怪我してしまい、長時間の美術鑑賞が [続きを読む]
  • 横浜トリエンナーレ行けなかった
  •  横浜トリエンナーレ、ついに行くことができませんでした。 多忙でゆっくり美術鑑賞という感じではなく、国際陶磁器フェスティバル美濃’17に行くのが精一杯でした。  あと横浜トリエンナーレの会場が前回と同じで、ディレクターも一緒、かまわないのですけど新鮮味に欠け、足がどうしても向きませんでした。 横浜トリエンナーレ2011が最高でした。 あと、いつも一緒に行っている人が足を怪我してしまい、長時間の美術鑑賞が [続きを読む]
  • 父は祖母似だったのかも・・・
  •  父の家の祖父の家は長寿の人が多く、90代まで生きた人も少なくない。 父もその遺伝を持っているから、80代までは生きると思っていた。 いくら不治の病を患ったとはいえ、70代はあまりにも予想外で、長生きさせられなかったことへの罪悪感に苛まれてきました。 しかしひょっとすると、祖母は正確な年齢はわかりませんがたしか70代で亡くなったような気がするのです。 ひょっとすると、祖母の家はあまり長寿の家ではないのでは [続きを読む]
  • 高校に入る少し前に頭痛が悪化した!
  •  思い出してみると、高校に入る直前に慢性頭痛が一気に悪化した。 なかなか高校入学後の目的が見出だせず、とにかく勉強しないといけないかと思い、一応勉強していたが目的がないため身が入らなかった。 いつものとおり数学や理科と好んでやっていたのですが、ある日何か頭が絞めつけられるような痛みを感じた。 だんだん集中力が下がり、勉強ができなくなってしまった。 他の勉強にも響くようになったが、だんだん回復してく [続きを読む]
  • 天下人の出身地はバランスがとれている
  •  この間、天下人の出身地はバランスがとれているなと思った。 源頼朝は母の実家の熱田神宮で生まれていますが、京の貴族なので実際の出身地は京都でしょう。 足利尊氏はこれも母の実家の丹波の生まれですが、鎌倉の足利家の館で育っているので実際は鎌倉です。 織田信長は名古屋から少し離れた勝幡城(しょばたじょう)生まれですが、小さいうちに今の名古屋城の那古屋城を与えられているので、出身地は名古屋と言ってよいでしょ [続きを読む]
  • 神奈川県の「統合した高校は新設校」の考え方はわからない
  •  高校や大学には前身があることが多い、学校によっては前身から数えて開校何周年とすることが多い。 たとえば杉原千畝さんはハルピン学院出身とされますが、ハルピン学院になる前の前身の学校の出身です。 それに難癖をつけている人もいますけど、問題視されることはありません。 横浜南陵高校は前身の横浜日野高校が1965年1月開校なので、2015年か2016年が開校50周年にあたるはずでした。 ところが2003年に統合したので、わ [続きを読む]
  • 昔、部活以外の高校の友人と話していて
  •  昔、ネットで思いがけず部活以外の高校時代の友人と再開し、しばらくメールで話していた。 彼は真面目で勉強もよくでき、幸福な人生を歩んでいるだろうと信じていた。 ところが聞かされた話は思いがけないことだった。 受験で思わぬ苦戦をし、バブル崩壊で人生を狂わされたということ、 高校時代に真面目で優等生に見えたというが、悩み多い青春で思うように勉強に集中できなかったそうだ。 君の方が部活のよき友人に恵まれ [続きを読む]
  • 責任をとるべき人が責任をとらないと問題は終わらない!
  •  しごと館については私は悪いことはしていないが、係員になってもう7年になるし、その他いろいろあったことを踏まえても十分に責任はとったと感じている。  豊洲市場問題については、最期まで責任をとろうとしない元副知事に「最高責任者が責任をとらないと話にならない、それに自分には権限がなかったとは何たる虚言であり何たる弁明か!」と都議会が突きつけ、責任をとらせた。 やはり最終的には責任をとるべき人が責任をと [続きを読む]
  • 豊洲市場問題は藪の中
  •  豊洲市場問題は、最期は事実上の最高責任者であった浜渦武雄元副知事に、都議会が責任をとらせる活動で決着した。 しかし真相は最期まで藪の中で、どこかくすぶっている感じではある。 小池百合子都知事はいくら金がかかっても、築地市場維持でいきたいと一時は考えたようだ。 しかし老朽化した築地市場、東京五輪準備と一体化した豊洲の開発・・・いろいろな見地から不可能であることを自覚し、豊洲市場移転へ方向転換した。 [続きを読む]