pinguino さん プロフィール

  •  
pinguinoさん: まだまだイタリアまにあ
ハンドル名pinguino さん
ブログタイトルまだまだイタリアまにあ
ブログURLhttps://ameblo.jp/italiamania/
サイト紹介文イタリアの美味しいを求めて本場で4年の料理修業。ピングイーノ今度は吉祥寺でお料理教室はじめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2005/11/06 12:22

pinguino さんのブログ記事

  • 3ヶ月に一度の写真講座
  • 昨日は、3ヶ月に1度の写真家の今清水隆宏さんをお呼びしての写真レッスンでした。数日前に比べて急に、涼しくなったこともありお料理をどうしよう とギリギリまで迷いつつまぁまぁ無難な感じにまとまったかしら?と料理の感想はさておきレッスンでは相変わらず、みなさんの写真が進化していて素敵な写真を講評で見せていただいてはこういう視点で撮れたらいいなぁといろいろな写真に惚れ惚れしつつそして、ライティングの威力光の [続きを読む]
  • 最近の傾向
  • 気がつけば久しぶりのブログでその間に、あれこれといろいろと今年はパスクア (イースター)のランチが出来たので茹で卵を入れたトルタ・ディ・パスクアをつくってみたりそのほかでは個人的に今年に入ってからずっとつづいている野菜スープのブームが未だにつづいていていろいろと材料を変えてアレンジが続く中気候が良くなって来て以来歯ごたえのたのしい食感を意識してた料理を食べたかったりする今日この頃果物を用いた料理が美 [続きを読む]
  • たんぽぽの蜂蜜
  • 今月もイタリアコラムを掲載していただいております。今月の話題はタラサッコ。 日本ではあまり耳にしないこの名前はたんぽぽ のこと。春の訪れを知らせるこの花の蜂蜜もまたイタリアでは、春の時期一番に採蜜される花としても知られています。大庭 麗のイタリア料理紀行 [続きを読む]
  • 12周年を迎えました。
  • 本日1月31日をもちましてイル・クッキアイオ イタリア料理教室は12周年を迎えました。10周年の感慨深さとはまた、異なる12年干支が一回りしたのかと改めて思うと色々考えること感じることがありそしてここまで、歩みを進めてこられた事は偏に、長年教室に通ってくださり私の料理の道についてきてくださる生徒さんたちそして、家族や周りの支えであると思う、その想いも年々強くなります。決して、独り善がりでも自己満足だけでも [続きを読む]
  • ボローニャのフィーコへ行ってきました③
  • Bologna のEatalyのアミューズメントパークFICOを訪れた話のつづき早速、屋外の家畜小屋ゾーンへイタリア各地のさまざまな品種の家畜が飼育されています。それぞれ品種とその解説が書いてあったりして豚、牛、羊、山羊ロバ、馬、ガチョウや鴨ニワトリなどなどイタリア各地にいる各種の家畜が各種類の説明と共にロバも3種類イタリアは各地で古くからロバ肉をつかった料理があります。そして最近では、身体にいいという事でロバのミ [続きを読む]
  • マルタリアーティ
  • スープ繋がりでボルロッティ(うずら豆)を使ったマルタリアーティ(不揃いにカットされた 意味合いのひし形をした生パスタ)こういう素朴な料理こそ生パスタの美味しさも感じられていいですね豆のスープは香りのいいオリーブオイルをたっぷりかけて至福の味です。そう言えばマルタリアーティのパスタには思い出がイタリアで初めて修行したトレンティーノのお店に着いた日お昼過ぎの変な時間に到着した事もありシェフが、パスタでも食 [続きを読む]
  • トレンティーノの冬のスープ
  • 朝晩と寒い日が続いていますね寒いのはあまり得意でないので料理も温かいものが温かい雰囲気の物がいいなぁとトレンティーノのカブを使ったミネストラ(スープ)をレッスンで、プライベートでも作っています。バルバビエトラ(ビーツ)でじゃがいもをはじめ全ての食材が真っ赤に染まるこのスープ冬の野菜のやさしい甘さの引き立つ美味しいスープです。 [続きを読む]
  • そういうお年頃でしょうか
  • ここ数年多肉植物やちょっとした観葉植物が好きで毎日のように眺めてはかわいいなぁと思っているのですが今回イタリアで泊まった親友の家にも多肉植物やら観葉植物があってお喋りをしていたら急にあの観葉植物がここ最近元気がな心配なのーと友人。元気のない植物があると心配になっちゃって放っておけないのよーあぁなんか、わかる。わかる。その気持ち。と共感しながらどうにかしてあげなくちゃって思うのよねー直射日光が当た [続きを読む]
  • くるみ割り
  • 先日、イタリアの友人宅を訪れた際テーブルの上にいつも果物と一緒にヘーゼルナッツやクルミアーモンドが置いてあって暖炉の横でくるみ割りで割ったナッツを食べながらナッツの殻を暖炉に投げ入れ薪と一緒にナッツの殻が燃える光景を久々にみて懐かしかったので今年の冬は我が家でもナッツをわざわざ殻付き?という感じもするかもしれませんが殻を割って食べるという行為が楽しくもありよりフレッシュな気もして冬の寒い夜にはぴ [続きを読む]
  • ボローニャのフィーコへ行ってきました ②
  • ボローニャのフィーコの入り口にはりんごメーカー Melindoのマークと共に大量のりんごが展示されていました。ヨーロッパには約1200種のりんごが存在しそのうちの1000種類はイタリア産のものだから、フィーコをつくったのです。と言ったメッセージそもそもりんごの品種がそこまで数があるとも思っていませんでしたがイタリアだけで1000種類確かにイタリア各地で古い品種のりんごや野生種のりんごを今までいくつも食べてきましたが [続きを読む]
  • ボローニャのフィーコへ行ってきました①
  • バスに約20分揺られボローニャの展示会場を過ぎたところに食と食品のテーマパークFico Eataly World があります。FICOとは、イタリア語で無花果(イチジク)を意味する事からそこら中に、玉ねぎのようなイチジクマークがありますがここのテーマパークのフィーコはFabbrica Italiana Contadina の頭文字。直訳するとイタリアの農家の工場 という意味。世界最大の農業加工のテーマパークとあります。ここではまさにkmゼロ 家畜の飼育 [続きを読む]
  • イタリア料理界の一時代を築いたマエストロ
  • 12月26日 イタリア料理界の巨匠イタリア ガストロノミーの一時代を築いてきたグアルティエロ マルケージ氏が87歳でお亡くなりになりました。イタリア国内において史上初めて3つ星を獲得しヌオーヴァ・クチーナ・イタリアーナ=新イタリア料理を生み出しイタリアの料理界に新しい時代を確立した立役者とも言えるその彼の与えてきた影響はとても大きくその訃報に多くの著名なシェフたちが彼へのメッセージ感謝の言葉を発信していま [続きを読む]
  • 朝からボローニャへ
  • 翌日は日帰りでボローニャに行く事に日本の朝のラッシュは混んでいる 混んでいると言われるけれどミラノのメトロもまた結構な混み具合短い移動だったから良かったのですがそして地下鉄から上がってくると中央駅の構内にはいくつものツリーがミラノはどこへ行ってもナターレ(クリスマス)色満載ですいつもの如く電車のホームを勘違いして普通列車のホームだったらしくそれもちょっと離れたホームに到着も特急料金を払いながらこのク [続きを読む]
  • 白トリュフとパネットーネと
  • 毎回イタリアに行く際に会えるかなと思う友人に声を掛けるのですがいつもの如くギリギリなので会える人、会えない人が居る訳でそれでも、どうにか仕事終わりに時間をつくってくれた友人たちに会いにミラノからベルガモへ行ってきました。会うなりちょっと晴れない顔をしている彼ら話を聞くとサプライズで私のためにピエモンテ州のアルバから白トリュフを取り寄せてくれていたのにその宅配便が行方不明に。。。。匂いを嗅ぎつけて [続きを読む]
  • ルイーニのパンツェロッティ
  • ミラノでドゥオーモに行ったらやっぱえいお決まりのLuiniでパンツェロッティ今回はそのあとプーリアに南下する予定はあったもののいつも、パンツェロッティをご馳走してくれる友人のマンマのところに行く予定が無かった事もあり。。。。イタリアに来たらやっぱり一度はパンツェロッティを食べないとねーという私だけのルール店内が若干のクリスマス仕様に相変わらず混んでいましたが変わらぬ フカフカした軽い生地で美味しかった [続きを読む]
  • イタリアへ行ってきました。
  • 珍しく12月のイタリアを訪れてきました。なんとなくこの時期は久しぶりだなぁとは思っていたのですがよく考えてみると12月のイタリアは10数年ぶりクリスマスシーズンのイタリアそしてクリスマスのイルミネーションのされたミラノは本当にキレイでイタリアで暮らしていた頃に必ずこの時期にミラノを訪れていた事を久しぶりに思い出しました。ガレリアのスワロフスキーのクリスマスツリー以前よりも小さくなったような気もするけれ [続きを読む]
  • 今日もシュー生地を焼く
  • 今日もビニェー シュー生地を焼き 焼き膨らんでおります先日、訪れたお店でちょっと面白いスタイルでビニェーを提供していてまだまだ色々と可能性があるんだなぁとそんな事を考えたあとだった事もあり今日もシュー生地を焼き 焼きいろいろと思いつつなんだか膨らんでいったりと形状が育っていくものは焼いていて楽しいというのもあるのかと相変わらずのビニェー焼きブーム 継続中です。 [続きを読む]
  • パネットーネが届きました
  • 今年もパネットーネが届きました。もう、そんな時期毎年のように同じ事を言っていそうですがパネットーネやパンドーロが来ると冬だなぁともうすぐ12月な気分になります。今年のラッタ(缶) 入りのパネットーネも素敵です!よーく見るとお花の柄の奥はキルティングのようなデザインでかわいいですね。そしてお腹の中にパネットーネを隠し持ったスコイアットロの双子ちゃんスコイアットロはイタリア語ではリス とムササビを意味しま [続きを読む]
  • プーリアからシェフが来日
  • プーリアで働いていた結構長いことお世話になったお店のシェフ ファミリーが8年ぶりに日本に来ました。彼らのお店はほぼ常に日本人の料理人が働いていた事もあり日本にも知り合いが多く都内にお店を出した人のお店を訪れたりと限られた時間の中忙しい日々を過ごしていた彼ら1日くらいは一緒に過ごしたいねーとどうせなら小旅行でもと鎌倉へ行ってきました。そもそも彼らのお店で働いていたのは今から13年ー14年前当時まだ小学校の [続きを読む]