桜田史弥 さん プロフィール

  •  
桜田史弥さん: 時事チップス
ハンドル名桜田史弥 さん
ブログタイトル時事チップス
ブログURLhttp://jijichips.blog.fc2.com/
サイト紹介文ニュースや時候などの意見や提案、愚痴、川柳、風刺小話などをお届けします。
自由文当ブログは「旧時事チップス」と「旧川柳チップス」と「旧風刺チップス」を統合したものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供403回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2005/11/07 10:31

桜田史弥 さんのブログ記事

  • 安倍首相の所信表明演説に足りないものは何か?
  •  トランプ大統領は本音を言っている。 アメリカは北朝鮮とは戦いたくないのである。 代わりに日本に戦ってほしいのである。 総理の所信表明演説は足りないものだらけであろう。 最も足りないのは北朝鮮への対応である。 北朝鮮への圧力を強化するのであれば、国民にシェルターや疎開や移住の話をすべきである。 電磁パルス攻撃の対応策も説明すべきである。 電気がなくなっても生活できる体制を整えられないのであれば、北 [続きを読む]
  • 日馬富士関らの時代は終わったのか?
  •  老人と若者の対立は昔からある。 衰退する老人に若者が取って代わるのは、古くからの慣習であった。 ところが、近年の科学の発達が、老人を衰退させにくくしている。 もっと科学が発達すれば、老人は衰退すらしなくなるであろう。 そうなるともう、若者の出番はない。 科学の発達が皮肉にも人類の進化を止めてしまうのである。●日馬富士● [続きを読む]
  • ついに千葉の時代が来たのか?
  •  千葉県庁のスジの話。「知事」「なんだ?」「千葉にあるのに東京ディズニーランド」「それは言うな」「千葉にあるのに東京ドイツ村」「それも言うな」「千葉にあるのに新東京サーキット」「うるさいな」「千葉にあるのに東京歯科大学」「くどい!」「千葉にあるのに伊藤ハム東京工場」「やめろって!」「そんな田舎っぽさゆえに正体をひたすら隠されてきた千葉に、今回新しいニュースが舞い込んできました!」「そうなんだよ!」 [続きを読む]
  • 米中は仲良しなのか?
  •  金持ちけんかせずである。 金がものを言うのである。 金の切れ目が縁の切れ目である。 今のところ、世界一と世界二の金持ち大国に金の切れ目はなく、ケンカする気配もない。 中国は何をすれば「ビジネスマン」が喜ぶかを心得ている。 28兆円の商談を持ちかける相手の嫌がることを言える人はいないであろう。 [続きを読む]
  • トランプ大統領はペットを飼っていないのか?
  •  官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「トランプ大統領はペットを飼っていません」「それがどうした?」「アメリカの大統領でペットを飼わない人は異例だそうです」「ふーん。トランプ大統領らしいね」「でも、私はトランプ大統領が犬を飼っているところを見たことがあります」「内緒で飼っているのか?」「いいえ、結構みんなに見せびらかしてましたよ」「……。ちなみのその犬の名前はなんていうんだい?」「シンゾー」「!」 [続きを読む]
  • 何が筧千佐子被告を生んだのか?
  •  カネであろう。 カネが筧千佐子被告という悪魔を生んだのである。 カネが生んだ悪魔は彼女だけではない。 この世の中のあらゆる事件や争いの原因は、ほとんどがカネである。 にも関わらず、人間はカネの欠陥を放置し続けている。 アメリカの銃規制がうまくいかないのと同じであろう。 あまたいる拝金主義者たちがカネの罪悪をかばい続けているのである。 拝金主義を撲滅するには、AI技術を発展させることであろう。 人 [続きを読む]
  • 何が白石隆浩容疑者を生んだのか?
  •  昔は光と闇がはっきりしていた。 昼は人間の世界で、夜は妖怪の世界であった。 近代になって、電灯が闇を少なくしてしまった。 すみかを奪われた妖怪が、ネットに逃げ込んだのではあるまいか? ネットには生者と死者が混在している。 ネットでは三途の川すら行き来できるのである。 [続きを読む]
  • 自民党は「北朝鮮のおかげ」で衆院選で大勝できたのか?
  •  麻生太郎副総理の失言には2種類あろう。 「本音ポロリ」と「たとえ不適切」である。「(自民党が大勝できたのは)北朝鮮のおかげもある」 というのは、「本音ポロリ」のほうであろう。 今回の解散は、北朝鮮が暴れていなければなかった話であった。 よって、「自民党は北朝鮮のおかげで勝った!」 というのは、ウソではないことになる。 ただし、北朝鮮は「米韓のおかげ」で暴れているのである。 米韓の存在がなければ、北 [続きを読む]
  • 小池代表は左派を切り捨てても勝てる秘策を持っていたのではないか?
  •  ジャスティン・トルドー加首相は46歳。 エマニュエル・マクロン仏大統領は39歳。 セバスチャン・クルツ墺次期首相は31歳。   小池百合子希望の党代表は、民進党左派を切り捨てても衆院選に勝てる秘策を持っていたように思えてならない。 彼女は策士なのである。 軍を率いるよりも、勝ち馬に乗るのがうまいのである。 小泉純一郎氏との会談は、原発ゼロが本題ではあるまい。 小泉進次郎氏を自民党から引き抜き、希望の党 [続きを読む]
  • なぜ野党は政権交代できなかったのか?
  •  自民党本部のスジの話。「総理」「なんだ?」「台風一過です」「21号と、小池旋風いう台風の目のことだな?」「それにしても、希望の党は無残でした」「負け組のはずの立憲民主党にも負けてるもんな」「野党連中もバカですよね〜。戦いの前に分裂してなかったら、我々自公政権も負けちゃったかもしれませんよ〜」「かつての民主党の鳩山旋風のようにな」「小池代表の失敗はそれですよ。民主党を嫌うばかりに、民主党が成功した手 [続きを読む]
  • 迫る超大型で非常に強い台風21号
  •  ある家庭のスジの話。「ママ〜」「なあに?」「ムロカゼ、こわいよ〜」「『ムロ風』じゃなくて『台風よ』」「ムロカゼ、メがでかいよ〜」「ムロ風じゃなくて台風」「ムロカゼ、いきおいつよすきだよ〜」「ムロ風じゃなくて台風だってぱ!」「ムロカゼ、あやしーショーニンのくせに、シーエムよくでてるんだよ〜」「ムロツヨシかい!」●台風● [続きを読む]